鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
まず、元川氏のコラムをご紹介。

いつもながら、選手との信頼関係があってこそ書ける彼女ならではのコラムはとても興味深い。

若手選手による下からの突き上げのなさ、それを小笠原主将は憂慮しているようだ。

サポーター視点からは、監督がハッキリとスタメン固定をしてしまっているがために、若手のモチベーションが高まらない、伸びが阻害されている、と思わないでもない。

しかしながら、逆の見方をすれば、その壁を乗り越える実力と気概を持つ若手がいない、とも言える。

実際、私自身、これまで練習を見てきた限りでは、「何としてでもトップで彼を使って欲しい!」と思わせてくれるほどの若手は、残念ながら見当たらなかった。「トップで見られたらいいな」くらい。

毎日練習を指揮している監督には、もっと見えていることがあるだろう。

イビチャ・オシム氏が以前に話していたこと。

『監督は観客ではない。観客とは違う視点で試合を見ている。

選手たちもそれを知るべきだ。新聞記者がいいプレーだと書き立てたり、観客が拍手しても、監督は別の視点から見ている。

正直、記者の皆さんやサポーターといった第三者的な立場の人は、監督よりも物事を正しく見ているのかもしれない。なぜなら観客席の上のほうから見ているのと違い、私はベンチで平面で見ているだけだからね。

だけど、監督のほうが正しいというときもあるということを覚えておいてほしい。』

そう、監督が常に正しいとは思わないが、しかし、サポーターの見立てが監督より正しい、そう考える人がいたとしたら、それは少なからず傲慢であろう。

ただの連敗でなく腑抜けた内容での連敗、それでも若手への切り替えは皆無と、サポーター間で不満が渦巻いているのはたしかである。

リスクを避け、若手を使う冒険を極力避けてきた監督に、全く責任がないとは言い切れないが、しかし、その責任を監督だけに押しつけるのも、また違う。首位クラブがリスクをかけて冒険する必要性が薄いのは、認めざるを得ないし。

人材が育たない問題は、育てる側と育てられる側両方にあり、また、組織の置かれた状況にもよるのだ。

不幸中の幸いで、今、メンバーの入れ替えをしやすい状況にある。

増田あたりは、今がビッグチャンスであること、年齢的にも、もうやらなきゃならんことを、よく分かってプレイしているように感じる。

新潟戦で出てきてチームを救ってくれたら嬉しいが、そこで出してもらえなくても、残り16分の川崎戦では出場決定済みだ。

中盤の突き上げがないなんて、小笠原に言わせなくするのは、今は増田の役目であるように思う。

得点もアシストもFKも攻撃も守備も。全部期待していいだけの実力は、もう、あるはずだ。

クラブハウスグラウンドで行われた鹿島×水戸の練習試合。サテライト主体。

先週の朝鮮大学戦では出場しなかった田代と當間がスタメン。他、出場選手は、ほぼ同じ。

前半は2-1。後半は数名のメンバー変更。同点に追いつかれたものの、オウンゴールで勝利。3-2。

ゴールは後藤と大迫。

いいね。皆、気迫が感じられた。スコアだけ見ると、J2の水戸相手にオウンゴールでの決勝点と冴えない印象を受けるかと思うが、しかし、今のトップチームがやっていたら、この相手にサクッと負けていただろう。鹿島、水戸共に本気度は高かった。水戸も良い選手がいる。侮れん。

救世主探しという視点では十分に面白い試合であった。

増田は、この試合MVP的活躍。運動量豊富、守備時は当たりが強く、パス、ドリブルも秀逸。

中田もスタメンから使えば、十分にチームに安心をもたらすことができる。攻守に地味~に効いてくる。

伊野波&後藤のCBコンビは、二枚岩と違ってスピードがあるのが頼もしい。後藤の得点はヘッド。最近、岩政は自慢のヘディングゴールの気配もないし、集中力も今ひとつだし、後藤の方が良い気がする。

大迫のキープ、単独打開力、田代の強さと高さは、チームを助ける。

懸案の右サイドバックでは、最低調の内田と比べると當間が良い、とまでは言い切れない印象。新井場を右に回した方が信頼感がある。

パク・チュホも、サイドバックとして完成された選手じゃないけど、左チュホ、右新井場、あるいは、左で新井場ならば、右は増田でもいいかも知れん。

内田の不調は、本当に痛いところだ。笠井も、まだ復帰してないし、右SBは一番、ウスいポジションに見受けられる。名良橋さんかジョルジーニョに現役復帰してもらうしかない…!

でも、本当は當間に頑張って欲しいところだ。内田は、さすがに休みが必要だろう、と思う。

以上、何人もトップで使って欲しい選手を挙げたけれど、結局、それは、それぞれの選手に強い気迫を感じたから。名古屋戦のメンバーには、それが全く感じられなかった。

他のJクラブを見渡せば、もっと連敗しているクラブもあるし、もっと内容の乏しい試合をするクラブはあるけれども、鹿島アントラーズでは、プロの気合いが欠如したプレイを多くのサポーターが許容しない。ジーコ以来の伝統だからね。

まず、気迫を見せられる選手を出して欲しい。

もちろん、メンバーを入れ替えて簡単に勝てるようになるとは思わない。実際、この練習試合のスコアは満足できるものではなかったし。

でも、今のトップのメンツに比べれば納得がいく。まず90分間継続した気迫を見せてもらいたいものだ。

もう、最近の、立ち上がりだけ激しくプレスかけて、早々と先取点を奪わると残り80分意気消沈というパターンは飽き飽きだ。

とは言え、トップのメンバーとて黙っているわけではない。選手発案の決起集会を開くなど状況を打開しようとしている。

何もレギュラーメンバーを見限ったのではないのだ。ただ、プロのプレイ、鹿島のプレイを見せて欲しい。鹿戦士一人一人に期待している。

清水が勝ち点差1に迫ってきた。

清水の守備の堅さ、勝ち方を見ていると、勝っている時の鹿島に通じるものを感じる。

3試合連続1-0の勝利。昨日の神戸戦では、終盤まで0-0で進みながら、後半37分、コーナーキックから市川のゴールで得点。

この勝ち方、今シーズン前半の鹿島もやってたよね。

攻撃がウリの川崎、広島も怖いが、堅い守備力に裏打ちされた清水の強さには安定度がある。攻撃でも、クロスを上げる時にPA内に入ってくる人数が多い。

「ユルい守備」「精度の低いクロス」「相手PA内に選手が入っていかない」と、今の鹿島を見慣れた私からすると、試合内容的にも羨ましい限りだ。

土曜日の試合で勝つか引き分ければ、暫定で清水首位。もっとも、清水だけじゃなくG大阪もすぐそこに来てるんだけどね。

鹿島の試合は日曜日。そこで勝てば首位堅持。しかし、前節までの調子では、どこが相手でも勝てないだろう。相手の問題より、自分たちの問題である。

週末までに劇的にチームが変わることを期待したい。

オリヴェイラ監督は、本当にいい監督だね。

試合後の記者会見コメントを読んでも、最後まで選手を守ってくれている。

サポーターの私としても、喜怒哀楽をハッキリ表現してくれる彼のことは応援し甲斐がある。

どんなに腕が良くても、終始ブスッとしている監督じゃ、ファンとしては面白くないもんね。

だから、監督には末永く鹿島で仕事してもらうためにも、ぜひ、この窮地からチームを救って欲しいと願っている。

さて、昨日の名古屋戦は最悪の試合(名古屋にとっては素晴らしい試合)、金返せレベルの完敗だったわけだが、鹿島サポーター、鹿島ファンの諸君もそれぞれに敗因についてあれこれ考えておられるかと思う。

今までであれば、鹿島が負けた翌日にサポの間で言われてきた敗因として、「審判のジャッジが鹿島に不利だったから」とか「○○選手が欠場していたから」と、そのあたりが主流だった。

昨日の負けというのは、そういった言い訳が一切、通用しないものだ。

主審は少なくとも名古屋寄りではなかったし、また、鹿島側には、怪我や累積警告で出られない選手はいなかった。

若手選手を出していれば…、と思わないでもないが、しかし、あれだけ全てのポジションの選手が良くないと、そこに入って活躍するのは相当に難しい。まともなパスが回ってこないし、守備も周りが連動してくれない。孤軍奮闘ではサッカーにならない。

今の鹿島は、C.ロナウドやメッシ、カカークラスが入っても、何かするのは難しいかと思う。

何が言いたいかと言うと、言い訳無用の負けとはこのことで、中二日の名古屋の方が強く、鹿島が弱かった、そういうことである。ここに及んで、まだ「鹿島の強さはオレたちの誇り」と公言する方は、ごく少数派であろう。

