鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日はベアスタでの鳥栖戦。

いきなりの首位決戦だ。

【開幕ダッシュは5戦トータルで】
開幕連勝スタートの両チーム。

ただ、さすがに2連勝スタートで「開幕ダッシュ成功」と呼ぶには気が早い。

私個人的な感覚では、5試合して勝ち越すかどうかが一つの目安。

明日のうちに3連勝しちゃえば5試合での勝ち越しも確定。

それで文句なく開幕ダッシュ成功になるのではないか。

勝つだけでなく、豊川、山本、昌子らを新たにスタメンに加えて、植田も慣らさせている。

育成と結果が両立するならば、これほど愉快なことはない。

【強力タレントとの対決】
私は、あまり「相手が弱かったから勝てた」と捉えるのは好きではない。

ただ、甲府と仙台は2節経過して鹿島以外にも勝てておらず、今季現時点で強いとは言えない。

2連勝している鳥栖は、少なくとも甲府と仙台より上と見るのが自然。

鳥栖には組織的なハードワークがあり、豊田、キム・ミヌといった個人能力で上回ってくるタレントもいる。

彼らのストロングな部分は、鹿島の課題としている部分にぶつかってくる。

例えば、豊田なら身長185cmに横幅もあり、パワーとスピードを兼ね備える。Jトップレベルの空中戦の力を持つ。

その彼に青木・昌子・植田たちがどのように対抗するか。

過去には一定以上高いFWにあっさり負けてきた青木だが、今季は違うところを見せてくれると思うし、

昌子・植田にとっては、自らの空中戦力を計る絶好の機会になるだろう。

他、サイドアタックも厄介であるも、相手が強ければ強いほど寄せが速くなる伊東が頑張るはず。

ひさびさの「首位決戦」の響き。

序盤とはいえ、とても楽しみだ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。