鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
今日の中断前最終戦、ヤマザキナビスコ杯清水戦を3-0勝利!

立ち上がりこそ攻めかかってくる清水に押し込まれたものの、

16分に土居の個人技炸裂。切り返しからのスライスシュートで先制。

赤崎をトップに据え、豊川を左サイドに配した鹿島。

オフザボールの質・量に優れる二人を加えてバランス向上しただけでなく、前節からの反発力が出て集中力高い。

そういったベースがあって、先制点で余裕が出たことで、ひさびさに選手たちが連動する。パスコースやシュートコースを作り出す動きと、ファーストディフェンスにおける寄せの速さが出始める。

26分には柴崎スルーパスから赤崎抜け出しシュート。追加点。

先発メンバー予想から試合運びまで、狙いをことごとく外された清水はガタガタに。流れは一方的な鹿島ペース。

両チームPKを外すなどしたものの、後半アディショナルタイムには昌子攻め上がりからクロス、遠藤ゴール前で合わせ、ダメ押しの3点目。

この試合で望める最高レベルの結果・内容で締めくくった。

【スタメン発表の時点で、ちょっぴり安心】
スタメン発表までは、私個人的に「前節までと同じメンバーだったらどうしよう…」という一抹の不安があった。

あの惨敗の後だけにメンバーを変えやすいはずだが、しかし、セレーゾだけにどうなるか分からない。

できることなら、カイオ、ダヴィ、植田のうち、せめて一人だけでも変えてくれれば。あわよくば二人、三人とも…。

いやいや、セレーゾだし、どうせまた神戸戦と同じ「ベストメンバー」を貫く可能性も…。

などと悶々としている中、実際発表されたメンバーは、ダヴィ→赤崎、カイオ→豊川と、攻守の連動性を高めるコレクティブなプレイヤーへの変更。

CB植田については継続起用を選んだセレーゾであったが、その分、彼の前でフィルター役となるボランチをいじった。コンディション好調でなかった小笠原に代わり、元気な梅鉢。

CBを動かさない分、ボランチをいじること自体は、一つセオリーにかなっている。

ただ、その人選が梅鉢といったあたり、さすがはセレーゾらしい斜め下感のある起用にも感じたが、終わってみれば無失点。

植田にせよ、梅鉢にせよ、これまでの彼らの出場機会と比して穴になること少なく、頑張ってくれたと思う。

植田は、ようやくいいカバーリングも見られた。

それに、清水側からすれば、鹿島ボランチのところでボールを奪ってカウンターに出る予定であったはず。その目論見を打ち破った梅鉢。

梅鉢と言えば、チームメイトからもパス交換での信用皆無。彼のところをボールが経由することは、まずない。敵が狙おうにも狙うことはできないのだ。参ったか、清水。

今日のメンバーは3人の入れ替えがあったものの、プレイスタイル面では人数変更以上の変化が出た。清水のスカウティングの的を外すことにつながった。

それに、赤崎-土居-柴崎-昌子-曽ヶ端のセンターラインは、個として勝てていた。おかげで、その枝葉となるサイドの選手や若手も優位に試合を進められた。

【やればできると思っていく】
セレーゾの采配としては、今日は良かったと思う。

よく反発力を引き出したし、好調とは言えないダヴィをベンチに回したのも英断。

ただ、決勝トーナメント進出に向けては、この変更は数試合手遅れ感があり、もったいない予選敗退にも思える。あんまり絶賛するのは避けておきたい。

それでも、土居の先制ゴールについてはセレーゾの指導の賜物と認めたい。「ジーコまではいかずとも、シュートを狙っていけば凄い選手になる」とさんざん発破かけてきた甲斐があった。

フリークス6月号での土居の言葉。

最近、やればできるのに、やらなかっただけという気がする。試合に出始めてから「やればできる」と感じて、やるようになったから

若手にその舞台を用意し、励まし続けるところは、案外、ヒゲ監督のいいところ。土居のシュート意欲がなければ難しい試合になるところだった。

とりあえず、選手もサポーターも勝って休みに入れるということで、今夜は祝杯を挙げたい。

おつかれさまでした。
昨夜のヤマザキナビスコカップ、神戸戦。

決勝トーナメント進出に向けて勝つ必要のあった試合で、まさかの0-3負け。

しかし、今となっては「まさかの」ではなく「妥当な」0-3負けではあった。

負けている時期は、悪いところが目についてしまう。

良心的なサポーターならガマンした方がいいのかもしれないが、しかし、私は決して良心的ではないので負けた腹いせに文句の十個も言いたくなる。

あくまで腹いせなので、ご容赦いただきたい。

【決定力の限界】
試合内容自体は、開幕しばらくの勝っている時期と比べて、そうそう悪化したわけではない。

今季は最初から、強いチームらしい試合運びはできていなかった。

それでも勝てていたのは、まず、対戦相手のスカウティングが甘くて、ダヴィや土居、遠藤たちがプレイできるスペースを空けてくれていたのが一つ。

そして何より、選手たちに「低評価を覆してやろう!」「ポジションを掴んでやろう!」というテンションがあった。

セレーゾの奇策とも言える、大抜擢が非常に効いた。豊富な無駄走り、鋭い攻守の切り替えが実践できていた。

そのリズムの中で「少ないチャンスでシュートが決まり」「シュートを打たれてもスーパーセーブ」で勝ちきれた。

今は、そうはならない。

奇策は奇策であって、長続きするものではない。地力は試合重ねてこそ露呈する。

開幕時の「挑戦者」のテンションには戻れない。対戦相手に蓄積されたデータは消去できない。

ダヴィは一定以上のCBに消され、カイオらの繰り出す単独突破型の攻撃は枚数揃えて対処され、ボランチとセンターバックがポッカリ生み出すスペースを突かれ、失点する。

技術レベル通りの決定力に落ち着き、組織通りにカウンターを食らい、そうそうスーパーなセーブは発生しないという、ごくごく自然な結果になっている。

開幕当初は運が良かったと言える状態であったが、今は確率の振れ幅が通常通りに戻ってしまった。

ここでは「決めていれば勝てた」というタラレバは通用しない。練習からしてシュートの決まらない選手を起用しているのだから、妥当な決定力なのだ。

【キーパーのリズム】
曽ヶ端のスーパーセーブが減っている。スーパーどころか、反応が悪いことも出てきた。

スーパーセーブは水物であるから、これの減少を責めるのは無理があるけれども、調子というか、リズムが落ちてきている。

鹿島がポゼッションする試合が増えたものの、決して上手いポゼッションではなく、途中でボールを奪われて、パカッと空いた裏のスペースへ致命的なカウンターを食らう場面が増えている。

このパターン、キーパーはリズムが出にくい。

その点では、監督が庇っているところ悪いけれど、植田を無理して起用している影響は否めない。

植田は物凄いポテンシャルのある選手。たしかに不世出の逸材だ。

ただ、まだ周囲(特に昌子や曽ヶ端)を助けられる選手ではない。助けてもらう段階の選手に過ぎず、「高卒二年目にしてはよくやっている」にしても、一試合として青木や中田、山村より良かった試合がない。

昌子が一本立ちする時期に、植田までモノにしようというのは性急すぎるのではないかと、ここ二、三試合では思えてくる。

今のセンターバック陣は足は速くとも、簡単に裏を取られている。そして、キーパーのシュートコース限定もできないことが多い。昌子は凄い速さで戻ってきてカバーするが、植田にはほとんどそれがないし、求めるのも酷。

ポジション取りと、自分からのコーチングと、味方からの指示を受けての反応。そこからして危なっかしい。

【攻撃的ボランチの限界】
CBに未熟な選手を起用しているのに、なんで、こんなにボランチがバイタルエリアにいないのか。

サイドにいったり、前線に出て戻りが遅れたり、DFラインに吸収されていたり。

かと思えば、ビルドアップ時はCBの援護のため頻繁に下がってきて、前までの距離が遠くなる。

ボランチの仕事量が多すぎてこなしきれない、悪い意味での「ボランチサッカー」になっているわけだが、その小笠原や柴崎のコンディションは良くない。

せっかくルイス・アルベルトという好選手がいるのに、なぜ二人に固執するのか。

更に繰り返しになるが、ボランチの負担を軽くするなら、一番力の落ちるCBを「育成のため」に使っている場合でもない。

青木なら守備を助けられる、中田ならコーチングで助けてくれる、山村ならビルドアップを助けられる。

植田は、現時点では目立った武器を出せていない。単発のフィードとミドルシュートはあるが、本当に単発だ。

別に植田が悪いわけではなく(目に見えて成長もしているし、きっと素晴らしいCBになる)、監督に文句を言いたくなる。

昨日の試合は予選突破がかかっており、重要な試合だったはずだ。

セレーゾには金古にこだわった前科もある。

【人材不足と、攻撃パターン不足】
攻撃ではパスで崩すより、個で勝負するような選手を揃え過ぎている。

カイオ、ダヴィ、遠藤と、「球離れ?何ソレ?」の選手たち。連係して崩す気がないような配置だ。

彼らは連係もできることはできる選手であるも、味方の分かりやすいフリーランニングがなければ、簡単に単独突貫を選ぶ特性を持つ。

このチーム、フリーランニングの回数が少ない。

土居のスーパー個人技炸裂を待ち望み、赤崎よりダヴィを選ぶ監督には、連係した崩しパターンを作る手立てはない(もしくは個の突破力優先で、連係は後)だろう。

彼ら自身のパフォーマンスもどうかと思うところはあるが、攻撃的MFについては、外国人獲得に失敗した編成の問題でもある。控え見渡しても、野沢、中村ともにインパクトが薄い。

人材だけでなく、セレーゾも、特にフリーランニングの仕組みを作り上げる様子がなく、ただ、前に人が張っているという、人は多くても動きの少ない攻撃。

これだと、ビスマルク級の選手がいないと点の取れるポゼッションにならない。

動きらしい動きは、伊東のオーバーラップ、山本の攻め上がっての仕掛け、たまーに柴崎が前線に駆け上がっていくくらいで、しかし、ほとんど前線の選手は足を止めて待っている。

この懐かしき地蔵サッカーは、セレーゾ前政権時末期を思わせる。

セレーゾはいい親父さんで、熱意ほとばしり、若手を抜擢する決断力も素晴らしいが、それ以上のものというのは、過去に見たことがない。

練習メニューと戦術の引き出しで選手を感服させるタイプではない。

ここから新たな可能性を見せてくれるだろうか?