むしろ、「誇りなんかいらんから、選手たちは戦ってくれ!」と、そういった方向にファンの間でも流れが向いている。

昨日は応援のコールが止んだりもしたが、止めた人たちからすると、選手たちが「戦っていない」「試合を投げている」ように見えたからだろう。

何が起こっても選手をサポートし続けるツワモノも鹿島サポには多いから、だからこそ、コールが完全に止まることはなかったわけだが、しかし、全ての人にそれを求めるのは難しい。「戦っていない(ように見える)」選手にブチ切れる人がいても、それは、私には否定できない。

じゃあ、選手たちはそこまでひどいのか。そこまで戦っていないのか、について。

正直、そう見られても仕方がない。

そう見ないのだったら、全力でやってアレってことであって、それこそ深刻な話だ。

鹿島の選手たちは戦えていない。サポーターがいくらコールしても、戦う気持ちになれていないように見える。録画を見直すと、岩政あたりは試合前からおかしい。視線がキョロキョロして落ち着きがない。

だが、私は、選手たちへの声援をやめるつもりはない。

なぜなら、彼らは「戦わなきゃ、と必死で頭では思っているのに、心と身体が動いてくれない」そんな状態だと感じるからだ。悪意や責任放棄から戦えないのではない。

過去2年、オズの魔法と鹿島魂により、選手たちは常にモチベーションMAX、負けてもすぐに気持ちをMAXにまで高めて試合に臨んできた。

だからこそ、そこまで圧倒的ではない戦力で、ここまで圧倒的な実績を残してくることができたのだ。

だが、同じメンバーで3年もモチベーションMAXでやり続けるのは、さすがに心が疲れてくる。

ハードワークし続けてきた青木は、精神だけでなく肉体的な蓄積疲労もあるだろう。岩政はタフな男ではあるが、しかし、彼は上を目指す明確な目標があってこそ力が出るタイプ。

今シーズンの鹿島は大目標のACLで敗退してしまっている。そして、岩政個人としては「代表に選ばれて岡田監督に認められた」ことで、一つ、大きな目標を達成した。それらが、彼から上を目指す気持ちを無くさせたのかもしれない。今の鹿島の戦いは、上を目指すというより、守るための戦いになってしまっている。それは、きっと岩政には向かない。

以上のことは推測でしかないが、いずれにしろ、現実として選手たち個々のパフォーマンスはハッキリ悪い。トラップもキックもポジショニングもボールホルダーへの寄せも。

魔法は、いずれ効かなくなるから魔法なのであって、さすがに丸3年、モチベーションMAXを維持し続けるのは難しいのだろう。

今、オズの魔法を発動しても、守備力255に上がり切った勇者一行にスクルトを使うようなもので、もう、これ以上、効き目がない。効果はMAXになってしまったのだ。

オリヴェイラ監督にとって3年の長期政権は監督業で初めての経験であるし、未知の事態であろう。

思い起こせば、今シーズンの敗北には、そういったサインがしばしば出ていた。情けない(ように見える)負けが、本当に多い。岩政の言う、「同じような失敗を繰り返しているのは限界かもしれない」とは、認めたくないが私も感じる。

これをどう、乗り越えてくれるのか。

単純に思いつくのは、多少の技量と戦術理解には目を瞑ってでも、モチベーションと走力が高い若手にメンバーを入れ替えることである。そうしている間に、燃え尽き症候群気味の選手を休ませる。

しばしば練習見学に行っている私としては、若手に過度に期待するようになったら、それこそ、鹿島が追い詰められた時だと思ってきたが…。残念ながら、その時が案外、早くきたようだ。

魔法を封じられたオズ。しかし、ここから監督としての力量の底を見せて欲しい。まだまだできると信じている。決断を見守りたい。

第27節 鹿島×名古屋は1-4で完敗。

名古屋が中二日、しかも途中で手加減モードでメンバーを交代してくれたおかげで、これくらいの失点で済んだ。ありがたや、ありがたや。

勝利を期待しているものの、これだけサクサク負けてくれると負けるのも慣れてくる。

負けるが普通、勝てればラッキー。宝くじみたいなモンだ。

そんな鹿島であるが、まだ前半の貯金のおかげで1位にいる。史上最弱の1位である感がアリアリではあるが。

まだシーズン終わって優勝している可能性がなくなったわけではないので、今、あんまり、監督・選手をボロクソ書くと後でカッコ悪いことになるかもしれない。だから最後まで温かい目で忍耐したいと思う。

最後まで監督・選手を応援しようと思うのだ。思うのだ。思うのだ。…思うのだ。

というわけで、以下、今日の名古屋戦においての監督・選手評を優しく書いてみる。

オリヴェイラ監督にはメンバー変更という選択肢はないみたいね。どんだけボロボロに負けても、自分の信じるレギュラーメンバーで負けたら人生に悔いなし、の覚悟を持たれているもよう。

そう、どんなに大敗しても監督の目の前には希望の光が拓けているのだ。我がレギュラーに悔いなし、ベテランで負けることに悔いなし。そのブレない姿勢は天晴れである。さすが選手を信じるオリヴェイラ監督だ。

その平均年齢が若くないレギュラーメンバーが中学生でもしないようなミスを連発して負けているのだから、サポーターは怒り心頭である。

伸びしろの少ない選手を使っての連敗、しかも、完全完敗では…。

何の希望も見出せず、大迫を出してくれたことだけが救いだった。

曽ヶ端は、まあ、今日のプレーをしてしまったらGKのポジション、もう日本代表に呼ばれることはないだろう。年に1試合でもこういうのが許されないのがGK。

しかし、これまでも何度も鹿島の危機を救ってくれたし、次、切り替えてやって欲しい。切り替えられないなら、小澤やスギテツに出てもらうしかない。

日本代表の内田と岩政は、代表どころじゃない。いくら人気のある選手、看板選手だからって、これじゃあ厳し過ぎる。ミスが多い、守備の粘りもない。

新井場も好きな選手だけど、今、必要なのはパク・チュホのような粘りと運動量だろう。

中盤もなあ…。

病み上がりの本山は病み上がりなりに頑張ってくれていたけど、他のメンツはどうなんだろ。中2日の名古屋相手に球際でも運動量でも負けているし。

小笠原のFKは良かったよ。ただ、苦しい状況でチームを立て直すほどの、かつてほどの影響力は、今は感じられない。

交代で出てくるダニーロ、中田のパターンで上手くいく気がしなかったけど、実際、上手くいかなかった。この交代戦術、意味あるのか?

FWはマルキーニョスの得点はエラかった。しかし、相方の興梠は、どんどん目立たなくなっている。13ゴール、ムリっぽい。

次の新潟戦では半分以上はメンバーとっかえて欲しいもんだ。

人それぞれ好きな選手、出して欲しい選手は違うだろうけど、中二日のクラブに完敗するようじゃ、大学生にも勝てないよ。

だったら、大学生に勝ったサテライトのメンバーを主体にスタメン組むといい。

FW 大迫(田代) マルキ
OMF 本山 遠藤
DMF 増田 小笠原(中田)
DF チュホ 後藤 伊野波 新井場(増田)
GK 小澤(スギテツ)

まあ、どっちにせよ、オリヴェイラ監督は自らの全責任をかけていつもと同じようなスタメンを組むだろうけど、とりあえずの救いは、これだけ弱っちいことを証明してくれたおかげで、ACLもナビスコも負けといて良かったと負け惜しみじゃなく思えるようになったことだ。

三連覇を逃したら悔しいけど、しかし、内容を思えば何とか納得できそうだという。

やれやれ、また長い1週間になるぜ。

今ひとつ応援モチベーションが上がってこなかったので、クラブハウスグラウンドに名古屋戦前日の練習見学に出かけた。

時間の都合上、20分程度しかいられなかったのだが、行って良かった。選手たちはいい練習をしている。楽しそうだし、締めるところは締めている。

一応、練習内容は伏せておくけれども、選手・監督・スタッフたちによる試合の準備に抜かりはない。

まあ、ただ、勝てない要因の一つであるシュート決定力。これは、たしかに、練習からも今ひとつ。野沢・小笠原の両キッカーもキック精度は文句ないのだが、壁を立てての直接FK練習になった途端に入る気配が激減していた。

そういう時期もある、と思うことにしよう。今日の名古屋戦で、突然、入り始めることもあるだろうし。

水物的要素がある攻撃に対して、守備は、より実力に裏打ちされるもの。今後の優勝争いに向けても守備力の復活は必須事項だ。

この試合、名古屋ケネディの分かっていても止められないほどの高さ。

岩政・大岩の両CBがどう抑えてくれるのか。

また、CBだけでなく、クロスの供給源を抑える鹿島のSB、ボランチ、サイドハーフによる全体の守備力は戻るのか、そこも注目して観たい。

シュート決定力はダメなモンは仕方がないが、守備に関しては何が何でも守ってくれ、とお願いする。

さあ、皆、カシマスタジアムで、テレビの前で、それができない人は念力で、アントラーズを応援しよう!

