鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
日本代表に参加していた昌子と柴崎。無事に鹿島に帰って練習に参加している。

GELマガでのインタビュー(※会員限定の、端折ってない方)を読むと、昌子にとって実のある代表参加になったことが伝わってくる。

例えば、スポーツ紙でも報じられていたアギーレ監督の指示。

「DFラインをペナルティエリアまで下げない」

これは当たり前といえば当たり前のセオリーであり、トップクラスのチームであれば、基本的に下げてもペナルティエリアの前まででDFラインは踏ん張ってくる。

ただし、拮抗した相手との試合で実現・継続できるチームは決して多くない。

黄金期の頃の鹿島アントラーズであっても、簡単にペナ内までDFラインが下がることが目立っていて、

これは対戦相手のシュートレンジが短く、空中戦もさほど強くないJリーグでならほとんど問題になることがないのだが、

ACLになるとミドルシュートのスペースを与え、深い位置でのヘディングを許し、韓国勢・豪州勢にペースを渡す一因になっていた。

とはいえ、私は「ピッチ内の判断でDFラインをペナ内まで下げるのも鹿島の伝統」の一つなのかと解釈していた。Jリーグでの戦いに適したセーフティなやり方を採用しているのだと。

しかし、今回の昌子へのインタビューで明白に判明したのは、

セレーゾも「ペナルティエリアまでラインを下げない」考えの持ち主であること、そして昌子自身も「ずっと思っていたことだった」こと。

私も、その方がいいと思う。

それでも、言うは易し、行うは難しで、ペナの外でDFラインが踏ん張るには、まず、CBとGKの並ならぬ実力と連係が要る。

DFラインの高低は対戦相手との力量差に左右されることであって、個人能力と共通理解に欠けたまま敢行すれば、やはり裏を取られることになる。

しかし、実現できるならば、鹿島はより強く、また、ACL以上の舞台で安定して勝てるチームに進化する。

幸い、昌子は若く、成長の余地が大きい。リーダーシップも取れる。

鹿島アントラーズの伝統の中では、あまり良くない部類の伝統である(と私は思う)DFラインの下げすぎ。

状況に合わせて下がるのは当然、必要なことであって、ちっとも悪くないが、結構、ズルズルと簡単にペナ内まで下げていくチームの癖を変えてくれるなら、これは是非変えてもらいたいところだなあと昌子に期待したい。

それを鹿島で実現するならば、国際舞台で通用するDFリーダーということになる。日本代表でも確固たる地位を築くだろう。
フリークス2月号を読んだところ、柴崎岳の今年の目標は「病気をしない!」とのこと。