【希望を探して】
昨日の試合では鹿島のサッカーに希望はなかった。

強いてポジティブな点を挙げれば、選手たちが健康にサッカーをしているということ。

やっぱり、健康が第一。彼らにも家族があり、家族は故郷から応援している。

我々にとっても、愛着ある選手たちが元気なのは嬉しい。

また、基本的なこととして、空気中に酸素があって思う存分呼吸ができるのは有難い。空気様様だ。

水道の蛇口から水の出る生活も便利なものである。

ここは一つ、セレーゾサッカーのことは忘れて、太陽の光が降り注ぎ、ポカポカ夏の訪れる日常に感謝したい。
【スケジュール】
さて、あと2試合でワールドカップ中断に入る鹿島アントラーズ。

明日5月28日(水)19時からナビスコ杯ヴィッセル神戸戦。

6月01日(日)15時にはナビスコ清水エスパルス戦。

これでナビスコ予選リーグ終了となり、あとは7月12日の天皇杯2回戦までお休みとなる。

【グループ4位】
残り2試合でグループリーグ4位の鹿島。

グループ首位のガンバは勝ち点12、2位の清水は勝ち点9であり、3位はFC東京の7。

上位2チームが決勝トーナメント進出となるルールのため、勝ち点6の鹿島は2連勝しても予選突破確定とはならない状況。

勝ち点差に加えて、ここ数試合、チームが上り調子でないこともある。

雰囲気として、まとまりは失われていないものの、テンションの盛り上がりに欠けるのは若干の気掛かりだ。

ただ、この部分は一つ快勝が入れば、また変わると思われる。

【サポーターの習慣】
私はそうなのだが、おそらく多くの鹿島サポーターの習慣として、「ナビスコは予選突破して当たり前」「鹿島にとって簡単」という価値観がある。

過去20回のヤマザキナビスコカップで予選敗退は、たしか2回だけなのだから、そんな価値感を持ってしまうのも仕方がない。

今年も結局は予選突破するものと妙に楽観している。

勝ち点状況的には不利であるも、2戦ともホームでやれるのはプラス。

2試合大勝して、予選突破で中断に入るというのが最高のシナリオ。

ACLもないシーズンに、ナビスコ決勝トーナメントもないとなると、相当に試合数が減ってしまう。

試合が減るというのは、選手たちの出場機会が減り、サポーターの楽しみが減り、ワールドカップ後の露出も減ることを意味する。

ここは、試合数を増やすためにも、当然のように突破を決めたい。
昨夜のヤマザキナビスコカップの試合、鹿島アントラーズはサガン鳥栖に3-1で逆転勝利!

いやー、素晴らしい!

結果と育成の両立どころじゃない。

それ以上のものを見せてもらった。

【面倒くさい相手】
やりにくい試合だったハズだ。

メンバーを落としても鳥栖は鳥栖。

このクラブは大規模クラブでないけれど、ちゃんと色を持っている。

ユン監督の下、運動量豊富に強く当たって戦うサッカースタイルは、誰が出ても変わらない。

ぶっちゃけ、面倒くさい相手だ。

その鳥栖に、両CBのミス絡みで先制点を奪われてしまう。

やはり、ひさびさ出場の山村と西は、特に前半の試合勘が鈍かった。

守備の息が今ひとつ合わず、そのDF陣をなんとかまとめようとする昌子も、連戦の影響もあったのか、通常のリズムで守れない。

なおかつ、意志統一を司ってきた小笠原主将が不在。

左サイドハーフに入ったカイオが突っかけてはボールロストし、気の利いたプレイが少ない。

正直なところ、「嫌だな…」という前半の流れ。

【待つ力】
ところが、その嫌な流れに流されず守り、前半のうちにセットプレイからダヴィのゴールで同点に追いつく。

良くないなりに守りつつ、得点チャンスをうかがう作業。

それはチームとして、できていたと思う。

黄金期の鹿島には、そういった忍耐力が非常に強くあった。

ベストメンバーでない鳥栖が相手という事情はあったにせよ、

こちら鹿島も小笠原を欠いたメンバー。

小笠原不在で逆転する試合運びをできたあたり、進歩を実感する。

進歩の速度が予想以上だ。

なにせ先月半ばには、FC東京とセレッソ大阪に連敗している。

その際には先制点を奪われ、連続加点を食らって敗れ去った。

当時はリードされたら手立てがないようなチームだとガッカリしたものだが、

たった半月足らずの先週末マリノス戦から昨夜鳥栖戦。

この2試合、リードされても同点に追いつき→逆転→ダメ押しで勝ちきっている。

小笠原や曽ヶ端以外にも、柴崎を筆頭に、昌子や山本などJ1レベルで耐えられる選手が出てきている。

【移籍獲得は成功】
ブラジル人選手、ダヴィとルイス・アルベルトも十分に機能。

彼らは華麗なテクニシャンではないし、セレソン級のスーパースターでもない。

しかし、セレーゾ監督の求める「日本人にはない部分」を確実に持っている。

とにかく、ダイナミックで球際強く、闘争心があり、そして、フレンドリー。

二人とも、そこまで走り回るタイプではないものの、しかし、守備の局面ではガツンといってくれる。

私個人的には、外国人枠3人中2人が戦力になっていれば、そのチームの外国人編成は成功という基準でいる。

残り1枠を争うカイオとジャイールのポテンシャルも面白いし、

今季については、外国人編成が珍しく当たったと認めていいのではないか。

日本人補強でも山本脩斗は左サイドの安定化に欠かせない存在になっている。

強いて言えば、満さんがブラジル渡航したのに、結局、ジャイール(※ジェフ千葉がパス持ちで、中東クラブへレンタル中)獲得だったのが今だに意味不明である。

ただ、満さんにせよ、セレーゾ監督にせよ、一見、意味不明な行動な中にも、

凡人の見えていない何かを見ているはずだと、結果が出ている今は思えてくる。

【バチよ、お前は何者だ?】
梅鉢貴秀という選手も意味不明だ。

交代で出てきた瞬間には「あぁ…、バチか」「だいじょうぶか?コイツ出して」とサポーターのため息が聞こえてくる。

だいたい、この選手は練習からよく怒られる。

その理由の大部分がポジショニングの間違い、抜け。

ただ、すごく頑張っているのが分かる選手なので、愛されキャラである。

空転系、風車系であり、カラカラカラカラと空回りするタイプ。

昨日も途中出場直後から、案の定、一生懸命右往左往。守備でも攻撃でもあまり効いている様子がない。

走っていて、局面での鋭い寄せがあっても、効果的なボランチになっていない。

でも、好意的に見れば、いつもよりは空回ってないかな…と、

そうしていたら、突如、点をとる。

それも、綺麗にミートした鮮烈なシュートをだ。

両足でのキックミートの上手さは高校時代から知られたものだが、本職のボランチの位置ではほぼ発揮されない。

それが公式戦で、高い位置でのシュートシーンが訪れると、なぜか急にミート率が上がる。意外にもほどがある。

こういう選手が点をとると、チームメイトからサポーターまで爆笑混じりの大喜び。

同期の昌子などは明らかに元気になって、その後のパフォーマンスが引き上がったくらいだ。

梅鉢の活躍はゴールにとどまらない。

なぜか、似つかわしくないサイド突破でDFを抜き去り、クロス。

ルイス・アルベルトのダイナミックなヘディング決勝ゴールをアシストする。

爆笑の梅鉢劇場、全部いいところ持っていったようなもの。

しかし、この梅鉢のキャラクター。

三連覇期ダニーロのような不思議な愛されキャラは、強いチームにいて欲しい存在だ。

【バチが持っていったけれども】
梅鉢の謎の攻撃力は勝因の一つに違いないが、

その梅鉢を投入したセレーゾ采配。

かつては塩がかかっていたような迷采配が見られた彼も、今は神がかっているかのよう。

選手交代は当たるし、練習で鍛え上げた選手は伸びるし、ハーフタイムの修正も効いている。

一体、どうしたことか。

セレーゾ以外の立役者と言えば、柴崎。

彼が自由自在で、小笠原と組んでも、ルイスと組んでも、二列目に上がっても、状況に合わせてプレイスタイルを変えてくる。もうちょい守備強度がつけば、日本代表でレギュラー張るクラスの選手だと思う。

【いいことずくめ】
もう、なんだか昨夜は、

結果良し、監督良し、外国人良し、移籍選手良し、世代交代順調かつベテラン健在。

心配していた西と山村も起用され、時間経過と共に落ち着いたプレイが出てきた。

ここ数試合はモヤモヤしたジャッジにしても、西村主審はさすがに格調高いレフェリング。

もう、何も文句がない。

そりゃ、上を見ればキリがないにせよ、シーズン前の期待値からすれば文句がない。

梅鉢のおかげで笑いまで加えられ、いいことずくめのエンターテイメントであった。

全部、有り難くいただいておくとしましょう。

いやー、面白かったー。
本日4月2日19時、カシマスタジアムにて。ヤマザキナビスコカップ第2節サガン鳥栖戦。

まず、何人かの選手の今季初先発が予想されている。

彼らのパフォーマンスは楽しみ。

ただし、この予選リーグでは第1節を落としている。

より勝利が欲しい状況だ。

通常ならばベストメンバーで臨むところであろうが、

ただ、今の鹿島、リーグ戦を戦うメンバーが本当にベストで、それで最大値なのかと言うと、

そうとは言い切れない部分がある。

実際、リーグ戦のメンバーで臨んだナビスコ1節FC東京戦ではあっさり敗れ去っており、

その際には、戦い方の幅の狭さと、それに同一メンバーによる連戦の疲労なのか、緩みなのかが出てしまっていた。

幸い、鹿島にはポテンシャルの高い選手がベンチやベンチ外にまで控えており、

彼らを上手く試合に組み入れることで、より強くなり、幅が広がる。

プロサッカー選手は出た試合でチームが勝つことで評価が高まるものなので、

つまり、試合に勝つことと、控えの戦力化は同時に起こる。

今夜はキッチリ、一挙両得と参りましょう。
昨夜、味スタで行われたヤマザキナビスコカップFC東京戦。

1-3で敗戦。

【曽ヶ端→佐藤】
コンディションも考慮され曽ヶ端が外れたが、ほぼベストメンバーの鹿島。

対するFC東京はイタリア人新監督の率いるチーム。

試行錯誤中であり、リーグ戦から8人もメンバーを変えてきている。

普通に考えれば、リーグ戦無失点3連勝中の鹿島が勝つ…と私個人的に余裕ぶっこいていた。

ところが鹿島は前半8分と10分に早々と失点。

これまで曽ヶ端の個人能力と統率力で塞いできた部分を、佐藤ではカバーしきれなかった形。

最初の失点シーン、佐藤の対応。

ペナに突っ込んでくる河野のドリブルに対し、出るか出ないか迷った挙句、遅れて出ている。

結果論になるが、これだけ出るのが遅れたなら、ステイしていた方が良かったように思う。

【慢心なのか、疲れなのか、実力なのか】
サッカーはミスのスポーツであって、一つのミス、一つの負けでカリカリする必要はない。

それにしても、昨日の鹿島。勝負に対するシビアさでFC東京を下回ってしまった。

カップ戦まで同一メンバーで臨んだことにより、若い選手たちの中には「俺はポジションを確保した」というような安心感がどこかに生まれたのかもしれない。

あるいは、慣れないJ1の中3日で集中力が出なかったのかもしれない。

たしかなことは、FC東京の方がエネルギッシュだったことだ。

立ち上がりの失点にしても、GK佐藤だけでない。

FC東京GK塩田からのロングキック、落下点の局面で鹿島最終ラインは攻撃陣に対し数的不利。

FC東京が前に人数をかけるやり方であったにしても、

このシーンではチームとして惰性で守ってしまっていた。

個としても青木は空中戦でキッチリ弾き返せていないし、伊東も守りで浮いている。

全体を見渡せる位置にいるGK佐藤やセンターバックのコーチング不足もあり、瞬時に適切なポジション修正がなされなかった。

得点者・河野のマークについていた昌子は自分のスピードを過信していたのか、佐藤と曽ヶ端の力差を考慮していなかったのか、後追いになりシュートを許す。

【引き出し少ない】
さて、今シーズン初めてリードされた鹿島。

ただ、選手にしてもサポーターにしても「先にリードされた時の鹿島の底力」は発揮したかった、見てみたかった部分である。

結論から述べると「本山を入れるまでグダグダだった」という例年通りのパターン。

リードしているFC東京はリスクを負って前に出る必要はなく、日本代表CB森重を中心にダヴィを抑え込む。

また、前から人数をかけたFC東京の守りにビルドアップを阻害され、

ちょっと手立てがなかった。

もともと、アントラーズのビルドアップはボランチが落ちてこないと厳しく、前線にも攻撃で突出したタレントは少ない。「ダヴィ頼む!」以外の攻撃パターンを確立していない。

