鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿島アントラーズはサガン鳥栖との首位対決を3-0勝利!

開幕からの無失点連勝を3に伸ばし、開幕ダッシュを決めることに成功した。

【今季初の強い相手】
鳥栖はやはり好チームであった。

豊富な運動量、球際の強さ、組織的なプレッシングをJトップレベルで実現。

訓練度の高い全体守備をベースに、キム・ミヌ、安田、豊田といったストロングポイントを生かして攻め立ててくる。

立ち上がりから鹿島は押し込まれ、開始直後に豊田の決定的シュート。

ところがどっこい、そこは鹿島の誇る曽ヶ端準。鋭い横っ跳びでセービング。

昨シーズンくらいからか、円熟の度合いを増している彼が失点危機を防ぐ。

これは試合の流れの上で、とてつもなく、とてつもなく大きなセービング。

仮にここで失点していたら、雪崩をうったように失点を重ねたかもしれない。

そう思わせるほど、その後しばらくの時間帯も、鹿島は鳥栖の守備圧力と、そこからの速い攻撃に苦慮する。

【鹿島の粘り】
しかし、今の鹿島には粘りがある。

全員の守備意識が高く、運動量があり、最後のところで破られない。ゴール前で身体を投げ出してくる。

粘りの象徴的存在は青木剛だ。

CBとしての体格・身体能力では抜きん出ている選手ではない(※スピードを中心に全能力が平均的に高いタイプ)けれど、

とにかく、彼は集中力を切らさない。ミスをしない。

青木に懸念されたのは「圧倒的な個」への対応力、すなわち豊田に対する守備であったが、

まず、単純な高さ対決にもちこまれないよう、落下点で駆け引きし、跳ばせないよう工夫している。

その緊張度の高い作業を、ボールのあるところ、ないところで、90分以上、間違いなく続けていた。

69分にはPKをとられたものの、私個人的には判定に納得していない。

この試合のジャッジでは、鳥栖ゴールのオフサイドを瞬時に正確に判断した副審は素晴らしかった。

高山主審のレフェリング全般については、怪我人と退場者を出さないことを優先する意図は悪くなかった。その点はセレーゾ監督も高評価していたようだ。

しかし、相変わらずというかJ1担当としては視認能力が今ひとつだったように思う。

いずれにせよ、青木のパフォーマンスは素晴らしいものだ。

セットプレイから貴重な先制ゴールを決め、一層の成長を感じさせてくれた。

【攻撃のキーマン】
GK曽ヶ端、CB青木は替えの利かない守備のキーマンである。

得点面ではFWダヴィも替えが利かない。

自身のゴールはなかったものの、独力で突破し、味方にチャンスボールを供給している。

彼のプレイエリアは限定されているが、土居や豊川が高機動衛星ユニットとしてダヴィの弱点分をサポート。

ダヴィとしては、大迫とエースとしての役割がカブってしまった昨季よりも、やりやすいのではないか(※もちろん大迫が悪かったとかではない。お互いの器用さとか組み合わせの問題)。

ダヴィ自身もエースとしてメンタル的に充実している様子。曽ヶ端のPKストップにも貢献している。

【曽ケ端 準】
(PKは)最初、逆に飛ぼうかと思ったが、ダヴィが反対を指差していた。
』(アントラーズ公式サイト)

たしかに豊田が蹴る前から、その背後「コッチ、コッチ」と蹴る方向を指し示していた。

それに賭けて跳んだ曽ヶ端も大したものだが、可愛かったのは、曽ヶ端がストップした直後、ダヴィが自分が止めたかのようにすごく喜んでいたこと。

映像にも映っているので、録画している方は再確認していただければちょっと幸せな気分になれると思う。

【自慢のボランチ】
ダヴィ、曽ヶ端、青木ときたら、小笠原と柴崎も外せないだろう。

PKストップ時、いち早くカバーに入っているのが柴崎。

彼は目立たないところでチームに必要なプレイをこなしている。

普通の若い選手は自分が目立ちたいものだと思うのだが、柴崎については完全にチームの責任を背負っている。

柴崎は自分の表面的なアピールどうこうではなく、スマートかつ高次元に、チームに必要なプレイを実行している。

それが分かる人には分かってもらえればいい…といったところだろうか。

小笠原は再びピークが来たのではないかというプレイぶりを続けている。

彼の長所は皆が知っている。「スピード」と「上背」と「ファッションセンス」以外、全部優秀。メンタルも強く、技術的にはヘディングまで上手い。

この三試合、私の感覚では、2009年JリーグMVPになった時よりクオリティが高い。セットプレイキッカーとしての精度も非常に高い。

【新戦力台頭しまくり】
強い相手に勝った試合であり、アントラーズ選手全員が及第点以上にやってくれたと評価できる。

及第点以下の選手が一人でもいると、そこが穴となり、一気にバランス崩壊するもの。

それを許してくれないレベルの相手だった。

山本は磐田での低評価がウソのような好選手ぶり。守備力があって機動力があって左右両サイドできる。鹿島でのつかみは最高だ。

若い昌子と伊東。彼ら二人は攻めの圧力によく耐えた。仙台、甲府と、ややヌルかったので、守備経験と自信を積み上げる意味でも無失点で終われて良かった。

土居がゴールを決めたのは嬉しい。オフザボールの斜め斜めの動き、守備で敵のパスコースを消す働きでチームに貢献する土居。昨季は大迫、今季はダヴィをよくサポートしてくれていて、なおかつ自分自身も生きる道を探っている。ゴールは、一つその結実だ。

豊川は「持っている」。主に守備にエネルギーを割いたが、それだけでなくゴールも決めた。決まった時間帯が良いし、シュート自体も素晴らしく鮮やか。

家族や友人も訪れたベアスタで決めたのはめでたいもので、ゴールパフォーマンスはチームとサポーターも盛り上がる若者らしいハツラツとしたもの。

よく動く土居や豊川に対して、遠藤はやや動き少ないが、

ただ、私は動けばいいってモンじゃないと思う。バランス良く動くことが大事であって、どの試合でも、どの時間帯でも安定してボールを預けられる起点になり、得点力もあり、セットプレイも蹴れる遠藤。彼も欠かせない選手だ。

途中出場では、ルイスもコンディションを上げてきている。バイタルエリアを締めるポジショニング、空中戦の強さ、パスの正確さ、ボール奪取など、長所をお披露目してくれた。

味方とのカブリ、マークのボカしこそあったものの、これは試合に出ていれば解消する質のものだろう。

カイオは縦へのスピードとドリブルをお披露目。

そして、若手だけでなく中田も出場させるなど、

セレーゾ監督は「若手でもベテランでも、ちゃんとやってるヤツは試合に出す」メッセージを選手起用で発した。ベンチ外の選手への叱咤激励にもなろう。

文句なく、いい流れだ。

【選手コメントも的を射ている】
●小笠原満男選手(鹿島)
「(結果が出ていることについて)そんなに簡単に行くわけではないし、このままでいいと思わずにやり続けないといけない。点は誰が取ってもいい」

●豊川雄太選手(鹿島)
「試合に出続けることも、点を取ることも自分にとっては大きいこと。これからもっと取っていかないといけないので、もっと練習してシュート数を増やしたい。次節以降も鹿島らしいサッカーをして、もっと走ってチームに貢献できるようにしていきます」
』(J's GOAL)

選手たちのコメントも納得いくもの。

一試合、一試合、大切に楽しんで応援していきたい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。