このインタビュー取材は1月4日とのことなので、この後に前年に近い体調不良の症状が出てしまい、今現在は回復が伝えられている。

やはり、サッカー選手は「能力よりもコンディション」だ。

三浦カズがブラジルから読売クラブに帰ってきた時、チームメイトは彼の「全てにおけるスピードの違い」に驚いたという。

カズは決して俊足の選手ではなかったが、その徹底したコンディショニングから派生するスピード、キレが段違いだったのだ。

コンディショニングで大きな差を作り出している選手としては、他に、マリノスの中澤佑二も挙げられるし、

また、鹿島でもかつての本田泰人元主将がその部類に入れられるだろう。

三浦カズも、中澤も、本田泰人も、そう飛び抜けた才能を持った選手ではなかった。

中学・高校時から天才と称された選手たちに比べると、むしろ、凡庸なタイプ。

だが、モチベーションとコンディショニングにおいて他の追随を許さず、それで一線級に登りつめた。

さて、柴崎も昨年、体調不良で代表辞退する前までは素晴らしいパフォーマンスの試合がいくつかあった。

攻守に運動量抜群。ピッチのどこにいても効いている。

昨シーズン前半の貯金は彼のハイパフォーマンスに拠るところが大きかったと私は捉えている。

体調不良以後は、だましだましのような動き。

再び発症しかけたというところで、今、柴崎が身体との対話力、心身のフィットを高めて、本当にレベルの高い持続可能なコンディショニングを会得できるか。

彼が超一流になるか、そこまではいかないか、ここが分かれ目。

柴崎が本当に復活すれば、今年の鹿島は十分にやれると思っている。
大迫勇也の移籍報道が続いている。

どのような結果であれ、近いうちに発表されるはずだが、

いずれにせよ、これで大迫を応援しなくなるということはない。

鹿島アントラーズとドイツ2部とで天秤にかけられていると捉えれば、多少は心外な気持ちにもなるけれども、

大迫の場合(他の海外移籍する日本人選手もそうだったが)、クラブとクラブを比較してという以前に、

リーグとリーグとの比較であり、

その中でも日々対戦するDFとの比較からの移籍である側面が強い。

Jリーグは安全かつスピーディも、

残念ながら、ここ数年はレベルが上がっていない。

優秀な日本人選手は次々と欧州に流出。

逆に、外からJに加入する外国籍選手はブラジルや欧州・中国・中東のターゲットから外れた者が大半。

優勝争いにしても、レベルを上げたクラブが優勝するというより、レベルダウンを最小限に食い止めたクラブが優勝しているといった有り様。

個人個人の実力向上はJリーグでも十分にできるにせよ、成長速度を速めたい選手にとっては物足りないリーグであるのかもしれない。

現実的に大迫は代表当落線上の選手。成長への焦りが強く、判断に影響を及ぼしているのだろう。

移籍か残留か。

どちらを選んでも未来は読めない。

よくよく考えて決断してくれれば良い。
一昨日セレッソ戦の選手起用に表れたように、現在の鹿島の見どころの一つは「CB育成」になるのだろう。

勝つだけだったら、岩政か青木を置いた方が良かったものを、スタメンに山村と植田。サブに昌子。

CB以外のポジションではレギュラーメンバー、あるいは、それに近い選手ばかり起用されたことを考えると、セレーゾ監督も、あわよくば「若いCBとGKに勝利経験を積ませる」ことを狙ったのかなとも思えてくる。

今回はCBを見ていく上での観戦ポイントを少し整理しておきたい。

【スピードあるCBにまつわる嘘】
まず、念のため誤解を解く作業から始めたい。

スピードあるCBにまつわる嘘のこと。

「スピードがあればDFラインを高く保てる」
「スピードがあれば裏を取られない」

これは、Jリーグでは、ほとんど嘘だ。

いや、一流CBがスピードを兼ね備えている場合は話は別。

そんなCBと守備範囲の広い一流GKが揃っていれば、たしかにラインを高く保ちやすいし、裏も取られにくい。

しかし、スピード自慢なだけのCBがいても、ラインが高く保てるわけでもなし、それで裏を取られないということでもない。

まず、CBとしての基本セオリーを高レベルで実現できる選手であること。そちらの方が遥かに重要だ。

【例えばライン上下動の基本】
セレッソ戦の1失点目。

セレッソの枝村が中盤フリーでボールを持ち、FWエジノが植田の背後へ走り出す。

敵が「フリーで」「前を向いて」蹴る動作に入る時、CBのスピードに関わらず、ラインを下げていくしかない。

ラインを上げてオフサイドトラップを狙えるのはボールホルダーにプレスがかかっている時だけ。

ここでは、鹿島の選手が誰も枝村にいっていない状況であり、彼は好きな場所へ好きなタイミングで蹴れる。

こうなると、CBの一人(この場合、植田)はボールを引き出しにかかっているエジノを下がりながら捉まえるしかなく、もう一人(山村)はカバーリングポジションを取りながら下がるしかない。

しかし、植田は下がってはいるものの、エジノを捉まえる気配がなく、ほぼ無感知。エジノ最短で裏に抜け、枝村に余裕で合わされてしまっている。

【実行能力】
「出し手」と「ボール」と「受け手」を全部、同時に見られれば、DFは何も苦労しない。

同時に見られないように、攻め手は工夫してくる。

植田が出し手(枝村)と(ボール)を見ている間に、エジノは死角に抜ける。

おそらく、岩政や中田であれば、例え足は遅くとも相手の走りたいように走らせないだろう。

ならば、山村ではなくベテランと組めば植田も大丈夫だったかと言えば、おそらく、一昨日までの植田で言えば、コーチングも効果的でなかったように思える。

「コーチングを受け取り、正しく動作する能力」も、これまた経験の賜物であり、知らない動き、慣れていない動きは指示されたとしても、高速下で実行できるものではない。

頭で知っても、実戦での実行となると話は別だ。

とはいえ、これらはFC東京戦でも出ていた課題であるし、もっと言えば普段の練習からも出ているもの。

この「経験」とひとくくりにされる「正しい反応動作」は、植田だけでなく山村も昌子も向上の余地を残している。整理されてくればガラッと上手くなる可能性もある。

これから誰が先に出るか。先に出ればJ1公式戦経験を得ることで、更に成長が早まることになる。

岩政も青木もまだまだ上手くなるつもりだろうし、ここのポジション争いは面白いと思う。
今回は「選手評価」について幣ブログで心掛けていることを整理しておきたい。

【揚げ足取りを忌避する】
サッカー選手に対してだけでなく、あらゆる他人(身近な家族から、遠くの政治家までも)に対して、彼らに向かって「揚げ足取り」しないことが評価の大前提になる。