それでも、鹿島はリーグ戦3試合では先にリードして、引き出しの少なさを隠して戦えていた。

しかし、3試合分のデータがあれば、戦術好きのイタリア人監督には対策できたのだろう。

まんまとしてやられた…としか言いようがない。

【タレントによる黄金コンビネーション】
しかし、一応、1点はとれたので最悪は免れた。

0-3だと攻撃も守備もダメダメ感が出てきてしまうが、1点でもとればいくらかダメ感が和らぐ。

その貴重な1点。

鹿島のゴールは小笠原のノールック気味の浮き球パスと、本山のベストタイミングでの裏取りが噛み合ったもの。

二人の高スキルと意志疎通が生み出した、これぞ三連覇期の鹿島!を思い出させるものだった。

今季の鹿島は運動量豊富ながらも、芸術点の高いプレイを出せるタレントは少ない。

サッカー観戦の魅力として、「勝利」「ゴールシーン」「パワフルな突進」「闘志溢れる守備」とか様々挙げられるけれども、

美しいテクニック、意表を突く戦術眼を出せる選手は限られている。

そんな本山のますますの活躍に期待したい。

また、この試合では途中出場したカイオも光るものを示している。

そのスピードあるドリブルと、シュートで完結する意欲。日本人選手には、なかなかないスケールの片鱗を感じさせてくれた。

失点に絡んでしまった昌子にしても、その後は冷静に好守備を継続。

センターバックというポジションでは「ミスした後、プレイに引きずらない」メンタルが求められる。能力的には全く余裕であったし、試合後コメントも反省を踏まえた前向きなもの。次からまた楽しみ。

【次に向けて】
日曜日のセレッソ戦に向けては、曽ヶ端が戻れば、だいぶピリッとするはず。

弱点が露わにされてしまったことと、同一メンバーにより疲労がたまってしまったことはネガティブ要因であるが、

若い選手たちの反発力、成長力が上回れば跳ね返せるだろう。

出場外選手では、サイドで攻撃力を出せる前野や、ハイタワー系とやりあえる山村あたりも、一層奮起して引き出しを増やす役割を果たしてもらいたい。

総合的なタレント力を上げる意味では、ルイスやジャイールが前評判を超えてくることも必要だ。

スカウティングされて、先制許したら、ハイ終わり…のチームから、次の段階への成長を見たい。

そういった反省の機会となる試合がリーグ戦でなくて良かったと。

ポジティブに捉えたい。
ヤマザキナビスコカップ準々決勝第2戦、横浜FM戦は1-3敗戦。

2戦連続での完敗、内容も完敗ということで、再開前のウキウキ(リーグ戦4位で折り返し)から一気に現実を噛みしめることに。

2戦続けて説得されてしまうと、納得して残念がるしかなくなってしまう。

夢を見て、現実に戻され、また夢を見る。

この繰り返しがサッカークラブ応援なのか。

マリノスは第1戦リードの優位を、これ以上ないくらい適切に生かす。

彼らは先に失点しないことを最優先に入り、手堅く守りを固め、少しも焦ることなく得点チャンスを伺う。

何人かのサッカー解説者に「鹿島は老獪」「試合巧者」「したたか」と言われることがあるが、準々決勝の2戦に限って言えば、老獪で、試合巧者で、したたかだったのは横浜FMの方。

鹿島は2トップへ向けた単調なパスを繰り返す攻撃で、インターセプトされては終わり、セカンドボール拾われては終わり。

前線が前に掛かっている割には、後方は押し上げの息が合ってこない。

誰かがボールを持っても、基本、止まってパスを待っており、意志疎通が少ない。

攻撃の揺さぶりはなく、継続的な脅威は生めなかった。

やはり、第1戦でマリノスが得た2点のリード。このおかげでマリノスは無理に鹿島ボールを奪いに出る必要がなかったことが大きい。

そのため、小笠原や本山の主導する「おびき寄せる動き」「広げる動き」にノッてきてくれなかった。

ノッてきてくれないと厳しい。

やむを得ず、個人打開の可能性のある大迫、ダヴィにボールを入れるが、彼らとて横浜FMのセットされた守備陣を打ち破るだけの「圧倒的な差」があるわけではない。

他、個人能力の優位であるとか、3人以上が絡む攻撃連動性であるとか、相手より動けるコンディションであるとか、プラスを呼び込む交代采配であるとか。

昨日に関して、それら全部の面で少しずつマリノスが上。

そして、現在の鹿島のチーム力(選手能力、選手構成のみならず、監督力やコンディション調整力も含む)は、これくらいということ。

リーグ戦に向けての上積みを改めて望むしかない。

これも、後の喜びに向けた前フリと思うとしよう。
明日6/30、19:00から。日産スタジアムにてヤマザキナビスコ杯準々決勝第2戦が行われる。

カシマでの1戦目を0-2で落としているアントラーズは、実質、2点ビハインドからのスタート。

これは、かえってやりやすい。

1点ずつ、地道に取っていくペースで試合を運んでも、十分に追いつける点差。

もし仮に100点差だったらどうだろう?

さすがに無理ゲーといったもの。

それがたったの2点差なのだから問題ない。

サッカーには2点シュートも3点シュートもないので、まず、1点。

次に1点。

最後に決勝点と。

プラス要素もある。

今までさんざん中澤に抑え込まれてきた感のある大迫。第1戦目では中澤を上回って惜しいシュートを放つシーンが二度ほどあった。

曽ヶ端も、俊輔にフリーキックはもう決めさせまいとアゴを研ぎ澄ましている。

それに、第1戦で寝ぼけていた感のあるアントラーズイレブン。一叩きして、本番モードに入っている(最初に入っておけよ…って話でもあるが)。

幸いにして相手はなかなか強い。

だからこそ、逆転し甲斐がある。

普通の勝ち上がりでは全国的な報道をしてもらえない状況であるので、逆転での勝ち上がりは旨みが増すというもの。

期待して応援しましょう。
むー、完敗。

ヤマザキナビスコカップ準々決勝第一戦、横浜FM戦は0-2。

俊輔とマルキに決められ、星を落とした。

この試合だけを見れば、完全なる調整失敗。準備失敗。

鹿島にも単発のチャンスはいくつかあったものの、チームとしての体をなして試合を運べていたのは横浜FMの方。

内容相当の0-2になってしまった。

【この試合に合わせた調整】
キャンプでかけた肉体的負荷からの疲労抜けきらないのか、横浜FM選手に比べて出足鈍い。

中断明けからトレーニングマッチも紅白戦も足りず。チームには試合勘なく、横浜FMに比べてグループ連動がない。

守りでは決められたポジションを取って構えるのみ。

人は戻っているけど、スペースはあるという状態が続き、名手・中村俊輔は自在。

鹿島は自陣右サイドを中心に弱いところを狙われ突かれてしまう。

攻めでも独力か二人の関係で攻めるのみ。

ちょーっと、この試合だけを見れば、調整失敗。フィジカル面でも戦術面でも。

セレーゾ監督、以前よりはコンディションコントロールするようになったとはいえ、しかし、この部分は強みにはならないか。

逆に、横浜FMの、この試合に合わせた調整は見事だった。

中村俊輔、マルキーニョス、中澤といったJリーグ歴代でも屈指のタレントが額面通りに実力を発揮し、守備も安定しているとなれば、さすがに強い。

【無料招待のデメリット】
無料招待効果もあり、1万3千人の集客。

数字としては、まずまず。その点での、とりあえずの面目は保てたのかもしれない。

しかし、無料は無料。

期待感ばかりが先走るフワッとした立ち上がりの雰囲気と、2点差ついた時点での帰宅者続出。

少数でも気合充実の横浜FMサポーターの方が、チームを奮い立たせることに成功。

鹿島も大半のサポーターは普段通りのサポートをしていたものの、やはり、中途帰宅者続出では、最後の追い上げムードに水を差すことになる。

私はタダ券は「必要悪」だと認識しているから、現状、仕方がないと考えている。

しかし、悪は悪だと再認識。

【次まで見据えれば】
一戦のみを見れば調整失敗であるが、第二戦までは一週間ある。

セレーゾは器用にコンディションを合わせてくる監督ではなく、競馬で言うところの「追い込み脚質型」。

一戦目の失敗を挽回しようと、猛烈に仕上げてくることだろう。

選手コメントを読むと、既に二戦目を見据えているし、反省すべきところも分かっている。

下地となるフィジカルトレーニングは既に済ませてあるので、今週のトレーニングと週末の試合で反発力を発揮してもらえれば。

途中帰宅者続出のホームよりかは、少数精鋭サポーターが最後までサポートするアウェイ戦の方が、かえって「やってやろう!」という流れを作り出す。

逆転劇、やってやりましょう。
昨夜のセレッソ戦は1-2敗戦。

オープンな打ち合いになったが、セレッソは決め、鹿島は決められなかった。

鹿島の攻撃タレントは十分とはいえ、ゴールは水物でもある。

安定的な結果を得るには、まず守備から。

現レギュラー陣の後に続く、「無失点~1失点」に抑えられる守備タレント育成が必要。そのため実践されたDFライン構成はGKに佐藤、CBに山村と植田、左SBに前野。

【授業料】
2失点はいずれもミス絡み。

1失点目はフラットに並んだ鹿島DFライン、CB植田の裏をフィード一本で取られてしまい、そのまま決められる。一番簡単な形でやられてしまった。

2失点目は上がった前野が柿谷にパスしてしまう。柿谷、加速スペース十分でドリブルスタート。

柿谷、原口(浦和)、山田(磐田)あたりにトップスピードに乗られてしまうと、おそらく上から見る以上に対応は難しい。山村もなんとかコースを切って欲しかったが、しかし、柿谷はあの形になると凄い。ファインミドルを叩き込まれる。

2失点とも、植田、山村、佐藤にJ1レギュラー相当のパフォーマンス発揮力があれば、防げた可能性はあった。

個々の対応力と、連係の不足している守備ユニットが、J1セレッソ大阪を相手にするとこうなりますよという一例を示すことに。

強いて言えば後半に幾らか修正されて失点しなかったこと、いいプレイも探せばあったことは買いたい。

もちろん、合格点など与えられるものではなく、本人たちで課題を解消してもらえれば。

切り替えて、頑張って欲しい。

【出られなかった選手たち】
出た選手は経験を得られたのだから、良かった。

個人的な気がかりは、出られなかった選手たち。

特に、鹿島において「勝負の三年目」とされる、土居、昌子、梅鉢。

植田より昌子の方が総合力は上だと思うし、連戦の続く野沢や柴崎より、土居や梅鉢の方がフレッシュだったはずだ。

この三人から、誰も出られなかったのは残念。

仮に昌子と土居が先発しても、ベストメンバー規定に抵触することにはならなかった。

ここでセレーゾ監督の起用に文句を言いたいわけではない。

三人、少しアピールが弱いかなとは私も感じているからだ。

例えば、植田はJ1で最も素人くさいCBであるが、目がギラギラしており、フィジカル能力があり、身体はケンシロウ。指導者や北斗の拳ファンの目にとまりやすい。使ってみたくなるのは、よく分かる。