ACL準々決勝、川崎×名古屋は2-1で川崎の勝利。

同じく準々決勝、ウム・サラル(カタール)とFCソウル(韓国)の試合はホームのウム・サラルが0-2からの逆転勝利。

鹿島を破ったFCソウルが3点も取られてしまったわけだが、それもそのはず。ウム・サラルの前線には元Jリーガーのダヴィとマグノ・アウベスがいる。Jリーグでも得点王争い確実な二人が揃っていれば、FCソウルとて3失点もやむを得ないところ。

鹿島が出ていればなぁ、と今更ながら思う。この対戦相手ならば鹿島サポーターも盛り上がることができただろう。

もちろん、今の鹿島のチーム状態にアジアのアウェイ試合が重なったら、相当キツいことは分かっている。負けておいて良かったと負け惜しみが出ないわけではない。

しかしながら、盛り上がりという点。

今の時期、勢い的にJの主役は川崎になっているのかな、そのように感じる。Jリーグ、ACLと放っておいても川崎の試合結果、中村憲剛の活躍が一番に伝えられてくる。

対して鹿島は連敗中、目立った新戦力の台頭は見受けられず、ミッドウィークにはACLもない。

ちょっと、目立つ材料を失っている。

それは、交通アクセスに難を抱えるカシマスタジアムの観客動員に如実に表れてくる。

明日に迫る名古屋戦のチケット販売、連休明けの不利はあるものの、やっと1万7千枚を超えたあたり。前回、前々回のホーム試合では2万を軽く超えていたのに、優勝争いも佳境に入る中で首位にいるクラブとしては寂しい限りだ。

それだけでなく、私が日頃、鹿島への注目度を測る一つの材料としているブログランキング。

鹿島系ブログが軒並みポイントを落としている。そもそもの鹿島情報を欲する人が、ピーク時より3割程度、減っている。

また、書き手のモチベーションも上がっていないのが新着記事の数からも読み取れる。私も書くには書いているが、モチベーションはハッキリ低い。

負けが続くと見たくなくなるし、書きたくなくなるもの。たまに負けるならば悔しさを紛らわす反省記事は書きたくなることがあるが、同じような負けが続くと、同じことを書くハメになって、読むのも書くのも飽きる。

強さがウリの鹿島にとって、目新しさがない連敗とか、ACLも蚊帳の外とか、色々な意味で痛い。

やはり、ファンの興味や営業的には、多少の過密日程になったとしても、どの大会でも勝ち進んだ方が良い。

今年に関しては、Jリーグと天皇杯しか残っていない鹿島。再び、Jの主役に踊り出るには、勝ち続けることしかない。

名古屋戦が、その始まりであって欲しい。

今週月曜日に行われた鹿島×朝鮮大学の練習試合。

朝鮮大学選手の試合感想を見つけたのでご紹介。

そういえば、かつて流通経済大が日本代表に1-0で勝った後、「鹿島のサテライトより弱い」と流経大選手がコメントしたことがあったが、もしかしたら、鹿島サテライトが日本最強なのかも知れんな。

Jリーグに参加できないのが残念なことだ。まさに伝説のチーム、都市伝説である。

鹿島の選手たちは元気に練習に励んでいる。

これだけ元気に励んでくれているのならば、間違いなく名古屋戦は期待できる。

ハゲむと言えばダニーロである。

別に頭がハゲていると言いたいわけではない。むしろ全力で伸びている。

つい先日までツルピカっていたダニーロスキンヘッドであるが、今や黒々と生え渡っている。

凄まじい伸びの速さに、ただただ驚嘆するばかり。

毛根には並ならぬ負担がかかっていることだろう。

だが、そんな向こう見ずのダニーロが好きだ。

若ハゲに悩む若者よ、ダニーロの威風堂々とした生き様を見るのだ。

カシマスタジアムでダニーロの姿を直視すれば、君の悩みは消え去るだろう。

昨日は朝鮮大学との練習試合。

トップチームは連敗中であるが、見学スタンドはほぼ満員。この中からチームの窮地を救う存在が出てきてくれるか、という視点で試合を観ていた方も多かったと思う。

鹿島は控え・サテライト主体のメンバー構成。

GK 小澤→杉山
DF 後藤 大岩 チュホ
DMF 増田 中田→宮崎
OMF 小谷野→川島 遠藤
FW 大迫 佐々木

田代、當間は出場せず。右SBはユース選手。チュホは後半ボランチ。

朝鮮大学は集中力高い守備を見せていたが、ゲーム自体は鹿島の試合。ほぼ相手陣内で試合を進める。

結果は2-0。得点は遠藤のPKと佐々木のヒールシュート。さやえんどうの活躍はファンとして嬉しい。

他、報道されている通り、チュホは良く動いて攻守に貢献していた。無失点で危ないシーンもゼロってことで、守備陣に問題は見当たらない。大岩、後藤の両CBもこのレベルで敵はいない。

攻撃も悪くはない。チャンスは作っていた。

が、トップチーム同様、枠内シュートが少ない。大学生相手に2-0という結果にも出ているように得点力に物足りなさが残った。

まあ、これが鹿島らしさで、良い方に出ればいいのかな、とも思う。

トップもサテも、ゴール前でパスを選択し過ぎる感は受けるし、勝負に行く回数、枠内にミドルを飛ばす回数も少ない。ただ、上手く行っている時は、パスパスパスで華麗に相手守備を崩し切ることが出来る。

んー、でも、やっぱ、もうちょっと勝負やシュートに行って欲しいよなぁ、と思わないでもない。私の素人目からは、トップチームの得点力不足を目覚ましく改善してくれそうなほどの何かは、この試合では見えなかった。

最後まで試合を見つめていたオリヴェイラ監督はどう見たのか。次節、びっくりするような選手起用の変更はあるのか、ないのか。

一サポとしては、とにかく、誰でもいいから鹿島を勝たせてくれ、と願うばかりだ。

アウェイ4連敗となった横浜FM戦後のイザコザ。

こちら、日刊スポーツ報道

いくら情けない、工夫の見られない敗戦を見せつけられたとは言え、選手・監督への限度を超えた侮辱は大人として許されることではない。

それは、ほとんどの鹿島サポーターが分かっていることではある。

私も、ブログでは多少の毒を吐くが、スタジアムではムスッと黙っているだけだ。

ただ、全ての人に大人な態度、大人であることを求めるのは難しい。

たくさん人間がいれば、忍耐ができない人間、口汚い人間、精神的に子供のまま大人になってしまった人間が少なからず出てくる。一言で表現すれば、おバカさんはどこにでもいるってことだ。

スタジアムの門戸が万人に開かれている以上、そういったおバカさんがいるのは致し方のないこと。

まあ、それで良いとも思う。行儀の良い人間だけで構成された集団は活力が欠けてくる。

要は、バカとハサミは使いようってやつで、おバカさんの活力は生かすべき。悪いことをさせないように物事を運べば良い。

鹿島サポ内のおバカさんに悪いことをさせない上で重要なのは鹿島アントラーズが勝つこと。

次に、勝てない場合でも、何か、選手たちがプロの気合いとか、熟練の技とか、工夫、知恵を見せることだ。

正直、今回、おバカさんサポーターが侮辱的な態度に出たのも分からないではない。

前節から比べて何の工夫も進歩も見られない負けだったからだ。

これだけ負けているのにメンバーが変わっていない。メンバーが変わらないのはいいとしても、ならば、出ている選手に何らかの工夫があって然るべきであるのに、それも見られない。

工夫を体現してくれる本山がいないのも大きいのかもしれない。

これでは、「なーんもしないで負けている」ように見られても仕方がない。怒る人は怒る。

大体、アウェイの試合に参戦し続けるのは大変。時間も金も体力も使う。それらを恩着せがましくするのは違うとは分かっている。好きでやってることだし。

しかし、創意工夫をこらしての負けならまだしも、同じパターンの負けを「何試合も」「連続で」見せられたら、そりゃ、「俺の苦労を返せ!」って言いたくもなる。

頑張ってくれているのは分かっている。だから、ほとんどの鹿島サポーターは、忍耐して応援しているのだ。

しかし、ただ頑張るだけならプロじゃない。負けるにしても、何らかの違いを見せて欲しい。この状態が続くようならば、最初はおバカから暴れ出すけれども、いずれ大人なサポーターもスタジアムに来なくなる。特に遠方の人であるとか、忙しい人などは。

優勝以前に、いい試合を見せて欲しいものだ。

光明がないわけではない。

鹿島の魂たる小笠原に復活の兆しが見えることと、最も気の利いたプレイができる本山の復帰が間近だってことだ。

苦しい時期だが、次節、変わってくれることを期待して応援しよう。

横浜FM×鹿島は1-2で敗戦。

この敗北は優勝を目指す上で非常に痛い。こんなに大事な試合で簡単に負けるとは…。

皆、全力を尽くしたはずだ。実力を出し切ったはずだ。

しかし、力及ばず負けた。

本来、悔しくて眠れないところであるが、しかし、私はすでに切り替えた。あんまり悔しいので目標を下方修正することにした。

そう、今のチームの戦闘力で優勝を口にするなどおこがましい。

一体、どこに勝てるかと考えた時に、もう、勝てるチームが思い浮かばん。

ACL出場圏内?いやいや、この体たらくでACL日本代表などと口が裂けても言えない。

もう、地に足を付けて、今こそ、J1残留に目標を切り替えるべきである。

J1残留ならば、かなり現実味を帯びてくる。

あと1つ勝てば残留決定。もしくは、柏が明日、負けると鹿島のJ1残留決定だ。

よーし、切り替え、切り替え。J1残留に向けて頑張るぞ!

