鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日18:30からカシマスタジアムでのホームゲーム。

【無敗のホーム】
対戦相手は柏レイソル。タレント豊富、上り調子の難敵だ。

迎え撃つ鹿島は柴崎岳を欠く。

ちょっと難しいゲームになるかな…と思いきや、今日は負けることなきホームゲーム。

Jリーグと海外リーグの違いとして「ホームの有利がない」と指摘されることがあるわけだが、鹿島アントラーズには一切当てはまらず。

今季、カシマスタジアムではリーグ戦11戦9勝という圧倒的勝率を誇る。

勝てなかった2戦も引き分けであって負けていない。

まさに不敗、なんともJリーグ離れしたホームの強さ。

もう、こうなったらずっとホームはイケイケで参りましょう。

当然、今日もしっかり勝ちます。

【本日の注目選手】
出場停止明けの小笠原満男と、2戦連続の先発出場となる梅鉢貴秀のボランチコンビを挙げておきたい。

二人ボランチを配置する場合「一人は攻撃が得意な選手」「一人は守備が得意な選手」を置くのが一般的なセオリー。

普段の鹿島は小笠原&柴崎であり「二人とも攻撃が得意な選手」。

梅鉢は運動量と守備が売りの選手であるので、彼が柴崎に代わったことにより、一応、セオリー的なバランスは良くなる。

机上ではそうなのだが、実際に強さを出すためには、梅鉢が及第点以上のパフォーマンスを出すことが大前提となる。

前節のように後追い守備が多く、いきなり警告を受けてしまうようだと「守備が得意」とかいうタイプ以前の問題になってしまう。

しかし、今日は大丈夫なのではないか。

走りの量と気力は前節も感じられたので、試合勘の部分が改善すれば、だいぶ良くなるはず。

例えば、代表経験のある岩政ですら、試合勘がなくなればガタガタになってしまうものだ。経験の浅い若手なら尚更。

梅鉢も一戦叩いた後であるし、かなり良くなるのではないかと期待している。

梅鉢にとっては、おそらく今季スタメンボランチとして戦力に入っていくための最後のチャンス。

ここで良ければボランチの三番手と認められるだろう。

彼が自分自身に合格点を出せるだけのプレイで、チームを勝たせてもらえれば。

近い将来、鹿島の中盤守備力を一気に引き上げてくれるであろう、有望な若手選手。

大いに期待して応援しましょう。
関連記事
スポンサーサイト
大迫選手 日本代表メンバー選出のお知らせ』(鹿島アントラーズ公式サイト)

キリンチャレンジカップ(9/6、9/10)の日本代表メンバーに大迫が選出された。

【よくある万能型ストライカーからの脱却】
極めて妥当なA代表選出。

東アジア杯でのA代表デビュー以降、リーグ戦において課題とされていた得点力の向上を証明。

毎試合安定的にゴール量産し、7試合9ゴール。

ゴールパターンも豊富。難しいミドルから、シンプルなワンタッチ。それに一時は不得意説も流れたPKも確実に決めた。

残すはヘディングシュートだが、これが決まるようになってくると、いよいよシーズン30点狙える選手になってくる。

元々、得点力以外のパフォーマンスは全てにおいて高い大迫。今やJリーグ最高の万能型ストライカーと認められる選手に成長した。

但し、この「万能型ストライカー」という単語はクセモノ。

一般的に、日本人万能型ストライカーは守備やポストプレイなど多様な仕事に埋没しているうちに、結局、あまり点を取れないことが多い。そんな万能型ストライカーが多い。

肝心の点が取れないんじゃ万能じゃないじゃん…と密かに思ってきた私だが、大迫も、これまではその一人だった。

しかし、今の大迫はちゃんと点を取る本物の万能型ストライカーとして、堂々A代表に入っていく。

中澤に完勝するくらいだもの。

ひさびさに自信を持って鹿島からA代表に送り出せる。

そんな気持ちになっているアントラーズサポーターの方は多いのではなかろうか。

【さすがは中澤】
少し話は逸れるが、その中澤。

私にとって中澤佑二選手は好きな選手で、彼の著書も読んでいる。


例えば上記の本は平易な文章で書かれており、小学校高学年から中学生、高校生サッカー少年の読み物(サッカー技術書ではない)としてオススメしたい。

ちょっと易しすぎるかもだが、大人が読んでもいい話てんこもり。ヴェルディ練習生時代の上下関係の異常な厳しさのエピソードなど「へへぇ、よくガマンしたなぁ」と唸らされるような興味深い話も読める。

その中澤選手は基本的に毎日ブログ更新されている。更新休んでも1日くらい。

それなのに、ある日、突然に更新が止まる。8/24午後1時の更新を最後にして4日間も止まってしまった。

その日の夜、大変なことがあったから。

鹿島…もとい、大迫への完敗。

正直、密かに心配していた。

まさか引退とか考え始めてないだろうかとか。

いや、そんなヤワな人じゃないだろうとか。

それが次の浦和戦。

興梠慎三を完封、3-0完勝。

中澤のパフォーマンスも、まだまだやれることを証明するものだった。

そう、中澤は今だJトップクラスのCB。たしかに彼個人としてアジリティの低下はあるにせよ、他見渡しても、そんなにいいCBっているもんじゃないし、マリノスの順位もそれを示している。

単に大迫が凄かっただけ。

浦和戦後の中澤、『大迫にやられて、悔しくて眠れなかったからね。また同じタイプの興梠にやられるわけにはいかないから』(寺野典子さんツイッター)と冗談交じりに笑顔を見せていたとのこと。

今の大迫と興梠は差があると思うので、同じタイプというのは同意しかねるものの、とにかく元気になってくれたのは一安心。

そして、数日ぶりのブログ更新。

心情をシンプルに書き綴っておられるが、彼の素直さと前向きさには、敵ながら好感を抱いてしまう。

末永く頑張って欲しい選手の一人。

当然、中澤選手より若い岩政選手には、それ以上の活躍をお願いしたいものだ。
日本平での清水戦は3-4の逆転負け。

アウェイ戦とはいえ、前半6分までで2-0リード。

サッカーのタラレバほど不毛なものはない。しかし、この試合に限っては多くのタラレバが出てきて仕方ない。

「不満を言ってもチームのためにならない!こういう時こそ応援しよう!」という態度は正しいが、その前にガス抜きが必要なサポーターも少なからずいらっしゃるだろう。

今日については、あえてタラレバを挙げていきたい。

明日からは切り替えて応援する。

【柴崎負傷退場がなければ】
前半20分での柴崎岳の負傷退場は痛すぎた。

よりによって小笠原満男のいない試合。

スライディングの際、残った足首を捻っての、いわゆる自爆負傷。

不可抗力であるものの、本人にも、チームにも痛かった。

柴崎を失うことは、Jリーグ随一のボール経由点を失うと同時に、守備バランサー(といっても、現時点では強度アップ修行中であるが…)を失うことも意味する。

これまで小笠原と柴崎の欠場率が低かったため、表出しなかったボランチの手薄さを一気に露呈。

柴崎が最後までピッチにいれば普通に逃げ切れた試合だったと思うし、2-0とリードしたところで柴崎がどんなコンダクターぶりを発揮するか。小笠原のリーダーシップをどれだけ継承しているか、見てみたかった。

