鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
吹田スタジアムでの鹿島アントラーズ×ガンバ大阪のリーグ戦1stステージ 第1節、前半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

【FW 金崎】
前線でボールを収める技術の高さとフィジカルの強さ、闘争心を併せ持つ。速さもあり、ガンバDF陣と身体をぶつけ合いながらもドリブル前進。必然、守備陣の目線を自らに引きつけるのだが、そこから更に突破あるいはシュートを選ぶこともできるし、前向きの味方にチャンスボールを供給することもできる。

この試合でも前半から、何が何でもボールをゴールに近づけるという意識がズバ抜けていた。ややもすると大事に持ちすぎがちなチームにあって、金崎の復帰は相当に大きい。能力・メンタリティ共に最前線の万能選手と化している。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カシマスタジアムでの鹿島アントラーズ×水戸ホーリーホックのプレシーズンマッチ、後半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

【FW ジネイ】
最前線でロングボールのターゲットとなる。
8分、鹿島カウンターの流れから遠藤のクロス。ゴール前、巧くDFの間に入り込んだジネイ、頭で冷静に流し込む。

ハイテンポを要求されるようなバイタルでのポストプレイの連係は、まだ合わないところがあり、ズレがしばしば。熟成が待たれる。
とはいえ、味方を使う意図がよく分かるのが好感。柔らかなボールキープから受け手のプレイしやすいパスを出してくれる。

守りでは相手GKとバックラインに適宜、プレッシャーをかけていく。ミスパスを誘い、ショートカウンターにつながるチェイシングもあった。

強いていえば、日本のDFの接触プレイ、その判定基準に適応するのに、やや時間がかかるか、苦労しそうなことか。ノーファウル判定の接触で倒れる場面が散見された。
カシマスタジアムでの鹿島アントラーズ×水戸ホーリーホックのプレシーズンマッチ、前半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

【OMF カイオ】
スピード豊かなドリブルキープから逆サイドへの大きな展開、ゲームメイクにも幅の広がりを見せる。

独力の個人能力の高さはますます磨きがかかり、二人三人に囲まれても突破していく。強引にでもシュートで完結できる。

ただ、35分。自分一人のイメージで誰も味方のいない右前方のスペースへロングボールを入れてしまう。

この場面、遠藤が真ん中の裏にボールを要求して走っていたため、遠藤を欠いた状況で水戸のカウンター開始。鹿島のボランチとCBのバタバタした対応が重なり、失点に至っている。
カシマスタジアムでの鹿島アントラーズ×水戸ホーリーホックのプレシーズンマッチ、前半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

【CB ブエノ】
最初のCK守備。前に入られて、ヘディングシュートを打たれており、危うかった。一応、身体をつけてはいたからシュートを外させることはできたが、後手に回ったマーク。全般にボールに釣られ自由にさせてしまうことが目についた。

失点場面の手前、佐藤和樹のドリブルに相対した場面。決断が遅れ、佐藤のプレイ選択をほとんど制限できていない。フリー状態で余裕を持ってスルーパスを出されており、失点に至っている。この試合ではマーキングの強さも、対応力の高さも感じられなかった。

また、ビルドアップ時のパスが度々ズレてしまう。角度もスピードも丁寧さを欠き、受け手とのイメージが合わない。

CBは前半からのプレイが重要。新外国人選手はプレシーズンからのアピールが重要。その観点からすれば物足りなかった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
Pikaraスタジアム(香川県丸亀)での、鹿島アントラーズ×カマタマーレ讃岐のプレシーズンマッチ、後半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

【右SB 伊東】
守りに比重を置き自陣に人数を割く讃岐。前のスペースが生まれにくく、伊東の得意とするフリースペースへのダイナミックな走りを繰り出せないゲーム展開。

そうなると、上がってもマークのついた状態でのプレイを強いられる。現時点で得意とは言えないビルドアップは詰まりやすく、顔を出した味方にテンポよくボールをつけるに至らず。右サイドでのスムーズな攻撃展開を促すことはなかった。

ただ、27分のクロスは良い。小さなフェイントを入れてクロスのコースを作り、ファーへ伸びるキック。チャンスを作り出す。西との交代までに2本ほどクロスを入れた。

伊東は西のように自ら組み立てられる選手ではないが、しかし、機動力に優れ、ランニングからのクロスという武器ある。この試合では地味であった分、次の機会を楽しみとしたい。
Pikaraスタジアム(香川県丸亀)での、鹿島アントラーズ×カマタマーレ讃岐のプレシーズンマッチ、後半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

【DMF 久保田】
前半は勝負パスやミドルシュートを放つチャンスがあったのだが、慎重なプレイを選んで逸してしまったのは惜しい。
ただ、味方を使いながら、ペナ内にランニングするアイディアは良い。

強風の影響もあり、効果的にロングボールを通す場面は見られなかった。ショートパスのつなぎは正確。

後半には積極性を出そうという意志が見えるプレイがいくつか。プレイエリアを高めに上げたり、遠めからでもミドルを放ったり。
とはいえ、ここぞのクロスは流れるなど、決定的なプレイは出なかった。

三番手ボランチとして名乗りを挙げるチャンス、今回は生かしきれなかった。
Pikaraスタジアム(香川県丸亀)での、鹿島アントラーズ×カマタマーレ讃岐のプレシーズンマッチ、前半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

【FW ジネイ】
ワンタッチツータッチのボールテクニックの確かさ、ボックス内でのキープ力、空中戦、ポストに入る際の予備動作など、能力の高さがところどころの動きに表れた。

