鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
鹿島は横浜FMを3-1で撃破。

とにかく、鹿島3つのゴールシーンが素晴らしかった。

【土居の同点弾】
まず、土居の同点弾。

伊東からのパス、ランニングしながら繊細なファーストタッチでコントロールした土居。遅れ気味にカットに足を出した栗原を置き去りに。

追いすがる中澤を追いつかせないドリブルから、最後はGK榎本の逆をとるニアへの左足シュート。

ここでは、土居の長所であるフリーランニングとボールコントロール技術の融合、まずまずのスピード、そして、これまであまり見られなかった縦突破への意識と左右両足でのシュート能力を発揮してくれた。

伊東の角度をつけた縦パスも良かった。西にあって伊東にない部分であったので、今回のプレイをきっかけに回数が増えてくれば良い。

勝負の上で、この1点は非常に大きかった。

前半のうちに得意のセットプレイから先制したマリノスは逃げ切りパターンに入っていた。鹿島としては負けパターンに入りかけていた。

終わってみれば3ゴールとはいえ、決して攻撃構築が上手くいっていたわけではない。DFラインもずいぶん下がっていた。

土居のゴールあたりからマリノスの足がパタッと止まり、鹿島にとっての試合難易度が変わった。それと、セレーゾ監督の交代策が大当たりで連続加点したものの、チーム力の大差は見えず。

小笠原の試合後コメント、『俺らがよかったわけではない。相手がバランスを崩しただけ』(J's GOAL)は、これは謙遜のない事実。

とはいえ、相手の緩み、疲労を突くだけの力が鹿島にあって、土居にあったのも事実。

試合の流れを変える、素晴らしいプレイだった。

【野沢の同点弾】
バイタル手前でボールを拾った柴崎。野沢の動き出しを見逃さず、浮き球パス。

ここでは柴崎相手にプレッシャーをかけるのが遅れたマリノスのミスがあるが、

それにしても、初動を見逃さない視野の広さ、精度の高いパス、浮き球を選んだアイディアは見事だった。

そして、背中側から来た浮き球パスを、ダイレクトシュートで決めてしまう野沢。

さほど角度があったパスでもないのに、トラップなし、反転なしのフィニッシュ。

マークについていた中澤の守備予測に入っていなかっただろう。普通の選手…というか、優秀な選手でもやるプレイではないのだから、中澤のミスとは言いきれない。

昔、柳沢敦がオールスターで決めて絶賛されたのを思い出した。

野沢はボールセンスの天才であり、敵最終ラインの一瞬の隙を突く天才でもある。

本人にしてみれば『フリーだったので、決めるだけの普通のシュート』(J's GOAL)

いやいや、あれが普通のプレイの範疇とは。まったく、野沢は普通の選手じゃない。

【柴崎のダメ押し】
カイオがいつもの強引なドリブルでバイタル密集に突入。

マリノスDF陣が「若いな!」とばかりに囲い込んだところで、それを嘲笑うかのように顔の向きとは逆のパス。

ゆったりフリーでドリブルしていたならまだしも、高速ドリブル中、柴崎のクロスするフリーランを見逃さず正確なパスを送ったカイオは、やはりスケールが大きい選手なのかもしれない。

柴崎のスケールについては、すでに皆が知るところであるが、また改めて証明してくれたのではないか。

ルイス・アルベルト投入で二列目に上がっていた柴崎。高い位置では10番的なプレイを問題なくこなすことを見せてくれた。

斜めに裏を取る走りから、GKとの駆け引きにも勝つファーへのグラウンダーシュート。簡単ではない角度だったのだが、彼も天才の一人。普通に蹴り込んだ。

このゴールで試合が決まった。

【見るべし】
どのゴールも素晴らしかった。

まだ見ていない人には一刻も早く見ていただきたい。言葉で説明できるものじゃないし、されるものじゃない。

YouTubeでも何でもいいので、とにかく映像を見ていただければ。

これだけマーベラスなゴールが、3つも揃った試合。

できるだけ早く、アントラーズ公式サイトでゴールシーンを見られるようになれば。

スカパー等々との契約問題や、アップする業務作業もあるかと思うが、

こういったところは、頑張りどころになる。

欲を言えば当日中でもいいくらい。将来的にはお願いしたい。

やれれば、公式サイトの魅力が引き上がります。
鹿島アントラーズは明日29日(土)14:00。日産スタジアムにてアウェイ横浜FM戦。

【順序的には鹿島】
両チームともリーグ3連勝ストップ直後の一戦となる。

ただし、鹿島の敗戦は現在2位のセレッソ大阪に喫したものであって、

マリノスの敗戦は現在13位の甲府に喫したもの。

しかも、鹿島は甲府に開幕戦4-0で勝利している。

ドラゴンボール的に考えれば、今回はサクッと鹿島が勝つはずだ。

【ダヴィVSトップ級CB】
実際には、戦闘力の大小だけで勝負が決まるドラゴンボールの世界ではなく、不確定要素の大きいサッカー。

コンディション、相性、駆け引き、偶発的要素等々で勝敗が左右される。

昨季最後の対戦時、互いのチーム力自体に大差なかったものの、

大迫の飛び抜けたフィニッシュ力でマリノスをケチョンケチョンにした。

今季の鹿島に大迫はいないけれど、その分、全員守備に適した若いメンバーで失点を減らし、

そして、ダヴィがフィニッシュの軸として活躍中。

一定クラス以上のCBには試合から消されてしまうことの多いダヴィであるが、

今回、中澤・栗原を上回るってくるようだと鹿島は勝つし、

また、マリノス戦以降を見据えても明るい。

これはダヴィだけの問題とせず、チームとしてダヴィの特性を引き出せるか。

彼の好きなボールを二列目やサイドバックから多く供給したい。

これまでのところは、ダヴィがサイドに開いてのチャンスメイクは増えているにせよ、

ダヴィ自身へのチャンスボールは決して多くない。

そこへボールを送り込むために、ボランチコンビ。

鹿島の小笠原&柴崎が、マリノスの中町&富澤を上回る機能性を出して、

支配力の優位をもたらすか。

【三度目の正直】
他、勝負に直結するポイントとして、

ここ2試合ほど見えてきているセンターバックのミスと、それに、納得しにくいジャッジを挙げておきたい。

もちろん、青木も昌子もミスより好守備の方が遥かに多い。開幕3戦無失点の立役者であり、また、若いCBが育つ過程で、ある程度のミスは許容すべき。

ジャッジでは、リーグ開幕戦の飯田主審と第2節の東城主審は良かった。2節でダヴィの受けた遅延警告にしても、テレビ画面にこそ映っていなかったが、極めて妥当なものであった。

そういったセーフティな高パフォーマンスを、明日、また見られれば。

それぞれ難しい役どころであろうが、プロフェッショナルの仕事を期待したい。
鹿島アントラーズのクラブ広報誌、月刊フリークス

今号から新定番コーナーがスタートしている。

冠コーナーを持っているのは、土居with昌子、柴崎、梅鉢といった92年生まれ組。

岩政や西の冠コーナーからの代替わりであり、フリークスでも世代交代が進んだ格好だ。

どのコーナーも読んで損のないもので

猛烈にスベっていた「さやえんどうコーナー」(佐々木竜太&遠藤康のコンビ)時代からは隔世の感がある。

スベり役こそ梅鉢が継承しているものの、さやえんどうに比べれば擦り傷レベル。さやえんどうは凍死レベルで読むのも怖かった。梅鉢くらいのスベリなら、ささやかに可愛らしく面白くも感じられる。

それに、92年組には他に発信力のある昌子、サッカー求道者の柴崎までいる。

彼らは自分の色で話すことができる。

プロサッカーがお客さんに見られるものである以上、

言葉で人間性に親しみを持ってもらうとか、言葉でプレイの意図を理解してもらえるならば、それに越したことはない。

「分かる人だけ分かればいい」というのも一理はあるにせよ、

一定数に支持される努力は、物事をスムーズに進めることに直結する。

月刊フリークスはファンクラブ会員に対して、その役割を果たすコンテンツ。

中身は十分に充実しており、お値段以上のクオリティがある。

惜しいのは、フリークス読者以外への情報発信が不足していること。

有料と無料のすみ分けは、もちろん配慮しなければならないとはいえ、公式サイトでの無料情報発信も今以上に力を入れたいところだ。

鹿島アントラーズのエンターテイメントとしてのポテンシャル、まだまだ手つかずのところがある。

コンシェル樹が急激に支持を伸ばしているあたり、ヒントになろう。

無料だからといって、あまりに出し惜しみをしない、手を抜かないのがインターネット時代の商売のコツかと思う。
蔚山現代 増田誓志選手 大宮アルディージャ加入(期限付き移籍)のお知らせ』(大宮公式サイト)

