鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
各媒体での予想順位も出揃った今、「ダメなフリ作戦」について述べても良いだろう。

これは決して冗談などではない。

【失敗に見えた練習試合】
数多く練習試合が組まれ、その全てで内容が芳しくなかった。

内容だけでなく、せっかくのテストマッチであるのにメンバーを固めず、主に「若手」と「ベテラン」でチーム分け。これでは連係作りの効果がない。

大迫が抜け、補強が上手くいかなかったことに加え、チーム作りまで出遅れた。

以上が世間一般的な評価。

おかげで予想順位は軒並み低く、鹿島サポーターからの期待値も上がらず、チケット売上が芳しくない。

これらは「ダメなフリ作戦」のデメリットに挙げられる。

【スカウティング不能】
だが、現場にはメリットもある。

おそらく他クラブ関係者も訪れたであろう練習試合。

参考にならなかったはずだ。

「これといった選手はいない」

「ダヴィも、柴崎も、特別好調なわけじゃない」

「連係もない」

「セットプレイも怖くない」

どんなに警戒しようとしても、難しい。

スカウティングをした他クラブは、確実に油断する。

気を引き締めようとしても、ついついニヤけてしまう。

「鹿島、弱し」と。

鹿島は力を隠すことに成功した。

【隠すだけの力があるのか?】
冷静を自認する方であれば「実際、今の鹿島は弱い」とおっしゃるだろう。

たしかにPSMと練習試合を見れば弱い。

これでシーズン通して本当に弱かったらどうしようもないところだが、私は、そうだとは思わない。

今からでも各部署でやるべきことをやれば、戦えるだけの下地がある。

選手に目を向けてみると、現時点で日本代表に定着する大物は見当たらない。

しかし、将来は代表の主軸を張れるレベルの逸材と、

また、限定的な起用法であればハイパフォーマンスを発揮する往年の名手が多く揃っている。

しかも、FWと二列目を除いてだが、厚みが増している。

例えばセンターバックのポジション。

今はちょっと山村が調子上がっていないように個人的には思っていて、

だけれども、昌子が上がっている。

植田も昨年より、だいぶ良くなった。

これで仮に、シーズン最初は昌子や植田が出て、それで勝っていければ良いわけだし、

彼らの弱点がスカウティングされてきたり、疲労によってボロが出るようになってきた時には、

山村を使うという手段も選べる。なにせ全員に伸びしろがあり、器の大きさがある。

なおかつ青木と中田もいて、彼らに想定以上のプレイは難しいにせよ、着実に計算通りの力を発揮してくれる。

CBだけでなく、他のポジションを見渡しても、二列目とFWと除いては競争力がある。

左SBでは、昨季今季と前野&山本脩斗を獲得できており、守備的であるなら中田がいて、昌子も可能。

右SBでは伊東が成長し、西も残留している。

ボランチでは、小笠原とも柴崎とも違うタイプのルイス・アルベルトを獲得できた。

明らかに薄いのは二列目とFW。

即戦力の期待もある赤崎のコンディションが、負傷明けの影響かキレキレと言える状態に上がっていない。

大迫を失った土居が、ダヴィと合わせるのに苦労しているのもある。

しかし、ここは強烈な外国人選手一人獲得できれば、状況が一変する話。

【最後のピース】
若手の奮起は絶対に必要。

ベテランのコンディションも大事。

サポーターやスポンサーの支えは、当然、不可欠。

セレーゾ監督には、今だかつてないほどの名采配をしてもらう。

そこまでできれば、鹿島は相当やれるはずで、

プラスして有力助っ人の獲得成功があれば文句なくワクワク。

…ということで、もうビミョーな選手ならいらないので、

くれぐれも、鹿島が獲得できる最良の選手をお願いしたいと思っている。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。