今回のタイトルは大阪発祥の名言を使わせて頂いた。

さて、明日はアウェイ横浜FM戦。

日程上はリーグ戦の1試合に過ぎないが、この試合、チームの浮上において重要な試合になる。クラブにとっても、サポーターにとっても。

現在、首位の鹿島に対して「浮上」という言葉はおかしいはずなのであるが、敢えて言おう。

前節までの鹿島はアウェイで3連敗。中位以下のクラブにもサクッと負けている。そして、その後のホーム川崎戦では、74分までで1-3の負け。

そういった結果が出てしまうと、鹿島サポの間でも、今のチーム力に対しての信頼が揺らいでくる。いかな結果であれ「鹿島は強い」と信じ続ける方もおられるだろうが、普通の人間は結果から実力を判断するもの。現時点では「強いというほどでもない」と思われても仕方がない。

それは、降雨ノーゲームの再試合・再開方式について、鹿島サポの間で議論が分かれたことからも伺える。ハッキリ言って、今季前半のペースで勝ち続けていれば、もう優勝目前くらいだったはずだし、そうであれば、ここまで議論が沸騰することもなかった。

勝ち点でブッち切っていれば、『16分くらいハンデでくれてやる』と、多くの鹿島サポが余裕しゃくしゃく、油断しまくりできたはずなのである。

勝ち点の1でも失う余裕はない、そう心配される現状。

しかし、最後、今シーズンの最後には、サポーターたち皆が「オレたちは強い!」と思えるような優勝をお願いしたい。「鹿島の強さはオレたちの誇り」だと思えるような有終の美を飾りたい。

それだけの力が鹿島アントラーズにはある。

明日の試合、アウェイだろうが、守備が堅い横浜FMだろうが、勝利以外の選択肢はない。

若干、スタンドからピッチが見えにくい日産スタジアムではあるが、予定の空いている方、お近くの鹿島好きの方は、ぜひ、鹿島を応援に来ていただきたい。開港150周年の横浜の街は、連休の思い出作りにも適した場所であるだろう。

数日前に表ブログの通算アクセス数が100万を超えていたようだ。こちらの裏ブログも毎日、たくさんのアクセスを頂いており、ありがたい限り。

「アクセス数は、あんまり気にせずにやってます」と言いたいところだが、鹿島アントラーズの人気の高さを実感することができて、鹿島サポとして嬉しくなる。

今回アクセスしてくださった方、今までアクセスして下さった方、ありがとうございます。また、安定したサービスを提供してくださるブログサービス会社もありがとう。

いつも記事内で批判させて頂いているセルジオ氏、松木氏にも感謝。

そして、何より、鹿島アントラーズと、その対戦相手となってくれるJ各クラブに大感謝。

そう、当ブログのアクセス数の高さの理由は、ただ一つ。

Jリーグの人気のおかげ、鹿島アントラーズの大人気のおかげだ。

調査結果でも鹿島の人気は証明済みだが、それに加えて、大した取り柄がない当ブログが100万アクセスを軽々と達成できることでも、鹿島の人気の高さは明らか。

鹿島アントラーズの人気には理由がある。強さと数々のストーリー。

今回、また、一つ鹿島が勝利を目指す理由、皆に注目される理由が増えたので、ご紹介しよう。

こちら、今朝のスポーツ報知。

『豪雨によるピッチ状態不良で中断となったJ1第25節の鹿島―川崎(12日・カシマ)が10月7日に後半29分から再開されるという異例の決定から一夜明けた16日、両クラブは練習を行った。鹿島のMF小笠原満男主将(30)は批判の矢面に立ったスタッフのため、残り10試合の全勝を宣言。3―1とリードしていた川崎は再戦を再び首位決戦とするべく、日本代表MF中村憲剛(28)が気合を入れ直した。

 15日のJリーグ理事会での「再開戦」決定を受け、小笠原は闘争心をかき立てた。一度は同試合の成立による敗戦を受け入れる気持ちだったが、「優勝した時になんだかんだ言われるのは嫌。優勝してみんなに“おめでとう”と言われたいから。全部勝っていく」と再開戦を含む残り10戦全勝を力強く宣言した。

 同試合では負けていたことやホーム開催の状況が重なり、試合中止を判断する権限はないもののチームに苦情が殺到した。「そこまでして優勝したいのか」「八百長」とののしられ、涙ながらに応対する女性職員も。そしてJリーグも規約にはない裁定を下した。

 「今回、一番残念だったのはクラブに苦情がきたこと。それとJリーグにはしっかりとしたルールづくりをしてもらいたい。決まったからには全力でやる」と小笠原。DF岩政は「川崎戦までに勝ち点を10差まで広げるのがベスト」と奮い立つ。3連覇を目指す鹿島の魂に火がついた。』


腹ただしい話である。私だったら、逆にクレーマーを怒鳴りつけてやるところだが、耐え忍んだ女性職員には「よく頑張ったね」と声をかけてあげたい。また、その他にもつらい思いをした職員もいたことだろう。

言われなき苦情で涙ながらに応対した彼女たちのためにも、愚かなる卑怯者に正義を示すためにも、我々が勝利せねばならん。

その役目ができるのは、もはや鹿島だけである。ご婦人を泣かせるヤツにはガツーンとやったれって、死んだじいちゃんも言ってたし。

残り全勝でいくぞ。正義が勝ち悪が滅する痛快劇の主役は我々鹿島アントラーズだ。

↓ぜひ、応援クリックお願いします。励みになります。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
さて、無事に第25節の試合再開が決定したわけだが、この一連の騒動で鹿島サポーターにも傷ついた者が多いようだ。読者さんの中にも、裁定が決着したとは言え、その傷ついた気持ちが残っている方もおられるだろう。

もっとも、「一連の騒動」たって、私自身はネット掲示板の類には興味がないし(新作ゲームの攻略時には利用する)、サイトも面白いものしか閲覧しないので、サポ仲間からの伝え聞きでしかないのだが、なかなか、ひどい話だね。

耳を疑うような話だが鹿島側の非を責める人間がおったそうな。しかも、ただ責めるのではなく、ひどい誹謗中傷紛いの書き込みも少なくなかったらしい。もしかしたら、クラブへの抗議にもそのようなものがあったのかも知れない。

私は人生の時間は貴重だと思っているので、誹謗中傷・揚げ足取りの人間に近づくだけでも、ネット上であればコメントの一文字を読むだけでも時間のムダであると感じているし、だから話題にもしないのだが、しかし、今回はそうもいかないようだ。

何も悪くない人間を傷つけるような書き込みをする人間がいたら、それは誰かが悪いと言わなきゃいかん。こういう時のためにも、ランキング上位をキープして目立つようにしているのだ。

っと、その前に、「帰れコール」してた連中への誹謗中傷に関しては、それは全く構わない。むしろ、積極的にやって欲しい。

そうではない人、ただ鹿島が好きな人たち、また、ただ真面目に仕事をしている鹿島のスタッフたちに対して、誹謗中傷した者たちに示しておく。

たしかにあんたらには理屈があるだろう。強い鹿島に対するやっかみもあるだろう。言いたいことがあったのだろう。

だが、理屈、やっかみ以前に、問題はあんたら自身の人間性。フェアプレイの欠片もない生き様。

匿名のネットを利用して、度を超えた批判することは最悪にカッコ悪いと知っておけ。今回、鹿島に誹謗中傷していた連中は、120パーセント、愚かで、卑怯で、汚く、小さい。堂々と批判に晒される岡田武史監督は、あんたらより1万倍カッコイイ。

あんたらは生きていても誰にも信頼されないだろうし、友達も恋人もロクにいず、いたとしてもうわべだけの付き合いで、せいぜいネット掲示板や他人様のブログコメント欄に常駐するしかないのだろうが、そんなことしてるヒマあったら、自分を変えてみせろ。

パソコンの前にいたって、何一つ変わらん。匿名で行動しても何一つ変わらん。家の外に出ろ、スタジアムに行け。

と、返す刀で、彼ら卑怯者のコメントによって傷ついた側にも申し上げる。

ネット掲示板やブログコメント欄と言うものは、ブログ主やブログサービスが毅然としていないと、そこはゴミ箱みたいになってくる。

いや、ブログ主やブログサービスがそれなりに頑張っても、この現代、孤独感や生きにくさ、負け意識を抱え、自分自身に価値を感じられない人間が多いから、ネット上に皆が注目するコメント欄があれば、彼らは、「自分を示せる場所」と感じ取って、すぐに集まってくる。そしてマイナスオーラや、ネガティブ批判のゴミ箱になりやすい。