元鹿島のイケメンネクラ系MF増田誓志。彼の大宮入りが公式発表されている。

本人のかねてからの希望であった韓国→欧州へのステップアップ路線は、ひとまず頓挫した形だ。

昨季は蔚山現代で主力の地位を掴んでいた増田だが、今季は監督に評価されていない。

ACLでも無難にパスを捌いていたものの、前半38分のうちに怪我でもなく交代させられている。

おそらくは戦力外的要素の濃いレンタルと推測される。

Jリーグの第1登録期間は3月28日(金)までということで期限が迫っていた。

韓国に情報網があり、資金力もある大宮になったことに不思議はない。

鹿島が増田の背番号(14番)を空けていたこともあって、Jリーグに戻るなら鹿島であってくれれば愛着の面から喜ばしかったが、

とはいえ、仮に鹿島復帰の場合、試合出場の望みは薄い。

増田のメインポジションであるボランチだけを見ても、小笠原&柴崎がレギュラーに君臨し、ルイスや梅鉢、中田、山村まで控えている。

個人的には、Kリーグでやっているよりか、また、鹿島で出場機会を得られずくすぶるよりかは、他クラブであってもJリーグでやってくれた方がプレイを見られるので楽しみ。

まずは大宮でポジションを掴み、韓国での成長を見せてくれれば面白くなる。
鹿島アントラーズの誇る人面樹、コンシェル樹

今シーズン、心を入れ替えたように真面目に仕事に励んでおり、一説には「中身が変わった?」と噂されるほど。

中身とか意味が分からないけれども、それくらい役に立つ樹になっている。

大混雑となった日曜のセレッソ戦でも情報発信で大活躍。

特に私が評価したいのは試合直前のツイート。

「以前3万人入場した試合とくらべてスタジアム周辺のお客様が少なく、試合直前に来場が集中し混み合うおそれがある」と、経験則からの情報を流してくれた。

昨シーズンまでのヤル気のないコンシェル樹であれば、試合前となると「キックオフの時刻ですので、これにて失礼いたします!」くらいしか言わなかった。

現在のコンシェル樹は能動的に血の通った情報…じゃなかった、樹液の通った情報を出してくれて、親切心が感じられる。

しかもだ。

このコンシェル樹、ただのサッカーバカではないようで、

ザ・ピロウズやザ・コレクターズといったバンドをこよなく愛し、ラーメンも好物らしい。

時間限定タイムサービスツイートで披露されたものであり、今は読めないものの、

これには楽しませてもらった。

「たまに趣味的なツイートもするけど、すぐ消しちゃうから常にチェックしてね!」という意図だと私個人的に解釈している。

もともと災害発生時の備えとして始まったコンシェル樹であるので、

こうして、あの手この手で日頃からフォロワーを獲得しておくことが大事。

以前のように「緊急時にはちゃんと情報発信しますけど、普段は黙っていますね」

では、緊急時には誰も存在を忘れていて役に立ちようがない。

平時からラーメンぶっかける話などで注目を集めておくと、みんなが常に注目するようになる。

なかなか、知恵のある樹だ。

現在のコンシェル樹のやり方を強く支持し、応援していきたい。
気になるジャッジ2つのシーンのみ録画を見直してみた。

【シュミレーション】
53分、セレッソペナルティエリア内、二人のDFの間をダヴィが抜いていくところで前のめりに倒れる。

これがPK獲得目的の意図的なダイブと見なされ、警告。

二人に挟まれており、バランス崩して倒れることはおかしくない。

ダヴィ贔屓目に見れば、後ろから手が、下では足がかけられている。

とはいえ、おそらくは小さな力であり、プレイに影響はないと思われた。

ノーマルスピードで見た限り、「ん?ヘンな倒れ方したな?」というのが私個人的な正直な印象であった。

なお、見る人の角度や、動体視力、基準によっても変わるので、自分の印象が絶対とは思っていない。

ダヴィにはPKアピールの素振りは一切なく、それなら流して次のプレイだな…というところで、

すぐに吉田主審の笛が吹かれ、警告が出される。

スタンド騒然、それにスカパー録画でも実況&解説が疑問を呈している。

私も見直してみたが、ダヴィの倒れるモーション。

これは意図的なのか、意図的でないのかは不明であるが、シュミレーションの際のモーションに近いように見えなくもない。

大半の場合、人が倒れる際にはどちらかの足が地面につく動きになる。シュミレーションの見分け方として、両足が揃っているかどうかは審判講習会でも教えられるポイントである。

ちと、ダヴィの左足と右足が不自然なんだよなぁと私には感じられた。

ただ、それもわずかであるし、普通は流すだろう。

杓子定規な吉田さんだけに取ったということか。

あるいは、要注意人物として情報交換されている選手は厳しく見られるものであり、

ダヴィは鹿島以前からのネガティブな実績がある。それゆえ、シュミレーションと解釈されたのかもしれない。

せっかく更生しつつあるダヴィを温かく見守ってあげて欲しいのに、残念なことだ。

いずれにせよ、このシーンだけでは誤審とは言い切れず、ここだけに限れば極端に偏ったジャッジでもないのだが、

流してもいいところで、キッチリ厳しく取られた感は否めない。

それなら、その基準でセレッソ側のチャージもキッチリ取ってくれれば納得しやすいのに、

私の感覚では、そうは感じられなかった。

【ドロップボール】
72分、セレッソ陣内左サイドから、鹿島・山本のスローイン。

山本が小笠原にボールを出し、小笠原からワンタッチリターン。山本受けて、杉本健勇と対峙したところで、なんと、ボールパーソンがピッチにボールを投げ入れてしまう。

これでボールが二つに。

ピッチ内、プレイに影響するところで試合球以外のボールが入ってしまったので、試合を止めてからのドロップボールで正しい。

ここで、小笠原の駆け引きなのか、スローインでの再開が妥当だという解釈だったのか、吉田主審に詰め寄る。

サポーターの大半は、おそらく、このケースでドロップボール正解であることを知らなかったため、

「また主審が偏ったジャッジした」と騒然となる。

セレッソがドロップボールを外に出して鹿島ボールに返したことも、慣例的な通常の対応。

実は小笠原もあっさり引き下がっている。

比較的レアケースであったので初見となったサポーターはモヤモヤ抱えたことだろう。
セレッソ大阪に0-2の負け。

リーグ戦三試合連続無失点とリーグ戦三連勝が同時に途切れた。

水曜のヤマザキナビスコ杯でFC東京に負けていたので、私個人的には二連敗の感覚であるが、

しかし、開幕三連勝時と比較して、鹿島が極端に悪くなったわけではない。

鹿島のチーム力にはさほど変化がない。

対戦相手のデータ蓄積が進んできている。

現在の鹿島、中央締められて、対人強いCBにダヴィ抑えられると手立てなく、

サイド攻撃仕掛けるにしても有効な形がなく、攻撃力あるタレントが不足している状況にある。

先制されてしまっては、ボール保持できたとしても得点可能性は薄い。

時折、GK曽ヶ端の好セーブが飛び出す他には、あまり鹿島のストロングな部分が出なかったように思う。

選手の見極め、抜擢も果断だが、見切るのも果断なセレーゾ監督。

早々に土居・豊川を下げて、本山・ジャイール、それにカイオを追加投入する博打的な交代策に打って出た。

とはいえ、しょせんは博打。そうそう当たるものではない。

終わってみれば惜しい試合にもならなかった。

サッカーは勝ち負けが当たり前のスポーツであるので、一つの負けで落ち込む必要はない。

選手と指導者が改善点を修正すれば、あとは切り替えて次に向かうだけだ。

ただ、三万人の大観衆に鹿島の勝ち試合どころか、ゴールシーンも見せてあげられなかったこと、

それに、吉田主審とフォルランの衰えが顕著だったことは残念。

近年の吉田主審は、鹿島担当試合では、いい意味で目立たないジャッジが増えていた。

ひさびさに見たら、スプリント力が低下したのか、シーンとの角度と距離が足りなかったように感じた。

フォルランのキレと決定力がすっかり無くなっているのにもビックリした。

それでもゴール決めてきたのは、さすがはフォルラン、さすがは柿谷のタレント性といったところか。

このタレント性の部分で鹿島は後手を踏んでいる。

その中で鹿島の新外国人ジャイールの攻撃力が面白そう。

ドリブル、クロス、パスの技術面でブラジル人助っ人レベルの威力が垣間見えた。

また、懸念されていた守備では、寄せの速さと強さはないにせよ、カバー意識があった。

前線の組み合わせ次第、連係次第でチーム力を引き上げてくれるはず。

二連敗したところで、選手起用のテコ入れをしやすくなってくるだろう。

ジャイールの早い適応と、土居・豊川たちの再度の奮起を期待したい。
明日23日15時、カシマスタジアムでのセレッソ大阪戦。

フォルラン効果とリーグ戦三連勝が重なり、チケット前売りは26,363枚に達している。混雑は確実だ。

おそらくカシマ初来場の方も多いと予想されるので、ザクッと注意事項を書いておきたい。

【駐車場】
オフィシャル駐車場の駐車料金は500円。スタジアム敷地内の駐車場はソシオ限定であるので、一般には徒歩5〜10分程度のA、B、C駐車場を利用することになる。

ただし、この前売り枚数だとすぐ満車になる。さらにB駐車場は渋滞緩和のため試合終了後一時間出庫できない。

周辺の民間駐車場利用を考えておこう。

料金はまちまちだが、基本的にスタジアムに近いほど料金は高くなる。千円前後は見込んでおきたい。

気をつけておきたいのは、どこに停めるにせよ現金前払いであること。できればお釣りなしでスムーズに払えるよう、あらかじめ準備しておきたい。駐車場入る際にガサゴソ財布を探っていると、後ろが詰まることがある。