目を光らせて選手の短所であるとか失敗を探し続けるのなら、そこに公平性がなくなってしまう。

公平性がない評価、批判というものは、要はただの悪口。理屈でコーティングしたとしても悪口でしかない。

短所を見たら、長所も見る。

失敗を指摘したら、成功も指摘する。

そうでないと、説得力のある評価にはならない。

【批判優位の社会】
キック数こなせばキックが上手くなり、ヘディング数こなせばヘディングが上手くなる。

物事(事象や他人だけでなく、自分自身に向けても含む)を批判しながら生きていると批判能力が高まってくる。

現代社会の大半の人はネガティブなので、その社会に生まれ育つ我々もその影響を受けてしまう。

意識することもなく、大人になる頃には批判姿勢が強くなる。

批判的なマインドが発達する一方、「褒める」とか「認める」とかはあんまり上手にならない。

まずは、サッカーファンとして、現代人として、褒める能力の向上が肝になる。

【ポジティブ練習】
最初に「褒める」「いいところを探す」と心に決める。

しかし、それは「無理して褒めろ」「自分の心にウソをついて褒めろ」ということではない。

例えば「岩政さん、イタリア製の私服が似合いますね!」「曽ヶ端さん、今年はポロリミス少なかったですね!」

これだと褒めたことにならない。

本当にいいところを探し出して、相手の立場に立って感じるのだ。

そう決意して、「Don't think.Feel!」(考えるな感じるんだ)とばかりに感性レーダーをフル稼働しがなら試合と選手を見る。穴の空くほど見つめる。

すると「褒めるアンテナ」が鋭くなっていく。

服を着る人ではなく、服そのもののカッコ良さに目を向けることができる。岩政さんの選ぶ服は実に上質だ。

曽ヶ端さんにしても、アゴが邪魔でボールが見えなかったのだと許してあげられる。むしろ、あれだけのハンデを背負いながら大部分のプレイで安定していることは驚嘆に値する。

私はまだまだ勉強中だが、ポジティブな観戦癖、ポジティブな応援癖がついてくると、よりサッカー観戦を楽しめるようになる。クラブと所属選手を遍く愛せるようになってくる。

鹿島アントラーズは90年代後半の方が強かったと思う。

だが、今の方が、私は鹿島アントラーズに楽しませてもらっている。

とっても魅力的なクラブで在り続けてくれている。
サッカーは数字だけで表現できるものではない。

しかし、それが無意味ということでもない。

以下はデータを基にしたサッカーの分析・研究サイト。

データスタジアム(株)FootBallLAB 鹿島アントラーズ

岩政の「守備」、新井場の「クロス」、小笠原の「パス」、大迫の「攻撃」と「ドリブル」、興梠の「シュート」。

それぞれのポイントの高さに目をひかれる。

他選手のデータも面白い。

ここの数字が絶対かは別問題として、楽しむのは有り。

皆さまはどのように解釈されるだろうか。
サッカー用語「距離感」。弊ブログでも使用頻度が増えてきたため、簡単に整理しておきたい。

【意味】
味方選手同士の距離。

【弊ブログでの使用例】
(例)大迫、レナト、ドゥトラ、遠藤。彼らを核とした攻撃陣の距離感がいい。
(例)アントラーズ選手全体の距離感が良くなってた。

【距離感が近すぎるとどうなる?】
守備時:味方同士の距離が近すぎる(過剰に集まりすぎる)と、敵の一本のパス、一発のドリブルでまとめて置き去りにされる可能性が出てくる。

一人が敵ボールホルダーに寄せたら、もう一人は斜め後方でカバーできる距離を保つのが基本。仮に、二人一気に抜かれるような位置関係では「二人いるのに実質一人に近い」ことになる。かつ、別のゾーンでも人が足りなくなる。

攻撃時:近すぎる味方には速く強いパスは出せない。出しても味方がトラップできないから。ならばと遅いパスを出しても(よっぽど予想外の出し方をしない限り)カットされてしまう。

それに、敵ペナルティエリア内の密集地帯ならともかく、ミッドフィールドでごくごく近い味方にパスを通したとしてもボールの動き幅が小さい。守備側の一人で攻撃側のパスの出し手と受け手二人両方をマークできる距離でのパス交換は非効率。

【距離感が遠すぎるとどうなる?】
守備時:守備側選手同士の距離が遠すぎると、隙間にパスやドリブルを通されてしまう。その状態は組織力のない(あるいは低い)守備というもので、グループではなく個々人の守備能力に頼りきりであることを意味する。

攻撃時:通常、遠い味方へのロングパスは精度が下がることに加えて、受け手にボールが到達するまで時間がかかる。守る側としては、パスが出されてから対応しても間に合うことが多い。

適切なサイドチェンジやロングフィードは必要不可欠なプレイ選択であるものの、そればかりではボールを失うことが増え、自分たちのペースで試合を運ぶことはできない。

【あくまで原則】
ベストな距離感は選手の能力や対戦相手など各種シチュエーションによって伸び縮みする。

バルサのように、味方全員のファーストタッチ(トラップ)技術がパーフェクトに近く、パス能力も(受け手の利き足のコントロールしやすい位置にピンポイントで出せるほど)高ければ、距離を近めに保っての高速パス交換を繰り返しながら相手守備陣を崩していくことも可能になる。

ブラジルのように、長い距離のスピードボールを正確に蹴れて、受ける側も余裕で収めボール失わず、守備に切り替わってもカバーリングなしの一対一で守りきれてしまうほど優秀な選手が揃っていれば、多少選手同士の距離が広がっていても問題にならない。

そのような差異はあるにせよ、選手たちが気持ちよくプレイしている時、そのチームは自分たちに合った距離感をキープできている。

【鹿島の場合】
鹿島が常に理想の距離感で試合を運べれば良いのだが、サッカーは「寸足らずの毛布」とも呼ばれるスポーツ。どこかでベストな距離で保っても、別のどこかは手薄になる仕組みになっている。

