鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アントラーズの試合録画。

皆さんは、どのタイミングで視聴しておられるだろうか?

【考えられるパターン】
スタジアムから帰宅して、すぐ録画チェック。

生中継を見てから、夜中あるいは翌日にもう一度視聴。

勝ったら見る。

負けたら見ない。

勝っても負けても見る。

鹿島にスーパープレイがあれば、そこだけ再生。

怪しいジャッジがあったらすぐ確認。

様々あろうかと思う。

【見ないパターン】
私はここ数年、ブログを書いていることもあって、9割以上の試合録画を見るようになった。

見ない1割は「アントラーズの内容・結果ともに悪すぎた場合」か「対戦相手が弱すぎた場合」。

この二つのパターンに当てはまると、一切見る気がしなくなる。

【時間差パターン】
「録画を見る気はあるけど時間を置いてから見る場合」もある。

チーム状態が良くない時期の勝利試合だ。

厳しい結果を覚悟していた分、勝利が非常に嬉しく感じられ、数日は余韻に浸りたい。

だが、そこで録画を見直すと、大抵の場合、穴の目立つ内容であることが多い。

冷静になって見たら、そう良くもなかった…というパターンだ。

そうなると、せっかく盛り上がっていた自分のテンションに水を差してしまう。

文句なしの快勝であれば、すぐ録画を見る。

だが、そうでもなければ、勝利の余韻に浸り尽くしてほとぼりが醒めた頃にチェックすることにしている。

【甲府戦録画】
週末は映像を見なかった。

もう一度見れば、粗が目につく試合だと思ったからだ。

今日になって少しだけ見たところ、

遠藤のプレイスキック精度の高さ、昌子のインタビュー対応の上手さに改めて感心した。

左足でいいボールを蹴れる選手は貴重だし、鹿島でボソボソ喋りじゃない選手も貴重。

一方で、スコアは4-0でも、点差が開くまでは、結構、危ない試合だったとも感じた。

現状、攻撃に手をつける前の段階。まず守備がいけない。

見れば見るほど欠点が目につきそうなので、この録画の視聴を続けるか、迷うところ。

チームには一週間の調整で、一気に連動性を上げてもらえればと願いたい。

自信をつけた若い選手たちと、あとは出なかった選手ではルイス・アルベルトがキーマンだと思う。

ベンチ外となった選手たちの巻き返しにも期待。

今季は総力戦。

出場選手の多いシーズンになりそうだ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。