だから、ネットというもの。これは、この日本の中でも、どちらかと言えば負の部分が集まる場所だと注意してかかるべきである。

そして、「ネット中大騒ぎ」は「日本中大騒ぎ」とは全然違うことも知っておくべき。ネットなんてのは、あくまで限定的な世界。思いの他、影響力はない。

ネット内にも良識的な人間はいるが、しかし、良識的な人間は、非ネット住人にこそ多い。そして、ネット世界にはダメ人間率高い。ネット上の議論で成長しようと思うよりかは、リアルに顔を合わせて議論した方が現実的だ。

十分に理解して、このインターネットという道具と上手に付き合っていこう。

今か今かと待ちわびた理事会の結果が発表された。

今日は、もう数え切れないほど何度も携帯でニュースを確認し、ムダに世間のニュースに詳しくなってしまったほど。新型インフルエンザ、コエーな。

肝心のJ1第25節鹿島×川崎は1-3の後半29分から再開決定。10月7日(水)、開始時間は未定だ。

翌日に日本代表のアジア杯予選があるが、再開試合の方が優先される。つまり、両クラブ、怪我人が出ない限り、中断時のメンバーそのまんまになる。

こういった裁定については、いかな裁定であれ不満を持つ人は出てくるだろう。

私も、何も思わないわけではないが、しかし、まず、チョン・テセの魂のゴール(先取点)が公式記録に残ることになって良かった。あれが取り消されてはいけない。

そして何より、今は、ただただ、試合が楽しみで仕方がない。また鹿島と川崎の試合が観られるとは。あの試合の続き(完全な再現はムリだけど)が観られるとは。

降雨中断からのモヤモヤした気持ちがいっぺんに晴れた気分だ。鹿島サポでも川崎サポでも不満タラタラな人には悪いけど、私は試合が観られるだけで嬉しい。

もちろん、2点差を16分で追いつき追い越すのが厳しいことは分かっている。

ただ、可能性はゼロじゃない。

それに、中断時点でのメンバーが出場メンバーとなるため、不遇のシーズンを過ごしている増田と田代の出場が決定しているのだ。彼らがチャンスを生かしてくれるのが楽しみで仕方がない。

平日だろうが16分だけだろうが応援しにいくぜ。伝説の試合になることを期待して。…まあ、伝説までにならなくても話のタネにはなるし。

っと、その時にしっかり首位でいられるように、週末の横浜FM戦に勝たなくてはならんな。

さあ、鹿島サポ、鹿島ファンの皆、モチベーション上げて、団結していこー!

土日に行われたJ1第25節。

個人的に心配しているクラブでは、浦和と大分が勝って千葉が負け。

涼しくなってきた今、フィンケ爺さんのサッカーは機能してくるだろう。大分は残留に向けてミラクルな連勝が必要。1つ上の千葉は、まだミラクルが必要な勝ち点差じゃない。普通に勝っていけば降格圏から脱出できる残り試合数だ。

ふう、しかし、勝った負けたと、ハッキリ結果が出るのは、ある意味、スッキリするものなんだね。鹿島が中断ノーゲームになったおかげで一昨日からなんだか気分悪いや。

明日の裁定がどう出るかは分からんけど、どっちにしても面倒な話。

個人的には、後述する理由+クラブの払い戻しによる損害が嫌だから、再試合は避けたいのが心情。

しかし、私は珍しいタイプだと思うし、多くの鹿島サポは再試合希望だろう。それはそれで文句をつけるつもりはない。あきらめずに勝利を追求するのが鹿島らしさだしね。

逆に、川崎にしてみれば、そもそも試合が増えるだけで痛いはず。1試合でも減らしたいところに、1試合試合が増えるなんてとんでもない話。なおかつ残り16分で2点リードしていた試合をチャラにされたらたまったものではない。

Jリーグには得点や勝ち点の価値を損なうことのない裁定を望みたい。

それに、だ。

天運とか、巡り合わせ、物事の流れを重視して生きている私にしてみれば、ノーゲーム再試合になることによって川崎により高いモチベーションを与えてしまう気がする。そして、鹿島のモチベーションは難しくなる。しかも、これは、しばらく引きずってしまうタイプの難しさだ。

0-0からの再試合が鹿島にとっていいようで、本当のところでは、良くないことのような気がしてならない。これは理屈じゃなくて勘みたいなモンだから、信じない人はそれで構わない。とにかく私は再試合は嫌。鹿島が損だという直観から。川崎が本当に強くなりそうだから。

得と損って、コインの裏表みたいなもので、得したと思った時に損してたりするし、逆もある。

正直、川崎フロンターレというクラブに対しては、爆発力はあるけど、王者としてはストーリーが足りないと思っていた。

鹿島がここまでタイトルを取ってこられた、国内最多タイトルを獲得できたのには、数多くの苦難があったからだと思っている。ヴェルディ川崎が高い壁として、ジュビロ磐田がライバルとして立ちはだかってくれたおかげ。数々の挫折と屈辱を体験してきたおかげだ。鹿島は、それらに反発して頑張ってきたところがある。

王者の地位にある者には相応のストーリーがあるもの。

川崎にも、今までに山ほどのストーリーがあったのは私も知っている。だけど全国のサッカーファンが知るほどのストーリーは、さほど、あるわけじゃない。鹿島で言えば「ジーコの唾吐き」に匹敵するようなものは。「そんなストーリーはいらん」とは誰も思うだろうが。

ただ、この世に起こることは、人災であれ天災であれ、そこから何かを見出すことができる。体験、出会い、ストーリーといったものは、豊かに抱えていた方がいい。それらを生かす知恵と行動力があれば、たしかな自信と実力を得ることができる。

ノーゲーム・結果キャンセルともなれば川崎フロンターレは反発力と団結力、そして鹿島サポ以外のサッカーファンからの同情と応援を得るだろう。

試合中止決定の直後、憲剛を中心とした選手たちがスタンドに挨拶に行ったのを見て、本当にいいチーム、ファミリーだと思ったよ。川崎の監督、選手たち、私は好きだね。

また、鹿島側応援席で帰れコールしてた連中もいたけど、彼らの損得の計算が皆無のガキっぽさには、かえって感心した。「この態度は最高にダサい」とか「鹿島が悪者扱いされる」とか、そういった人目を考えない行動って、バカっちゃバカだけど、今時、正直ではあるよね。

ま、自分が親ならば教育上ぶん殴ってるだろうけど、他人様の子殴ってサポーター同士乱闘になってもしょうがないからな。生温かく見守ったよ。

それにしても、あのカシマスタジアムの突然の大雨。あれは天が鹿島に味方したのか、それとも、川崎の戴冠を啓示する大雨だったのか、今のところ分からない。今後の両クラブ、目が離せないね。

ノソノソと深夜に起き出して中村俊輔のエスパニョール×レアルをテレビ観戦してたんだけど…。

解説者は俊輔のパフォーマンスがいいと言ってくれていたものの、正直、物足りなかった。そう思って見ていたら、やっぱり前半だけで代えられた。

試合を観ていない方のために例を出すと、鹿島で言えば普通の調子の時のダニーロより、ちょっとアピール足りないくらいのパフォーマンス。

横パス&バックパスメインで、何度かはいいプレイ(PA前でFKゲットしたり)を見せてくれたけれども、特に決定機を演出したわけでもなし。今のところは助っ人外国人としてどうなの?って段階。

助っ人外国人には得点力+突破力があると監督にもファンにも分かりやすいと思う。俊輔には突破力は期待できないが、FK込みでの得点力には期待したい。

そして、話をJリーグに戻すと川崎の外国籍選手は得点力も突破力も凄まじい。

チョン・テセの振りの速い弾丸シュート、ジュニーニョの針の穴をも通すようなシュート、レナチーニョの突進力。皆、試合を決める武器がある。

逆に、鹿島の選手はシュートを打つところまではできるが、とにかくシュートが外れる外れる。たまに枠内に飛んでも、川島にほぼ全部セーブされる。

元々、サッカーはそんなに点が入るスポーツじゃないし、決定力不足は全世界共通だけど、その中でも鹿島の決定力不足は、北の界王さまが担当する宇宙では一番なんじゃないかな。

私もスタジアムでは鹿島の勝利を信じて応援しているが、しかし、あまりにもまざまざとシュートを外す様を見せつけられて、これじゃ何度やっても川崎には勝てないと怒りすら湧いてくる。

今も、また録画を見直したんだけど、もうイライラしてきたアルよ。

あっ、このイライラ思い出した。

はぐれメタルとかメタルキング対策にパーティ全員まじんのおのとかどくばり装備して攻撃することってあるでしょ?4人全員「ミス!はぐれメタルにダメージをあたえられない!」って出る時くらいのイライラだわ。本体ぶん投げたくなる。

