鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日のJリーグ開幕戦、鹿島アントラーズはヴァンフォーレ甲府を相手に4-0快勝。

素晴らしいリーグ戦のスタートを切ることができた。

【フレッシュマンの開幕戦】
アントラーズの先発メンバーは目新しい選手たちが並ぶ。

Jリーグデビュー戦となる二年目の豊川雄太、アントラーズデビュー戦となる山本脩斗、昨年の大怪我からの公式戦復帰初戦となる昌子源が先発に名を連ねた。

昌子は一昨年すでに大舞台も経験しているが、この試合は大きなものであったはずだ。

そして、彼らは非常によくやってくれたと言っていい。

豊川の走力と攻め気は、攻守にプラスをもたらした。彼のことは、私は少しJ1は早いのではないかと心配することの方が多かったのだが、余すことなく思いきりやってくれた。見返してくれるだけのパフォーマンスだった。

山本も合流が遅れていたとは思えないほど、守りのバランスを取って破綻を防ぐ。昨季の鹿島にいなかった運動量と身長を兼ね備えた左SBであることを、まず一つ示してくれた。

昌子の守備範囲の広さ、一対一の強さ、コーチングは、ラインを押し上げて戦う主因になった。公式戦復帰で普通にできただけでも大したものなのに、CBの先発として開幕無失点を達成、しかも、ゴールまで決めた。今は亡き先代ゴリラも喜んでいるはずだ。

それぞれミスもあったにせよ、緊張する開幕戦、連係面でのやりにくさを考慮すれば、相当によくやってくれた。率直に賞賛したいものだ。

【年齢は関係ない】
彼らフレッシュな選手だけでなく、

先制ゴールでチームを落ち着かせてくれたダヴィ、

冷静にボールを捌き、守りも堅実にこなした遠藤、小笠原、柴崎、

引き続きの成長を見せる土居に伊東、青木、

ミドルシュートには危なげなく反応し、自陣のパスは危なげある曽ヶ端。

この試合のメンバーは、プレッシングとラインアップを実現するためのベターな人選がなされていたが、それぞれ納得のパフォーマンスを見せてくれた。

彼らは、自らがベストメンバーであるとプレイで主張してくれた。

【セレーゾの選定眼】
それにしても、セレーゾの抜擢は大したものだ。

毎日毎日、熱心に直接指導しているだけあって、若手抜擢時の決断は揺るぎない。

この点は紛れもない長所として認識しておきたいところである。

もちろん、力の落ちてきた選手、ポジションを失った選手にとっては、つらいところはあろうし、

認めにくいところもあろうが、

しかし、外野から見て、その点の間違いは相当に少ない監督だと思う。

それより今日の心配は、練習試合でも90分間プレイしていなかった選手がほとんどであったので、試合体力の面。

そこに不安があったものの、バテたなりに最後までもった。

結局、セレーゾの読みが勝ったと言える。

開幕戦が最低値。

今後は体力も連係も高まってくるはずだ。

【コール交換】
試合終了後には甲府サポーターから鹿島へ感謝のコール。

鹿島サポーターから甲府へも応援のコール。

今日は鹿島が勝ち点3を頂戴したが、実際のところ、ヴァンフォーレはチーム作りの重要な時期に多大なマイナスを被っている。

鹿島も2011年の震災後には、まともなコンディションを作ることができなかった。その年は、最後までマイナス影響を引きずってしまった。

「被害を受けたホームタウンのために」という気力だけでは、勝つのは難しかったのだ。

甲府も、正直、そのような状態に見受けられた。

これから立ち直って、がんばっていただきたい。

鹿島としては、今日の勝利は素直に喜び、選手たちの仕事を讃えるとして、

それでも、この快勝で慢心する者はいないだろう。

大勝スタートはホッとできたが、より正確な力は、これから数試合で把握されることになる。

一つ、一つ、勝っていきましょう。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。