今は柴崎の負傷が軽いこと、速やかに完治すること、そして、リハビリの間に蓄積疲労を抜いてきてもらうことを祈っている。

【本田拓也がいれば】
鹿島に本田拓也がいれば。

これは先発ボランチとして頑張っていた梅鉢に失礼になるのかもしれないけれど、そうではない。

梅鉢はポジショニングの不確かさからくる初動の遅れ否めずも、懸命に走って守っていた。

ただ、対戦相手として立ちふさがった本田拓也が素晴らしかったのだ。

いい選手はいい。彼にとって力を示すべき試合で明らかに良かったのだから、それは認めざるを得ない。

自らを重用しなかったトニーニョ・セレーゾに見せつけるような、攻守に渡る高パフォーマンス。

90分に渡り運動量豊富。汚れ役を厭わない守りで鹿島の攻撃を阻害。ゴールにつながるパスも出した。

せめて今シーズン中は鹿島にいてもらえるようにマネジメントできていればな…とタラレバ。

【岩政が絶好調だったら】
さて、負傷した柴崎と誰を代えるか。セレーゾ監督の采配が注目された。

小笠原を欠いて、柴崎を欠いて、本田もおらず、梅鉢は試合経験不足。このポジションで実績ある中田はおそらく運動量とアジリティの面で不安視されている。出すにしても前半からは出したくない。

梅鉢と青木はタイプ的に被るところがあり、ボール循環が死ぬ可能性があるので並べたくない。

そうなると、残っている選手でセンターハーフとして可能性がありそうなのは山村だというのは分かる。

山村を上げるとなればCBに岩政投入だが、岩政は経験のある選手。きっと途中出場でも対応してくれるだろうと希望的観測を持つのも分かる。青木とのCBセットは試合数もこなしている。

それに、そろそろ岩政を使ってやらないとンタル的に辛い様子だと配慮したのかもしれない。

ボランチ山村、CB岩政。

監督の意図は分からなくはないが、これが結果的に悪手だった。

【正真正銘の大器】
いや、山村のボランチは面白かった。

急遽、CBからボランチにポジション上げて、あれほど正確にパスを捌けて、しかも、受け手がプレイしやすいよう敵を引き寄せてからのパスを何本も送って、中には決定的クロスもあって、最後まで運動量豊富に動けるような選手。滅多にお目にかかれるものではない。

敵のプレッシャーが近くても長身選手だけに余裕を持ってボールを扱っている。ジダンやダニーロがそうであったように、リーチのある選手はゆったりプレイしながらも余裕がある。

将来的に、柴崎や小笠原の少し後ろの中盤底に位置して、長いパスを送るような、そんな起用の可能性も匂わせた。

いずれにせよ、ある程度、練習させて準備しておかないといけない。急造であれだけやれれば大したもの。コンディションが上がって、スピードが戻ってきているのも大きいかなと思う。

一方、ここ数試合、柴崎は再びコンディションを落としていた。自爆負傷も、そのあたり遠因かもしれない。

なので、監督の手当次第では、そこまで構成力ダウンしないと見込むこともできた。

「柴崎→山村」あるいは、素直に「柴崎→中田」だけで済めば、2-0であったことを考えて少なくとも勝ち点1は持って帰れたと思う。

現実には最終ラインの問題も併せて発生する。

小笠原&柴崎が並び立つ時であっても、最終ラインがとっぷり深い時期は一か八かのダヴィ頼みカウンターな鹿島であった。

そこから、セレーゾは面子を変え、サッカーを変えてきた。

ゆえに「CB山村→岩政」のデメリットは容易に予想されていた。コンパクト保つラインコントロールと最終ラインからのビルドアップを失うことは監督からサポーターまで想定済み。

しかし、ハイボール防衛力までガタンと低下するとは。岩政のところで対応できず、連続して失点に直結してしまう。

いつの間にか、山村が相当なCBになりつつあって、彼によって後陣の多くのことが成り立っていたことを痛感させられた。

結果論であるが、山村をCBから動かしてはならなかったし、今後も昌子や植田が本格化するまで極力動かすべきではない。

ただ、岩政にはまだまだ頑張って欲しい。単に絶不調の日、腐ったバナナを食べてお腹こわしていたのだと願ってやまない。

【迷采配でなければ】
采配での「?」として3枚目の交代カード。なぜジュニーニョだったか納得しにくい。

どうして本山雅志でなかったのか?

本山は出てきただけで味方の士気を上げるし、ボールの循環を変えられる。

ジュニーニョも一発の力を発揮することはあるが、とかくボールロストが多すぎる。

今の本山を差し置いて出るほどかと言えば首を捻りたくなる。

本山が怪我や疲労を抱えているなら仕方がないにせよ、そうでなかったのなら、やはり納得いかない。

セレーゾ采配は昔から「?」があるものだが、私個人的にはセレーゾが就任した時点で、それは覚悟している。

だから、怒り狂うことはないけれども…。

怒るサポーターがいても当然であろう。

【結局、面白い】
負けると悔しくって、こうしてタラレバ書いてしまったけれども。

じゃあ、昨日の試合がなかったら良かったかと言えば、

やっぱり、あった方が良かった。

大迫が連続ゴールを伸ばし、PKも決めた。2ゴール積み重ねて得点王争いだ。

遠藤がキッカーとして精度を高めている。ひさびさにコーナーキックからのヘディングゴールが決まった。

若きセンターライン、FW大迫-MF柴崎-CB山村が今のチームの軸であることが、改めてよく分かり頼もしい。

二列目の遠藤も計算できる選手になった。

大迫の守備に合わせて、遠藤も柴崎も山村(とセットになる青木)も躊躇なく押し上げてくる。全員でポゼッションサッカーしていく共通イメージが近い。

ここは動かしてはならないと思わせるだけの選手に、彼らが成長していたことを嬉しく思う。

今は、柴崎の回復と、あとは岩政の奮起を祈っている。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
現在スカパーにてリピート放送中のリクシルアントラーズリポート第50回放送

アントラーズ公式カメラマン櫻井由美さん特集の回だ。

そこで櫻井さんは「サポーターの方に写真の感想を聞きたい」と仰っている。

よし、私は写真は分からないけれども、感想を書いておこう。

ということで、先のマリノス戦公式フォトレポートを改めて眺めてみた。

私の趣味として好きなのは上から6枚目。ナイスアゴもといナイスガイの写真。曽ヶ端のコーチングする姿。

味方にキビキビと指示を与える雰囲気が伝わってくる。心なしか、いつもより自慢のアゴが鋭いようにも見える。

それと真ん中あたりの写真。ボールタッチ直前の本山を正面から捉えたもの。

ここからワンタッチでパスするのか、ドリブルするのか。心なしか本山の表情に余裕があり、実際、この日の彼はマリノスDFを手玉に取っていた。

そして、大迫の2枚のシュートシーン。中澤も一緒に入っているが、どちらも守備対応が1つ2つテンポ遅れている位置と動作。FWがDFに完勝している時に見られる絵でもある。