そう、イライラついでに当てつけで書かせてもらうが、昨夜のノーゲーム。岡田主審やマッチコミッショナーやJリーグが悪いんじゃない。原因はハッキリしている。鹿島のシュートがヘタクソ過ぎて同点にしておかなかったことが悪いのだ(逆に川崎が強過ぎて3点も取るのが悪いとも言えるが、それはさすがにプライドが邪魔して書けない)。

ちゃんとシュート決めて3-3の同点にしとけば、ノーゲームだろうが再試合だろうが、後腐れも少なくて済んだのだ(得点が消えるテセとマルキとジュニは気の毒だが)。それができなかったがために川崎の女性サポーターたちも泣くし、私もイライラするし。

ほんとに、シュートを決めてくれ!って心底思う。

でないと、大迫を試合に出しまくって一人前になってもらうか、もしくは、川島には鹿島戦では手を使ってはいけない独自ルールでやってもらうしかなくなる。

そうならないよう、次は頼むよ。

俊輔のエスパニョールを観るために寝ておきたいので手短に。

鹿島×川崎は1-3の時点で降雨ノーゲーム。再試合に関してはアナウンス待ち。

内容を振り返ると、鹿島が特に悪かったわけではない。ミニキャンプや非公開練習でしっかり準備してきただけあって、選手全体的に中断前より動きが良かったし、チャンスも何度も演出した。何より、小笠原がひさびさに動けていたのが嬉しかった。大宮戦の最悪の状態から立ち直っており、今日の前半は面白い試合になった。

しかし、それでも川崎に上を行かれたと認めざるを得ない試合だった。

鹿島のポゼッション率の高さは、ホームであること、川崎が堅守速攻スタイルであったことも要因であるので、ポゼッション率やチャンスの数を持って鹿島の方が内容が良かったとは言えない。

内容的に負けだから、個人的に再試合はいらん。今日は1-3の負けで問題ない。再試合はお互いに面倒だし、クラブも2万2千も売れたチケットの払い戻しでてんやわんやだ。それに、勝ち点3とテセとジュニの得点が消えてしまう川崎が気の毒過ぎる。

もっと言えば、あの雨でどんなトラブル的得点が生まれるか、そのままグダグダ試合が進むのか、ワクワク楽しんでいたのに、試合中断→ノーゲームは返す返すも残念。

が、私が勝手なことを言っても、どうにもならん。マッチコミッショナーに「選手の安全のためノーゲーム」と言われてしまえば反論しようがない。

しかし、公式記録がどうであれ、川崎の方が鹿島より強いこと、テセとジュニレベルのアタッカーを鹿島守備陣が止められないことは、多くの人の目にも明らかで、それが消えることはない。

そもそも、川崎の方が勝利、得点に対してモチベーションが高く、攻撃のやり方もシンプル。それと、鹿島と川崎のキープレイヤーの力の差が、いよいよハッキリ表れてきた。

川崎には単独で点を取れる選手がいるし、憲剛と野沢では、やはり憲剛が上手だし、また、GKのポテンシャルの差がある。個の力の差が今季は顕著になっている。

鹿島は平均値の高い選手を11人揃えているが、川崎は要所要所にJ最高レベルの選手を配置しているのである。

もはや、力関係の逆転が明らかになりつつあると世間は見るだろう。若手をどんどん育成してくる川崎と、同じメンバーで研究され尽くされている鹿島。

まあ、だからって鹿島の応援をやめることはない。鹿島の監督・選手たちも無策でいるわけでもなかろう。ここからの彼らの工夫と成長を楽しみとしていきたい。

奮起を期待したいものだ。

へ、へけっ。ぽっくん、武者震いしてきたぶぁい。

今夜は鹿島×川崎の試合があるでしゅ。一大イベントでしゅよ。ドキドキぶぁい、楽しみぶぁい。

鹿島サポの皆さん、準備はよかとでしゅか?サポーターとまで言えなくとも、なんだか鹿島が好きな方、準備はよかとでしゅか?

今朝の報知の記事は読んだでしゅか?しっかり読んでモチベーションを上げるべきぶぁい。ついでにスポーツ報知を買ってあげるのもよかとでしゅよ。

前売チケットは二万枚以上出てるでしゅけど、カップヌードルミニは先着二万名までなので、もし、貰えなくてもキレちゃいかんでしゅよ?いいでしゅか、もし貰えなくても帰りにスーパーで買えばいいんでしゅからね。貰えなかった悔しさをぶつけて10コくらい買って帰るでしゅ。

また、幸運にもカップヌードルミニ貰えた場合もお湯は貰えないでしゅからね?これ重要でしゅよ。売店に所望してもいかんでしゅ。売店の人にご迷惑かけたらいかーん!しゅ。

もし、売店からお湯を貰おうとしている愚かなお子様がいたら、思いっきり冷たい視線をぶつけてやるとでしゅ。大人なぽっくんたちは、『モツ煮』『煮込みハンバーグ』『ハム汁』あたりで身体あたためるとでしゅ。

夜のカシマスタジアムは都内の11月くらいに寒いっしゅ。寒いとスタジアムグルメが一層、おいしく感じられてお得でしゅ。最高の調味料は空腹と寒さでしゅ。ガッツリ食して帰ってくるべきぶぁい!

さて、代表戦も無事に終わってくれたので、本分たる鹿島情報あれこれ。

土曜日の川崎戦では、カシマスタジアムにピカチュウがやってくるとのこと。当日は敬老の日スペシャルデイでもあるので、茨城県内の65歳以上の方は1000円で入場できる。まさに親子三代で観戦するのにピッタリの日だ。

また、新スポンサーの日清食品様がカップヌードルミニ&ポケットスケジュールを先着2万名に配布してくださるとのこと。お湯は用意されていないので、いきなり開封しないように。帰宅してから食べよう。

肝心の試合展望だが、昨日今日と完全非公開練習のため、鹿島の状態はよくわからん。本山の復帰の目処が立たないという良くない情報はあるのだが…。ただ、日本代表に選ばれていた3人については、結果的に運に恵まれた遠征になった。川崎戦でも活躍が期待できる。

まず、代表初キャップが期待された岩政。本人も不出場は非常に悔しいだろうが、しかし、もしガーナ戦に出場していたら、それこそ代表人生が終わってしまったかも知れん。

CB中澤が能力の限界を示した失点だったわけだが、しかし、あれが岩政でも、多分、そんなに変わらなかったと思う。中澤と闘莉王&ボランチとの連動が良くなくて、不利な1対1になったのがそもそもの失点原因。スピードに欠ける中澤や岩政では、ああなると、ちょっと無理。まあ、ファンとしては、岩政なら、もうちょっと、うまく守ったと思わなくもないが。

いずれにせよ、3失点に絡んだ場合、代表で実績のある中澤なら問題ないが、初キャップとなる岩政であれば、次、なかなかチャンスが来なくなる。出なくて良かった。そう思うことにしよう。

興梠も内田も、怪我明けだったり、蓄積疲労であったり、花粉症であったりを抱えているわけで、これくらいの出場時間で済んで良かった。まず、二人はコンディションを上げてもらうことが鹿島でも代表でも先決だ。

逆に、対戦相手となる川崎の中心選手、中村憲剛が2試合出場してきたのがどう影響するか。出なきゃ出ないでも代わりの選手が何とかしてきそうだし、出てきたら出てきたで疲れてるかも知れないけど一段成長してそうだし、ちょっと、油断はできないね。

相手が強敵川崎となれば、俄然、試合は盛り上がる。ひさびさのホーム、週末は予定を空けて皆でカシマスタジアムに行こう!

日本代表×ガーナ代表は4-3で快勝!

