鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今夜19:00からのホーム開幕戦。

対戦相手はベガルタ仙台。

【ピッチ上】
まず、前節対戦相手のヴァンフォーレ甲府はハッキリ状態が悪かった。

それは試合を見た誰もが抱いた共通の感想だと思う。

なので、現場・サポーターともども、4-0大勝での油断はない。

仙台は長期政権だった手倉森監督が退任しているが、それでも甲府より悪いことはないだろう。

今節も勝つことで自信が深まってくる。

【守備面】
強いチームに相応しい連動性が高まっているか、その見定めも楽しみ。

とりあえずは守備。

・プレスがハマるか?

・カウンターへの備えができているか?

・攻→守に切り替わり、敵ボールになった瞬間、一人が素早くボールホルダーに寄せられているか?

・新戦力はマークの受け渡しを間違いなくできているか?

・カウンターを受けた際、ボランチがバイタルで砦になっているか?

【攻撃面】
攻撃でいきなり多くは求められないので、

・甲府戦4得点のセットプレイ。仙台にも高い得点力を出せるか確認したい。

・ダヴィの流れの中での機能性。ダヴィ個人と、ダヴィを生かす周囲の両方の問題。

【監督・個人】
・監督の交代采配。前節は大勝モードであり、ナントナクの交代でも問題にならなかった展開。接戦でどう出るか?攻撃交代パターン、逃げ切り交代パターンを今季は確立できるか?

・選手たちに対しては、綺麗事でなく全員に期待。今年一年は、曽ヶ端以外レギュラーが代わる可能性が十分に感じられる。リーグ戦序盤はポジション争い激しくて何も問題ない。中盤過ぎてからコロコロ代わるのは困る。

【ピッチ外】
カシマサッカースタジアムの試合日は試合時間以外も縁日みたいなもの。

・選手紹介の映像と音楽、スタジアムDJ。

・スタジアムグルメ。既存店のクオリティが維持あるいは発展しているか?ローストビーフ重以来の大物が入ってくるか?

・何でもいいので、カシマサッカー観戦(アクセス含む)の「昨季比いい変化」「改善したところ」が一つ以上あること。6割以上の来場者が気づけるものであれば、顧客満足度が高まり、いい評判につながっていく。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。