私は自分でカメラを持って歩かない人間で、写真のことはよく分からないのだけれども、ただ、櫻井さんが選手を美しく撮ってくれていることは、よく分かる。

どの写真でも、立ち姿でも、ジャンプした姿でも、感情を爆発させた姿でも、美しく撮られている。

一応、リクエストを挙げておくと、山村がビヨーンと跳んでいる写真が一枚あったら、より楽しかったかなというのはある。この試合での山村のエアバトルは、逃げ切りの肝であったし。

山村の超跳躍力を示す画像、試しにネット検索しただけでもかなり出回っている。鹿島サポーター以外にも通じる「スゲー!」「高ーい!」があるんだと思う。

ヘディングの時には選手の表情が崩れてしまうものだから、そこでいい写真を撮るのは奇跡のように難しいはず。その上で、櫻井さんならではの、美しさと迫力を両立した写真を見てみたい。
アントラーズが勝って迎える月曜日は気分がいい。

いい話題を整理してみたい。

【上位】
マリノス戦での勝利により、4位浮上。

夏の終わりの時期で4位、首位との勝ち点差6なら十分に届く差。

もちろん、得失点差の小ささ(+3)など、決して余裕を持って上を狙える状況でないのは承知であるが、

とにかく「優勝に届く可能性がある」ことが大きい。

この可能性があるのとないのとでは

「一等が残っている抽選箱」と「一等は既に当選者が出てしまって残っていない抽選箱」くらいの違いがある。

1位に届かないことが確定してしまうとヤル気が上がりにくい。

今は首位を撃破しての4位なのだから、文句なくモチベーションが高まってくる。

水曜の清水戦も勝って、ますますワクワクを上げていきたい。

【みんな活躍】
鹿島から出た、本田拓也(清水)、興梠(浦和)、マルキーニョス(横浜FM)、岡本(新潟)たちは元気に活躍中。

本田は攻守に大車輪の高パフォーマンス。興梠、マルキ、岡本もゴールを重ねている。

一方で、本田の抜けた後の鹿島では同ポジションの梅鉢が少しずつ出場機会を掴み、先日のマリノス戦でも途中出場からの献身的な追い回しで逃げ切りに貢献。

興梠、マルキ、岡本らが抜けたFWでは、大迫が大エースへ格を上げている。

控えFWでは赤崎くん(筑波大)が本物の即戦力である気配を日々高めている(※昨日の都道府県大会においても筑波大のエースとしてハットトリック。天皇杯出場を決めた)。

本田にはもうちょっといて欲しかったなと個人的に思っているけれども、FWについては人数を減らしたメリットが、今は感じられる。

マルキと興梠が抜けたため、大迫は「自分がエースとしてやる」感が高まっただろうし、赤崎くんも鹿島入団を決断しやすかったはず。

大迫、梅鉢、赤崎くんの成長と活躍により、結果的に「みんな、これで良かったのだ」と言えるところに収まっているのではないだろうか。

【秋田尽くし】
サッカーキング10月号は鹿島特集号。

本の物理的厚みがウスい気はするものの、それでも鹿島サポーターは買い。

目玉コーナーとして、闘魂OBの秋田豊さんが小笠原、柴崎、大迫に先輩トークしている。

先週末のマリノス戦スカパー解説も秋田さんだったので、ここ数日は秋田尽くし。

秋田さんについては、やはり解説者&監督としては賛否両論だろう。

選手目線に突出していて、個人守備技術とプロ意識への造詣が深くて、深い分、狭くて押しが強く、あんまり空気読まないところとか。

ただ、私個人的な好みに限定すれば、面白く可愛いらしいと感じている。

小笠原も、先輩秋田に対して『でも、秋田さんはいいこと言う。本当にいろんなことを教わりましたよ。半分くらい聞いてなかったけど(笑)』(サッカーキング10月号より)と、尊敬と愛着を持っていることが伺える。

秋田さん、現時点ではコーチ向きなのかもしれない。

解説聞いていても、自身のポジションだったCBの選手に対して求める基準が高く、あんまり褒めない。ミスの指摘は的確。

だけれども、マリノス戦では、山村が終盤、ハイボールをことごとく跳ね返しているのを見て「素晴らしい!」と惜しむことなく称賛を連発。それが本当に嬉しそうだった。こういう風に褒められたら、直接技術指導される選手は自信が持てるのではないか。

鹿島が逆転した時なんかは意味不明な雄叫びを上げる始末。

この人はたしかに筋肉闘魂、押し引き駆け引きなしに主張する人だけれども、鹿島と、それにCBというポジションに強い誇りと愛着がある。

その秋田さんに、小笠原が引くことなく言い合っているのが面白いサッカーキング10月号、改めてオススメ…。

したかったのだが、一般書店は最初から入荷数少なく品切れ続出。アマゾンも在庫ないっぽいですね。
鹿島アントラーズ、首位迎撃ニ成功セリ。

昨夜の横浜FM戦、2-1で逆転勝利!

リーグ戦順位も4位に浮上した。

【反則級】
真に恐るべしは2ゴールを決めた大迫勇也。

前節新潟戦でも、まるで一人で二人分のユニットに相当するかのような攻撃能力を展開していた。

漫画やゲームの主人公キャラのように、ボール持ったら奪われることなく前進していってしまう。

しかし、今回の対戦相手はJ1の1位である横浜Fマリノス。

直接対峙するCBは「あの」中澤佑二だ。

いくら加齢により落ちてきたとはいえ、中澤は中澤。ほんの一年前までは大迫個人としても相当に封じられてきた名CB。

それが、何ということでしょう!

まるで高校時代、並居る敵DFを悠々と上回り「大迫ハンパないって!あんなんできひんやん!」と中西くんを泣かせたように、それくらいに中澤を上回ってしまった。

現在の中澤の対応力、経験則を、大迫は完全に凌駕。私は大横綱千代の富士が貴花田(後の大横綱貴乃花)に敗れて引退を決めた一番をハッキリ思い出した。

今やJリーグでの大迫は、例えるならターボ全盛時代マクラーレン・ホンダのMP4/4であり、スタープラチナ・ザ・ワールドであり、ニュー・ガンダムであり。

プロレベルでも半端なくなっている。

【反則その2】
半端ない大迫に本山雅志との連係ラインが加われば鬼に金棒反則状態。ホットラインを超えた光ファイバー…いや、クリスタルファイバー?