リーグFC東京戦、ヤマザキナビスコ杯柏戦と、鹿島はいい距離感を実現できている。試合序盤に幾らかゴチャついても、先制してからは盤石に近い。

大迫らの高パフォーマンス、全体の共通理解熟成に加えて、先制ゴール効果。これが殊の外、大きい。

すごく大雑把に言えば、鹿島が手薄にしている(意図的にある程度捨てている)部分は高い位置での守備。

敵陣での人数を減らして、その分、自陣を厚めにして守備強度を上げている。

カウンター攻撃や拮抗した展開には向いている一方、引いた敵に対して攻めに出なければならない状況での力は、まだ証明していない。

まず、今後も先制点を奪っていくことが大切。

そして、仮に敵に先制された場合には、またチームとしての真価が問われることになる。
さて、ポロリ問題だ。

なにかがポロリと見えることではない。

ボールがポロリのことだ。

【GKの凡ミス】
ここ最近、鹿島アントラーズはGK曽ヶ端準のミスから致命的ピンチを招くことが増えている。

キャッチミスでゴール内にボールを落としてしまったり、自分の目前にいる敵FWにミスパスしてしまったりと。

フィールドプレイヤーのミスと違って、GKのミスは即失点に直結し得る。なんともハラハラドキドキ。

ミスの質にしてもGKにとって厳しくない状況での凡ミスであり、その回数も多いため、自然、ファンの目も厳しくなる。

例え失点しなかったとしても、GKのビッグミスは流れが悪くなる一因。

これまでの曽ヶ端の貢献、ビッグセーブの数を十分に認めたとしても、仮に今のペースでミスが続くようならレギュラーGK交代も視野に入ってくるだろう。

【「ポジションは奪うもの」の嘘】
サッカー界では「ポジションは与えられるものではなく、奪うもの」という言葉も聞かれるが、これは実際の現場では必ずしも当てはまらない。

チームが勝てている間、タイトルが獲れている間、それまでの主力選手を控えに落とすのはチームマネージメント上極めてリスキー。

基本的にプロサッカー選手は自分自身の能力に自信を持っている。

傍目にはそんなに良くないパフォーマンスでも、選手本人は大抵、そこそこやれたと思っている。力が落ちてきたように見える時期でも、本人はまだやれると思っている。

今、鹿島は勝てていないし、曽ヶ端にもミスが増えているが、それでも彼を代えるとすればリスキー。

チーム内の序列という意味で、彼はただのGKではない。キャリア的にも性格的にもチームリーダーの一人。

能力的には経験に裏打ちされたビシッとしたコーチング。そこは控えGK一番手の佐藤昭大であっても、どうしてもかなわない。

「出場停止」や「怪我」、「代表離脱」「連敗」もなしにリーダー級選手を控えに回すのは、よほど求心力ある監督でない限り困難を伴うものなのだ。

逆に言えば「出場停止」「怪我」「代表離脱」「連敗」は主力のレギュラー落ちが起こる一般的なタイミングと言える。

それだけに曽ヶ端にとっては、今シーズン残りも怪我せずやる、チームを勝たせることがレギュラーポジションを守る上で不可欠。

これまでも何度かミスが増える時期があった彼だが、その度に盛り返して周囲を納得させてきた。

そろそろ盛り返しどころ。

次戦の曽ヶ端には大いに期待。佐藤の準備にも期待だ。
元ユーゴスラビア代表監督であり、元ジェフ千葉監督であり、また元日本代表監督でもあるイビツァ・オシムさんの言葉をいくつかご紹介。

『今日唯一良かったことは、最低のプレーをした選手が全員だったということだ。』

『誰かを「不要だ」などと言う人間は、いつか自分もそういう立場に陥るようになる。人生とはそういうものだ。』

『勝とうという気持ちが山をも動かすことも出来るってことをこのゲームで見せて欲しい。』

『ジェフというチームを応援することは、たとえば他のビッグクラブを応援するのとはわけが違って、すごくたいへんなことだと思います。それをしている人たちですから、ものすごく質が高い人たちだと思います。
ただ選手は、そのサポーターたちが試合をするのではないということを理解するべきです。』

『選手のメンタリティを変えるには、監督だけでなく周囲の人々による力も必要なのです。』

『メンタリティというものは、勝った、負けたで、落ちたり上がっていくようじゃダメ。
自分がずっと暮らしていく、毎日戦っていく中で、いつも持ち続けていなければいけない。』