キックオフ間近になると民間駐車場すら空いていないし、渋滞も大変。可能であるならば公共交通機関の利用をオススメしておきたい。

いずれにせよ、早めの出発を心掛けていただければ。

【服装】
明日の予想最高気温は13度。メインスタンド側に席を取っている方は日陰で寒くなる。暖かめの服装を。

寒がりの方であれば席に関係なく冬の外出着で。

【持ち物】
タオルマフラーやレプリカユニフォームを持っていない段階の方に向けて書いているので、

まず、チケットは必要。

カバンを席の下に置く人であれば、それらがスッポリ入るビニール袋があってもいい。

後ろの席の人がモツ煮やビールをこぼした時にカバンを守るためだ。

席によっては、一度着席した後の移動が面倒になってくる。一時的にゴミを入れておくビニール袋を用意。

【スタジアムグルメについて】
日本屈指のグルメスタジアムとされるカシマスタジアム。

明日については、大半の売店で長蛇の列が予想される。

スタジアムで飲み食いに困った人々は「売店難民」と称されることもあるが、昼食抜いて遅めに出た場合、自分がそうなることを覚悟すべし。

備えとして水筒に飲み物を入れていくといい。なぜ水筒なのかといえば、ビン、缶、ペットボトルは持ち込み不可だから。

なお、500ml以下のペットボトルであればフタを外せば持ち込み可。それ以上のサイズのペットボトルは、どうあっても持ち込み不可。

それから、普段はオススメしない(※通常時はスタジアムグルメを楽しんでいただきたい)が、難民化に備えるならおにぎりが便利だろう。

私個人的にはスタジアムすぐ外の道路沿い売店。そのうち一つの焼き鳥はなかなか侮れない。難民になりそうな時には利用している。そこまではスタジアムグルメだと個人的に解釈している。

【一時休憩ポイント】
売店の並ぶコンコースの人混みに疲れたら、階段を登って上の階の通路に出るといい。

そこは普段ウォーキングコースになっているゾーンで広々しており、トイレも大抵の場合、空いている。一階席チケットの方であっても二階通路にはいける。

なお、二階の売店は空いていることが多いので、一階売店が無理だったら覗いてみるといい。
リオ五輪を目標とするU-21日本代表候補が発表され、鹿島アントラーズから豊川、植田、伊東が選出されている。

鹿島入団前から年代別代表の常連だった植田は当然の選出としても、豊川と伊東は鹿島に入ってからの活躍が認められてのもの。

高校新卒選手を育てて使う、鹿島のお家芸とも言えるやり方。

これまで79年組や内田、大迫、柴崎たち高卒の金の卵を育てて戦力化してきた鹿島であったが、

豊川と伊東については、彼らほどには有名選手ではなかった。高校サッカーファンでなければ知られていなかった選手。

椎本さんを始めとするアントラーズスカウト陣の情報網と慧眼には改めて恐れ入る。

その原石を鍛えて抜擢したセレーゾ監督も、やはりただの髭オヤジではなかった。

これから豊川と伊東がU-21代表に定着してくるようだと、ますます鹿島の高卒育成路線の評価が高まることになる。今後のスカウト活動にもプラスになろう。

伊東、豊川、植田は鹿島で試合に出始めているところ。鹿島と五輪代表の両方で、一気の昇り調子の活躍をお願いしたい。

旬の時にグッと伸びるか、伸びないか。悠長にやっていると、こと、五輪に関してはチャンスを逃す。速攻で主力の座を掴んでもらえれば。

サポーターとしても、五輪代表に鹿島から三人スタメン出るようだと熱を入れて応援できる。楽しみなことだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
昨夜、味スタで行われたヤマザキナビスコカップFC東京戦。

1-3で敗戦。

【曽ヶ端→佐藤】
コンディションも考慮され曽ヶ端が外れたが、ほぼベストメンバーの鹿島。

対するFC東京はイタリア人新監督の率いるチーム。

試行錯誤中であり、リーグ戦から8人もメンバーを変えてきている。

普通に考えれば、リーグ戦無失点3連勝中の鹿島が勝つ…と私個人的に余裕ぶっこいていた。

ところが鹿島は前半8分と10分に早々と失点。

これまで曽ヶ端の個人能力と統率力で塞いできた部分を、佐藤ではカバーしきれなかった形。

最初の失点シーン、佐藤の対応。

ペナに突っ込んでくる河野のドリブルに対し、出るか出ないか迷った挙句、遅れて出ている。

結果論になるが、これだけ出るのが遅れたなら、ステイしていた方が良かったように思う。

【慢心なのか、疲れなのか、実力なのか】
サッカーはミスのスポーツであって、一つのミス、一つの負けでカリカリする必要はない。

それにしても、昨日の鹿島。勝負に対するシビアさでFC東京を下回ってしまった。

カップ戦まで同一メンバーで臨んだことにより、若い選手たちの中には「俺はポジションを確保した」というような安心感がどこかに生まれたのかもしれない。

あるいは、慣れないJ1の中3日で集中力が出なかったのかもしれない。

たしかなことは、FC東京の方がエネルギッシュだったことだ。

立ち上がりの失点にしても、GK佐藤だけでない。

FC東京GK塩田からのロングキック、落下点の局面で鹿島最終ラインは攻撃陣に対し数的不利。

FC東京が前に人数をかけるやり方であったにしても、

このシーンではチームとして惰性で守ってしまっていた。

個としても青木は空中戦でキッチリ弾き返せていないし、伊東も守りで浮いている。

全体を見渡せる位置にいるGK佐藤やセンターバックのコーチング不足もあり、瞬時に適切なポジション修正がなされなかった。

得点者・河野のマークについていた昌子は自分のスピードを過信していたのか、佐藤と曽ヶ端の力差を考慮していなかったのか、後追いになりシュートを許す。

【引き出し少ない】
さて、今シーズン初めてリードされた鹿島。

ただ、選手にしてもサポーターにしても「先にリードされた時の鹿島の底力」は発揮したかった、見てみたかった部分である。

結論から述べると「本山を入れるまでグダグダだった」という例年通りのパターン。

リードしているFC東京はリスクを負って前に出る必要はなく、日本代表CB森重を中心にダヴィを抑え込む。

また、前から人数をかけたFC東京の守りにビルドアップを阻害され、

ちょっと手立てがなかった。

もともと、アントラーズのビルドアップはボランチが落ちてこないと厳しく、前線にも攻撃で突出したタレントは少ない。「ダヴィ頼む!」以外の攻撃パターンを確立していない。

それでも、鹿島はリーグ戦3試合では先にリードして、引き出しの少なさを隠して戦えていた。

しかし、3試合分のデータがあれば、戦術好きのイタリア人監督には対策できたのだろう。

まんまとしてやられた…としか言いようがない。

【タレントによる黄金コンビネーション】
しかし、一応、1点はとれたので最悪は免れた。

0-3だと攻撃も守備もダメダメ感が出てきてしまうが、1点でもとればいくらかダメ感が和らぐ。

その貴重な1点。

鹿島のゴールは小笠原のノールック気味の浮き球パスと、本山のベストタイミングでの裏取りが噛み合ったもの。

二人の高スキルと意志疎通が生み出した、これぞ三連覇期の鹿島!を思い出させるものだった。

今季の鹿島は運動量豊富ながらも、芸術点の高いプレイを出せるタレントは少ない。

サッカー観戦の魅力として、「勝利」「ゴールシーン」「パワフルな突進」「闘志溢れる守備」とか様々挙げられるけれども、

美しいテクニック、意表を突く戦術眼を出せる選手は限られている。

そんな本山のますますの活躍に期待したい。

また、この試合では途中出場したカイオも光るものを示している。

そのスピードあるドリブルと、シュートで完結する意欲。日本人選手には、なかなかないスケールの片鱗を感じさせてくれた。

失点に絡んでしまった昌子にしても、その後は冷静に好守備を継続。

センターバックというポジションでは「ミスした後、プレイに引きずらない」メンタルが求められる。能力的には全く余裕であったし、試合後コメントも反省を踏まえた前向きなもの。次からまた楽しみ。

【次に向けて】
日曜日のセレッソ戦に向けては、曽ヶ端が戻れば、だいぶピリッとするはず。

弱点が露わにされてしまったことと、同一メンバーにより疲労がたまってしまったことはネガティブ要因であるが、

若い選手たちの反発力、成長力が上回れば跳ね返せるだろう。

出場外選手では、サイドで攻撃力を出せる前野や、ハイタワー系とやりあえる山村あたりも、一層奮起して引き出しを増やす役割を果たしてもらいたい。

総合的なタレント力を上げる意味では、ルイスやジャイールが前評判を超えてくることも必要だ。

スカウティングされて、先制許したら、ハイ終わり…のチームから、次の段階への成長を見たい。

そういった反省の機会となる試合がリーグ戦でなくて良かったと。

ポジティブに捉えたい。
さて、明日19日(水)夜19時はヤマザキナビスコカップ予選リーグ第1節。

鹿島アントラーズの対戦相手はFC東京。

両チームともメンバーの入れ替えが予想される。

【気がかりな選手たち】
通常は鹿島所属の全選手を分け隔てなく応援したいものであるが、

それでも、チーム状況によって心配な選手も出てくるもの。

例えば、サッカー選手として働き盛りの年齢にありながら出番を失っている山村、前野、それに西。

同期92年組がスタメンとして3連勝に貢献する中、試合に絡んでいない梅鉢。

他にも出ていない選手は多いとはいえ、特に上記の選手は気にかかる。

明日、彼らの出番はあるのか、ないのか。

出たら出たでハイパフォーマンスを発揮してチームを勝たせてくれるのか。

見守りたい。

【世紀末】
ヤマザキナビスコカップは新たなスター誕生の場とされる。

今季、鹿島アントラーズは大迫勇也や岩政大樹といったキャラの濃い人気選手がいなくなっている。

今こそ老若男女から支持される新たなスターが求められている。

そこで大正・昭和生まれを中心に多大な期待を受けているのが植田直通だ。

まず、彼の風貌。ほぼ昭和のジャンプ漫画。


性格的にはケンシロウに近いものを感じられる。ケンシロウが平和な日本に生まれ育つと植田になる。

実力的にも元テコンドー日本一。

その植田に瞬殺されるザコ役にピッタリなのは豊川雄太。

先日の鳥栖戦でのアクションシーンの数々。イエローを受けた際のガッカリアクション。小笠原主将に「いつまでも文句言ってないで早く戻れ!」と突き飛ばされた際の飛ばされ具合。そしてゴール直後、ベンチまで巻き込んでのゴールパフォーマンス。