小笠原から本山にパスが入る時点で、もう、喜び勇んでパスを引き出しにかかる大迫。

他のチームメイトがボール持つのと、いい時の本山がボール持つのとでは、高質ラストパスが来る確率が段違い。

最高の出し手たる本山が相手となれば、どんなDFでも対応に苦慮する。

本山は(俊輔もそうだが)最高級に上手い選手。DFからすれば、いつパスを出してくるか読みきれない。パス出す気配チラつかせてはドリブル。ドリブルと見せかけてはキラーパス。

必然、DFは出し手の本山から視線を外しにくい。その分、受け手(※この場合、本山を見る視線の同一視野から死角に流れていく大迫)に視線を移す時間が奪われることになる。

そもそもマリノスからすれば本山をフリーにしてはいけないわけだが、そうなってしまったのが運の尽きであり、守りの失敗。富澤不在の影響もあったろう。

それと、本山が一旦引いてから隙間に入って受ける工夫をしていたこと、その本山を小笠原が見逃さなかったこと、大迫が裏に、ジュニがサイドに敵を引っ張っている等、鹿島側の仕掛けのおかげでもある。

そうしたことが積み重なった成果として、大迫が一番勝負しやすいタイミングで、寸分狂わず本山からのパスが入る。

欲しいところでラストパスが来れば、今の大迫。

ファーストタッチからフィニッシュまで技術的にノーミス、かつ高速。猫背のバネと高い技術から繰り出されたミドルシュートには、守りの反応が追いつかない。

2ゴールは大迫の超個人技によるものだが、その大迫を勝負に持ち込ませたのは本山であり、本山がファンタジーを発揮するためのパスを入れたのは、2ゴールのシーンともに小笠原。

スコアを動かす違いを作り出した者として、この3人の名前が挙げられる。

【いい仕事、重なる】
遠藤ら中盤の選手の奮闘は見逃せない。彼らの献身的な働きがあってこその、マリノス後半失速。

また、最終盤マリノスパワープレイ。驚嘆に値する高さで跳ね返し続けたのは山村。彼を中心とした守備陣の粘りもあって1失点で踏みとどまる。

決して楽観できる内容でなかったのは事実だが、カシマスタジアムにホームの気を生んだサポーターたちと共に、一ついい試合を成し遂げた。

首位撃破、おつかれさま。

これでまた、上を目指してワクワクしていける。

水曜日も勝ちましょう。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
さて、明日は首位を迎えての決戦。

すごく大雑把に捉えれば、ここで勝てば「優勝争い可能なシーズン」になり、負ければ「世代交代止まりなシーズン」となる。

世代交代を進めるにせよ、優勝争いしながらの方が効果上昇するに決まっている。

勝つか負けるか大違いという意味では、今季のリーグ戦屈指となる一戦だ。

【五分以上と思いたい】
現在のマリノスには、マルキや俊輔を始めとする名手に、中町や富澤といった伸び盛りの人材も揃えている。

各ポジションのぶつかり合いでは、贔屓目に見ても、鹿島に明白な優位はないかなと思う。

通常なら圧倒できる大迫のところでも、CBに中澤と栗原が揃って出てくると、さほど勝てるとは考えにくい。

組織力の点では、攻守の動き方の決め事になるとマリノスの方が細かく実践されている。

だが、鹿島にはホームの利がある。

ホームの威力を作り出す一因となる観客動員では、チケット前売り17,930枚と、まずまず上々。

ここで勝てば勝ち点のみならず、選手たちの自信、サポーターまで含めた士気、若干のメディア露出。

全てにおいて一歩、前進することができる。

【現地来場のメリット】
来場者プレゼントが、なかなか豪華。

抽選になるが、関彰商事(株)提供によるガソリン100リットル(1名)、30リットル(5名)プレゼント。

ガソリンの値段が上がっているので、結構、魅力的。

先着1万5000名には日清食品(株)提供によるチキンラーメンプレゼント。

それから、スタジアム売店ではサッカーキング鹿島特集号が販売予定。


こちらはクラブオフィシャルショップや一般書店にも置かれているので、テレビ観戦組も一家に一冊買っておきましょう。
第4金曜日はリクシルアントラーズリポートの日。

8/23(金)21:00放送回で、めでたく第50回放送を迎えることとなる。

私個人的には、録画だけしておいて、それがたまってしまうことも増えてきた。

しかし、50回達成は実に素晴らしい。

当初は10回くらいで終わることも恐れていたのだが、さすがはリクシル様様。アントラーズへの長きに渡る手厚いサポートを感謝したい。

今回は記念の50回に相応しいスペシャルな内容

アントラーズオフィシャルカメラマンの櫻井由美女史と、スカパー!試合中継や各種イベントでMCを務める高城光代女史の特集が組まれている。

櫻井さんといえば美貌の女性カメラマン。高城さんといえば一部のマニアに熱狂的な人気を誇る。

鹿島ジュニア全日本少年サッカー大会優勝も放送予定。

見逃さないようにしたい。
新潟戦も予想通りの低パフォーマンスに終始したとはいえ、

頑張ってもらわなきゃならんね、野沢には。

能力特性的に、運動量もスピードもキープ力も守備力も、ほとんど平均を下回るような選手。攻守分業の傾向が今より強かった前時代的な攻撃的MF。

直近数試合でも余すことなく消えっぷりを発揮している。

ただ、彼には時代を超えるほどのスペシャルなボールセンスがある。

狭いスペース、僅かな時間の中で、アウトサイドやヒールを使ってヒョイヒョイっと味方にパスを出せてしまう。ボールタッチの奇才ぶりでは唯一無二。

絶好のタイミングでニアゾーン~バイタルの急所に入り込む瞬間的フリーランもある。

そのデコボコ激しい能力特性ゆえに、J1のレギュラーOMFとして考えれば使い勝手が難しい。

実際、神戸にいた野沢にオファーを出したのは鹿島だけだった。

その前年、鹿島にいた野沢にオファーを出したのも神戸だけだった。

鈴木満さん(鹿島強化トップ)は「野沢は鹿島に必要」「野沢みたいなのは他にいない」と決断した。

その選択が正しかったかは、まだ分からない。

今季ここまでのアシストとゴールだけでは、まだまだ足りないのだ。

野沢がこのまま終わるようであれば、編成自体のミスとも言えるところ。

残り試合での野沢の活躍次第となる。

しばらくチンタラやっているように見せておいて、ここぞで大仕事するんじゃないか…と予想しておきたい。
J1に戻したのが時期尚早だったのか…。

今季序盤、鹿島戦での大誤審の後、東南アジアに研修に行っていた(はず)の佐藤主審。

残りはJ2で吹くんだろうと安心していたのだが、ほとぼりが冷めた頃を見計らってJ1に戻されていた。

うーむ、日本の審判業界、人材不足。

佐藤主審は審判界のエリート。若くしてJ1担当になった。当然、実力はある。

J2割り当て審判の中に入れば、勿体ないくらいハイパフォーマンスの時もあるし、それを維持できている時はJ1相当。

ただ、この方、やらかすことが知れ渡っており、今回、また周知徹底されてしまった。

先週末、甲府×川崎戦において、PKでないものをPKとしてしまう。

審判は信用業でもあるので、評判が下がるだけで相当に厳しい。

実際、西村主審&家本主審クラスであれば2~3年に1度するかしないかの大ミスを、佐藤主審は1年に2~3回やらかしてしまう。

たまたま運が悪かったではなくて、技術メンタルに差があるのだろう。通常時は差が出なくとも、致命的ミスの回数が違ってしまう。

ここから這い上がるには、滅茶苦茶努力がいる。頑張ってもらえれば。

家本主審の好例もある。

彼は、かつては鹿島サポーターから不倶戴天の敵くらいに言われていた。ジャッジで鹿島を負けさせようとしていると。

それが今では少なくない鹿島サポーターから敬意を受けるほどになっている。ミスがゼロになったわけじゃないものの(※そもそも、ミスがゼロは有り得ない)、大半の人に信用を得られるだけのジャッジを貫いている。