いやー、ダマされた、ダマされた。日本代表にこんな力があったとは。岡田監督がここまでの策士だったとは。オランダ戦の完敗は事前の布石に過ぎなかったようだね。

世界的には強いとは言えない日本代表がW杯ベスト4を目指すにあたって、正攻法で勝ち進むのは難しい。奇策を織り交ぜ、対戦相手国にスキを作り出す必要がある。

その際には「敵をダマすには、まず味方から」。日本のほぼ全員のサッカーファン、ほぼ全員のサッカー評論家に「岡田じゃダメ」「負けて監督交代した方がいい」と思わせることが先決なのである。

私も、ものの見事に岡田監督の策にハマっていた。

日本人ですらダマされていたのだから、ガーナ代表がダマされるのもやむを得ない。この試合まで、そしてこの試合でも終盤までの間、周到に策が張り巡らされていたのである。どんなに慎重な人でも岡田監督と日本代表チームを見くびってしまうような策が。

立ち上がりから日本代表はシュートを外しまくり、中二日のガーナ代表に配慮した試合運びを見せる。練習試合である以上、まず、対等の条件にする必要があったのだろう。

「ハンデと油断を与える」という意味において、1-3になるまでの展開は岡田監督にとって理想的であったことがうかがえる。ハーフタイムには『この劣勢はいいシュミレーションだ』と言い放ったと報道されているのだ。

作戦上、日本のCBは手加減してプレイしていたはずで、それによって失点もしたが、しかし、おかげでガーナの攻撃を単調化させることに成功した。「CBは1対1が弱い」「鈍足だ」と刷り込まれたガーナ攻撃陣は工夫のない攻撃に終始する。

いくら個人能力が高くとも、それに頼った攻撃など怖くはない。CBを集中的に狙った中央攻撃がほとんどで、結果として4点以上は許さなかった。

こうして相手の攻撃を3点のみで封じ込めた日本は、終盤の大幅な選手交代により、「横パスモード」から「ゴール狙うモード」にチェンジ。それまでの横パス・バックパスを多用したスローテンポなポゼッションからシュートへの手数が少ない攻撃にシフトアップ。

「ニホン、ヨワイ」と油断しまくっていたガーナ守備陣は大混乱に陥る。

緩急の差あればこその日本攻撃陣の爆発であった。

それでも5分間で3得点は若干、出来過ぎな気もしないではないが、しかし、このクラス相手にまぐれで点が入ることはない。完全に日本の決定力を見せつけたと言えるだろう。ガーナ代表の中二日の強行日程に関しても、日本はハンデでPKやら守備陣チョンボしたんだから、言い訳にならん。

まさか強豪ひしめくW杯アフリカ地区予選で鉄壁を誇ったガーナから4得点とはな。日本代表、恐るべし。岡田監督、恐るべし。

しかし、岡田監督は妙な確信、無駄な自信を持って指揮を取っているな、とは常々感じていたが、監督には(ボクが本気を出せば惑星の一つなんて木っ端微塵だよ)と秘めたる実力があったわけだ。

いつも試合後の会見では同じことばかり言っているし、ほとんどの試合は今ひとつの内容・結果だけど、それは三味線弾いてるんだろうね。彼は、なかなか本当のことを言ってくれないぞ。もうダマされないぞ。

試合時に広告を掲示するアドボードスポンサーに日清食品が決定したとのこと。オフィシャルサイトより。

この不況のご時世に、実に、ありがたい話だ。日清食品様、ありがとう!鹿島の営業担当者さん、おめでとう!

私としても、ここ1ヶ月ほど、日清食品の『つけ麺の達人 濃厚魚介醤油 2人前』にハマって週に2回は食べていたのだが、その甲斐があったというもの。

これ、本当に並程度のラーメン屋のつけ麺より、ずっとおいしいよ。スポンサー決定記念に、魚介醤油がキライじゃない人は、ぜひ、一度は食べてみるべき。スーパーで360円くらいで売ってる。

日清食品様、末永く鹿島アントラーズをよろしくお願いしますぞ。

今夜は日本×ガーナの親善試合がユトレヒトで行われる。

試合前にガーナミルクチョコレートについての基礎知識を入れておこう。ロッテHPから引用。

『ガーナミルクチョコレートは昭和39年2月に発売いたしました。当時ロッテはガムの専業メーカーでしたが、ガム以外の商品として初めて発売したのがこのガーナミルクチョコでした。「ガーナミルク」はミルクチョコレート発祥の地スイスの味をコンセプトに開発したもので、その本物のおいしさは多くのお客様の心をしっかり捉えることができ40年以上たった今もなお、多くのお客様に愛され続けています。』

へーっ、ロッテってガムしか作ってなかったんだ。これ、重要だね。

そして、味のコンセプトはスイスとのことだ。ガーナは原料のカカオ豆の産地。

肝心のガーナ代表チームに関しては、W杯出場を決めた試合から中2日。体力的にもモチベーション的にも上がってこないことが予想される。「もう、いいヨ。早く帰ってチョコ食いたいヨ」の気分のはずだ。

いや、万が一、体力とモチベーションが回復していたとしても、この条件のチーム相手に負けるとなれば、日本には相当に力がないと見なされる。さすがに、それは勘弁して欲しい。

現実的に日本のワールドカップ本戦での最低限のノルマは、グループリーグ1勝1敗1引き分けであろうかと思う。

オランダクラスには負けて、アフリカクラスに引き分け、弱クラス(と言っても、日本と同等か、それ以上くらい)に勝つ。

元々、誰が監督でも、どんな選手が選ばれても、日本がオランダ相手に勝つことは不可能に近かった。しかし、今日のガーナ相手には、いくら練習試合でも負けてはいかん。

頼みますぞ、日本代表の皆さん!

昨日の夕方に行われたFC刈谷との練習試合。

FC刈谷には「キングオブトーキョー」の元FC東京アマラオが在籍する。この日もリーダーシップを発揮していた。

鹿島の先発メンバーはトップのベンチメンバーを中心にサテライトメンバーで固めた陣容。

GK 小澤→杉山
DF 當間 後藤 大岩 パク→宮崎
DMF 増田 中田
OMF 小谷野 遠藤→川島
FW 田代 大迫→佐々木

他、ユース選手との交代有り。

得点は前半に大迫と田代、後半に佐々木と田代で4-1での勝利。

この試合に限らず、今季のサテライトの試合での継続した活躍という点においても、増田と後藤には成長を感じる。

増田は元々、フィジカル的にも技術的にも穴がほとんどない選手だけど、今はメンタルや責任感も強くなっているように思う。

後藤に関しては、CBのポジションなので「今季は安定している」と周囲に思われているところに、やはり安定した守備をしてくれるのが大きい。

増田も後藤も、なかなか上が空かない厳しいポジションではあるが、「今すぐにでもトップの試合に出られる」という準備をしている。

とにかく、サテライトの試合に関しては1試合だけ良いパフォーマンスをしてもらっても仕方がない。だから、あまり個の選手名を挙げるつもりはないんだけど、いつも高いパフォーマンスを発揮してくれる選手は、つい挙げたくなるものだ。

岡田監督はオランダ戦での敗戦を受けてもなお、ハイプレス・ハードワーク戦法を貫く覚悟らしい。

しかしながら、素人の私が見た限りでも、とてもじゃないが90分体力が持つようなやり方じゃない。

それでも、岡田監督は、「持つようにする。それだけです」とおっしゃっている。

「そんな無茶な」「だったらオメーやってみろ」「ベホマズンもしくはケアルガがあれば可能」という声も聞こえてきそうなものであるが、監督がそうすると言うならば仕方ない。

私も日本代表チームの体力が90分持つ方法を考えてみた。

一つは、高地トレーニングだ。酸素の薄い標高4000メートル以上のヒマラヤ、チベットあたりで3ヶ月程度合宿をしてからW杯本戦に臨む方法だ。

この高地合宿によって心肺機能が大幅アップ、スタミナアップが見込める。

問題は、4000メートル級の高地だと高山病の危険性もあることだ。私も現地に行った際はガンガン頭が痛くなって死ぬかと思ったほど。実際に高山病で死ぬ人もいる。そうなればサッカーどころじゃない。

また、高山病にならない場合でも、重力の影響が小さくなる高地でのトレーニングでは筋力への負荷が小さくなるという説もある。スタミナはつくが筋力はつきにくいのである。

これは、競り合いがあるサッカーでは痛い。

よって、残念だが却下せざるを得ない。

二つ目の方法は、昨夜のナビスコ杯での水沼宏太選手の急造GKを見て思いついたのだが、代表チームの選手全員にキーパーの練習をさせることだ。それこそレギュラーGKと同等くらいまで成長してもらう。

そして、いざ国際試合となれば、疲れて運動量が減ってきた選手をGKにして休ませる。体力が回復してきたらフィールドプレイヤーに戻して他の選手をGKにして休ませる。

よく、小学生のサッカーや仲間内でのフットサルで行われる手法であるが、これを代表レベルで実践するのである。実現できた暁には、『ジャパニーズニンジャ』『変わり身の術』と世界中から恐れられるであろう。

この戦法の弱点は、闘莉王が自分がGKの番の時にゴールを空にしたまま攻撃参加しそうなことだ。

更に、どうやってフィールドプレイヤー全員を一人前のGKに鍛えるのか見当がつかないことだ。神レベルのGKコーチがいれば可能なのだが。

ということで、現実味は薄い。

残った最後の手段は、地味な戦法だが、全員で守備するなら少し鹿島を見習えってことだ。鹿島の得点力はともかく、安定した守備はJクラブの中で随一である。

戦況に応じて、選手たちの判断でハイプレスかけたり、全体で下がって守備したり、リードすれば力抜いてカウンター準備したり、とにかく無理をしない、確実に勝ち点を拾うやり方をする。