こいつは場を盛り上げるやられ役の素質があると唸らされた。

モヒカンザコに相当するのはルイス・アルベルトとカイオ。

植田が主役の顔すぎるので、どうしてもザコ役になってしまものの、豊川・ルイス・カイオたちも、広い意味ではイケメンに入れてもいいはず。

しばらく昔は、内田篤人や増田誓志、田代有三など誰もが認める正統派イケメン選手で押した鹿島アントラーズ。

今年のヤマザキナビスコカップは世紀末イケメン達が旋風を巻き起こす。
いやぁ、鹿島アントラーズが清々しい勝利で魅せてくれているおかげで、気持ちの良い月曜。

ただ勝つだけなら、これほど嬉しく感じなかったと思うのだけれども、

今回の開幕ダッシュは若手が躍動していて、

若手だけでなく、小笠原が34歳になって今だにサッカー選手として成長を続けているのが余計に嬉しい。

3試合連続無失点のスコアシートを眺めると、まるで自分の部屋をピカピカに掃除した後のようなスッキリ感に浸れる。

私は鹿島の試合録画をメモ取りながら見る趣味があるのだけれども、

いいところが多すぎてメモ取りが大変。

凡眼なので、ノーマルスピードで気づけなかったことがたくさんあり、

例えば小笠原のプレイをスローやリプレイで見直してみると、見逃していた好プレイが見つかる。相当量、味方のミスをリカバリーしている。

誰か偉い人が「本当に優れた選手は味方のミスを予測できる選手だ」と言っていた気がするけれど、

鳥栖戦の小笠原はまさにそれ。若手や新加入がボールロストした時の切り替えが圧倒的に速かった。

もともと戦術眼と経験値の非常に高い小笠原であるが、今年はそれを実現するフィジカルの良さがある。

小笠原以外の選手もいいところいっぱいのため、必然、メモの量が増える。

その度に再生をストップするため、遅々として試合が進まない。

今週は水曜日にヤマザキナビスコ杯(アウェイFC東京戦)があるので、それまでに急いで録画見きりたい。

いやはや、愉快なものです。
鹿島アントラーズはサガン鳥栖との首位対決を3-0勝利!

開幕からの無失点連勝を3に伸ばし、開幕ダッシュを決めることに成功した。

【今季初の強い相手】
鳥栖はやはり好チームであった。

豊富な運動量、球際の強さ、組織的なプレッシングをJトップレベルで実現。

訓練度の高い全体守備をベースに、キム・ミヌ、安田、豊田といったストロングポイントを生かして攻め立ててくる。

立ち上がりから鹿島は押し込まれ、開始直後に豊田の決定的シュート。

ところがどっこい、そこは鹿島の誇る曽ヶ端準。鋭い横っ跳びでセービング。

昨シーズンくらいからか、円熟の度合いを増している彼が失点危機を防ぐ。

これは試合の流れの上で、とてつもなく、とてつもなく大きなセービング。

仮にここで失点していたら、雪崩をうったように失点を重ねたかもしれない。

そう思わせるほど、その後しばらくの時間帯も、鹿島は鳥栖の守備圧力と、そこからの速い攻撃に苦慮する。

【鹿島の粘り】
しかし、今の鹿島には粘りがある。

全員の守備意識が高く、運動量があり、最後のところで破られない。ゴール前で身体を投げ出してくる。

粘りの象徴的存在は青木剛だ。

CBとしての体格・身体能力では抜きん出ている選手ではない(※スピードを中心に全能力が平均的に高いタイプ)けれど、

とにかく、彼は集中力を切らさない。ミスをしない。

青木に懸念されたのは「圧倒的な個」への対応力、すなわち豊田に対する守備であったが、

まず、単純な高さ対決にもちこまれないよう、落下点で駆け引きし、跳ばせないよう工夫している。

その緊張度の高い作業を、ボールのあるところ、ないところで、90分以上、間違いなく続けていた。

69分にはPKをとられたものの、私個人的には判定に納得していない。

この試合のジャッジでは、鳥栖ゴールのオフサイドを瞬時に正確に判断した副審は素晴らしかった。

高山主審のレフェリング全般については、怪我人と退場者を出さないことを優先する意図は悪くなかった。その点はセレーゾ監督も高評価していたようだ。

しかし、相変わらずというかJ1担当としては視認能力が今ひとつだったように思う。

いずれにせよ、青木のパフォーマンスは素晴らしいものだ。

セットプレイから貴重な先制ゴールを決め、一層の成長を感じさせてくれた。

【攻撃のキーマン】
GK曽ヶ端、CB青木は替えの利かない守備のキーマンである。

得点面ではFWダヴィも替えが利かない。

自身のゴールはなかったものの、独力で突破し、味方にチャンスボールを供給している。

彼のプレイエリアは限定されているが、土居や豊川が高機動衛星ユニットとしてダヴィの弱点分をサポート。

ダヴィとしては、大迫とエースとしての役割がカブってしまった昨季よりも、やりやすいのではないか(※もちろん大迫が悪かったとかではない。お互いの器用さとか組み合わせの問題)。

ダヴィ自身もエースとしてメンタル的に充実している様子。曽ヶ端のPKストップにも貢献している。

【曽ケ端 準】
(PKは)最初、逆に飛ぼうかと思ったが、ダヴィが反対を指差していた。
』(アントラーズ公式サイト)

たしかに豊田が蹴る前から、その背後「コッチ、コッチ」と蹴る方向を指し示していた。

それに賭けて跳んだ曽ヶ端も大したものだが、可愛かったのは、曽ヶ端がストップした直後、ダヴィが自分が止めたかのようにすごく喜んでいたこと。

映像にも映っているので、録画している方は再確認していただければちょっと幸せな気分になれると思う。

【自慢のボランチ】
ダヴィ、曽ヶ端、青木ときたら、小笠原と柴崎も外せないだろう。

PKストップ時、いち早くカバーに入っているのが柴崎。

彼は目立たないところでチームに必要なプレイをこなしている。

普通の若い選手は自分が目立ちたいものだと思うのだが、柴崎については完全にチームの責任を背負っている。

柴崎は自分の表面的なアピールどうこうではなく、スマートかつ高次元に、チームに必要なプレイを実行している。

それが分かる人には分かってもらえればいい…といったところだろうか。

小笠原は再びピークが来たのではないかというプレイぶりを続けている。

彼の長所は皆が知っている。「スピード」と「上背」と「ファッションセンス」以外、全部優秀。メンタルも強く、技術的にはヘディングまで上手い。

この三試合、私の感覚では、2009年JリーグMVPになった時よりクオリティが高い。セットプレイキッカーとしての精度も非常に高い。

【新戦力台頭しまくり】
強い相手に勝った試合であり、アントラーズ選手全員が及第点以上にやってくれたと評価できる。

及第点以下の選手が一人でもいると、そこが穴となり、一気にバランス崩壊するもの。

それを許してくれないレベルの相手だった。

山本は磐田での低評価がウソのような好選手ぶり。守備力があって機動力があって左右両サイドできる。鹿島でのつかみは最高だ。

若い昌子と伊東。彼ら二人は攻めの圧力によく耐えた。仙台、甲府と、ややヌルかったので、守備経験と自信を積み上げる意味でも無失点で終われて良かった。

土居がゴールを決めたのは嬉しい。オフザボールの斜め斜めの動き、守備で敵のパスコースを消す働きでチームに貢献する土居。昨季は大迫、今季はダヴィをよくサポートしてくれていて、なおかつ自分自身も生きる道を探っている。ゴールは、一つその結実だ。

豊川は「持っている」。主に守備にエネルギーを割いたが、それだけでなくゴールも決めた。決まった時間帯が良いし、シュート自体も素晴らしく鮮やか。

家族や友人も訪れたベアスタで決めたのはめでたいもので、ゴールパフォーマンスはチームとサポーターも盛り上がる若者らしいハツラツとしたもの。

よく動く土居や豊川に対して、遠藤はやや動き少ないが、

ただ、私は動けばいいってモンじゃないと思う。バランス良く動くことが大事であって、どの試合でも、どの時間帯でも安定してボールを預けられる起点になり、得点力もあり、セットプレイも蹴れる遠藤。彼も欠かせない選手だ。