しかし、サブ組生活が長く続いている選手になると、アピールしていくにしても「慣れ」「惰性」が出てきてしまう。

そうならないようにしよう…と心に決めても、実際には難しい。私だって整理整頓しようと決意しても、なかなか片づけられないのだ。

そんなんで時間が過ぎて、2011年入団組プロ三年目終了まで、残り半年ちょっと。

これまでと違うところを見せて、なんとか出てきてもらえれば。

一層の奮起を期待している。
さて、明日は大阪でのセレッソ戦。

すでに決勝トーナメント進出を決めたチーム同士の試合。

「若手の登竜門」とも呼ばれるのがヤマザキナビスコカップであるが、明日は、その醍醐味が味わえるはず。

アントラーズからは多くの若手選手起用が予想される。

彼らにとっては滅多にないアピールの機会。

前回のチャンスは3月23日のナビスコ杯初戦、FC東京戦まで遡る。

その時は2-4完敗。

酷ではあったが、何人かの選手は監督からの信頼を大きく下げることとなった。

今回は勝利を期待。

彼らが練習の成果を示してくれれば嬉しい。
昨夜のアウェイ大分戦。

主審が試合終了の笛を吹こうとする、あと1秒で試合が終わるというところで繰り出された大迫の左足シュート。

これが見事、ゴールネットに突き刺さり、鹿島アントラーズは1-0勝利。

予選リーグ一試合を残してのヤマザキナビスコ杯決勝トーナメント進出を決めた。

【今シーズン最悪だったメンタルコンディション】
鹿島は、おそらく今シーズン最悪といっていいほどのコンディションで試合に入る。

先週末、浦和とのアドレナリン全開アウェイマッチ。大誤審を経ての1-3敗戦による徒労感。そこから中三日での大分遠征。

メンタルとフィジカルの疲労が、ありとあらゆるところに表れた。本来の力の半分も出ていないのではないかという前半。体力・判断力・技術精度からコミュニケーションまで不足。

もはや戦術云々以前の問題で、大分との運動量差大きく、ちっとも鹿島ペースにならない。

正直なところ、取り立てて見るべきものはなかった。

曽ヶ端や青木を中心に無失点で凌いでいた以外には。

選手もサポーターも忍耐を強いられたが、しかし、ここで失点せず凌いだことが勝敗を分けることになる。

【マイナスがプラスに引っくり返るゴール】
ハーフタイムにセレーゾ監督から喝が入る。守備設定エリアを低めに下げるよう指示が出る。

それによって意志統一が進み、メンタル的にも若干引き上がったことに加え、時間経過と共に大分の運動量が落ちてきた。

元々の力差はカテゴリ違いほどあるわけで、鹿島は決定的チャンスを量産。

しかし、近ごろ今ひとつ冴えない大迫を筆頭に外し続ける。

大分GK丹野のビッグセーブに防がれたり、バーに当たったり。

このまま浦和戦以来のモヤモヤ晴れず、次の名古屋戦までいくはめになるのか…。

そのような弱気も出てきた後半アディショナルタイムの大迫決勝ゴールは、時間帯からシュート難易度までミラクル。

モヤモヤからイライラ、判定不信に至るまで、いくつもの苦難から解放してくれる救いのゴールになった。

【トンネルと判定と控え選手】
大迫にとっては、このゴールによってノーゴールトンネルから抜け出したことになる。きっと気持ちが楽になる。

楽になって力が抜ければ、視野が広がり、ゴールもアシストもしやすくなるはず。彼、ノーゴール中はアシスト性のラストパスまで減少していた。

判定面では主審のアディショナルタイムの取り方がプラスに働いたことになる。

今季、ムダに長いアディショナルタイムで追いつかれたことがあった。今回は逆の作用。

それには、終了寸前の自陣で得たFKを、中村から青木、遠藤、大迫らが連続して速い判断でプレイしたことに尽きる。主審に笛を吹くタイミングを与えなかった。

勝ったことで控え選手にもプラスになった。

中村が勝利に繋がるボールタッチをしたのは、鹿島加入以降では初めてでないか。相手ファウルの笛が鳴るや否や、間髪入れず蹴り出す。ただ急いだだけでなく、サイド走り出る青木へ精度あるパスを入れた。

山村もスタメン出場で無失点に終えたことになる。

引き続きの課題はあるにせよ、最終ラインから最前線へ浮き球とグラウンダーの両方を送り込めるのは大きい。プレスもいなせるので、相手守備を疲れさせる一因にもなった。

ベンチで出たり出なかったりの遠藤も、まずまずの状態をキープしていることを証明。

結構、コンディション維持が難しい使われ方だと思うのだけれども、気持ち切らさず彼なりにやっているのではないか。ジョルジーニョ時代に培われた西とのコンビネーション、右からのパス交換による崩しは面白い。

セレーゾ監督の采配については、ここ二戦で二枚しか交代枠が使われておらず、余らせているのは気掛かり。

ただ、こうして控え選手が力を示していけばセレーゾも使うようになるだろう。

いやはや、ギリギリでも勝ったからこそ、楽にプラス要素を探すことができる。

危なかったが、良かった。
ヤマザキナビスコカップの鹿島×名古屋は1-0勝利!

いや、やっぱり、いいじゃないですか!

本田、フル出場でバイタル近辺の広い範囲を埋めてくれたし、正確な縦パスも入れていた。柴崎を攻撃に押し出せるのも良いところ。

そして、キャプテンマークを付けた大迫と柴崎は次代のリーダーに相応しい、攻守に軸となるプレイを披露。二人は活動量多いし、上手いしで、実に素晴らしい。

ジュニーニョ、ようやく「らしい」技巧的なゴール。私は彼の川崎時代から恐れと敬意を抱いていたのだけれども、その頃よく見たゴールを鹿島でも決めてくれた。

他にも、ベテランから中堅、若手まで融合した、なかなか収穫のある勝利だったのではないか。

エンターテイメントとしては、千両役者、岩政大ちゃんの退場おまけ付き。

「この野郎、やりやがった!」との声がサポーターからもチラホラあがっている。

一大ちゃんファンとして、本人に代わって釈明しておきたい。

一枚目のイエローは自陣からのFKをなかなか蹴らずに遅延行為を取られたもの。これは「俺が正確に蹴れる距離は5メートル以内ウホ!その範囲に味方がいなかったから蹴れなかったウホ!」とのことだと思う。

二枚目は相手選手のユニフォーム掴んで引っ張り警告。もう、完膚無きまでに引っ張る姿が審判の目にも、テレビ映像にも映し出されている。

大ちゃんの言い分としては「引っ張ってないウホ!引っ張ってないウホ!気のせいウホ!」と、あくまでシラを切る様子なので、それを尊重したいと思う。

とはいえ、彼退場によって交代出場した山村が正確な繋ぎを披露。前にエネルギーをかけてくる名古屋をいなすにはうってつけの交代となった。

おそらく、大ちゃんのことだ。

「狙い通りウホ。ここはヤマにチャンスを与えるべきだという深慮だったウホ」

この転んでもただでは起きない性格は只者ではない。
今夜19:00からカシマスタジアムにてヤマザキナビスコカップ予選リーグ名古屋戦。

ポイントの一つに小笠原と遠藤の出場停止が挙げられる。

戦術眼に長け、長短のパスを操る小笠原。

抜群のキープ力によって、スタメンでも途中交代でも時間を作ってくれる遠藤。

両者とも「足が短い」「とっちゃんぼうやである」といった大きな欠点こそあるものの、アントラーズに欠かせない重要な選手である。

今日の名古屋戦では、その二人が同時に出場停止。

但し、一人二人欠けたところでダメになる組織では最初からダメ。選手層の厚みを見せる絶好のチャンスとなる。

先発が予想される一人、本田拓也。

この試合でセレーゾからの信頼を盤石のものとしてもらえれば。

彼が鹿島に来てからというもの、怪我からのブランクの影響がなかなか抜けきらない。

現場もサポーターも本田の能力は疑っていないにしても、「ハイパフォーマンスを90分間継続できる?」というところでの信頼は、今のところない。

今日の試合、勝つのはもちろんのこと、できるだけ優勢に運び、本田と、あと一人くらい新たに活躍する選手が出てくれば理想的。

もちろん、ベースとなるレギュラーメンバーのパフォーマンスにも着目したい。
【ロスタイム決勝ゴール】
最後の時間帯、角度のないところ、混戦の密集を前にしてフカさずサイドネットを狙う。

最後は技術のある者が勝負を決める。

本山雅志のロスタイムボレーシュートにより鹿島アントラーズは1-0勝利。

最後まで体力と規律で守り粘った鳥栖であったが、勝負の時間帯でCBとGKに凡ミスが相次ぎ(それも、このポジションにおける実力ということになる)、鹿島の技術力の前に力尽きた。