家本さんは主審として天才で、かつ重度の審判オタクであるが、その点で佐藤さんも劣らないはず。

レフェリーの成長もプロサッカー観戦の面白さ。

個人的には、いいジャッジ、悪いジャッジを繰り返し見せてくれるような、そんな番組があっていいくらいだと常々思っている。

敗戦に直結するようなジャッジミスがあったら何度だって見たくなるのが普通のファンの心情で、それに応えてあげて大丈夫なのではないだろうか。

文句や批判という形でサポーターにガス抜きしてもらいながら進めていって、何も問題ない。

審判委員長たちは、表向き「メディアやサポーターの悪意ある批判」を恐れてクローズにしているようであるが、現実に「悪意ある批判者」が力を得ることはない。

20世紀と違って、今、力を得られるのは公正な者だけ。

個々人にインターネットが定着した今、批判一辺倒の者が一生懸命批判したところで、その批判者は同種の批判者以外の誰にも相手にされなくなっている。聞いてすらもらえない、読んですらもらえないという、そんな時代に進んでいる。

だから、そんな少数の批判者を恐れず、一般人の賢しさや善意を信じて、オープンにリプレイしたり公表すればいいのにーと思う。

その方がうまくいくはずだ。
外せない帰省旅があり、久々にアントラーズ観戦できず。

カシマでの新潟戦は1-0という、美しいスコアでの勝利とのこと。

結果を知って、ひと時の喜びに浸らせてもらった。

一刻も早く試合映像を見たかったが、世の中便利になったもの。

スカパーオンデマンドがある。

時間の都合上、前半30分くらいまでだけれども、スマートフォン画面で明瞭に視聴することができた。

【二列目チョイス?】
まず、スタメン表を見て驚いたのは野沢が先発に名を連ねていたこと。

いや、もちろん、私は野沢を応援しないということはない。

ただ、最近のパフォーマンスが上がっていないこと、逆サイドにいるジュニーニョとの相関関係からして、遠藤の方がベターなのではないかと。

遠藤が怪我もしくはコンディション低下を抱えているなら仕方ないにせよ、そうでないなら疑問も出てくる。

そういったネガティブな見立てが野沢のハイパフォーマンスで覆されればいい。

前半を見る限り、彼は精彩を欠いた。

今日のうちに時間があれば残りも視聴をする予定だが、そこで好プレイがあれば。

新潟戦で野沢がゴールもアシストもしていないことは、私もテキストライブを読んで知っている。

その手前くらいの決定的な仕事を最低2~3求めたい。

チームに運動量をもたらすような選手でないので、その分、チャンスメイクの質と数。

確認しておきたい。

【最終守備の安定】
無失点というスコアと、それに30分までのスカパーオンデマンド映像を見た限り。

最終ラインが安定を増しているのは心強い。

山村のビルドアップの良さは元々だが、更に守備面でもグワッと身体を寄せて長い足でクリーンにボールを絡め取るプレイ。ここぞの好守備が増えてきた。

また、攻撃が売りの西&前野の両サイドバックも、よくCBを助ける守りができている。たしかに空中戦など守備の穴になってしまうことはあるけれど、平面サイドでの一対一、中央へ絞り込む速さなど、プラスも大きい。

若い選手たちに混じって青木もますます若々しい。山村とのコンビネーションがようやく固まってきた。二人とも「おとなしめ」で「CBとしての経験が浅い」こともあり、堅守化に時間がかかってしまったが、ようやく踏ん張れるレベルに入ってきたと言える。

と…、曽ヶ端だ。

今季、チームの失点が重なっていても、彼個人としてのおかしなミスがほとんどない。

ポロリがなくなって、自陣でのミスパスも少ない。

DFライン全員上手いから、曽ヶ端からしてもパスコースがいくらでもある。

曽ヶ端の安定とコーチングがあって、若さとスピードのあるDFラインは押し上げることができる。

4バックとGKについては、各選手にプラスの相乗効果が生まれる、いわゆる「現状での最適解」が見つかったと言える状態。無失点試合が増えていければ、これでベースが固まっていく。

岩政がベンチ固定化してしまうのは、私としては惜しい気がするが、しかし、最適解を探し続けて迷走が長くなると勝っていかれない。もう、多少のミスがあっても固めなければ。

山村・青木のセットで忍耐し続けたことについては、セレーゾ監督のいい仕事と認めたい。

あとは、こういった最適解が中盤、二列目で見つけられるか。

新潟戦のスタメン構成、交代カード、交代時間を見ても、まだ決めかねているように見受けられる。

実績のある選手に不満を溜めないよう配慮しながらの世代交代…ということもあるのかもしれないが、いずれにせよ、もう少し固まってきて欲しい時期。

録画見直して、各選手のパフォーマンスを確認したい。

前野クロス→大迫決勝ゴールのシーンが88分にあるらしいので、最後までモチベーション持って見られそうだ。
旅行のため、三日ほどブログ更新休み。

明日8/17の新潟戦(18:30@カシマ)は帰宅後に録画視聴予定。

アントラーズはレギュラー選手の入れ替わり真っ最中。今シーズン第1節のスタメンと明日の予想スタメンを比べてみると、

ダヴィ→土居
野沢→遠藤
中田→前野
岩政→山村

となっている。更に赤崎の出番もあり得る。

約半年で4~5人の入れ替えとなると、鹿島としてはかなり急ピッチ。試合での連係がハマるには、まだ時間が要りそう。

選手の年齢だけでなく個性も違っており、「構えて守ってロングカウンター」&「セットプレイで得点狙い」向きから、「高い位置から網をかけて守る」&「ボールを動かして崩す」向きにシフトしている。

