鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿島アントラーズはベガルタ仙台に2-0完封勝利。

2試合連続の無失点で、ホーム開幕戦を飾った。

発展途上のチームとしては、最高の結果でリーグ戦に入ることに成功した。

【堅固な守備ブロック】
仙台戦スコアは2-0。甲府戦の4-0より点こそ入らなかったものの、

内容は、より良かった。

特に前半実現した組織守備は整然としたもの。

一般的に「綺麗に守備ブロックのカタチを作っているけれど、カタチを作ることに気を取られて寄せが弱い」というパターンは、勝てないチームにあることであるが、

仙台戦前半の鹿島は綺麗に並んでいただけではなく、

ボールホルダーに対して、前線~中盤の一番近い選手が素早く寄せていた。

それに続く後方の選手たちの連動も、まずまず速い。

寄せが速いため、仙台カウンター開始を遅らせることができていた。

新スタメンでは、昌子や山本たちは新たにポジションを掴んだとは思えないほど、間違いなく守っている。

これまでは凄いポテンシャルがあるのに、一つ二つのポカで印象を悪くしていた昌子がミスらしいミスをしない。

磐田では失点に絡む守備の甘さが不評だった山本もルーズさを感じさせない。

この二人は昨季比でのプラスをもたらしている。

全体での守備力と運動量が上がったおかげで、小笠原や柴崎の守備エリアも限定できていた。彼らがサイドやDFラインに引っ張られてバイタルエリアを空けることがほとんど見られなかった。

数少ないピンチは曽ヶ端がパーフェクトな対応で防ぐ。

まさに全員で実現した組織守備がハマっていた。

もちろん、守備は相手がいてのことであって、

昨日の仙台は、ビルドアップに向かないメンバーでビルドアップしようとしていたことを考慮しておきたい。寄せをかいくぐれるタレントが少なく、守る方としては守りやすい部類に入る相手であった。

それでも、鹿島が前半の守備を継続できるようであれば、今後も、そうそう失点することはないだろう。

リーグ戦序盤の段階で、前半だけであっても美しい組織守備を実現できた。

鹿島アントラーズの堅固な守備を見るのは、久しぶりで嬉しかった。

あとは継続性と、それにスタミナは無限でないので、状況に合わせる自在性。

これらが出てくるのが楽しみだ。

【攻撃はタレント性】
守備が良くても、いざポゼッションとなったら、ちょっと困ってしまう鹿島。

攻撃は守備以上に繊細で、息を合わせるのに時間がかかるし、また、タレント性も要る。

今の鹿島は外国人獲得を進めている途中であり、「守備を頑張ったら攻撃に力が残らない」とか「攻守ともに勉強中」といった成長段階の選手を起用せざるを得ない状況にある。

なので、ゲームコントロールでは小笠原に拠るところが大きい。周囲のサポートが効いていることもあって、小笠原のタクトが冴える。

有効なパスの出し先としてはダヴィと遠藤が挙げられる。

【ダヴィのメンタル】
得点面において、ダヴィと遠藤の個人能力への依存度が高い。

ダヴィのフィジカルとメンタルが充実しており、サイドでのドリブル突破から味方へのアシストを厭わない。

ここ2試合はファウルトラブルも少ない。

仙台戦の最後の最後にイエローもらってしまったのは勿体ないけれど、大部分の時間帯でカリカリせず落ち着いている。

甲府戦の飯田主審、仙台戦の東城主審ともに間違いの少ないジャッジしてくれていたのも、一つポイントだ。

【監督から選手へのメッセージ】
遠藤のストライカー性も攻撃の決め手になっている。

彼はセレーゾ監督の試合後会見では見事に的にされている。


J1:第2節 鹿島 vs 仙台】トニーニョセレーゾ監督(鹿島)記者会見コメント(14.03.08)』(J's GOAL)

ザックリ要約してしまうと、「2得点したけど遠藤はチームを背負うべき存在だ。なのにリーダー意識も運動量もまだまだ足りないぞ、オラー!」という感じだろうか。

私個人的には、あんまり凄い選手になってしまうと海外に移籍してしまう時代。遠藤にはずっと鹿島にいてくれないと困る。コンディションが上がって、あとちょっと味方を使えるようになれば十分…と小ズルイ考えもある。

セレーゾにしてみれば、遠藤の才能の大きさへの期待と、お人好しで人の話聞いてない風なのがもどかしいのかなと思う。

また、メディアを通して遠藤に言っている一方(でも遠藤が監督コメント読むとは思えないけど)で、別の意図も読み取れる。

2得点した遠藤ですら、運動量の指摘をされる。

それならば、例えば途中交代で入っても2試合連続で運動量を出せない野沢。

一層の頑張りがないと、そろそろ昨シーズン後半のように構想外…という監督の基準が見え隠れする。

野沢だけでなく、現在ベンチ外の選手たち。

「戦える」「守れる」状態であることをアピールし続けることが必要だろう。

セレーゾ監督はベンチ外の選手まで、よく見ている。

前節ベンチ外から、いきなり起用することがある監督だ。

スタメンからベンチ外まで、選手たちの成長も楽しみだ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。