鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿島アントラーズの誇る人面樹、コンシェル樹

今シーズン、心を入れ替えたように真面目に仕事に励んでおり、一説には「中身が変わった?」と噂されるほど。

中身とか意味が分からないけれども、それくらい役に立つ樹になっている。

大混雑となった日曜のセレッソ戦でも情報発信で大活躍。

特に私が評価したいのは試合直前のツイート。

「以前3万人入場した試合とくらべてスタジアム周辺のお客様が少なく、試合直前に来場が集中し混み合うおそれがある」と、経験則からの情報を流してくれた。

昨シーズンまでのヤル気のないコンシェル樹であれば、試合前となると「キックオフの時刻ですので、これにて失礼いたします!」くらいしか言わなかった。

現在のコンシェル樹は能動的に血の通った情報…じゃなかった、樹液の通った情報を出してくれて、親切心が感じられる。

しかもだ。

このコンシェル樹、ただのサッカーバカではないようで、

ザ・ピロウズやザ・コレクターズといったバンドをこよなく愛し、ラーメンも好物らしい。

時間限定タイムサービスツイートで披露されたものであり、今は読めないものの、

これには楽しませてもらった。

「たまに趣味的なツイートもするけど、すぐ消しちゃうから常にチェックしてね!」という意図だと私個人的に解釈している。

もともと災害発生時の備えとして始まったコンシェル樹であるので、

こうして、あの手この手で日頃からフォロワーを獲得しておくことが大事。

以前のように「緊急時にはちゃんと情報発信しますけど、普段は黙っていますね」

では、緊急時には誰も存在を忘れていて役に立ちようがない。

平時からラーメンぶっかける話などで注目を集めておくと、みんなが常に注目するようになる。

なかなか、知恵のある樹だ。

現在のコンシェル樹のやり方を強く支持し、応援していきたい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。