途中出場では、ルイスもコンディションを上げてきている。バイタルエリアを締めるポジショニング、空中戦の強さ、パスの正確さ、ボール奪取など、長所をお披露目してくれた。

味方とのカブリ、マークのボカしこそあったものの、これは試合に出ていれば解消する質のものだろう。

カイオは縦へのスピードとドリブルをお披露目。

そして、若手だけでなく中田も出場させるなど、

セレーゾ監督は「若手でもベテランでも、ちゃんとやってるヤツは試合に出す」メッセージを選手起用で発した。ベンチ外の選手への叱咤激励にもなろう。

文句なく、いい流れだ。

【選手コメントも的を射ている】
●小笠原満男選手(鹿島)
「(結果が出ていることについて)そんなに簡単に行くわけではないし、このままでいいと思わずにやり続けないといけない。点は誰が取ってもいい」

●豊川雄太選手(鹿島)
「試合に出続けることも、点を取ることも自分にとっては大きいこと。これからもっと取っていかないといけないので、もっと練習してシュート数を増やしたい。次節以降も鹿島らしいサッカーをして、もっと走ってチームに貢献できるようにしていきます」
』(J's GOAL)

選手たちのコメントも納得いくもの。

一試合、一試合、大切に楽しんで応援していきたい。
明日はベアスタでの鳥栖戦。

いきなりの首位決戦だ。

【開幕ダッシュは5戦トータルで】
開幕連勝スタートの両チーム。

ただ、さすがに2連勝スタートで「開幕ダッシュ成功」と呼ぶには気が早い。

私個人的な感覚では、5試合して勝ち越すかどうかが一つの目安。

明日のうちに3連勝しちゃえば5試合での勝ち越しも確定。

それで文句なく開幕ダッシュ成功になるのではないか。

勝つだけでなく、豊川、山本、昌子らを新たにスタメンに加えて、植田も慣らさせている。

育成と結果が両立するならば、これほど愉快なことはない。

【強力タレントとの対決】
私は、あまり「相手が弱かったから勝てた」と捉えるのは好きではない。

ただ、甲府と仙台は2節経過して鹿島以外にも勝てておらず、今季現時点で強いとは言えない。

2連勝している鳥栖は、少なくとも甲府と仙台より上と見るのが自然。

鳥栖には組織的なハードワークがあり、豊田、キム・ミヌといった個人能力で上回ってくるタレントもいる。

彼らのストロングな部分は、鹿島の課題としている部分にぶつかってくる。

例えば、豊田なら身長185cmに横幅もあり、パワーとスピードを兼ね備える。Jトップレベルの空中戦の力を持つ。

その彼に青木・昌子・植田たちがどのように対抗するか。

過去には一定以上高いFWにあっさり負けてきた青木だが、今季は違うところを見せてくれると思うし、

昌子・植田にとっては、自らの空中戦力を計る絶好の機会になるだろう。

他、サイドアタックも厄介であるも、相手が強ければ強いほど寄せが速くなる伊東が頑張るはず。

ひさびさの「首位決戦」の響き。

序盤とはいえ、とても楽しみだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
ユース:スペイン遠征(3/12)』(鹿島アントラーズ公式サイト)

スペイン遠征中の鹿島ユース。

高校生がスペイン遠征というだけでも豪華なものだが、

あのバルセロナユースとのトレーニングマッチ。

…で、なんと勝ってしまったという。

いやはや、これは試合の様子を見てみたかった。

その後、鹿島ユースのメンバーはカンプノウへ移動。欧州チャンピオンズリーグ2ndLegバルセロナ×マンチェスターCを観戦したとのこと。

うーむ、本当に豪華スケジュール。

「近年屈指のタレント揃い」と評される現ユースチームだけに遠征効果が楽しみになる。

もちろん、スペイン遠征をすれば誰でももれなく成長するわけではないにせよ、

こういった経験をきっかけにする若者は必ず出てくる。

彼らのうちから、いつか「鹿島ユース時代のスペイン遠征が転機になりました」と話す偉大な選手が出てくるかもしれない。
ジャイール選手が加入』(鹿島アントラーズ公式サイト)

ようやく新外国人選手が決まった。

昨季J2ジェフ千葉に所属し、守備貢献が低すぎるため構想外となり、中東UAEにレンタル移籍に出されていたジャイール。

鹿島には千葉からのレンタル移籍での加入となる。

【まず、大物でない件】
鹿島の新外国人選定については「第一候補はブラジル代表経験者」(鈴木満常務)の報もあったので、そのクラスを望まれていた方にとってはガッカリ感が大きいはず。

ブラジル代表経験どころか、J2千葉でも戦力にならなかった選手。

私個人的には、今の時期にブラジル代表経験者や、準代表級の選手が残っているとは考えにくかったので、消極的納得のできる選定。

問題はジャイールの実力だ。

私は見たことがない。

千葉サポーターさんに教えてもらったのは、

・キックとドリブルの攻撃技術はJ2レベルで突出。

・フリーキックは普通。

・それだけで縦に抜けるほどではないが、それなりに速い。

・チームプレイする意識が低い。

・帰陣して守備する気がない。

・指示して帰陣させても粘りなく置いていかれしまう。

これが本当だとして、それならヨソのチームの選手として見ている分には面白そうではあるけれども、

鹿島でそのまんまであったら、使いどころに悩みそう。

さて、鹿島に来て変わるかどうか。

【再生工場】
ここ数年、鹿島は他クラブの構想から外れたブラジル人選手を再生し続けている。

例えば、マルキーニョス、ドゥトラ、ジュニーニョ。

彼らは三者とも、前所属監督の構想から外れたか、外れつつあった選手。

それが鹿島に来て、評価を覆してみせた。

マルキーニョスは無冠時代に終止符を打ち、三連覇を牽引。

ドゥトラとジュニーニョは、戦力の最も落ち込んだ時期、降格回避に貢献してくれたと私は考えている。

アレックスやジウトンは微妙なまま失敗に終わったが、それは元々の評価通りだったというだけ。

ブラジル人選手再生工場としての鹿島は信頼性が高い。

さて、ジャイール評の「ボール持ち過ぎ」は鹿島加入前のマルキも一緒だった。

「連係プレイ苦手」はドゥトラが、「守備しない」はジュニーニョの評価として定着していた。

鹿島に来たら、皆、いい方向に変化した。

これだけブラジル人のヤル気を引き出せるのは、

常に大物ブラジル人監督を招聘し続ける鹿島ならではのメリットだろう。

海外から優良外国人を獲得するのが不得手である以上、この再生能力は使わねば損だ。

【レンタルなので】
とはいえ、ジャイールの諸刃の剣っぷりは、聞く限り相当なもの。

もしかしたら、過去最強レベルも想定される。

いくら鹿島であっても、結構、博打な気がするが、

しかし、そこは便利なレンタル移籍。

成功してくれれば掘り出し物、失敗しても損失は小さい。

ひとまず、攻撃交代の、縦に推進力を出せるようなジョーカーが不在であるので、

ジャイールに攻撃能力とスピードがあるらしいのは良い。

早い段階で試されるのではないか。

背番号7はアルシンドの路線。

無名ハゲカッパだったアルシンドが、スピードと技術、得点力でJリーグに旋風を起こしたのは遠い昔。

満さんは、その再来を期待しているのかもしれない。
大迫勇也の結婚が正式に発表されている。

大迫、タレント・三輪麻未と結婚!3・5“サコの日”入籍』(スポーツ報知)