どちらが見た目に面白いかと言えば、私は後者(現在のメンバー)だと感じるけれども、しかし、見た目よりも重要なのは勝てるかどうか。

若い選手がスタメンで出るようになり、かつ、チームの勝利が重なっていった時にこそ世代交代が進んだと言える。

明日は、そんな試合を期待。

もちろん、野沢らの一層の奮起もお願いしたい。
日本代表×ウルグアイ代表は2-4の完敗。

実力的にこのスコア差は妥当なものだが、それにしてもセンターバックの人選。

ここはザッケローニ監督も苦慮しているようだ。

吉田麻也でも今野泰幸でも、世界一流のスアレス&フォルラン相手に格下感を免れず。

いくらサッカーの守りは組織で行うとはいえ、最後の最後、FWとCBのところは個人勝負。

かつてトニーニョ・セレーゾが大岩剛をアントラーズに勧誘する際、『ワタシはセンターバックというポジションは、名前と格が重要だと思う』と言ったが、実際、CBが敵からカモにされれば、チームは即刻劣勢になる。

個人能力の高いCB、ただでは負けないCBといえば、名古屋のハゲた人が思い浮かぶが、さて。

誰が起用されるにせよ、日本人全体として選手層の薄いポジションであることには違いない。名古屋のハゲてる人だって元はブラジル人なのだ。

そう考えると、アントラーズがCBの世代交代に苦労しているのも致し方ないと言える。他Jクラブ見渡しても、闘莉王以上に代表に推薦したくなるようなCBが存在するわけでもなし。

案外、山村、それに昌子あたり。

もう一伸びで代表入りも遠くないかもしれない。

それくらい、層の薄いところだ。
Jリーグでプロ入りした若者にとって「初出場」→「初スタメン」の次の目標になるのが「A契約」。

仙台戦で3試合連続出場となった土居聖真。

トータル450分の出場時間を満たし、めでたくA契約(※それまでの年俸上限のある契約から、上限のない契約)に移行した。

一般的な職場に例えれば、これにて研修期間終わり。いよいよ戦力としてカウントされる段階。

その際、いわゆる「A契約後の壁」というものが、Jの若手にはある。

この壁をあっさり乗り越える選手がいて、一旦、返り討ちにされる選手がいて。

それは土居と同じアントラーズ92年生まれ組でも分かれるところ。

柴崎岳はルーキーイヤーからA契約移行。壁など無いかのように乗り越えた。

梅鉢貴秀は連続先発が続いたところで弱点が丸裸に。しばらく出場機会を失ってしまった。

A契約達成は一つの成功であるが、その後。

J1で安定して活躍できる選手かどうか。

直近3試合での土居のパフォーマンス。大宮戦「○」→サンパウロ戦「○」→仙台戦「△」といった印象で、次の試合に注目が集まる。

「試合をやらないとかからない負担」(土居コメント/アントラーズモバイルにて)を把握したことで、乗り越える力をつけて準備してくるか。それとも、その負担に負けてしまうか。

今のタイミングで主力の仲間入りをしてもらいたい。攻撃ポジションのイケメン若手だけに、主力になるようであれば人気面でも大きな戦力になる。

二年半に渡る下積みの末に得たチャンス。是非とも成功して欲しいものだ。
一昨日、ユアスタでの仙台戦は1-2。

中村のゴールで先制するも逆転負けを喫した。

立ち上がりは大宮戦→スルガ銀行杯と勝っている流れで、案外、動けていたのだけれども。

しかし、時間経過と共に「酷暑」「風吹かない」「自分たちだけ中二日」の現実がジワジワと。

【攻守の穴】
これだけサッカーに向かない条件が揃っていて、チーム全体の運動量が上がらないとなると、弱いポジションが如実に目立つ。

元々、流れの中での機能性が高まっていない野沢と中田のところは分かりやすい攻守の穴に。

二人とも運動量の少ない選手であることは折り込み済みなのだが、その分、野沢であれば「決定的な仕事」を、中田であれば「堅実な守り」を期待された。

実際には野沢のところで守備フィルターがかからず、中田サイドは攻め立てられ(※失点するまでは、攻められつつも抑えていたが…)、ちょっとどうしようもなくなってしまった。

スルガ銀行杯で途中出場だった二人だけに、この試合では、その突出した経験と個性で連続スタメンの選手たちを助けてあげて欲しかったところ。

それが仙台の流れに押し流され、野沢は消え、中田は押し込まれた。

【連戦下でも】
別に野沢と中田だけが悪いわけじゃない。

まず、このバランスで起用を決定したのは監督になる。劣勢で個々人が分断しかけている状況では、通常、どの選手も苦しくなる。

スルガ銀行杯でチームを勝利に導いた柴崎と西も疲労を隠せなかった。チームの悪さに引っ張られたとはいえ、柴崎はフリーランニング少なく。西はいらぬファウル多く。

いつも通りのプレイでなかったと思う。

一方で、遠藤、大迫、山村といったあたりは、それほど変わらずプレイ。

軽量テクニシャン系でグループで崩していくタイプが多かった鹿島であるが、三人のようなパワーと技術を併せ持つ若手が主軸になってきているポジティブな事実もある。

中村は得点力を証明し、土居や梅鉢といった運動量を補充してくれるタイプの選手が出てきた。

これに昌子が戻ってくれば、青木や中田に取って代わるだけのものをアピールしてくるだろう。

岩政もまだまだやれる。

ダヴィや野沢は組織力から若干、浮いているものの、一発屋的な選手も上手に使うことで勝ち星が伸びる。

監督へ要求したいことは多いが、なんだかんだで今年のアントラーズも面白い選手が揃っている。

少しの休養明けを楽しみに待ちたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
スルガ銀行杯でのサンパウロFC。

国内リーグでは残留争い状況というだけあって、組織力は未成熟。

チームの強さ、機能美で言えば、昨年の対戦相手であったウニベルシダ・デ・チリの方が数段上だったと思う。

それでも、サンパウロはサンパウロ。世界のサッカー界に名を知られる名門。

個人の攻撃技術の高さ、一対一の守りの強さを披露してくれた。

これからの鹿島をリードしていく若手選手たちが、このレベルを体感したこと。

これが、とてつもなく大きい。

【経験と対応力】
個人で破られるシーンが目立ったのは前野と山村のところ。

それも仕方ない。

サンパウロクラスの選手となれば、仮に日本代表のレギュラーDFクラスが相対しても簡単ではない。

そもそも前野と山村は攻撃の方が得意な選手。

かつ、J1以上のレベルでのプレイ経験は、出場選手中、最も浅く、守備面において鋭意解消中の課題を抱えている。

さすがにブラジル人は抜け目ない。弱いところがあれば徹底して突いてくる。

時間経過と共に、その課題をあぶり出され、前野も山村も同じ種類のミスを繰り返すことに。

一つは、セカンドボールへの対応。取れると判断して取りにいって、しかし先にボールタッチされ持っていかれてしまうパターン。

もう一つは、パスが入ったところでマーク相手に身体つけるも、ゼロ距離でそのまま反転され、置いていかれてしまうパターン。

サンパウロレベルになると、フィジカルコンタクトしながらのボールコントロールに長けているし、また、出し手の多くがパスに工夫をつけてくる。蹴る直前に狙いをズラしたり、球質に変化をつけたり。