参考サイトオシム語録

鹿島アントラーズの「守備の約束事が曖昧」ということについて、少しだけ具体的に。

例えば、スローインからの守備一つとっても脆さがある。

第11節磐田戦の1失点目はサイドのカバーに出たCB山村があっさりクロスを上げられたミスと、

それから、ゴール前に入ってくる磐田FW前田に付ききれなかった岩政のミスとされる。

それはそうだが、

しかし、鹿島の試合を見慣れている人なら違和感を覚えてしまうはず。

何でもないスローインで、なぜCBがタッチライン沿いに釣り出されて、そしてゴール前がスカスカになっているのかということ。

堅守の時代であれば、CB二人はボックス内~近辺を守り、サイドは主にサイドバックと中盤の選手が守っていた。

このシーンでは磐田スローインに対し山村しか残っていない。サイドバックの新井場は一列前をマーク。

数的状況については、別に山村と新井場のみが悪いわけじゃない。

前方~周辺のポジションの誰かが守っていない、守りの上でサボっている状態になっているから、順繰りに後ろが足りなくなる。

「いや、急にスローインされたから仕方がない」

と擁護することもできるが、ここが即ちチームの強さを決める「攻守の切り替えの速さ」のステータスでもある。

相手より素早く守りにつけない。敵の攻撃がスタートすると「浮き」(フリーの敵選手)ができやすい。

最終ラインのところで容易に数的同数にされる。

守りをセットしやすいはずのセットプレイですらそうで、速い流れの中から展開されると、たちまちバイタルエリアにスペースができてしまう。

そんな現象が、今季の鹿島アントラーズに起こっている(※但し、バイタルが軽いのは2009シーズンくらいから時間を追って顕著になった傾向)。

それはジョルジーニョ監督の指導力の問題なのか、選手間のコミュニケーションの問題なのか。

「チームとしての約束事」や「コミュニケーション」の他に、能力的な問題もあるのか。

分かっちゃいるけど行けない、止められないということなのか。

マルキーニョスのような攻守に渡る大駒がいなくなり、小笠原ら79年組の運動量が減退しているのは確か。

台頭してきた若い選手たちが黄金期のメンバーと比較して守備を得意としていないのも確か。

とはいえ、贔屓目かもしれないが、見る限り現有戦力でもやりようがある。

約束事を見直し、一つ一つのプレイ、一つ一つの試合を丁寧に気持ち込めて戦えば、十分やれる範囲であると私には見える。

今の順位に沈んでいてはいけない。

気持ち切り替えて、浮上の後押しをしたいものだ。
鹿島アントラーズが主に採用している4-2-2-2システムについて簡単に確認しておこう。

DFが4枚、ボランチが2枚、二列目(オフェンシブハーフ、サイドハーフ)が2枚、FWが2枚。

二列目の動き方次第で中央突破とサイドアタック(※これはサイドバックの能力も重要)両方に威力を出せる柔軟性あるシステムだ。

【二列目への負担が重いシステム】
二列目の二人の能力によってできることが相当に変わってくる。

サイドバックのオーバーラップを促す役目、トップ下に入って中央攻撃を担う役目。それから、相手攻撃を抑える守備の役目。

最初から「二列目中央(トップ下)」にも「両サイド」にも人が配置されている4-2-3-1システムなどと比較して、4-2-2-2の二列目は一人あたりの担当範囲が広く、役割は多岐に渡る。

戦術的な動きが肝であり(※担当範囲が広いということは、ポジショニングが悪いと「ピッチで迷子」とか「消えたまま」の状態になりやすい)、各局面で有効なプレイを繰り出すためにも幅のある高い能力が要るということだ。

【劇薬が七難隠す】
もともと三連覇時は「本山&野沢」がレギュラーメンバーの二列目。

本山は「戦術&技術」の選手で、野沢は「得点力&技術」の選手。

決して機動力や強さに優れるわけではない二人をカバーしていたピースに「エースFWマルキーニョス」が挙げられるだろう。

大柄ではないが、フィジカルオバケと呼べるだけの競り合いの強さと長大な運動量を併せ持っていた。

彼の能力によって「七難を隠す」状態になっていたと言えよう。

【「鹿島る」もできない】
すごくシンプルに考えると「マルキーニョスの分」「本山の分」が今の鹿島には無くなって、前でボールが回らない。守備力も落ちている。

「相手チームの穴を探ってボールを回す」ことはもちろん、いわゆる「鹿島る(時間稼ぎのためのボール回し)」もうまくできない。

SBやボランチも重要なポイントだが、ただ、その強化優先順位は二列目に劣る(※FWについては、鹿島含め全世界全てのチームにとって常に強化ポイントであり、ここでは除外する)。

4-2-2-2の機能性を最も左右するポジションはシステム特性上二列目にあり、そこはどうしても注目されることになる。

【今シーズン残りで注目したいのは遠藤康】
正直、4-2-2-2の二列目を十分に務めるには、野沢&遠藤ともに戦術的運動量的に不足はある。

不足を埋めるスペシャルな武器として、野沢には一撃必殺のキック技術がある(今シーズンは流れの中からのミドルが決まってないけれども)ものの、果たして遠藤の武器は何か?

