鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
鹿島アントラーズは天皇杯3回戦、J2水戸に敗戦。

延長120分0-0、延長戦でのPK負け。

J2水戸との力差を見誤った1.5軍の先発起用(※ナビスコ神戸戦から10人の入れ替え)。

ほとんど試したことのない選手配置(※本山ボランチなど)。

120分で交代枠を1つ余らせたまま終わってしまったこと。

たしかに、この試合のメンバーで勝っていたらチーム戦力の底上げにつながり、連戦の休養にもなり、大いなる収穫であったと思う。

現実にそうならなかった時、明らかなるミスについてはミスであると指摘したい。

クラブ史に残る敗戦。これはもう変えようがない。

着目しているのは、石井さんが監督としてどう受け止め、変化するか。

念願の日本人OB監督だ。

彼は誰よりも選手を熟知している。鹿島アントラーズを知り尽くしている。

真面目な人柄も素晴らしい。

ただ、勝負勘、交代策の引き出し、決断の果断さに欠ける印象を持つのは私だけではないだろう。

今シーズン残された大勝負で、今回の経験を誰の目にも分かるように活用してもらいたいもの。

『Q 試合後サポーターの前まであいさつに行ったが。
A 今回の敗戦の批判は僕自身が受けなくてはいけないものだと思い、行きました。 』
鹿島公式サイト

石井監督は分かっていらっしゃる。ますます力をつけて、ここ一番の大勝負に勝っていただきたい。

もちろん、今回出場した選手たちにも。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?