味方を使う意識も、それを実行するためのテクニックもあるので、あとは味方と息を合わせられるか。コンディションを高めて、今以上の個人能力を出せるか。

【CB 昌子】
2分、コーナーキック守備。ファーの選手を見ていたはずが、風にあおられるハイボールに釣られ、真ん中にいってしまう。結果、ファーにいたエブソンがフリーになり、やすやすとヘディングシュートを決められてしまう。

この失点を引きずったか、あるいは、得点でメンタルが強まった讃岐の勢いに押されたか。序盤はバタバタしてしまう。

指示の正確性迅速性にやや頼りなさが見られ、インターセプトに出るもマイボールにしきれず。何かとプレイが裏目に出やすい時間帯。

この序盤を1失点で凌ぎ、平常通りのリズムに持ち込んでいく。そこからは身体を寄せる上手さ強さを一対一の場面で発揮し、空中戦も地上戦もカテゴリー違いの盤石対応。

攻撃面でも良さが出る。CKにつながるミドルシュートや、セットプレイからの決定的ヘディングシュートを放つ。我那覇にゴールライン上でクリアされたものの、1点ものだった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
宮崎でのスカパー! ニューイヤーカップ、鹿島アントラーズ×ジェフ千葉のプレシーズンマッチ、後半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

両チーム、中一日の疲労もあり、ダイナミックなフリーランニングは、ほぼ見られない試合。0-0のまま試合時間が経過し、判断力の鈍ってくる76分。中盤での昌子からの胸パスが小笠原に渡った瞬間を狙われ、カウンターを受ける。鹿島、数的に余裕のない守備対応を強いられ、失点。

その後は一層、守備意識を高める千葉。鹿島は攻め立て、小笠原、遠藤を軸に攻撃展開。植田も積極的に攻撃関与。鈴木優磨、杉本といった交代出場選手がアクセントをつけるも、及ばず。0-1終了。

【GK 櫛引】
出足よくDFラインの後ろに出されたボールをクリア。セービング機会は少なかったが、ハイボールキャッチング安定。キックの飛距離も長い。

ただ、51分、自陣左サイドへクリアに出ていった際、千葉FW船山のドリブルに足をかけて止めたプレーは褒められたものではない。

船山は怪我には至らなかったが、より速い出足で先にボールクリアするか、味方を使うか、判断精度を高めて、このように自分へも相手へもリスクのあるプレー機会そのものを無くしたい。

また、仮に、もしイーブンの状況であっても、鹿島の戦士になったのならば、相手を怪我させるようなプレイは避けて欲しい。例えば、曽ヶ端は顔的には悪人であり、抗議もするとなればやかましいが、実はクリーンな選手なのである。

若手GKトップクラスの資質の高さは間違いない。足が出るGKではなく、アゴが出るGKを目指してもらえれば。

加入間もないこともあって、DFラインとの連係はこれから。自分がいくか、味方に任せるか、摺り合わせが進むと良い。

【FW 鈴木】
前線でのチェイシングにはスピードとパワーに加えて、読みがある。千葉GK・佐藤からボールを奪う好プレイもあった。

頭での落としもコントロールを効かせて、気が利いている。引き続き、将来が楽しみな選手。
宮崎でのスカパー! ニューイヤーカップ、鹿島アントラーズ×ジェフ千葉のプレシーズンマッチ、前半。ピックアップした選手短評。

詳細は公式サイト

引いて守る千葉、パスをつなぐ鹿島の図式。鹿島は数度のシュートチャンスがあるも決められず。0-0のまま後半戦に向かっていく。

【CB 植田】
スピードあるロングフィードを右ハイサイドに送り込み、攻撃の糸口を作る。他にも意欲的なグランダー縦クサビを最前線に打ち込む。

前半終盤には機を見て敵陣に駆け上がり、DFの寄せをモノともせずドリブルで運んでコーナーキックゲット。CBとして効果的な攻め。

一対一の守備能力はこのレベルで十分。守備時の反応の良さ、足を出すスピード秀逸。

ショートカウンターを受けた際、サイドバックやボランチを動かしながら守るという点で消極的であり、その時に彼は浮いてしまう(誰にもついていない、コースも切れていない)状態になりがちである。

【DMF 小笠原】
攻めの面では、ボールキープから誘い込んでファウルゲット。フリーキックを得る。
キープ力に余裕があり、空いている味方にパス供給していく。

守りの面では、引いて守る千葉に対し、高い位置からボール奪取をかける。ファウルはかさんだが、必要なプレイ。攻撃的守備でチームの方向性を示す。

20分、自陣でのボール保持時。パスコースを探すルックアップの間に敵に距離を詰められ、奪取されるミス。幸い失点にはつながらなかったが、シュートまで至っており危なかった。

【FW ジネイ】
献身的な追い回し。前へ持ち出すドリブル、ワンタッチでの戻しなど、技術力はところどころ見せた。

プレイ全般として、外国人助っ人と捉えると大人しい。ドリブルとシュートでの突出したものは、この日は見えなかった。

ある意味、鹿島らしい、良い人っぽさ、守備意識の高さがピッチで出ているのは好感も、やはりインパクトのある得点能力を求めたい。シュートは前半終了間際、赤崎のパスから抜け出して外れた一本のみ。

【FW 赤崎】
DFラインの裏を狙い続け、自陣からのロングパスを引き出す。つながることはなかったものの、ねちっこく繰り返しておくことは布石になる。
前半終盤にはDFにブロックされたとはいえ、CKになるミドルシュートを放った。

この試合ではポストプレイのミスが目についた。味方のプレイしやすい位置にボールをコントロールすることができず、ズレてしまう。ポストプレイが安定しないため、鹿島の二列目以下は十分にコントロールする余裕がなくなり、厳しかった。