お二人がお付き合いを始めた時期と、大迫のパフォーマンスが安定してきた時期は重なっている。

きっと、相互補完し合える、ご相性の良いカップルなのだろう。

めでたいことだ。

【まさかのリフレイン】
とはいえ、私個人的に好奇心が湧いたのは、大迫が相手方のご両親へちゃんと挨拶できたのかということ。

大迫といえば、世界屈指のコメント力(の低さ)を誇る男。

10代の頃のインタビューにはぶったまげたものだった。

Q「今日のゴールはいかがでしたか?」

迫「イヤ…、もっと決められるところがあったんで次は決めたいッス」

Q「次に向けての意気込みを聞かせてください」

迫「イヤ…、もっと決められるところがあったんで次は決めたいッス」

小さい声のボソボソしゃべりで、コメントの中身も、まさかの繰り返し。

これは半端ない男が現れたと思ったものだ。

近年は彼のコメントも多少は進歩しているものの、

元がアレ。スタート地点がずっと後ろ。

勝手知ったる相手ならいいが、緊張すれば「イヤ…、○○ッス」「…ども」「…ハイ」しか出てこなそうな気配がプンプン漂う。

その少ない手持ちの武器で大迫がどんな挨拶をしたのか。

また、今後、披露宴などがあれば彼のスピーチはどうなるのか。

なかなか興味深いものがある。

【男の挨拶】
父「君が大迫くんか。娘から話は聞いているよ。どうぞ、座りたまえ」

迫「…ども」

父「娘のどこが気に入ったのかね?」

迫「…イヤ、全部ッス」

父「ほほう、全部か」

迫「…ハイ」

父「緊張しなくていい。楽にしてくれたまえ」

迫「イヤ…、緊張してないッス」

父「ああ、そう」

迫「…ハイ」

父「君から何かないか?」

迫「イヤ…、ないッス」

父「…そうか」

迫「…ハイ」

父「君は無口なのかね?」

迫「イヤ…、普通ッス」

父「ああ…、そう…」

迫「…ハイ」

父「…」

たぶん、こんな感じだったろう。

「非常に気まずい」という問題こそ発生したものの、最終的には無事に結婚成立したのだから、

世の中、「上手にしゃべろう」とか「面白いこと言おう」とか、

そんな頑張んなくていいのかもしれない。
昨日、行われたJ3の試合。

今節のU-22選抜には鹿島から杉本太郎がメンバー入りし、途中出場している。

スコア0-3。FC琉球の圧勝となっている。

【これぞ烏合の衆】
トップカテゴリーで出場機会のない若手のために結成されたU-22選抜だが、

このチーム、「毎試合メンバーシャッフル」&「前日集合」という、正真正銘の寄せ集めチーム。

対するFC琉球は、しっかり練習してきたチーム。彼らからは、寄せ集めに負けられるかという意地も感じられた。

スコアだけでなく、シュート数も12-3と圧倒したFC琉球。

「寄せ集め」と「真面目」が試合をすればどうなるか、見事に明らかにされた。

一応、U-22選抜チームは各チームの俊英揃いであるから、スローな状況なら問題なくプレイできてはいた。

ただ、阿吽の意志疎通が要る、高速下のアタッキングゾーンやディフェンディングゾーン。

そこで意図があわず、ことごとくミスになってしまう。

連係がダメなら個人能力で…!

とやりたいところなのだが、しかし、それができるほどの選手ならトップチームの監督が手放すわけがない。

その手前の段階なので、選抜に来ている。

個として打開を試みても、琉球守備陣を上回るほどの若手はおらず。

納得のFC琉球完勝。

こうなるんではないかと危惧されていた危惧が、早速実現した形だ。

【今のところはリトルたろう】
杉本は後半27分からの登場。

前述したように、パスが回るようなチームでなく、杉本にもまともにパスが渡らなかった。

ボールに触るプレイ機会は5回前後。

その数少ないボールタッチでも、キラッと光るセンスがある。狭いスペースでもワンタッチで素早く味方につないでみせる。

更に、小ささとクイックネスによってDFはたまらず潰してしまう。ペナルティエリア近くでのファウルゲット。

この2つのプレイからは杉本の良さを感じ取ることができた。

一方で、「背がかなり低く空中戦ができない」「ガチで身体がぶつかった時に弱い」というデメリットは、たしかに感じられた。いずれは弱点を埋めて余りあるくらいの強力アタッカーになる器であるが、

昨日の時点では、デメリットを打ち消すだけのメリットは出ておらず。

もっとも、それは他のU-22選抜選手も似たり寄ったり。

これだけ相互補完がないチームでは、異常にフィジカルが強い選手か、ゴールキーパー以外、活躍は困難だったはず。鹿島トップチームでもダヴィか曽ヶ端でなければ活躍できる気がしない。

まともに練習しないチームでJ3に勝つのは、やはり甘いということ。

そんなあきらめの雰囲気がテレビ画面越しのU-22選抜からも感じられ、

解説・秋田さんの「ただ試合をしているだけという風になってしまいます」というコメントに納得せざるを得なかった。

もしU-22選抜がこのままの調子になってしまうのなら、一年で廃止した方がいい。

当然、次はメンバーが代わるし、選手以外のところでも何らかの工夫がなされるはず。

また鹿島の選手が出場する時には見てみたい。
鹿島アントラーズはベガルタ仙台に2-0完封勝利。

2試合連続の無失点で、ホーム開幕戦を飾った。

発展途上のチームとしては、最高の結果でリーグ戦に入ることに成功した。

【堅固な守備ブロック】
仙台戦スコアは2-0。甲府戦の4-0より点こそ入らなかったものの、

内容は、より良かった。

特に前半実現した組織守備は整然としたもの。

一般的に「綺麗に守備ブロックのカタチを作っているけれど、カタチを作ることに気を取られて寄せが弱い」というパターンは、勝てないチームにあることであるが、

仙台戦前半の鹿島は綺麗に並んでいただけではなく、

ボールホルダーに対して、前線~中盤の一番近い選手が素早く寄せていた。

それに続く後方の選手たちの連動も、まずまず速い。

寄せが速いため、仙台カウンター開始を遅らせることができていた。

新スタメンでは、昌子や山本たちは新たにポジションを掴んだとは思えないほど、間違いなく守っている。

これまでは凄いポテンシャルがあるのに、一つ二つのポカで印象を悪くしていた昌子がミスらしいミスをしない。

磐田では失点に絡む守備の甘さが不評だった山本もルーズさを感じさせない。

この二人は昨季比でのプラスをもたらしている。

全体での守備力と運動量が上がったおかげで、小笠原や柴崎の守備エリアも限定できていた。彼らがサイドやDFラインに引っ張られてバイタルエリアを空けることがほとんど見られなかった。

数少ないピンチは曽ヶ端がパーフェクトな対応で防ぐ。

まさに全員で実現した組織守備がハマっていた。

もちろん、守備は相手がいてのことであって、

昨日の仙台は、ビルドアップに向かないメンバーでビルドアップしようとしていたことを考慮しておきたい。寄せをかいくぐれるタレントが少なく、守る方としては守りやすい部類に入る相手であった。

それでも、鹿島が前半の守備を継続できるようであれば、今後も、そうそう失点することはないだろう。

リーグ戦序盤の段階で、前半だけであっても美しい組織守備を実現できた。

鹿島アントラーズの堅固な守備を見るのは、久しぶりで嬉しかった。

あとは継続性と、それにスタミナは無限でないので、状況に合わせる自在性。

これらが出てくるのが楽しみだ。

【攻撃はタレント性】
守備が良くても、いざポゼッションとなったら、ちょっと困ってしまう鹿島。

攻撃は守備以上に繊細で、息を合わせるのに時間がかかるし、また、タレント性も要る。

今の鹿島は外国人獲得を進めている途中であり、「守備を頑張ったら攻撃に力が残らない」とか「攻守ともに勉強中」といった成長段階の選手を起用せざるを得ない状況にある。

なので、ゲームコントロールでは小笠原に拠るところが大きい。周囲のサポートが効いていることもあって、小笠原のタクトが冴える。

有効なパスの出し先としてはダヴィと遠藤が挙げられる。

【ダヴィのメンタル】
得点面において、ダヴィと遠藤の個人能力への依存度が高い。

ダヴィのフィジカルとメンタルが充実しており、サイドでのドリブル突破から味方へのアシストを厭わない。

ここ2試合はファウルトラブルも少ない。

仙台戦の最後の最後にイエローもらってしまったのは勿体ないけれど、大部分の時間帯でカリカリせず落ち着いている。

甲府戦の飯田主審、仙台戦の東城主審ともに間違いの少ないジャッジしてくれていたのも、一つポイントだ。

【監督から選手へのメッセージ】
遠藤のストライカー性も攻撃の決め手になっている。

彼はセレーゾ監督の試合後会見では見事に的にされている。


J1:第2節 鹿島 vs 仙台】トニーニョセレーゾ監督(鹿島)記者会見コメント(14.03.08)』(J's GOAL)

ザックリ要約してしまうと、「2得点したけど遠藤はチームを背負うべき存在だ。なのにリーダー意識も運動量もまだまだ足りないぞ、オラー!」という感じだろうか。

私個人的には、あんまり凄い選手になってしまうと海外に移籍してしまう時代。遠藤にはずっと鹿島にいてくれないと困る。コンディションが上がって、あとちょっと味方を使えるようになれば十分…と小ズルイ考えもある。

セレーゾにしてみれば、遠藤の才能の大きさへの期待と、お人好しで人の話聞いてない風なのがもどかしいのかなと思う。

また、メディアを通して遠藤に言っている一方(でも遠藤が監督コメント読むとは思えないけど)で、別の意図も読み取れる。

2得点した遠藤ですら、運動量の指摘をされる。

それならば、例えば途中交代で入っても2試合連続で運動量を出せない野沢。

一層の頑張りがないと、そろそろ昨シーズン後半のように構想外…という監督の基準が見え隠れする。

野沢だけでなく、現在ベンチ外の選手たち。

「戦える」「守れる」状態であることをアピールし続けることが必要だろう。

セレーゾ監督はベンチ外の選手まで、よく見ている。

前節ベンチ外から、いきなり起用することがある監督だ。

スタメンからベンチ外まで、選手たちの成長も楽しみだ。
さて、今夜19:00からのホーム開幕戦。

対戦相手はベガルタ仙台。

【ピッチ上】
まず、前節対戦相手のヴァンフォーレ甲府はハッキリ状態が悪かった。

それは試合を見た誰もが抱いた共通の感想だと思う。

なので、現場・サポーターともども、4-0大勝での油断はない。

仙台は長期政権だった手倉森監督が退任しているが、それでも甲府より悪いことはないだろう。

今節も勝つことで自信が深まってくる。

【守備面】
強いチームに相応しい連動性が高まっているか、その見定めも楽しみ。

とりあえずは守備。

・プレスがハマるか?

・カウンターへの備えができているか?