アントラーズとしては二軍相手の辛勝ということで厳しく見ることも出来る。

ただ、試合直後の本山インタビューコメント。

「平日なのに来ていただいてありがとうございます!」

5000人の観衆はサポーターとして純度の高いものだったが、数としては少ない。そうであっても「来ていただいてありがとうございます!」の精神。

本山が決めなければドロー決着するところだった。

仮にそうなっていれば「二軍にすら勝てなかった」事実が重く圧し掛かる。今大会のグループリーグ突破も難しくなる。

いやはや、想像しただけでも恐ろしい。そうならなかっただけでもありがたい。

勝利の立役者が「来ていただいてありがとうございます!」と言ってくれるのだから、こちらとしても「勝ってくれてありがとう!」で済ませたい。

それに一つ、分かりやすい収穫があったかなと思う。

【ひさびさの攻撃型サイドバック】
左SBの前野貴徳。

サイド奥深くまで抉ってクロスまで持ち込む。

ハイクロス一辺倒でなく、マイナスのグラウンダーを使い分ける判断もいい。球質もいい。

ビルドアップ段階でのパス交換はスムーズだし、縦にボールを運んでいける。

鹿島の求めるサイドバック像に近い選手が久しぶりに現れたと、皆の前で明らかになった。

新井場の後継者探しはずっと行われてきた。

しかし、サイドバックに攻守のタスクを多く求める鹿島にあって、他クラブで成功するような選手であっても、なかなか適任とされることはなかった。

パク・チュホは強さも献身性もあったが、アタッキングサードでの引き出しに欠けた。

宮崎は技術はあっても、推進力に欠けた。

ジウトンは推進力はあっても、馬鹿丸出しだった。

なかなか、鹿島の理想像に合う選手が見つからなかった。

ここ数戦の前野のプレイから「やっと出てきてくれた…」と期待する方も多いのではないか。

さすがに昨日の相手では守備面の課題が出るわけもないので、そこがどうなっていくかなというのはあるけれども、彼の場合、練習からプレイがいい。

もう、公式戦の中で上達していく段階だろう。

【目途がつく】
逆に、中村充孝。

中村の場合は、試合だけでなく練習でも、もうちょっと。

いいプレイはあっても、とにかくボールに触る機会が少ないので、まだ時間がかかるかなあと思われる。劇的に活躍したような紅白戦や練習試合が、まだ一度もない。

そんな現状で、本山が一線に戻ってきてくれたのは大きい。

ベテランであっても若手であっても、一人ずつ、いい選手が力を発揮する目途がついてくれば、その分、チーム力が上がってくる。

何人かの選手のプレイの質は落ちてきているので、それ以上のペースで計算が立つ選手が増えてくれれば良い。

勝ち点3。本山のゴール。左SBの前野。

それに、事実上カテゴリ下の相手ではあったが、一応、無失点。

良いところはあった。

ありがとうございます。
本日19:00、カシマスタジアム。ヤマザキナビスコ杯グループリーグのサガン鳥栖戦が行われる。

注目は中村充孝と前野貴徳が先発予想されているところ。

これまで左サイド先発はジュニーニョと中田浩二だった。

そして、ここの機能性が上がってこない現実がある。

単純に考えれば、スタメン変更によって多少なりとも機能性が向上するハズ。

いや、上がってくれないと困るところであるが、現場のピッチでどう作用するかは試合を見てのお楽しみ。

新戦力の活躍はベースとなるチームの力に大いに左右される。そこの部分で今の鹿島は未知数であり、見ないと分からない面が多々ある。

とはいえ、中村&前野としてはレギュラーポジション確保の大チャンスであることに違いはない。

二列目にボールが収まらず、ロストを繰り返す状況を中村には変えてもらいたい。

サイドバックの攻撃参加が見られず、アップダウンできない状況を前野に変えてもらいたい。

ここで高パフォーマンスを披露し、チームも勝つようであればレギュラー定着も十分考えられるだろう。

逆に、そうでなければ、二人だけでなく鹿島アントラーズも苦しくなる。

今夜は動員数は見込めなさそうであるが、鹿島の行く末を占う試合。

必見にして必勝です。
【責められて仕方ないが】
昨日は残念な負けだったけれども、じゃあ、いつもの主力組ベストメンバーで行けば良かったかというと、それは結果論と言いたくなる気持ちもある。

やはり、ベストメンバー規定の問題があり、多くの若手を試せる機会はここしかなかったことが一つ。

それから、若手選手たちのコンビネーションを考えると、いつも一緒にやっている控えチームそのまま出す方が個性を発揮できたことが一つ。

それから、何より、私は勝てると思っていた。

FC東京は中二日の不利な日程であり、日本代表メンバーも欠く。

今となっては甘い見立てだったと言われて仕方ないものの、勝てる見込みはあったのだ。

今でも、その可能性はあったと悪あがきしたくなる。

【タラレバ】
もちろん、「大迫が途中で交代しなければ」「監督の采配が違っていたら」「2つ、3つのポジションに経験豊かな選手を先発させていれば」というタラレバも私の中にはある。

だが、それはあくまで結果を知ってから強くなった考えであって、試合前はそんな「タラレバ」なくとも、「控えチーム」+「大迫&ダヴィの2トップ」で先発して、それで十分に勝てると踏んでいた。

若手選手もセレーゾ監督も、それに近い認識だったはずだ。

試合前の選手コメントからは自信が感じられた。出番に飢えて、テンション高く、やってくれる雰囲気がみなぎっていた。

だから、前半は押し込んだこと。そちらは私にとって予想通り。

予想外は、失点を重ねて混乱が続いた後半の方。

【テレビゲームの例え】
負傷により、大迫から野沢に交代したことも一因。

凄まじいキープ力で味方を楽にしてくれる大迫と、彼以外の選手とではチームに及ぼす影響力が違う。

テレビゲームのRPGで言えば、今の大迫はパーティの大黒柱となる「勇者」。ほとんど何でもできる。攻めに守りに回復にと大活躍だ。

野沢は、いわば「攻撃魔法が武器の魔法使い」。体力や頑丈さはないが、味方にある程度、お膳立てをしてもらった上で、大魔法で決着をつける。チャンスメイクするためのスペースさえあればアシストやゴールでトドメを刺せる(※ちなみにダヴィなら「戦士」、小笠原なら「将軍」、岩政であれば「ゴリラ」に例えられよう)。

あとの若手は、いわばレベル上げが不足しているキャラクター。J1でレベル50が必要なところに、レベル25前後で出場している具合。

本当は、もうちょっと若手の才能で乗り切れるかなと淡い期待があったのだが、返り討ちにされてしまった。

「J1のレベル」と「サッカーにおける経験(ペース配分と、苦しい時間帯に踏ん張る力)」の重要性を再認識したのは、私も、それに他のサポーターの方々も同じはずだ。

今後もセレーゾ監督は猛練習を課すようだし、公式戦に出たことによって練習効果も上がるだろう。

…と、若手の成長待ちは続いていくわけだが、さしずめの問題は負傷の大迫を一週間以上欠くこと。

彼がいるかいないかは大違い。ダヴィも大迫がいなければ威力半減。

大迫の早い回復を祈るばかりだ。
本日のFC東京戦は2-4で完敗。

ダヴィと大迫の個人能力からの2得点はあったが、そこを除いてしまえば、J1とJ2くらいの差はあったかもしれない。

チームとしても、個人能力でも。

例えばCB~左サイドにかけての混乱一つ取っても最後まで修正されることはなく、とても大人のJクラブとは思えない試合になってしまった。

前半押し込むだけなら、天皇杯での大学生でも出来ること。鹿島の若手に才能があるのは分かりきっている。鹿島アントラーズに入れた選手たちなのだから。

入団後の成長で、90分間、戦う試合ができるようになったかどうか。それが見たかった。

若手選手それぞれにしてみれば、手応えのあったところ、課題として受け止めたところがあろう。

前野の攻めきる能力、植田のヘディング能力など、個人の得意分野の一つ一つ「だけ」に限定すれば面白いものはあった。

但し、現時点で優勝を目指す戦力として。

勝手なファン目線からすれば、出場メンバー全員、期待値を下回るものだったことは否めない。

セレーゾもそうだったかと思うが、私も、もうちょっとやれると思っていた。

「たまたま悪かった」とか「最初だから」とか「主力とのミックスでなかったから」とか、他にどんな理由があったとしても、もっとやれると思っていたのだ。

たしかにだ。

これまでも、紅白戦で控え組が押し込んでいても、主力組に一瞬のミスを突かれて失点、結局はスコアで負けてしまう傾向があった。

そうではあったのだが、なにせ才能のある選手たちだ。中には「即戦力」と期待された選手もいる。

セレーゾの指導の下、練習を積んで良くなってきただろう、経験の薄さもカバーできるようになってきただろうと希望的観測を持って、この試合を楽しみにしていた。

それが、想定より悪い形で出てしまった。

個々の体力やボールセンスに不足はない。

それ以外の個人能力そのものである、「ポジショニング」「動き方」「コミュニケーション」「集中力の持続」。

実戦になって、抜け目ないJ1クラブと相対したおかげで、それぞれの未熟が明白になった形。

今回一回限りで、そこまで評価を落とす必要はないけれども、ただ、新戦力でもダヴィ以外を「チーム力を押し上げる主力級」と見なすのは、さすがに夢想家に過ぎる。そのように皆が認識した。

今のJリーグは厳しい。

この試合をきっかけに、一人でも二人でも、大きく伸びてくる選手がいることを期待しよう。
さて、明日23日はヤマザキナビスコカップの予選リーグ、FC東京戦。

キックオフは16:00とやや珍しい時間。

今大会における、アントラーズの初戦となる。

まず、きっちり勝ち点3を確保して、後々余裕を持ちたいところ。

今週は花粉症が怖くて、練習見学には行っていないのだけれども、伝え聞く紅白戦のメンバーからすると新戦力含む控え組の先発が予想される。

若い選手を見られるのはヤマザキナビスコ杯の醍醐味。彼らがどこまでやってくれるか。

今シーズンの紅白戦では、「控え組」に「大迫+ダヴィ」の2トップが入りさえすれば、むしろ主力組より強いのではないか…と感じる時間帯も少なくない。

現時点で、明日はそのメンバー構成になりそう。

J1試合経験の少なさをカバーして余りあるほどのエネルギー溢れるプレイを見せてもらえれば。

勝ち点3と充実した内容。

両方を期待して応援したい。
ヤマザキナビスコカップ優勝から一夜明けて、本来ならば三~四日は余韻に浸りたいところである。

しかし、残留争いに片足突っ込んだリーグ戦が水曜日に迫っているため、今日中に喜びきっておきたい。

ザクッと勝因を見直してみる。

【負けを勝ちの布石に】
ホームで1-2敗戦を喫した10月27日の第30節清水戦。

鹿島の守備上の弱点である「ドゥトラ-新井場」の左サイドラインを大前らに突かれ、最初の失点シーンのみならず、失点に至らないまでもマークのズレは何度も起こっていた。

ガラ空きになった左サイドに左CBの青木がスライドし、ゴール前に人が足りなくなるパターンは、これまでも何度も見たことだ。

「鹿島の左サイドは狙い目」であることは誰の目にも明らかだったが、実際に対戦して、そして勝った清水は実感を伴って味をしめたことだろう。

「そこから突けば鹿島が崩れる可能性は高い」印象を持ったままエスパルスは決勝の準備をし、対するアントラーズは非公開練習の中で「相手の攻撃の糸口を消す」準備を進めていた。

【ジョルジーニョ監督の英断】
私個人的には「ドゥトラ-新井場」がそのまま出てくるものとスタメン予想していた。

ここは相当キッチリ修正していかないと、清水サイド攻撃の狙いの的にされる。これまでもできていなかったのに、これから修正間に合うのか。

それとも人を変えるのか。

しかし、人選が思い当たらない。守備力を十分に備えた専任左SBは、鹿島に一人としていない。

弊ブログでの試合前プレビューの記事は、努めて前向きに書くようにしているけれども、ここの不安は拭えなかった。

現実には、ジョルジーニョ監督は大ナタを振るってきた。

本来のポジションを飛び越えて、人そのものを変えてしまうという手だ。

ドゥトラ-新井場をそっくり下げて、その分、本田拓也と昌子源という、守備に強みのある選手を頭から使ってきた。

サポーターは面喰らったが、対戦相手の清水はもっと面喰らったはずだ。

想定していた鹿島の崩れるポイントがなくなっていたのだから。

今となっては理にかなった大英断ともいえるジョルジーニョ監督の采配。しかし、その決断には勇気が要っただろう。

選手たちの想定通りパフォーマンスがあってのこその采配成功だが、それでも、よほど選手能力の見極めに自信を持っていないとやれることではなかった。

また、並のクラブチームであれば、大舞台でスタメンを外された選手の不満がグループモチベーションのマイナス要因になることもある。

そうであるのに、かえって新井場もドゥトラも途中出場で活躍。長く控え暮らしが続いている増田も、腐らず練習していたことを証明した。

彼ら自身のプロ意識と、鹿島の伝統、チーム内の雰囲気。

このあたり、まさに「低迷期でも鹿島は鹿島」だった。

【名手不在の清水と、鹿島のリスク】
技量と戦術眼を高レベルで兼ね備えた小笠原や小野伸二のような選手がいない清水にとって、ピッチ上で対応を変えるのは難しい。上手くいかなかった時、次はどうすれば効果的か、意志統一が遅い。あるいは最後までできない。