こういったプレイへの対応方法は、もちろん、知識としては様々な教本にも書いてあるにせよ、実戦で即応するにはレベルの高い試合経験を積むしかない。

その他、前野であれば「空中戦」、山村であれば「ドリブル→フィニッシュへの対応」など、継続的な課題が表出した。

相手のレベルが上がれば上がるほど弱点が出てしまうのは当たり前。

最近のJの試合では徐々に解消されているように見えていたが、サンパウロ相手には、まだレベルアップが要るというだけの話。

プロDFとしての経験が浅い二人だけに、今回のスタメン出場はたしかなプラスとなろう。

【華のあるDF】
守備では後手を踏むことが多かったとはいえ、前野も山村も面白い選手。

前野のストロングポイントとして、アタッキングサードでは最後まで攻め切れる、ミドルサードでは密集から味方に繋げる、ディフェンディングサードでは縦にフィードを繋げられる。どの局面でも味方へのサポートがいい。

あの突貫小僧のジュニーニョですら、最高のタイミングで駆け上がる前野へスイッチするパスを一つ出している。

また、山村であれば、CBが長短自在に繋げるのは、とてもいい。マイボール率が上がるので、結果、攻撃回数が増え、守備回数が減る。

守備面でもプラスがある。

前野の運動量とスピードは守備でも生きる。山村も自身がパスセンスのある選手だけに、パスコースを読めるし、それに、跳躍力が高く、また、決して俊足ではないにせよ、骨折後落ちていたスピードが戻っている。

二人とも、もうちょい守れれば言うことないのは事実だが、勝って終われたことでポジティブに反省できることだろう。
見よ!これが鹿島アントラーズだ!

スルガ銀行チャンピオンシップ、対サンパウロFC戦。

大迫ハットトリック、しかも決勝点は試合終了間際という、劇的3-2勝利。

ブラジルのサッカーファンに鹿島アントラーズの素敵さを披露することができたのではないか。

「ジーコの育てたクラブ」ということで、元々それなりの知名度はあるにせよ、今回、ポジティブな中身をお見せできて良かった。

才気溢れる選手たちと2万6千人の観衆で埋まったカシマスタジアムは、自慢とするに十分だ。

【大迫がいる】
鹿島には大迫がいる。

昨日のサンパウロのFWと比べても上等なストライカーであったと思う。

1点目、GKの鼻先かすめてのファーストタッチから混戦でのボールコントロール。落ち際を叩いてのシュート。

2点目、職人クロッサー・ジュニーニョとのイメージ共有バッチリ。大迫とジュニのクロス連係ラインは非常に太く、独特のタイミングにも高確率で合わせられる。大迫、ジュニがドリブルに入った途端、DFの死角を縦に割って入るフリーランニング、そして巧みに合わせるダイレクトシュート。

3点目、偶然っちゃ偶然にしても、シュートポジションを取る感覚。跳ね返りが身体に当たって入る、ポジショニングの勝利ゴール。

どんな試合でもポストプレイヤーとしての才は示し続けてきたけれども、タイトルが懸かった試合で優秀なストライカー性を証明。

強いて言えば、2回外したPKを決めてればイケイケ圧勝パターンであり、大迫も5点くらい取ったかもしれないが、そうなるとサンパウロが大迫獲得に来てしまう。

結果オーライ、問題ない。

大迫、エースの仕事をしてくれた。

【柴崎がいる】
昨日の柴崎、特に前半は翼が生えたかのようだった。

ボランチの位置でワンタッチツータッチで正確にパスを捌く。速い寄せに対しても苦にせず受けて出す。

それはいつも通り。

だが、そこからのプラスアルファどころか、もう一人分、「攻撃的MF柴崎」が加わったかのような攻撃能力を発揮。

アタッキングサードへの入り込みの回数が多くて、そのランニングの質が高いし、ドリブルのキレが凄いし、そのドリブル直後のプレイ選択、パスにもシュートにも精度と視野の広さがある。

1点目と3点目には柴崎が直接絡んでおり、得点シーン以外も、攻撃に幅をつけ、強度を上げた。

ガンソとは、また別の凄さが、柴崎にはあった。

もしかして、件の体調不良を通して、それすらも向上の材料にして、コンディショニングが進化したのだろうか。

身体を苛め抜くような練習スタイルから、より試合でのハイパフォーマンスを考慮するように変わったのかもしれない。

かつて、都並がカズを評価して言っていたことがある。

「カズは全ての動作のスピードが違う。そのスピードの根底にあるのが徹底したコンディショニングだった」と。

3週間前、疲労困憊していた磐田戦とは別人のような柴崎のコンディショニング。

まるで亀の甲羅を脱いだ孫悟空のような。

元々の素質もそうだし、そのポジティブな向上実践力。

やはり、彼はモノが違う選手なのだね。

せっかくのタイトル獲得、書きたいことが多い。他のことについては、また。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
いよいよ明日に迫ったスルガ銀行チャンピオンシップ、鹿島アントラーズ×サンパウロFCの試合。