・攻→守に切り替わり、敵ボールになった瞬間、一人が素早くボールホルダーに寄せられているか?

・新戦力はマークの受け渡しを間違いなくできているか?

・カウンターを受けた際、ボランチがバイタルで砦になっているか?

【攻撃面】
攻撃でいきなり多くは求められないので、

・甲府戦4得点のセットプレイ。仙台にも高い得点力を出せるか確認したい。

・ダヴィの流れの中での機能性。ダヴィ個人と、ダヴィを生かす周囲の両方の問題。

【監督・個人】
・監督の交代采配。前節は大勝モードであり、ナントナクの交代でも問題にならなかった展開。接戦でどう出るか?攻撃交代パターン、逃げ切り交代パターンを今季は確立できるか?

・選手たちに対しては、綺麗事でなく全員に期待。今年一年は、曽ヶ端以外レギュラーが代わる可能性が十分に感じられる。リーグ戦序盤はポジション争い激しくて何も問題ない。中盤過ぎてからコロコロ代わるのは困る。

【ピッチ外】
カシマサッカースタジアムの試合日は試合時間以外も縁日みたいなもの。

・選手紹介の映像と音楽、スタジアムDJ。

・スタジアムグルメ。既存店のクオリティが維持あるいは発展しているか?ローストビーフ重以来の大物が入ってくるか?

・何でもいいので、カシマサッカー観戦(アクセス含む)の「昨季比いい変化」「改善したところ」が一つ以上あること。6割以上の来場者が気づけるものであれば、顧客満足度が高まり、いい評判につながっていく。
常々、客商売の不得手さを指摘される鹿島アントラーズ。

昨季と比較すると、いくつか改善した箇所が見受けられる。

今回、着目したのは鹿島アントラーズFCのファンクラブSNS「コンシェル樹」。

ようするに広報担当の人面樹だ。


コンシェル樹ツイッター

広報担当といえども、しょせんは植物。

2012年に植樹されてから丸二年、「ほとんどつぶやかない」「たまにつぶやくのは役に立たない情報」と一般的には不評の極みであった。

私は植物に期待をしない人間であるので気にはならなかったのだが、あてにしてもいなかった。

それが、どうしたことだろう。

最近のコンシェル樹、昨季比で5倍以上、情報発信している。

中には興味深い速報もあったりする(※ひげチケ完売など)。

人が変わったような、いや、樹が変わったかのような仕事ぶり。

鹿島サポーター間では「担当者が変わったのではないか?」「中の人が違う気がする」という声も聞かれるが、

ちょっと私には意味が分からない。

コンシェル樹はコンシェル樹。担当者などいるはずもないし、中に人がいるわけもないのだが。

いずれにせよ、仕事してくれる分には大歓迎。

理想的には、あんとランド(有料)でマメに出している新着情報のうちでも、広く知ってもらう必要のあるものは、もったいぶらずコンシェル樹でバンバン発信して良いと思う。

今後のコンシェル樹の働きに期待。

以前であれば必要性は皆無であったが、これからはフォローしたり、ブックマークしていいのかもしれない。
昨夜の日本代表戦。前半の20分くらいまでテレビ観戦。

【パスがこない】
大迫勇也を見たかったのだが、とにかく彼にパスが入らなかった。

大迫はボールのないところで懸命にボールを引き出す動きをしており、また、味方のためにマークを引き寄せる役割をこなしていた。

チームは4得点したので、それには彼の貢献があったと私は思うのだけれども、

大迫個人のアピールという点では、非常にボールタッチが少なかった。

メディアにも代表ファンにも「大迫はアピールできなかった」と言われてしまうだろう。

【二列目が主役】
日本代表は1トップ大迫にボールを入れる必要がなかった。

大迫を囮にして、本田、香川、岡崎を中心とした二列目だけで攻めきれる。

それにはニュージーランド守備陣のルーズさがあったし、

日本の二列目の能力の高さとエゴの強さがあったし、

それに、大迫がまだチームメイトから強い信頼を得られていないことと、大迫の動き出しの掴みにくさもあったのかもしれない。

大迫の欲しいタイミングでパスを入れてあげれば活躍したはずだが、

味方からは、大迫の特長に合わせてやろうという意志が、まったく見えなかった。

そうしなくても勝てるから、そりゃそうなんだけれども…。

「これは大迫、無理だ」と予感した私は、家族とスーパーマリオを始めてしまった。

なので、後半は見ていない。

遠藤保仁が入ってからは、大迫にパスを当てて、多少は機能し始めたと聞いている。

スタートから遠藤や内田篤人のような視野の広い選手がいれば、大迫ももっと生きたと思う。

【強行移籍も分かる】
前半20分だけを見ても、大迫がW杯出場のためにドイツ移籍を急いだ理由。改めて分かる気がした。

現在の日本代表で大迫が試合に出続けるためには、今以上のスーパーな力が要る。

献身的にポストと守備をこなすだけでは、前田遼一(磐田)と同じ、代表から外れる道を歩むことになる。

二列目でボールを収められて、前を向けて、ミドルも打てて、ヘディングも強い、なおかつ得点意欲が強い本田圭佑が軸なのだ。

大迫のようなポストプレイヤー(オールラウンド)タイプが生き残るには、本田と違った、本田にはない武器が要る。

例えば、昨日の状況であっても、アバウトなハイボールですらモノにして、正確に味方に渡せるような、圧倒的な空中制圧力があればボールも集まってきただろう。

鹿島でも、ジュニーニョのピンポイントクロスであればヘディングゴールを決めてきた大迫であるが、

他に空中戦で強力さを感じることはなかった。

長谷川祥之や田代有三のような、滅茶苦茶な高さというものを、試合で発揮したことは極めて稀。

また、そもそもパスがこないために回数が少なかったポストプレイにしても、大迫にしては完璧さに欠けた。最初の2、3回のうちにも小さなミスがあったと思う。

そのあたりで本田以上の強さと精度が出てくるようだと、

味方は大迫を探すようになる。

やはり、自分のパスからボールロストしたくないのが選手だから、困ったら信頼性の高い味方に出す。

そのレベルに達すれば、大迫は日本代表でもドイツ1部でも、イタリアでもスペインでも活躍可能になろう。

【大迫の成長の仕方】
昨日の代表戦は、大迫ファン的に不満しかないような試合。

とはいえ、彼は、すんなり成功してきた選手でないし、

今後もそんな気がする。

スピード、クイックネスに優れたタイプでない。

ゆるやかに成長して、大きな怪我さえなければ選手寿命も長いと考えられる。

私は、いつか彼が鹿島に戻る時に、本当にいい選手になっていてくれればというスタンスで応援している。

W杯出場を目指す中で、大迫は成長しているはず。

ちょっと昨日に関しては、普段、下手なチームメイト(1860ミュンヘン)と一緒にやっているせいなのか、それとも長距離移動→代表合流に慣れていないせいなのか、若干ながら技術精度が下がっているのかなという気はしたけれども、

身体はよく動いていた。

今はドイツでのゴールと勝利の報を楽しみに待ちたい。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
昨日、鹿島アントラーズはトップチームとユースチームの練習試合を行っている。

【トップチーム】
トップチームからすれば、相手は高校生。

食事とトレーニングで高校生としてはフィジカルの強い鹿島ユースといえども、高校生だ。

体格差があるため、とにもかくにも接触して怪我をさせないことが最優先。

例えば、ダヴィ(※甲府戦リカバリーのため練習試合不出場)とか植田(※甲府戦は途中出場だったため、練習試合も途中出場)とかはJ1でも人間兵器扱いを受けている。

異常に重く、恐ろしく固く、信じられないほどパワーがある。

万が一、高校生が彼らと正面衝突すれば、即死もあり得る。

そういうこともあるので、プロと高校生の練習試合には、繊細な注意がなされる。

パフォーマンス云々より「相手に怪我させないこと」、その一点が最重要。

ルイスや赤崎、山村を中心に、コンディションを上げる必要のある選手たち。

彼らが一応(ストップしながらのゲーム)なりとも試合形式の練習ができたことがメリットとして挙げられる。

【ユースチームの特典】
この練習試合は、ユースチームにとっては「特典」「役得」とも言えるもの。

通常、鹿島アントラーズが高校生と練習試合を行うことはない。

あるとしても、数年にいっぺん、全国トップ級の強豪校(市立船橋高など)とやるくらい。

大学やJFL、J2のチームとは定期的に練習試合を行っているが、その場合、対戦相手は遠路はるばるバス遠征してきてくれる。

こうして鹿島トップチームと練習試合できるのは、鹿島ユースだからこそ。

是非是非、全国の有望サッカー少年は入団希望していただければ。

【好素材、集まる】
ユース改革から四年目に入る。

過去二年はプレミア定着したものの、残留争いがやっとだった。

だが、今年は好素材が多い。

日々の過ごし方次第になるとはいえ、多くの勝利を経験していける下地がある。

ユースOBでは土居聖真がトップチームでスタメンの座を掴んでいる。

曽ヶ端・野沢以降、10年以上トップ活躍者が出なかった鹿島ユースも、

土居を皮切りに成果が出始めた。

土居のますますの進化と、彼に続くユースからの台頭を楽しみに待っている。
アントラーズの試合録画。

皆さんは、どのタイミングで視聴しておられるだろうか?