しかし、鹿島もリスクを負っている。

左SBに入った昌子は本来CBであり、二年目の選手でもある。

彼がやれるのか、やれないのかで、鹿島の狙いが当たるか外れるかが左右される。

また昌子がやれたとしても、左サイドからの攻撃は捨てなければならない。

ドゥトラ-新井場では守備の不安は大きいが、その攻撃力は大きなものがある。

鹿島は先制点を奪われたら、終わりに等しいほど厳しくなる。

【穴作らず】
だが、先制点を許すような隙そのものが鹿島にはなかった。

昌子は大前に仕事をさせず、岩政は前の試合でやられたキムを完全に沈黙させ、青木はサイドへのスライドを我慢し中央で踏ん張った。西は高木を封じた。GK曽ヶ端はPK以外のシュートは全て止めた。

中盤も集中力高く、攻守に堅実。「敵に隙が出来るまで時計の針を進める鹿島のパスワーク」を決勝に来て実践。

小笠原がパスワークを司り、本田がボール奪取を実行し、遠藤は正確に繋ぎ、柴崎は決め手を生み出した。

柴崎が攻撃に顔を出した時、この試合に限らず、ほぼ必ずいい形になってくる。

2点目のゴールシーン。ファーストコントロールでヨンアピンを抜き去り、強烈なシュート。上手すぎてサクッとやっているので、もしかしたら目立たないかもだが、これは完全に世界トップ級の技術クオリティ。

これまでの柴崎の攻撃参加の中でも、最も美しく威力のある攻撃参加となった。ちなみに1点目PK奪取に至るフリーランも質が高く、担当したPKも肝が据わっていた。

大迫や興梠といった選手にとっては、やりたいサッカーとは違うものだったと思うけれど、彼らも勝つことに徹し、ミッション達成に貢献。

特に大迫の「収める力」は最前線で孤立していても十分にある。ヨンアピンが強敵だったこと、味方サポートも遠かったことで、その成功率は下がったものの、味方が落ち着く時間を一人でもかなり作ってくれた。

交代選手は軒並み反発力を発揮。ドゥトラのロングカウンター、新井場のサイド攻撃、増田の献身的なサポート力は勝利に必要なピースになった。

ベンチも一体となって後押し。

清水の若い交代選手たちが緊張もあるのか、大して力を出せなかったのと比べると、チーム全体として差があった。中田や本山、ジュニーニョのようなビッグネームがベンチにいる強みは、たしかに出ていたと思う。

【一日でキッチリ】
チームは今日も午前練習をしている。

本当は喜んでゆっくり休んで欲しいものであるが、日程がそれを許さない。

ナビ決勝前には「リーグ戦は低迷しているけど、カップ戦は違う。だから決勝はいける!」と言われてきたが、これからは逆。

「カップ戦は獲ったけど、リーグ戦は違う。だから切り替えていこう!」となる。

今日みっちり喜んで、また次に気持ちを向けていきましょう。
【絶賛祝勝中】
皆さん、今夜は祝勝モードで宜しく!

鹿島アントラーズはヤマザキナビスコカップ決勝戦において、清水エスパルスを2-1撃破。

おめでとう、鹿島アントラーズ。

ありがとう、鹿島アントラーズ。

これで「ジーコ以来の強い鹿島アントラーズ」の夢を、これからも見続けることができる。継続のための一つの条件を、今日また満たすことができた。

クラブにとっては運命の分かれ道になるほど大きなタイトルだった。

リーグ戦成績と観客動員数が低迷し、親会社も合併した年だけに、タイトル獲得の価値はとてつもなく大きい。

自分たちの手で命運を手繰り寄せたのだ。

今は、安堵と喜び、鹿島を愛し贔屓する全ての人たちへの労り以外に、何もない。

【素晴らしき者たち】
一見、博打とも捉えられかねないスタメン選定を実行し、清水の狙いを外すことに成功したジョルジーニョ監督。その勇気と決断力は、讃えられて然るべきもの。

大舞台に相応しい闘志と賢さを発揮し、正確なプレイを継続したアントラーズの全選手たち。それは柴崎のあらゆる意味でパーフェクトな決勝ゴールに象徴されていたと思う。

本当に鹿島はミスが少なく、ほぼ狙い通りに試合を運んだ。

スピードとパワー、攻撃意志では清水に分があったけれど、鹿島はボール回しの巧さ、プレイ選択の確かさ、ビッグマッチでの冷静さに分があった。

誰もが良くやったし、誰もが活躍した。だから、隙を見せずに勝てたのだ。

柴崎だけでなく、曽ヶ端も西も岩政も青木も昌子も本田も小笠原も遠藤も興梠も大迫も。

途中出場のドゥトラも増田も新井場も。

また、試合に出られなかったメンバーの後押し、切磋琢磨も出ている選手のハイパフォーマンスに繋がった。

フロントや全スタッフまでの総力を結集した準備の質。そこも見逃せない。

サポーターの声、祈りの力にしても、試合時間経過と共にエネルギーを増した。

「勝てる!」という直感を抱いて応援していたのは、清水サポーターより鹿島サポーターだったのではないかと、今となっては思い返される。

とにかく、よかった。

皆、よくやってくれました。

ありがたいこと。おめでとうございます。

さてさて、祝勝ムードに浸りましょう。
今更ながら、先週末に行われたリーグ清水戦の録画を見直している。

私には、アントラーズの試合を翌一週間かけて録画確認する生活パターンが定着している。

時間の制約もあるからそうなのだが、ただ、そのやり方にはメリットもデメリットもある。

デメリットは「試合全体の流れが分からなくなる」こと。

メリットは「細かいプレイの良し悪しが再確認できる」こと。

清水戦は「全体的な内容は悪くなかった」と評されている。

しかし、今、一つ一つのシーンをリプレイしてみると「ポカッと失点するだけの隙はチラチラできている」ことに否応なく気づかされる。

ここ二年連続して、鹿島はカップ戦決勝で負けていない。

2010シーズンの天皇杯決勝、2011シーズンのヤマザキナビスコ杯決勝。

勝負強さが印象付けられる、見事な試合運びだったと記憶している。

ただ、それは過去のことであり、少なくとも先週段階の守備であれば、鹿島の流れで試合を運ぶことはできない。

勝負強さの前提条件は守備の強さだ。

リーグ清水戦に関しては、ポゼッションは高く、ピンチの数は少ないけれど、数少ない被カウンターでマークがズレて、複数の守備ミスが重なるパターンが何度か見受けられた。

今週一週間の練習の充実を前提に、あとは気持ちの面でカバーしていかないと、鹿島らしい決勝戦にはできないだろう。鹿島が迎えるカップ戦決勝として、過去数年で最もギリギリの勝負だ。

まず、最初から選手たちが気合マックスで試合に入れるよう、そして、90分間気持ちを切らさぬよう、皆の応援と祈りで後押ししたい。

大丈夫、鹿島はちゃんとやれば勝てる。

明日をタイトル獲得の日にしましょう。
本格的な情報戦に入る前に、清水エスパルスの皆さまに向けて記事を書きたい。

本来ならば、これから書くようなことは鹿島サポーターとして絶対に口外してはならないことである。

だが、せっかくアクセスしてくださったのに手ぶらで帰っていただくのでは、ジーコスピリットに反することにもなる。

今回限りとなるが、鹿島のマル秘情報を提供したいと思う。

【33番のマル秘情報】
アントラーズ33番のユニフォームを纏ったレナトというブラジル人男性。

清水エスパルスの皆さんは、これまで見たことがないでしょう。

それもそのはず、彼は選手ではありません。

ただのコーチです。

見た目通りの実年齢43歳。フィジカルコーチのジョエルトンの方が若く見えるものの、実際には同い年です。

「背番号33」というのも、スタッフがつけてそうな番号ですよね。

試合中には技術指導と称して勝手にプレイし始めますが(※現役時代は無名選手でしたが、コーチだけあって技術はたしかです)、エスパルス選手の皆さんは放っておいてあげてください。

彼からボール奪取するなんて無粋な真似はお止しなさい。中年男の娯楽を邪魔してはいけません。

【パーフェクトなCBコンビ】
鹿島の名物CB、岩政大樹。

今季の彼は絶好調です。

ハイボールはもちろん、ドリブルや裏抜けに対しても、ほぼ完璧な対応を見せています。

先週はキム選手にやられてしまいましたけれど、学習能力に優れるのもゴリラの特長です。次はないでしょう。

今後、背後を突こうとか、コンビネーションで撹乱しようとか、ドリブルで仕掛けようとか、全部、ムダですよ。

ナビ決勝戦でも彼のところへは攻めない方がいいです。

コンビを組む青木剛もCBとして急成長しています。

彼は元がボランチの選手だけあって、足下の技術が抜群に安定しています。性格的にも30歳になって落ち着いてきました。

青木には間違ってもハイプレスかけてはいけません。悠々とかわされてしまいますからね。

清水攻撃陣の皆さん、青木選手へのチェイシングは体力の無駄遣いになります。くれぐれも深追いしないよう、ご注意ください。

【ポゼッションのススメ】
上述したように、鹿島CBコンビの守備力は凄まじく高いです。鉄壁と呼ぶに相応しいものがあります。

焦って攻めてはなりません。

なにせ、鹿島の場合、両サイドバックもボランチも二列目も、守備を捨てて攻撃してくるタイプの選手が揃っています。下手に攻めると反撃を食うでしょう。

エスパルスさんはタイトルにご縁がないということで、アドバイス。

ビッグマッチは慎重に慎重を期するべきです。

マイボールになったら、ゆったりポゼッションして、横へ後ろへとボールを回すことをオススメします。

後半も半分を過ぎたあたりで、ベンチからでもスタンドからでもいいですが、岩政選手に向かってバナナを差し出してあげましょう。

バナナは大好物ですから、試合中であることを忘れてバナナに一直線ですよ。

そこでシュートすればいいのです。

【FWは点を取りませんから】
ご存じの通り、鹿島のFWは大迫にせよ興梠にせよジュニーニョにせよ、基本的に点を取りません。

彼らの仕事は「ポストプレイ」「守備」「裏抜けをチラつかせる」の3つのみです。鹿島ではFWに求められるものが違うのです。

なので、守る上では必要以上のDFは要らないです。その分、中盤でのポゼッションに人数をかけてください。

泥棒が一人もいない国で、家に鍵をかける必要がありますか?

