鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
3/5(土)にカシマスタジアムで開催された、鹿島アントラーズ×サガン鳥栖。リーグ戦1stステージ第2節。
映像再確認した上でのピックアップ選手短評。

【OMF 中村】
仕掛けられるアタッカー兼ゴール前に飛び込めるストライカー。
鳥栖DF一人くらいであれば、ボールセンス抜群のドリブルで突破する。

ゴール前、クロスボールに合わせヘディングシュートを放つ。ここでは打てたが、ドリブルで持ち込んだ際、一瞬のシュートチャンスに躊躇ってのチャンスロスがしばしば見られる。もちろん、「打ってもDFの足に当たる」というような中村本人の瞬時の判断のあることであるが、カイオや金崎のように打ちきってしまった方が、シュートで終わる能力が磨かれていく。ただのチャンスロスで終わっているので勿体ない。

守備への戻りが速く、ボール奪取しばしば。自陣ペナ内でも最後まで身体を寄せる。
守備能力の向上に加えて、メンタル的にも充実が感じられる。
3/5(土)にカシマスタジアムで開催された、鹿島アントラーズ×サガン鳥栖。リーグ戦1stステージ第2節。
後半部分までを映像再確認した上でのピックアップ選手短評。

【FW 赤崎】
鳥栖ビルドアップ開始地点に圧力をかけに走り回り、前線守備の貢献がある。
プレスバックの判断もいい。40分、鳥栖の人数をかけた攻撃。赤崎、ディフェンディングサードまで戻りファウルでプレイを切る。

裏を狙っているのだが、今ひとつ狙いがハッキリしない。パスの出し手からすれば、おそらく分かりにくく、シュートを打てる位置にラストパスを引き出せず。「俺に出せ!」的なストライカーらしいハッキリした動きを期待したい。

序盤、中村のつなぎからシュート、後半の単独でロングカウンターからのシュートなど、シュートを打ってはいるものの、鳥栖GK林を脅かすようなものはなかった。

チームプレイヤーとしての律儀さを示すも、ストライカーとしての怖さに物足りなさを残したまま、カイオと交代。
3/5(土)にカシマスタジアムで開催された、鹿島アントラーズ×サガン鳥栖。リーグ戦1stステージ第2節。
前半部分を映像再確認した上でのピックアップ選手短評。

詳細は鹿島アントラーズ公式サイト

【OMF 遠藤】
右サイド盤石の預けどころとして機能。ひとまず遠藤にボールを預けておけば一安心。ロストの心配がほとんどない。

西との連係力は非常に高い。ゴールデンコンビといってもいいほど阿吽の呼吸でサポートし合えている。この二人のパス交換&フリーランニングで右サイド突破。遠藤、寄せてくる相手をフェイント入れてかわし、クロスを上げきる。

利き足でない右足でのクロスにも精度があり、中村ヘディングシュートに直結するチャンスボール供給。もちろん、利き足の左はより正確。31分、金崎の決勝ゴールは遠藤のプレイスキックが起点となっている。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
吹田スタジアムでの鹿島アントラーズ×ガンバ大阪のリーグ戦1stステージ第1節、後半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

【CB 植田】
この試合では先読みが良く、背後に出てくるパスにも余裕を持って対応。もともとのスピードに予測が加わり、頼りがいすらある。これぞ植田に経験、鬼に金棒、ケンシロウにヌンチャク。

ビルドアップのパス精度については、ちょくちょくミスはしているのだが、致命的なミスはなかった。パススピードがあるので、敵を食いつかせた上で通すことも可能である。

味方セットプレイ時にはキックのターゲットになる。強靱な体格とダッシュパワー、それに見た目と合わせて、相手守備陣に怖さを与えることができている。

試合終盤、ガンバが同点狙いで攻めに比重を置く時間帯。植田もミスなく冷静に対処、集中を切らさず跳ね返していく。経験値の蓄積をピッチで表現できていた。

吹田スタジアムでの鹿島アントラーズ×ガンバ大阪のリーグ戦1stステージ 第1節、前半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

【FW 金崎】
前線でボールを収める技術の高さとフィジカルの強さ、闘争心を併せ持つ。速さもあり、ガンバDF陣と身体をぶつけ合いながらもドリブル前進。必然、守備陣の目線を自らに引きつけるのだが、そこから更に突破あるいはシュートを選ぶこともできるし、前向きの味方にチャンスボールを供給することもできる。

この試合でも前半から、何が何でもボールをゴールに近づけるという意識がズバ抜けていた。ややもすると大事に持ちすぎがちなチームにあって、金崎の復帰は相当に大きい。能力・メンタリティ共に最前線の万能選手と化している。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カシマスタジアムでの鹿島アントラーズ×水戸ホーリーホックのプレシーズンマッチ、後半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

【FW ジネイ】
最前線でロングボールのターゲットとなる。
8分、鹿島カウンターの流れから遠藤のクロス。ゴール前、巧くDFの間に入り込んだジネイ、頭で冷静に流し込む。

ハイテンポを要求されるようなバイタルでのポストプレイの連係は、まだ合わないところがあり、ズレがしばしば。熟成が待たれる。
とはいえ、味方を使う意図がよく分かるのが好感。柔らかなボールキープから受け手のプレイしやすいパスを出してくれる。

守りでは相手GKとバックラインに適宜、プレッシャーをかけていく。ミスパスを誘い、ショートカウンターにつながるチェイシングもあった。

強いていえば、日本のDFの接触プレイ、その判定基準に適応するのに、やや時間がかかるか、苦労しそうなことか。ノーファウル判定の接触で倒れる場面が散見された。
カシマスタジアムでの鹿島アントラーズ×水戸ホーリーホックのプレシーズンマッチ、前半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

【OMF カイオ】
スピード豊かなドリブルキープから逆サイドへの大きな展開、ゲームメイクにも幅の広がりを見せる。

独力の個人能力の高さはますます磨きがかかり、二人三人に囲まれても突破していく。強引にでもシュートで完結できる。

ただ、35分。自分一人のイメージで誰も味方のいない右前方のスペースへロングボールを入れてしまう。

この場面、遠藤が真ん中の裏にボールを要求して走っていたため、遠藤を欠いた状況で水戸のカウンター開始。鹿島のボランチとCBのバタバタした対応が重なり、失点に至っている。