【考えられるパターン】
スタジアムから帰宅して、すぐ録画チェック。

生中継を見てから、夜中あるいは翌日にもう一度視聴。

勝ったら見る。

負けたら見ない。

勝っても負けても見る。

鹿島にスーパープレイがあれば、そこだけ再生。

怪しいジャッジがあったらすぐ確認。

様々あろうかと思う。

【見ないパターン】
私はここ数年、ブログを書いていることもあって、9割以上の試合録画を見るようになった。

見ない1割は「アントラーズの内容・結果ともに悪すぎた場合」か「対戦相手が弱すぎた場合」。

この二つのパターンに当てはまると、一切見る気がしなくなる。

【時間差パターン】
「録画を見る気はあるけど時間を置いてから見る場合」もある。

チーム状態が良くない時期の勝利試合だ。

厳しい結果を覚悟していた分、勝利が非常に嬉しく感じられ、数日は余韻に浸りたい。

だが、そこで録画を見直すと、大抵の場合、穴の目立つ内容であることが多い。

冷静になって見たら、そう良くもなかった…というパターンだ。

そうなると、せっかく盛り上がっていた自分のテンションに水を差してしまう。

文句なしの快勝であれば、すぐ録画を見る。

だが、そうでもなければ、勝利の余韻に浸り尽くしてほとぼりが醒めた頃にチェックすることにしている。

【甲府戦録画】
週末は映像を見なかった。

もう一度見れば、粗が目につく試合だと思ったからだ。

今日になって少しだけ見たところ、

遠藤のプレイスキック精度の高さ、昌子のインタビュー対応の上手さに改めて感心した。

左足でいいボールを蹴れる選手は貴重だし、鹿島でボソボソ喋りじゃない選手も貴重。

一方で、スコアは4-0でも、点差が開くまでは、結構、危ない試合だったとも感じた。

現状、攻撃に手をつける前の段階。まず守備がいけない。

見れば見るほど欠点が目につきそうなので、この録画の視聴を続けるか、迷うところ。

チームには一週間の調整で、一気に連動性を上げてもらえればと願いたい。

自信をつけた若い選手たちと、あとは出なかった選手ではルイス・アルベルトがキーマンだと思う。

ベンチ外となった選手たちの巻き返しにも期待。

今季は総力戦。

出場選手の多いシーズンになりそうだ。
関連記事
いやー、昨日の勝利は素晴らしかった。

開幕戦を快勝でスタートできるとは、実にいいものだ。

試合内容を見渡せば、チューニングが必要な箇所が数多く見受けられるものの、

だからこそ、4-0スタートがプラスに効いてくる。

勝ち点を積み上げつつ、腰を据えてチームを作っていく。

その第一歩を切ることができた。

しかも、

チームの弱点3つを埋める可能性も見ることができた。

【左サイドハーフ】
ジュニーニョのいなくなった左サイドハーフ。

とりあえず求められる能力は「運動量」「守備意識」「仕掛けの力」。

豊川雄太の仕掛けはジュニーニョに及ばないが、

しかし、若者らしく走り尽くしてくれた。

鹿島の攻撃的ミッドフィルダーはファンタジスタ系の選手が大半。

速く動ける豊川は鹿島において貴重。

今後、2試合、3試合と通用していってくれるか、様子を見たい選手だ。

【DFリーダー】
鹿島の誇るCB陣、青木、山村、植田に共通する弱点として、声の小ささ、アクションの小ささが挙げられる。

その点で、昌子源はDFリーダーの資質が高い珍しい選手。

彼はコミュニケーションへの研究心が強く、指示を出すことを苦にしない。

元々、そういった特徴はあったのだが、最近はコーチングの質が上がっていると報じられている。

コーチングの質というもの。

例えば、アントラーズOBの秋田豊さんは、顔からして、試合中に「闘魂!」「マッスル!」「オラ!こいや!」「根性出せやー!」しか言っていないように見えた。

だが、それは固定観念。見た目で判断しただけだ。

秋田さんと対極の頭脳派DFとして知られた元日本代表・宮本恒靖さん。

「秋田さんには日本代表で一緒になるまでそういうイメージがなかったのですが、コーチングの的確さに驚きました」という風におっしゃられていたことがある。

スピーディなピッチ上で、必要なタイミングで、端的に、すぐ反応できる指示を出せるか。

昌子はその重要性を知り、実戦レベルまで高めてきているようだ。

【左サイドバック】
右SBに攻撃的なサイドバック(現在は伊東幸敏)を起用するとなると、反対サイドの左SBには守備力が要る。

右SBの背後を使われ、そこからクロスが上がってくる回数が増えるため、左SBには空中戦で跳ね返す力が要る。

それもあって、昨季は本来センタープレイヤーの中田浩二がレギュラー起用されていたポジション。

磐田から移籍加入の山本脩斗が開幕戦を無事にこなしてくれた。

山本は機動力もあるので、当然「左SB中田」以上のものを期待されることになる。

ここ数年、鹿島はサイドバックにジウトン、アレックス、西大伍、前野貴徳と移籍獲得してきているが、なかなかフィットしない。

最初から監督の信頼を得ているというだけでも、すでに珍しい存在だ。

【一試合だけだが】
一試合だけで、サッカー選手の真価が分かるものでないのは当然のこと。

それでも、プロサッカー選手は毎試合ふるいにかけられる存在であり、

最初の試合を合格しないと、次がないことが多い。

一試合やれて、それでやっと次がある。

開幕戦で可能性を見せた選手たち。

彼らの次の試合に期待したい。

続けてくれて、初めて、鹿島アントラーズのレギュラー選手と認められる。
本日のJリーグ開幕戦、鹿島アントラーズはヴァンフォーレ甲府を相手に4-0快勝。

素晴らしいリーグ戦のスタートを切ることができた。

【フレッシュマンの開幕戦】
アントラーズの先発メンバーは目新しい選手たちが並ぶ。

Jリーグデビュー戦となる二年目の豊川雄太、アントラーズデビュー戦となる山本脩斗、昨年の大怪我からの公式戦復帰初戦となる昌子源が先発に名を連ねた。

昌子は一昨年すでに大舞台も経験しているが、この試合は大きなものであったはずだ。

そして、彼らは非常によくやってくれたと言っていい。

豊川の走力と攻め気は、攻守にプラスをもたらした。彼のことは、私は少しJ1は早いのではないかと心配することの方が多かったのだが、余すことなく思いきりやってくれた。見返してくれるだけのパフォーマンスだった。

山本も合流が遅れていたとは思えないほど、守りのバランスを取って破綻を防ぐ。昨季の鹿島にいなかった運動量と身長を兼ね備えた左SBであることを、まず一つ示してくれた。

昌子の守備範囲の広さ、一対一の強さ、コーチングは、ラインを押し上げて戦う主因になった。公式戦復帰で普通にできただけでも大したものなのに、CBの先発として開幕無失点を達成、しかも、ゴールまで決めた。今は亡き先代ゴリラも喜んでいるはずだ。

それぞれミスもあったにせよ、緊張する開幕戦、連係面でのやりにくさを考慮すれば、相当によくやってくれた。率直に賞賛したいものだ。

【年齢は関係ない】
彼らフレッシュな選手だけでなく、

先制ゴールでチームを落ち着かせてくれたダヴィ、

冷静にボールを捌き、守りも堅実にこなした遠藤、小笠原、柴崎、

引き続きの成長を見せる土居に伊東、青木、

ミドルシュートには危なげなく反応し、自陣のパスは危なげある曽ヶ端。

この試合のメンバーは、プレッシングとラインアップを実現するためのベターな人選がなされていたが、それぞれ納得のパフォーマンスを見せてくれた。

彼らは、自らがベストメンバーであるとプレイで主張してくれた。

【セレーゾの選定眼】
それにしても、セレーゾの抜擢は大したものだ。

毎日毎日、熱心に直接指導しているだけあって、若手抜擢時の決断は揺るぎない。

この点は紛れもない長所として認識しておきたいところである。

もちろん、力の落ちてきた選手、ポジションを失った選手にとっては、つらいところはあろうし、

認めにくいところもあろうが、

しかし、外野から見て、その点の間違いは相当に少ない監督だと思う。

それより今日の心配は、練習試合でも90分間プレイしていなかった選手がほとんどであったので、試合体力の面。

そこに不安があったものの、バテたなりに最後までもった。

結局、セレーゾの読みが勝ったと言える。

開幕戦が最低値。

今後は体力も連係も高まってくるはずだ。

【コール交換】
試合終了後には甲府サポーターから鹿島へ感謝のコール。

鹿島サポーターから甲府へも応援のコール。

今日は鹿島が勝ち点3を頂戴したが、実際のところ、ヴァンフォーレはチーム作りの重要な時期に多大なマイナスを被っている。

鹿島も2011年の震災後には、まともなコンディションを作ることができなかった。その年は、最後までマイナス影響を引きずってしまった。

「被害を受けたホームタウンのために」という気力だけでは、勝つのは難しかったのだ。

甲府も、正直、そのような状態に見受けられた。

これから立ち直って、がんばっていただきたい。

鹿島としては、今日の勝利は素直に喜び、選手たちの仕事を讃えるとして、

それでも、この快勝で慢心する者はいないだろう。

大勝スタートはホッとできたが、より正確な力は、これから数試合で把握されることになる。

一つ、一つ、勝っていきましょう。