無料券が大量に配られているとはいえ、遠方の方はテレビ観戦を余儀なくされることだろう。

スカパーの契約に注意がいるので、一度、確認。

日本サッカー協会公式サイトによる大会概要。

テレビ放送:
BSフジにて8月7日(水)23:30~録画放送 / フジテレビONEにて生中継


以上のようにアナウンスされている。

つまり『Jリーグ系セット』では視聴できない。

録画放送がBSフジで当日23:00から、生中継で視聴する場合(それとノーカット版が見たい場合も)はフジテレビONEと契約しておく必要がある。

スカパー基本パックに加入済みの方は既に含まれているので別途契約は必要ないが、Jリーグ系セットのみ契約されている方で生中継希望の方はご注意いただければ。

今日中に追加契約する分には、ネット申し込みでも間に合うと思う。

申し込んだのに試合時間間近になっても見られるようにならない時は、電話でスカパーカスタマーセンターに催促してみよう。可能な限り、急いでやってくれるはずだ。

最新号となる『月刊アントラーズフリークス』8月号。

【内田&岩政対談】
ウッチー好きのミーハーファンはもちろん、全国100万の岩政ファンをも唸らせる企画が実現している。

内田篤人選手と岩政大樹選手の対談だ。

内田選手の語る、日本とドイツのサッカーの違いが興味深い。カバーリングの価値、一対一の価値、スタンドのパワー。

それから、ミスに対するそれぞれの考え方。岩政や内田といった一流選手であっても、いつまでも自分のミスに傷つきやすいところが可愛らしい。

【柴崎インタビュー】
巻頭インタビューは柴崎岳。今回のも面白い。

一般に寡黙な印象を持たれている彼だけれども、決して口下手なわけではない。

むしろ、信頼できるインタビュアーが相手であれば、話好きなのではないかと思わされる。

こと、彼のサッカー話はきれいに整理されていて分かりやすい。

言葉の選び方丁寧、サポーターにも分かりやすいように合わせて説明してくれている。

まだまだ先の長い選手であるが、指導者や解説者としても将来が楽しみな若者だ。
いやー、今朝はアントラーズサポーターとしてひさびさに気持ちがいい。

トップチームの勝利と、ジュニアチーム初の日本一が重なり、実に気分爽快。

めでたい、めでたい。よかった、よかった。

最近、うれしくない試合と移籍話が続いていた分、喜びもひとしおだ。

【バランス向上】
さて、1-0のクリーンシートで締めた大宮戦。

スコアは1点差でも実質、完勝。

まず、大宮が3連敗中に相応しいチーム状態だったことはある。

無敗中の守備の堅固さ、速さが消えていた。

選手の個人能力からしても、ノヴァコヴィッチを欠き、フィニッシュにかかるところでの精度が低かった。

だが、それら全てを差し引いてもアントラーズのバランスが向上。

超凡戦の名古屋戦メンバー(ダヴィ、ジュニーニョ、野沢、中田)から、土居、遠藤、中村、前野に変更された。

実績と経験と高さの面では落ちるとはいえ、機動力が上がり、守備力が上がり、連係する意識が上がり、無駄にボールを失う回数が減った。

技巧的に巻いたシュートでゴールを決めた遠藤はもちろん、土居もよく相手DF陣を撹乱したし、前野は左サイドにダイナミズムを与えた。中村はまだ本領発揮とは言えないが、それでも簡単にボールロストしないのは有り難い。

そもそも、ベテランや助っ人を多く出すなら、勝たねばメリットが少ない。それで凡戦して負けてしまうと、ほとんど何も残らない。

逆に二人前後のベテランに、中堅~若手の組み合わせでやるならば、勝った場合は自信がつくし、負けても経験が残ると捉えられる。

ベテラン選手にとっても周囲に動ける若手が多ければ仕事しやすい。小笠原と曽ヶ端はいいプレイがあったし、途中出場の岩政もナイスクローザー役を果たした。

理想的には、今後もこれくらいの選手構成で勝っていければと思う。

【ウゴー!】
特定の選手をエコヒイキしたくないのが弊ブログのスタイルであるものの、岩政には愛着がある。

長く見てきたこともあるが、そもそも私は生まれついての動物好き。

子どもの頃から動物のおもちゃを選べるとなると、大体、ゴリラを選んできた。動物園に行けば、必ずゴリラ舎をチェックする。

その岩政がレギュラーから外れている。

中断明けからの不調もあったし、それに、現在のチームのやり方として「DFラインを積極的に上げること」「ボールを捌けること」が重視されている。

それらが決して得意でない岩政。

だが、昨夜は途中出場としてチームひさびさの無失点に貢献。

最終盤の場面に登場した背番号3。準備万端で試合に入り、圧倒的なヘディングの強さと、ビシバシとしたコーチング能力を発揮。最終ラインの要として逃げ切りをリードした。

頼りになる男であることを改めて証明。

今や山村は完全に最終ラインのボール捌きの軸であり、青木の広い守備範囲もラインアップに不可欠であるが、とっぷり深く守る状況での守備については、断然、岩政がナンバーワン。

青木がCBとしては空中戦に強くないことを考慮すれば、岩政がまだまだ必要なことは明白。

そういったところでも、昨日の無失点の輪に彼がいたことは嬉しく思う。
本日18:30からカシマスタジアム。アントラーズは大宮アルディージャと対戦する。

三日前の名古屋戦は最悪だったが、今日はメンバー変更が確実。

ダヴィ、ジュニーニョといった突貫小僧二人を怪我とコンディションの問題で欠くと報じられている。

ダヴィの突進力&得点嗅覚、ジュニーニョのクロスといった、個人の決め手は減るかもしれない。

だが、これまで見られなかった流動性が生まれる可能性がある。

流動性が生まれて快勝となれば、今後に向けて吉となる。今日のメンバーを主体にすればいいだけになるのだから。

今夜の鹿嶋も25℃前後と涼しめの予想。

ふがいない負けからの反発力と、メンバー変更。涼しいホーム。不調の対戦相手。

変わる材料が揃っている。

今日は勝ちましょう。
名古屋戦のスカパー録画を見直し中。

解説はアントラーズOBで名古屋OBでもある秋田豊さんだった。

さすが秋田さん、独自のスタイルを貫いておられる。

秋田さんの解説は、選手の個人能力(不足や甘さ)の指摘が、かなり多い。

正真正銘のJの名選手であり、鹿島を想うOBだからこそ出ている指摘だ。

事実には違いない。

大迫は簡単なシュートは簡単に決めなければならないし、柴崎も山村もクリアは安全にコントロールせねばならない。

他の選手も数多くの指摘をなされている。

しかし、それを90分に渡って聞かされるとなると、結構、視聴者はストレスになってしまう気がする。

サポーターは何だかんだ言って選手のことが一番好き。

基本的に、監督よりもフロントよりもクラブ功労者よりも、今の選手たちが大事だ。

なので「選手の能力・技術・経験が足りないから負けている」と言われてしまうと、逃げ場がなくなってしまうところがある。

秋田さんの場合、サッカー選手としては代表選手であり、指導者としてもS級持ちでも、テレビ解説としてはまだ駆け出しに近い。

努力家の彼であること、意識すればすぐに上達するはず。

結構、風貌に似合わず声は聞きとりやすい。

「ヤード!」「筋肉!」「闘魂!」とあまり言わなくなったあたり進歩もしている。

彼の更なる進歩に期待していきたい。
やっぱり、楢崎正剛は凄い。

2点、3点を彼の個人能力で止めてしまった。

ダヴィ、大迫は、Jリーグ内では上等なFW。

とはいえ、彼ら二人。

これまでのところ、高いレベルで決定力を発揮したことは、実はほとんどない。

大迫はミドルシュート以外の決定力が低く、ダヴィはシュートパターンが少ない。

この2トップが楢崎にシュート読みきられるのは、ある意味、実力通りである。

前半の1点でも入っていれば、まだ、やれた。

FWだけのせいではない。

決定力が低いなら、他でカバーしていけるのもサッカー。1-3で、この低調な内容なのだから、監督・選手・強化全てに改善点がある。

いちいち述べるつもりはない。

試合前は、その改善点に目を瞑り、今日は勝てる、今日は勝つぞと応援する。

試合後には、鹿島の強さが落ちている、他が強くなっているという認識を、日々新たにするサイクルに入っている。

そうなって一番気の毒なのは、三連覇期から応援し始めた、まだ若いサポーター。

たぶん、彼・彼女たちの大部分は既に去ってしまったと思うのだけれども、今なお応援してくれている人もいる。

彼らをガッカリさせ続けるような現状は、よろしくない。

土曜日にはホームで反発力を発揮して、スカッとさせてもらえれば。

大丈夫、サッカーという競技は分からないもの。

昨日の試合は超凡戦であったが、それでも例えば、1995年にベルマーレ平塚(現・湘南)相手に0-7で負けた時より全然マシな内容と結果。

下には下が、いくらでもあるのだ。

週末には問題なく切り替えて応援する。

次こそは、いいプレイ、いい結果を期待したい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。