キープ力にせよシュートにせよ、スペシャルと言えるほど突き抜けてくるか。

若い遠藤には今シーズン残りでの更なる成長に期待したい。

試合に出ている今こそ、上達とレギュラー確保のチャンス。

今は、まだ多くのサポーターが堂々のレギュラーと認めているわけではない。

彼が上手くなれるかによって、二列目の補強も変わってくる。
【FWがシュートを打たないことについて】
2011年4月22日の過去記事『シュートは気持ちと言うけれど、シュートこそ技術が要る

【個人能力で圧倒できるわけではない。それは三連覇時から同じ】
2009年7月30日の過去記事『鹿島の選手評
前節広島戦後の岩政選手コメント。

『(守り方について)あまり深追いしないようにはしていた』
『やり方は、浦和戦と今日のような試合のやり方で、ある程度はやっていくしかない。それで勝点が取れる時期を待つしかないと思う』
『今日の2失点のシーンはビデオを見て確認して、ボランチから上がってくる選手をどうするかとか。ウチは最近バイタルエリアでロングシュートを打たれるシーンが多いし、そこのケアの仕方はここ数年の課題。修正すべきかどうかまず確認したい』
(J's GOALより)

【深追いしない守備とは?】
第一義として前線の選手(興梠、フェリペ、大迫ら)が通常時と比べてボールを追い回さない、チェイシングし過ぎないということになる。

ボールを奪いに行く時、相手が小学生でもなければ一人で奪いきれるものではない。プロチーム相手に一人で喰いついてしまえば、まず間違いなく簡単にパスでかわされてしまう。そうなると、奪いに向かった選手が前方に取り残される分、後ろの守りが手薄になる。

本来、FWが守備をスタートさせれば、次に二列目、三列目、最終ラインまで連動して押し上げ、縦のコンパクト性を保ちスペースを空けないようにするものだが、その一試合を通しての継続力が低下している現実がある。

だから「もうマルキーニョスはいないし、前からの守備と後に続く中盤以下の連動も上手くいかないので、後ろで人数かけて取りましょうよ」ということだ。

【能力の高い選手が相手にいれば、そして、こちらに弱点があれば、思惑通りにならなくなる】
では「ここに相手ボールホルダーが侵入したら前線の選手はボールを追い始める」という守備開始設定ゾーンに侵入されるまで後ろで構えているだけかといえば、実戦の場では応用が要る。

例えば広島戦。

広島にはGK西川やプレイメイカー森崎といった長く正確なキックを蹴れる選手がいる。特に左利きの森崎がフリーで持ち上がってくると、鹿島にとっては弱点となっている左サイド(※アレックスの守備能力の不安に加えて、伊野波との連係がまだ盤石ではない)に高精度のロングフィードで狙われることになる。

そういったキーとなる選手に対しては「前を塞ぐ」「頭を抑える」必要がある。簡単に蹴らせてはならない。

但し、前を塞ぎに飛び出すと、今度は(塞ぎにいった選手の分)後ろの人数が減る。それならばと、それを嫌って塞ぐことを捨てれば左サイドに放り込まれる。いっそのこと、ハイプレスサッカーにして全体で押し上げるという手もあるが、それに適した守備陣でもない。

結局、個の不足を「組織力」であるとか「やり方」でカバーするということは、どこかでデメリットが出てくることになる。

【バイタルが空きやすいことについて】
数年来、鹿島のリーグ失点数は少なかったが、岩政選手の言う通り「バイタルが空きやすい」という弱点を抱え続けている。昨日今日の話ではなく定期的にコメントされることだ。

穿った見方をする人であれば「バイタルの守備を担当すべきボランチを暗に批判している」と取ることもあろうが、大ちゃんの数学的性格からして「単に構造的事実を述べている」だけだろう。

私は鹿島の選手一人一人の守備能力は決して高いものではないと認識している。そもそも守備は技術経験頭脳だけでなく、体格や筋力など肉体的資質に負うところも大きい。

鹿島アントラーズは選手獲得にも鹿島流を貫いており、ほとんどのポジションで技術と献身性が優先されている。

アントラーズの弱点を長々書くのは本意ではないので、ここまでとするが、最終的には判断力まで含めた個人能力に帰結する。その結果として、今のやり方になり、今の課題があるということだ。

【寸足らずの毛布】
現状、バイタルが空きやすいものの、じゃあ、バイタルの守備を強化したらしたで、他のところ(攻撃、フォアチェック、サイドの守備他、いずれか)が弱くなる。

誰かエライ人が「サッカーは寸足らずの毛布(肩までかけると足が出る。足までかけると肩が出る。どこかを優先させれば、どこがが失われるの意)」だと言っていたけれど「やり方」「戦術」でのカバーには限界がある。

個を引き上げることが、てっとり早い。

本田拓也とカルロン、西大伍を獲得し、田代と増田を復帰させ、遠藤や大迫ら若手の成長で「個の引き上げ」が進むかと思われたが…。

今シーズンはゼロックス杯からずっと「個を引き上げる」どころか、全体のコンディション調整も、連係整備も遅く「個が引き下がっている」状態が続いている。震災以前から遅れていたのに、震災中断で更に遅れてしまった。