それに、体力が持たないであろう選手には、あらかじめ交代選手を用意しておく。

私は、鹿島サポでありながら、小笠原代表復帰には懐疑的(彼のベストコンディションには遠いから)だけれども、オランダ戦の自滅パターンを見たら、小笠原みたいな選手が欲しくなった。逆に、今選ばれている内田と興梠は蓄積疲労とか怪我含みで調子悪いから鹿島に戻してくれよ…って感じ。

とにかく、今できることとしては、岡田監督には交代選手が機能するよう手を打ってもらいたいところ。スタミナ切れ確実のやり方なんだから、交代選手がほとんど機能しないのでは無理ゲーなのである。

アウェイのオランダ×日本は0-3で負け。

前半は0-0で折り返したが、後半中盤以降、立て続けに失点しての完敗。

しょうがないね。今のハードワークのやり方だと、前半はいいけど終盤ヘバる。岡田監督が6人の交代枠を使い切らなかったのも、その点でのテストがあったと思う。3人交代枠でどこまでできるか。

今日は寒いくらいに涼しかったし、ハードワークしやすかったはず。それでも最後までスタミナが持たない。これは鍛えてどうこうなる話でもなさそうだ。

個々の選手評も、皆、そんな感じ。前半だけは良く見えるやり方を最初からしているのであって、あんまり前半を過大評価するわけにはいかん。後半のダメさとトータルすると、合格点の選手はいない。

想定内の負け。残念だけど妥当であった。

本田も今のチームのやり方だと中村俊との共存は厳しい。

守備できない人が増えて一気に流れが相手に行く。本田投入と先発メンバーのスタミナ切れで、一気に流れがオランダに行ってしまったなぁ。

チームとしてのやり方を変えるか、それとも、前半に2点くらい入るのならば今のままでもいいわけで、そういった幸運を期待してこのまま行くか。

まあ、今のスタミナ配分無視のハイプレス・ハードワークの場合、どんな強豪相手でも前半はボール奪取力で圧倒できる可能性が出てくるから、少なくとも、前半は試合を楽しめる。前半だけならば日本選手もできる、と思える。

夢を見せてあげられるという意味で、利点があることはあるのかも知れん。「体力が持っていればベスト4」「先取点を取られなければベスト4」「前半の内容を継続できればベスト4」と夢を見続けることのできるやり方ではある。

問題は、やはり、体力が最後まで持つ可能性が低いことと、もし、体力が持つとしても、点の入る気配はないことだ。

「○○サポーターが○○サポーターに対し、応援用旗ざおで突くなどの暴力行為があった」

このように発表されたり、報道されたりするけれど、なかなか、この表現には引っかかる人は引っかかてしまうトリックがある。

例えば、コンサートや映画館で、一人の観客が他の観客に暴力を振るったら、悪いのは当然、暴力を振るった客と誰もが受け取るだろう。

しかし、それを、「○○ファンの男が暴れた」とか「酔った市職員が窓を割った」とか報道されると、人によっては、「○○ファンはダメだ」「公務員はたるんでる」と、当事者以外の者へも悪いイメージを持ってしまうことがある。

これは、そう取る人がいるのは仕方がない。

が、これって、実は、マインドコントロールされやすい人間って証明でもある。

「在日外国人が犯罪を起こした」と報道されれば、「在日外国人は全部悪い」と思い込むのと一緒である。

報道や周りの人間の言うことを鵜呑みにせず、肩書きや看板にも左右され過ぎず、自分の目と耳と心で相手を判断すべきである。一人一人をちゃんと見て、イメージとかレッテル、看板に騙されることはあってはならない。

差別にしても、いじめにしても、戦争にしても、そんなところから生まれてくるのだ。

今回は、たまたま旗ざおでクリティカルヒットを出した奴が千葉サポーターだったわけだが、じゃあ、他の千葉サポーターが悪いかと言えば、それは違う。旗ざおバーサーカー以外の人は、ちゃんとルールを守っているのだ。

悪いのはバーサーカーのかしこさが低いことなのであって、次に問題があるとすれば、すぐに止めなかった警備員・あるいは警備体制である。但し、バーサーカーは止める間もなく先制攻撃してくる場合もあるので、その場合は、警備しようがないが。

当事者以外の千葉サポーターで責任を感じる人がいるのは、その気持ちは分からないでもない。「同じ千葉サポーターの起こした事件は千葉サポーターとして責任を感じる」ということなのだろう。

その気持ち、連帯意識は美しいが、しかし、アンタらが悪いわけじゃない。

それを言ったら、サッカーファンではない世間の一般人から見れば、「Jリーグのサポーターは皆危ない」でひとくくりだ。私の義母なんかは、子供をスタジアムに連れていこうとすると、どこのスタジアムであれ「サッカー場って危ないんじゃない?」と心配してくる。

千葉サポの皆さんが申し訳なく思っているのならば、私だってJリーグのサポーターなんだから同罪だ。

しかし、こんなの、ほとんど意味がない。責任を感じるか感じないかという内面的・感情的なことよりも、要は実効だ。現実をどうするかだ。犯罪者を罰することと、次に同じことが起こらない、起こりにくいよう準備しておくことだ。

スタジアムは人が集まる場所であり、その中には、暴力沙汰を起こす人間も入り込んでくることもあるだろう。それは、どこのクラブ、どこのスタジアムでも起こり得ること。

「ウチのクラブの問題じゃなくて良かった」と思わずに、自分たちにも起こり得るのだ、と考えておくべき。と言っても、我々、普通の観客にできることと言えば、やばそうな行動に出そうな奴がいたら、すぐに警備員に通報するくらいだが。

しかし、そういった心構えをしておくだけでも、大分、違ってくる。

まあ、間違っても、無理にバーサーカーを止めようとして戦闘にならないようにだけ気をつけたいところだ。たたかうのは警備員の役目なんだからね。

明日はオランダ代表×日本代表の試合。久々の強豪相手のアウェイなので素直に楽しみだ。

さて、デイリースポーツに『本田圭佑が王様宣言!』と題した記事が出ていたのでご紹介。

実際には『王様宣言』でも『オレ流宣言』でも何でもなく、長友・内田の両サイドバックに上がり過ぎないように話をしたというだけのことのようだ。「俺は守備は一切やらない。みんな、俺にボールを集めろ!」って言い出せば、それは王様宣言になるけど、別に「上がるな」って言ってるわけでもなく、「上がり過ぎるな」と言っているわけであって、理にかなっている。

これは、サッカーの好みの問題でもあるが、私も常々、サイドバックが律儀に上がり過ぎる必要はないと考えている。

サイドバックの仕事に相手陣内深くえぐってのセンタリングが挙げられるが、それって、位置的にサイドハーフが主にやることだと思う。サイドバックのセンタリングは時々、効果的に行われれば良いのであって、それがチームの攻撃の主たる手段になるのは、ちょっと、どうなのかな?と疑問。

極端な話、サイドハーフがガンガンセンタリング上げられるならば、サイドバックは牽制程度、サポート程度に上がればいい。

まあ、日本代表の場合、1対1で勝てるサイドハーフ・攻撃的MFがいなかったから、数的優位を作り出すためにサイドバックを律儀に上がらせてきたけれども、本田が1対1で勝負して得点、あるいはチャンスメイクしてくれるならば、サイドバックが無理に前に上がることはない。本田が勝負しやすいように、後ろをカバーしておいた方が良い。

もちろん、その前提となるのは、本田が1対1で何度か勝ってくれる、何度か決定的な仕事をしてくれることになるけれども。

このオランダ戦。日本代表の真価だけでなく、本田の真価も、また問われることになるだろう。

オランダ1部リーグで5戦5得点とは言え、チームを勝たせているわけではない。それに、ここ数試合は得点以外のところでは厳しいマークのために活躍度が下がっている。

日本のサッカーファンの前で、さらに成長した姿を見せてもらいたい。

また、日本代表チームそのものも、最終予選終盤では内容も結果もションボリだっただけに、強豪相手にいいところを見せて欲しい。

逆に、日本代表がコテンパンにやられることになれば、今後、何らかの改革が行われそうで、それはそれで楽しみが出てくる。

勝つにせよ、負けるにせよ、興味深い一戦だ。

本日よりトステムHPにてクラブオフィシャル番組「TOSTEM presents ANTLERS REPORT」の第2回放送が配信されている。まだご覧になっていない方は、ぜひ。

内容はGKとメディカルスタッフにスポットを当てている。鹿島サポーター必見の内容だ。

そして、鹿島のメディカル情報では、鼻骨骨折のマルキーニョスが元気に練習に参加している。

これは朗報だ。今シーズン、厳しいマークで昨年ほどには得点に恵まれないマルキであるが、しかし、戦術的にも彼がいるかいないかで大きな違いが出てくる。鹿島のサッカーを完成させる最後の1ピースがマルキなのだ。世界的ビッグネームとも代えられない選手である。

他の選手たちも鹿嶋でミニ合宿中。猛トレーニングで心身の鍛え直しを行っている。

リーグ再開初戦の相手は川崎。十分に準備をして、今度は勝ってもらいたいものだ。