ありませんね。

鍵を作ってもムダになりますし、マークをつけてもムダになります。

どフリーでも余裕でシュート外してくれますから、清水GKやCBの皆さんはフワッと試合に入っていただいて問題ありません。

是非とも、フワッと守っていただければと思います。
鹿島レナトがナビスコ杯で復帰へ』(日刊スポーツ)

負傷により先週の清水戦を欠場したレナト。報道によればヤマザキナビスコ杯決勝に間に合う見通しとのこと。

順調に行けば現時点でのベストメンバーを組むことができる。

1トップと二列目との距離感、その90分の継続性。

今のところ「大迫-レナト-ドゥトラ-遠藤」の組み合わせが最も効果の上がる組み合わせになっている。

たしか、ナビ準決勝2ndLeg柏戦の実質的な完勝以来、この布陣(あとボランチに本田拓也)は組めていなかった。

レナトは老け顔なのが難点で、実質40歳の見た目ではあるが、既に欠かせない選手になっている。

彼がいることによって二列目にもパスの起点ができる。

もちろん、これは本山がレナト以上にやれる役割であるけれども、レナトの場合、プラスしてアップダウンの運動量がある。レナトトップ下で大迫の負担が軽くなり、より前で仕事できるようになるはずだ。

彼の復帰は間違いなく朗報。

ただ「ブラジル人攻撃的MF」として比較的地味であることも確かで、こうして「レナト復帰の見通し」というニュースを受けても、さほどアントラーズサポーターが盛り上がることはない気はする。

仮にレアンドロ・ドミンゲスであるとか、全盛期のマルキーニョスであるとか、ビスマルクとかになると、出る出ないで大騒ぎになりそうなものだ。

レナトの場合、その地味さがいいのかもしれない。

不幸中の幸いで、清水との二連戦一発目でレナトを隠すことができた。これで清水はレナトとの対戦経験が一度もないまま、決戦を迎えることになる。

彼のボールの持ち方と、案外体幹が強いところ、それにパスやミドルシュートの上手さ速さ。

映像分析だけでは分からないものがある。

結構、清水のDFは苦労するんじゃないかと思う。
【ブルーマンデー】
一週間のうち最も自殺者が多いという月曜日。

私は自殺はしないけれども、月曜は憂欝になりがち。

ただでさえそうであるのに、鹿島アントラーズが負けた翌週ともなれば憂欝度ガッツリ割り増し。

やれやれだ。

しかし、憂欝のまま過ごすのは楽しくないし、全てが非効率的になる。

思考の転換を試みたい。

【週末のご褒美に目を向ける】
今週末にはヤマザキナビスコカップ決勝戦が控えている。

この試合、地上デジタル放送フジテレビ系列にて全国生中継。ラジオでもニッポン放送にて生中継。

例年のことながら、非常に扱いが大きい。ナビ決勝と天皇杯決勝はJクラブの試合中継として破格。

仮にJ1リーグ戦の優勝争いとなると、苦労の大きさに比してメディア露出少なく、三連覇時には何度も何度も寂しい思いをしたものだった。

更に賞金額。

優勝チームには一億円+スルガ銀行杯出場(優勝賞金三千万円)。準優勝チームには五千万円。

一億円の獲得ともなれば戦力補強の資金源になる。

鹿島アントラーズがここで勝つことによって、サポーター大いに喜び、スポンサーへの見返りにもなり、戦力充実にも繋がっていくのだ。

【勝負としてはギリギリ】
もうすっかり知れ渡ってしまったけれども、今の鹿島アントラーズは特別強いチームではない。

選手の力と監督の力を総合すれば、リーグ戦順位なりのチーム。

だが、悲観することはない。

リーグ戦でも完敗は滅多になく、上位に勝つ力は有している。清水エスパルスとの戦力差を見ても、先週末にも示された通り、決して大きいものではない。

そして、一発勝負のカップ戦ともなれば、また別の経験値が要る。

僅かな準備の差、僅かなメンタルの差、僅かな勝負運の差で勝敗が分かれることになる。

そのための一週間の過ごし方。ポジティブかつ真剣な気持ちで過ごすこと。選手はもちろん、サポーターにも必要なのではないか。

それは決して難しいことではない。タイトルマッチともなれば自然にワクワクするし、積極的にも協力的にもなれる。

過去に目を向けるより、週末のご褒美と、あとは今やることにだけ目を向ければ、憂欝などたちまち消え去る。

年間2チームしか出場できないナビ決勝に、クラブ史上最低迷期ですら進出してしまう鹿島アントラーズ。

なんとも有難いものだ。
ヤマザキナビスコカップ準決勝第2戦、柏レイソル戦は2-2引き分け。1戦目の結果と合わせて、鹿島アントラーズの決勝進出が決定した。

まだ録画確認していないけれど、実質、力差を見せつけた勝利に値すると思う。

この結果を受けては、天皇杯鳥取戦の凡戦もいい布石になった。主力を休ませることが出来た上に、いい教訓を得て次に繋がった。

昨夜の鹿島が良かったのは間違いない。

試合に入る選手たちの集中力。

4-2-3-1のシステムのハマり具合。

各スモールグループでの連係力の高まり。

交代采配の妥当性。

偶然勝っているのではなく、チーム力が上がってきた結果と捉えるのが自然だろう。

【4-2-3-1のハマり】
こんな試合ができるのだったら、シーズン最初から4-2-3-1を継続しておけば良かったような気もしてくるが、しかし、このハマりっぷりは大迫やドゥトラの成長含めての高パフォーマンスと、その周囲との連係熟成があるからこそ。

同じ4-2-3-1を敷いた鳥取戦では、大迫、レナト、ドゥトラらをスタメンから欠き、大苦戦を強いられた。

彼らを核とした前の3-1の距離感がいい。遠藤もムラっ気はあるが、そのムラっ気が良い方向に出た時に違いを作り出してくれる。

1の大迫は既に圧倒的ですらある。

彼への心配は「好調維持できるか」「得点力は上がるか」ということより、もはや「海外クラブに目を付けられやしないか」の方へ移ってくる。

圧倒的な1トップがいるのだから、4-2-3-1は有効極まりない。

1トップと二列目との呼吸は試合を重ねる毎に高まり、その中でも見るからに個人能力を上げているのはドゥトラ。

簡単に敵にボールを渡すような、雑なプレイが急激に減っている。判断だけでなく技術の幅も広がっているのではないか。

大迫の能力を信じてプレイしており、大迫ボール保持時にスペースに走り込むのも、大迫ミドルシュート時にこぼれ球を狙って走り込むのも、ドゥトラは非常に速い。

大迫とドゥトラという、喧嘩をしていたほどの二人の切磋琢磨がチーム力を一段引き上げてしまった。

これは嬉しい誤算だ。

【ダブルボランチも最終ラインも安定】
前が安定していることもあって、後ろも安定。

ある程度、前方から守備がかかると、後ろも的を絞れるというもので、右往左往せずに済む。

本田はフル出場達成で、小笠原不在の悪影響を感じさせなかった。これでボランチのポジション争いのレベルが上がり、監督の選択肢にも余裕ができる。

やはり、本田はCBや相方ボランチの状況まで細やかに配慮しながらプレイできるので、周囲のポジションまで守備安定を見る。

柴崎や岩政、青木らとも相互補完効果が発生し、互い互いがスペースを埋め、敵選択肢を絞り込み、予測しやすくし、優勢に守れるよう助け合えていた。

結果、柏は苦し紛れのパスが増え、鹿島守備陣としてはインターセプト数が増え、パスが通ったとしても抑えられた。

GKとCBの最終ブロックとしては、岩政はさすが大黒柱の跳ね返し多数、青木もCBとして経験を上げて瞬間の決断の遅れが少なくなっている。曽ヶ端はスランプ状態を抜け出したか。

こうなってくると両サイドバックの新井場と西。前で収まるだけに思いきった攻撃に出やすい。守りをキッチリこなした上で、攻撃貢献も十分。ビルドアップに横幅を与え、サイドから敵を押し下げる役割を果たした。

【まだ何かを手にしたわけではない】
ラストスパートに入っている。

たしかにチームは良化しているが、残り試合での勝ち星の積み上げによって選手や監督、チームへの評価がガラッと変わる。

勝ち残っているヤマザキナビスコ杯や天皇杯はもちろん、リーグ戦も1つの勝ち負け次第で大きく順位が変わってしまう。

ジョルジーニョ監督が会見でコメントしているように「降格圏の16位と勝ち点7差、上位である4位とも勝ち点7差」。

これからも続くギリギリの試合、楽しんで応援していきましょう。
さて、いよいよ今日はヤマザキナビスコ杯決勝進出が懸かった準決勝第2戦。

日立台での柏レイソル戦だ。

レアンドロ・ドミンゲス欠場等、あちらには不安要素がいくつかある。

とはいえ、特に「ムフフ、ラッキー」ということはない。

経験豊富なアントラーズ選手やサポーターの皆さんには言うまでもないこと。

これまでの体験上、大きな勝負においては、気持ちを入れて、賢く戦って、流れを読んで、決めるべきチャンスに決めた方が勝つだけ。

そういう意味では「気持ち」「賢さ」「流れを読む」ところで鹿島を引っ張り続けてきた小笠原満男の出場停止がどう出るか。

スピードやパワー、守備の持続力は落ちてきたとはいえ、上記無形の能力で小笠原に及ぶ者は、今のところ見当たらない。

大迫に勝負しやすい縦パスを入れて彼の気持ちをノセていく。味方センターバックのビルドアップを助けて弱点を出させない。相当遠くからでも裏へのパスをチラつかせて敵最終ラインに緊張を与え続ける。味方サイドバックがいいタイミングで上がるのを見逃さない。等々。

ゴールやアシストに直結しないところでも、小笠原は有効なプレイを続けている。

その小笠原不在で大勝負を迎えるのは、かなり久しぶり。

他のセントラルミッドフィルダーにリーダーの資質を有する者がいれば、あるいは育っていれば、小笠原不在によって、かえってリーダーシップを分かりやすく発現するだろう。

しかし、そのような者が一人もいなければ、我々は小笠原不在を嘆くことになる。

本田拓也や柴崎岳は勝ち上がりの鍵だ。

もちろん他の選手も全員。監督以下スタッフ全員。サポーターの応援、遠方からの祈りに至るまで。

今の鹿島のMAXで、勝ち上がりましょう。
ヤマザキナビスコ杯準決勝、柏レイソル戦。

第1戦(事実上の前半)を、まず3-2で勝利。

【技術と献身】
中盤の攻撃構成ではレナトや柴崎、小笠原らの多彩な技術が冴え、また、守りで象徴的だったのは「人生を懸けてやる」と宣言していた二年目CBの昌子源。

これほど負荷のかかる先発は初めてだったに関わらず、よくやってくれた。

CBで2失点は通常、いい結果ではないが、それはどちらかというと青木の方のマーキングの弱さが出たもので(もちろん、青木のみのミスではない)、昌子個人のプレイはまずまず。

声も出し、DFリーダーとして統率力を発揮していた。持ち前の攻撃力でインパクトを出す余裕まではなかったが、慌てず集中して守れていた。

これで本職でない青木より、CB序列の前に出る足掛かりになれば。

今回は千載一遇の出番を得た昌子を助けようという、先輩たちのフォローも大きかった。

隣の西や青木、後方の曽ヶ端。前方の小笠原&柴崎のダブルボランチ。更に他の選手たちも、昌子を助けて守ってくれた。

若いCBが一つの試練を突破したことは素直に喜ばしい。

やはり、顔の大きなCBには優秀な素質がある。「ヤツをフォローしてやろう!」とチームメイトに思わせる人間性も昌子の武器だ。

いやはや、良かった。

【勝利を呼び込むニャー】
しかし、それだけでは勝てなかった。

柏の両外国人選手レアンドロ・ドミンゲスとジョルジ・ワグネルは強力で、ネルシーニョ監督は名将だ。

彼らが一流であることは、昨夜の試合でも一目瞭然。

だが、鹿島アントラーズには神通力がある。

サポーターにネコ好きが多いため、特別にネコに愛されたクラブなのだ。

アントラーズの窮地に地球にいる全てのネコたちが力を貸してくれた。

にゃにゃにゃにゃにゃーん!