「同じ被災クラブの仙台は勝っているのに鹿島は…」というのは、あまり意味がない。監督やチームの目標が違えばコンディションの上げ方は全く違ってくる。

昨日行われた水戸ホーリーホックの入団記者会見、元鹿島FW鈴木隆行の言葉。

『やっぱりサッカーは厳しいなと、すごく思いました。経験や技術だけではやっていけないスポーツだなと改めて思いましたし、走力や下半身の筋力がなければできないスポーツだなと実感しました』(J's GOAL)

まず、山形戦では、鹿島の選手たちにコンディション向上を見せてもらいたいものだ。優勝を目指すクラブであるのだから、他クラブより高いものが必要になる。

コンディションを上げると口で言うのは簡単だが、実際にトレーニングする選手たちは楽ではない。彼らの踏ん張りを期待して応援したい。

↓応援クリック感謝です。励みになります。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
攻撃の話をしてみる。

横浜FM戦、その前の水原三星戦、そして2010シーズン全般と、2009シーズンの五連敗前後。

共通している鹿島アントラーズの攻撃停滞パターンと言えば、「横にパスを回しているだけ」というもの。

そんな試合では、スタンドから「シュート打てよ~!」の野次が飛ぶ。

気持ちはもっともだが無理な要求というもの。

まず、ミドルシュートを打つ選手は「打てる能力と入るイメージ」があるから打つのであって、一か八かの賭けで打っているわけではない。

シュートの「威力」と「精度」と「タイミング」、その事前の「ポジショニング」「トラップ」の5つを併せ持っているのは、現状、野沢くらいのもの。

大迫も遠藤もシュート力はあることはあるが、自分のタイミングで打てていないわけで、「惜しいシュート」はあってもゴール数は少ない。プロ選手の中で「得点力に優れている」と信頼できるレベルにはない。

守りのキツい敵ゴール前。そこでは僅かなトラップミスでもシュートチャンスを失うことになる。コンスタントにゴールまで決められる選手は、そうそういるものではない。

しかし、アタッキングサード中央でシュートが打てないのならば、あとは横か後ろにパスを出すしかなくなる(タテにドリブルでブチ抜くという手もあることはあるが、やれる選手がいない)。

鹿島の「横と後ろにパスを回しているだけでシュート打たない」原因の一つは、単純にシュートを打てる人材が少ないから。

ただ、ここは個人の問題であり、大迫や遠藤、カルロンあたりが成長すれば、いくらか改善される可能性がある。

しかし、それだけじゃない。

一般的に、チームとして攻撃時に狙うエリアの優先順位は「敵DFラインの裏」が第一。ここでボールを受けられれば、即、GKと一対一になれる。

裏を取れなければ「アタッキングサード中央」を狙う。ここでトップがボールを収められれば、後ろの味方がフリーになれる。DFにとってはボールを持った敵FWと、フォローで走り込んでくる敵MF二人を同時に見ることは困難だからだ。

FWがしっかりボールを収めて、二人以上の味方が入ってこられるようなら、どんな攻撃もできる。

バイタルで前を向いて受ければ、中央からミドルもスルーパスも可能。FW自身へのマークが甘ければ、そのままDFを外してシュートも打てる。

ただ、「裏」か「中央」にボールが入れば決定機に直結するだけに、そこの守りは一番固い。

ということで、サイドに開く。

敵が中央を固めればサイドの守りが手薄になる。深くえぐってクロスを上げ、更にゴール前に3人以上(ニア・中央・ファー)飛びこむようならば、それも得点チャンスだ。

サイド攻撃を嫌った守備側がサイドに人数を割くようであれば、逆に中央が手薄になる。

なので、今度は中央を狙う。

「裏」を狙ってDFラインを押し下げ、「中央」で起点を作り、「サイド」に開かせる。クロスを上げられないようなら手薄になった「中央」に戻す。

その繰り返しで、どこかに隙を作り出し、ここぞの一刺しで「仕留める」。

これが攻撃の基本であるが、もし高い位置でボール奪取してショートカウンターできれば、一発で「裏」を取り得る。そうならなくとも崩れた守備陣に向かってスピードに乗ったまま攻めかかれる。

その「高速カウンター」に攻撃比重が傾いていたのが三連覇時の鹿島アントラーズ。速攻の切れ味は抜群だったが、当時から遅攻に関してはマルキーニョスへの依存度が高かった。

このチームには柳沢敦退団以降、中央で味方攻撃を促す一線級ポストプレイヤーがいない。

マルキは強いフィジカルで起点にはなっていたものの、特段、味方を生かすのが得意なわけではない。彼は守備ではチームプレイの選手であったとはいえ、攻撃では「個」勝負の面が強かった。

中央で仕掛ける選手がいない鹿島には、かえってそれが良かった(※但し、マルキの個人勝負が本当に有効だったのは彼の得点力が高かった2008年まで)。

興梠や大迫のポストプレイもある程度の相手には効いているけれど、ボールを収める力はマルキーニョスに遠く及ばない。

現状、最前線で数秒間でもマイボールに収めてくれる選手がいないのだから、そりゃ、サイドサイドに逃げるしかなく、しかし、サイドからクロス上げても空中戦に強い味方がないという…。

