鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Jリーグ・アンダー22選抜の登録選手に6選手が選出』(鹿島アントラーズ公式サイト)

J3に参加するアンダー22選抜に、鹿島からは、豊川、植田、伊東、宮内、小泉、杉本が選出されている。

カイオ(※日本生まれでないため、参加不可)を除いた、高卒三年以内の選手たちだ。

選抜チームにこれほど選出されるとは、これは久々の黄金期到来か…!

と、盛り上がりたいのは山々なのだが、

規約によると『所属選手を特別参加枠チームに参加させるJクラブは、試合参加料として、1 試合ごとに、選手1名につき 35,000 円 ( 税抜 ) をJFAに支払うものとする。』(Jリーグ公式サイト)とある。

つまり、アントラーズがお金を払って、若手6選手を実戦研修に出すというものである。

この選抜チームはJ3の試合の度に集まり、試合後は解散。

メンバーの大枠こそ決まっているものの、試合出場メンバーは毎回シャッフル。

これで真剣勝負の経験になるのか、彼ら若い選手に必要な責任感を得る機会になるのかは心許ない。

そういったデメリットは、この企画に携わった誰もが承知していることであろうが、

それでも、若い選手がクラブで紅白戦しかできないよりか、ずっといいと言える。

6選手にとっては、せっかくのチャンス。

もし、こちらの試合に出ることになったら、鹿島の選手らしくやってきてもられば。

自己アピールにとどまらない、チームの勝ちにつながる本当のいいプレイをお願いしたい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。