ネコには不思議な力がある。齢を重ねれば化けてネコマタという妖怪になるくらい。

世界中のネコパワーが大迫勇也の猫背に集い、凄まじいシュートパワーを生み出した。

大迫の技術&筋力&バランスと融合し、にゃんとも素晴らしいワールドクラスのミドルシュートが炸裂。1試合に2本もねじ込んだ。

まず、7分。小笠原のヘディングパス(※これも上手かった。小笠原は高さはないけどヘッドも上手い)を受けてのグラウンダーミドル。いきなりの先制ゴールで主導権を握る。

そして、2-2同点に追いつかれた後の69分。

大迫、再びミドルレンジに入るや否や、迷わずシュート。ドライブのかかったボールはバーをかすめゴールネットに突き刺さる。これはワールドクラスを超え、ワールド「トップ」クラスのスーパーミドル。

ファーストタッチからインパクトまでが流れるようで、しかも速いし、弾道もスゲー。

お膳立てはチーム全員でしたものだが、決め手になったのは大迫の個人能力だった。

【外国人エースより日本人エース】
神戸戦のゴールから数えると3本連続の上質ミドル。

これはもう脱帽するしかない。

今回のゴールキーパーが反応速度日本人随一の菅野孝憲だったことも価値を高める。

ミドルが上手い選手だって、10試合に1本決めれば上出来。

それを2試合で3本(※なおかつ全て先制ゴールと決勝ゴール)も揃えてくるなんて、今大迫が「絶好調」なのだとしても「超優秀」なミドルシュート技術がなきゃできっこない。

衝撃度としては、ジーコのJリーグ初年度開幕戦スーパーハットトリックが最高として、それに次ぐグループに入ってくるものだと思う。

対戦相手にしてみれば「な、なんだー、コイツはー!」「あんなのできひんやん!」「大迫ハンパないって!」な脅威レベル。

ここ2試合の大迫の存在は、相手チームの守備戦術を覆してしまうほどだ。

バイタルを抑えるのはどのチームも当たり前にやるけれど、バイタルの一番外側にかかるエリアもシュートレンジに入っちゃってるんだから。

かつ、ファーストタッチからシュートまでが超速で、左右どちらの足でも打てる。

これから大迫には早めにアプローチするにしても、彼、ポストプレイも上手い。大迫にDF陣の目線が集中したところで、スルーパスやサイドに展開されたら、周りに点を取られてしまう。鹿島の立場では崩しが楽になる。

大迫の好パフォーマンスが続いていけば、チームは非常に助かる。

一応、諺では「二度あることは三度ある」「仏の顔も三度まで」ということで、四度目は難しいだろう。

ただ、もし近いうちに四度目があれば…。

その時はレアンドロ・ドミンゲスや全盛期マルキーニョスと同等以上の日本人エースが現れたと。

日本中のサッカーファンが認めるはずだ。

【表現力】
ゴールは水物なところはあるせによ、神戸戦からか。

いや、その前に五輪代表落選して、大迫抜きの五輪代表が躍進して、浦和戦で最低に近いプレイをしてしまって、その後、選手たち主導の猛烈ミーティングがあったり、練習中にドゥトラと喧嘩したり…。

その経過を踏んだからか、大迫の表現力が変わってきた。

練習そのものは何年も地道にしていたから、筋力はついて、技量も高まっていた。

結果を出す力がなかった。

そうであったのに、神戸戦と昨日の柏戦では力を表現できている。

若い選手だけに好プレイが続くよう、それから、更に力をつけてくれるよう見守っていきたい。

今回、敢えて注文を付ければ「1試合2点止まり」の部分。

大迫は高校選手権で圧倒的ストライカーだった頃から、ハットトリックがなかった。コンスタントに1試合2点。

これをもう1本ミドルで揃えるのか、それとも、課題であるペナの中でのダイレクトゴールで稼ぐのか。

今季、スポンサーが用意してくれた「イエローハットトリック賞」(ハットトリック達成で100万円)。

もう、勢いついでに達成しちゃえと思う。
さっきの記事が長くなってしまったので手短に。

今夜はチケット売れ行きが余り宜しくないとのこと。

それは仕方ないにしても、来られる方は是非、参加お願いしたい。

なにせ先週末の神戸戦見て分かる通り、勝ったとはいえ鹿島の攻守のスムーズさは戻っていない。

約束事決めて、本田も復帰して、大迫スーパーゴール決めて、それでもピンチは多かった。

だけど「もう、ここ負けたらヤバイ!」とばかりに気持ちが入っていたことで、何とか無失点で逃げ切れた。

人間の集団がMAX集中力を二回連続で発揮するのは、とても難しい。

今夜の柏戦を神戸戦と同等以上に気合入れてやるのは、普通に考えれば大変。

なおかつ、柏は神戸より強い。

一人でも多くスタジアムに足を運ぶことで、選手のモチベーションアップ&集中力アップの手助けをしたい。一人の参加で勝つ確率が僅かでも上がるかもしれない。

集まれない方も、それぞれの場所から応援の念を送ってもらいたいです。
鹿島アントラーズはアウェイでセレッソ大阪に圧勝。

スコア3-0、内容も完全に圧勝。これにてヤマザキナビスコ杯準決勝へ勝ち上がり。

【天敵も今は昔】
6連戦の5戦目ながらも、狙い通り過ぎるくらい狙い通りの試合運びを完遂。

この試合にかける気合、準備、経験、能力。

全ての点でアントラーズがセレッソを上回った。

鹿島守備ブロックは盤石の安定感。セレッソの遅く不正確な攻撃では揺るぎもしない。

時折、柿谷のテクニックで少しの見せ場を作られはしたものの、しかし、それも想定内の域を出ず。

ブロック内に引き込んでボールを奪っては、小笠原&柴崎&レナトらの正確な技術で素早く前につけてカウンター発動。

ボールを受ける側になるドゥトラや大迫、興梠も連戦の割にスピードがあった。

ドゥトラのドリブルシュートで先制点、大迫倒されての興梠PKで中押し、柴崎3点目ダメ押し。

アウェイとは思えないほどの力差が示された。

考えてみれば、山口&扇原のロンドン五輪代表ダブルボランチが出場していたリーグ戦第18節(7/14長居)も鹿島が完封勝利している。その試合ですら両ボランチのパフォーマンスは鹿島優位だった。

山口&扇原を欠けば、余計に差が開くのは道理。

これで一時は「天敵」とまでされたセレッソ大阪に今季4勝。

苦手払拭を飛び越えて、あちらに苦手意識を植え付けることに成功した。

【連戦をメリットにした底力】
こうして勝てば連戦も悪いばかりではない。

タフで成長力のある選手が多いこと、疲労困憊していないことが条件になるが、連戦にもメリットはある。

短期間でコンビネーションが高まり、試合勘が鋭くなり、一気にチーム力が上がっていく。

まず、ドゥトラ。

彼のシュートは入らないものだと一般的に認識されており、実際、昨日のセレッソDFも「ドゥトラはシュートよりドリブルが怖い」という対応。

ドリブルで抜かれないよう間合いを広くし、次にFWへのパスコースを遮断しておく。ドゥトラのシュートは後回し。そんな守り方。

しかし、さすがに舐めすぎだ。バイタルでシュートコースが空いていれば、いかにドゥトラの精度でも入る可能性が出てくる。

入らないはずのシュートは、逆足ながらも見事にゴールに叩き込まれた。

この際、鹿島FWのデコイラン(囮となる走り)も見逃せない。ドゥトラと周囲との攻守の連携は高まっている。

更にレナトがグングン痩せているのも喜ばしい。

来日時はあれだけ腹周りがポチャっていたレナト。彼がこんなに痩せるのだから、プロサッカーはダイエットに効果的だ。

もちろん、レナトが真面目に練習してくれているからこそ。彼はこれまでの二列目に足りなかった「賢さと技術と運動量の3つが同時に伴ったプレイ」を加えてくている。

ポチャポチャになるほど休んでいただけに、まだまだ上昇が見込める。楽しみだ。

そのため、遠藤が控えに回ることになったけれど、今回のベンチ暮らしはリフレッシュして成長するチャンスでもある。

鹿島在籍時代末期の内田篤人がそうだったように、不調期に無理にスタメン出場し続けていても成長しにくい。

プレイ改善以前に、試合こなすのでいっぱいいっぱい。最近の遠藤は、それに近い状態に見えた。

レナトのプレイはベンチから見つめる遠藤にも手本になる部分があると思う。

【無事是名馬】
二列目に良化の兆しがあったとはいえ、昨日はそこだけが勝因ではない。

連戦に関わらず、アントラーズ選手全員、気力体力技術を発揮してくれた。それが最大の勝因になる。

前節鳥栖戦の動きの悪さと、メンバーの固定化により、試合前には疲労が心配されていた。

今のセレッソとだと能力面で鹿島が上回るのは贔屓目無しで妥当だとしても、体力と気力でこれほど上回ったのは嬉しい誤算。

先制点効果は大きいが、昨夜ほどパフォーマンス差があると、仮に先制されたとしてもひっくり返せた可能性が高い。

選手のプロ意識の高さを前提として、ジョルジーニョ監督以下スタッフによるコンディショニング支援、これが結実した形。

選手の動きを(オリヴェイラ時代との比較で)抑えて、ボールを動かすサッカースタイルも連戦向きであり、また、今の鹿島の選手にも合っている。

土曜の磐田戦まで油断はできないものの、連戦で出続けている選手たちを讃えたい。

曽ヶ端や岩政、小笠原、新井場、西、柴崎、大迫、それに青木。

パフォーマンスが安定しているのも大事だけれども、それ以前に怪我せずに戦力構想に入り続けてくれることが有難い。

怪我しないことはプロ選手として大前提となる評価ポイント。

怪我しやすい選手はダメということではないが、怪我の少ない彼らは素晴らしいと思う。

サポーターみんなで応援の雰囲気を作り出し、メンタル面を後押ししていきたい。

【中田は靭帯損傷で二ヶ月の離脱】
一方、残念ながら中田浩二が離脱してしまった。

今シーズンの彼は、ずっと怪我を騙し騙しプレイしていたところだったので仕方のないところはある。

テーピングが外れることはなく、足を庇うような状態が続いていた。

かといって、休み過ぎるとか、あるいは休み休み試合に出ても、試合勘や試合で使う筋力が戻らない。ベテランといえる年齢だけに、コンスタントに試合に出ていないと試合能力が落ちてしまう。

好調でない中田であっても、彼がDFラインにいれば、そのポジショニングとリーダーシップにより、チームとしての守備のカタチが一気に綺麗になった。

元々の戦術的センスに加えてトルシエの直弟子。決して派手ではないが、チーム力を引き上げてくれる選手だ。

ただ、今季こなしている試合数が少ないため、オフサイドトラップ等連携面で微妙に呼吸が合わないことが増え、また、テレビ画面には映りにくいが競り合いの一歩目で出遅れてしまうことも出ていた。

守りのカタチは綺麗なのに、意外に失点が止まらなかった。

戦線離脱は仕方ない。今は良いリハビリをして、確実に復帰してくれればと願う。

リーグ戦終盤の追い上げや、カップ戦の決勝や準決勝で勝つ可能性を上げてくれる選手。

戦力面だけではなく、経験継承の面でも。

中田には、ぜひとも山村の隣でプレイして欲しいというのがある。