もう明らかにバレていて、横浜FMは露骨にやってきた。

「鹿島の2トップならウチのCBは完封できる。ミドルも野沢以外、大したことない。アーリークロスなら、いくら上げられてもいいし、興梠の裏取りとカウンターだけが怖いから最初から引けとけばよろし」ってコンセプトだ。

当然のことながら、ブロックを下げて戦った横浜FMが悪いんじゃない。ブロックを下げることにはデメリットだってあるんだから。そこはシュートの打てる距離なのだ。

でも、鹿島の攻撃陣には、代表級CBと張り合えるようなポストプレイヤーも、アーリークロスから競り勝ってしまうようなCFも、シュートレンジの長いMFも少ない。「引いたって怖くない相手。いや、引かない方がおかしいだろ?」と対戦相手が考えるのは普通のことだ。

いくら全体の連動したサッカーたって、いくら気持ちが入ってたって、いくら誇りがあったって、前線の誰かの踏ん張りは絶対に必要。

だから、トルシエは鈴木隆行を非常に信頼していたし、オシムも巻誠一郎を重用した。

別に二人みたいなダンプカーみたいな選手じゃないくてもいいが(大体、あの二人はシュート入らないし…)、前線で動いて身体を張れる選手。

攻撃でも守備でも基準点になるのは、まずFWなのだ。

他ポジションや監督采配に目が移ることもあろうが、まずは「FWの一枠」。

これが最優先で、今のアントラーズの場合、ここと、あとは全体のコンディションさえ好転すれば強さが戻ってくる。

何も根本的な強さまで失われたわけではないのだから。

↓応援クリック感謝です。励みになります。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
震災やシドニー戦の3-0勝利で忘れていたことが、水原戦の引き分けで蘇ってきた鹿島サポーターは少なくないかもしれない。

「そうだ、アントラーズはここぞのゴールを決められないチームだったんだ」と。

今は大丈夫だが、これから先、得点力欠乏で負けたり引き分けたりすることが増えてきた時、「選手のヤル気を疑う」「シュートへの積極性の無さを嘆く」向きがサポーターの間に出てくることもあり得る。

たしかにゴールを決めるには強い気持ちが要る。

そこに異論はない。

付け加えさせてもらいたいのは「気持ちだけでなく、シュートこそ技術が要る」ということ。

「ゴールに蹴り込むなんて簡単じゃねーか!」というツッコミもあろう。

事実、名ストライカーの中には「ゴールは動かないんだから、考えなくても入れられる」と豪語する人もいるし、そのイメージで練習する人もいる。

だが、「ゴールが動かないからこそシュートは難しい」とも言えるのだ。

パスと比較すれば、パスならば受け手がマーカーを外して受けにきてくれる。

しかも、通常2~3のパスコースがあり、出し手は選ぶことができる。

それがシュートの場合、ゴールには常にゴールキーパーというゴール専門のマーカーが付いている。なおかつ、そいつは手を使う。

ゴールは動いてくれないので、当然、マーカーを外すという親切な動きもしてくれない。

パスコースのように2、3台ゴールがあれば攻撃側は楽なのだが、しかし公式戦でのゴールは一台しかないので、最終的にどこにシュートを打つか、敵GKとDF陣は分かりきっている。

たった1つのゴール前を、GKだけでなくCBやSB、ボランチや、時には二列目まで戻ってきて固めてくる。

大体、プロのGKが守るゴールは信じられないくらい狭いものだ。

弱いキックはまず止められてしまう。強いキックをしようにも、PKのように助走つけさせてくれるわけじゃない。

まんまと強シュートを打てて、それが枠内に飛んでも、「GK+他複数名のDF」が入ってしまうとブロックされてしまうことになる。

かつ、「鹿島アントラーズ」相手だと守備陣のモチベーションは格段に上がる。

シュート以上に守備こそ気持ち。下手クソであっても気持ち入れてガツガツ身体当てれば相当に守れる。

そうやって守られたゴールをこじ開けるには、「気持ち」や「積極性」といった曖昧なものだけでは無理だ。

どうしても「技術」が要る。

野沢拓也が毎年、重要な試合でゴールを決め続けられるのも、結局は技術があるから。

トラップが巧いから寄せられる前にシュートを打てる。GKやDFの裏をかく知性もあり(野沢の場合、天然くさいけど)、キックの威力も精度も高い。

ボールテクニックに優れた選手が多い印象のある鹿島アントラーズであっても、プロトップレベルでの実戦においてシュート技術の高さをコンスタントに発揮している選手は、今のところ野沢一人であるように見える。

試合中、急にヤル気を出しても技術が上がることはないのだから、どれだけ日頃からゴールを意識して工夫しながら練習しているかだ。

結局、試合を見れば、そのチームや選手がどんな練習をしてきたか、ある程度は見えてしまうもの。

特に興梠、田代、大迫らFW陣。彼ら個々人のレベルアップを望みたい。

シュートと、それに至る一連の動きの工夫が不足しているように感じているのは私だけではないだろう。