鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿島は横浜FMを3-1で撃破。

とにかく、鹿島3つのゴールシーンが素晴らしかった。

【土居の同点弾】
まず、土居の同点弾。

伊東からのパス、ランニングしながら繊細なファーストタッチでコントロールした土居。遅れ気味にカットに足を出した栗原を置き去りに。

追いすがる中澤を追いつかせないドリブルから、最後はGK榎本の逆をとるニアへの左足シュート。

ここでは、土居の長所であるフリーランニングとボールコントロール技術の融合、まずまずのスピード、そして、これまであまり見られなかった縦突破への意識と左右両足でのシュート能力を発揮してくれた。

伊東の角度をつけた縦パスも良かった。西にあって伊東にない部分であったので、今回のプレイをきっかけに回数が増えてくれば良い。

勝負の上で、この1点は非常に大きかった。

前半のうちに得意のセットプレイから先制したマリノスは逃げ切りパターンに入っていた。鹿島としては負けパターンに入りかけていた。

終わってみれば3ゴールとはいえ、決して攻撃構築が上手くいっていたわけではない。DFラインもずいぶん下がっていた。

土居のゴールあたりからマリノスの足がパタッと止まり、鹿島にとっての試合難易度が変わった。それと、セレーゾ監督の交代策が大当たりで連続加点したものの、チーム力の大差は見えず。

小笠原の試合後コメント、『俺らがよかったわけではない。相手がバランスを崩しただけ』(J's GOAL)は、これは謙遜のない事実。

とはいえ、相手の緩み、疲労を突くだけの力が鹿島にあって、土居にあったのも事実。

試合の流れを変える、素晴らしいプレイだった。

【野沢の同点弾】
バイタル手前でボールを拾った柴崎。野沢の動き出しを見逃さず、浮き球パス。

ここでは柴崎相手にプレッシャーをかけるのが遅れたマリノスのミスがあるが、

それにしても、初動を見逃さない視野の広さ、精度の高いパス、浮き球を選んだアイディアは見事だった。

そして、背中側から来た浮き球パスを、ダイレクトシュートで決めてしまう野沢。

さほど角度があったパスでもないのに、トラップなし、反転なしのフィニッシュ。

マークについていた中澤の守備予測に入っていなかっただろう。普通の選手…というか、優秀な選手でもやるプレイではないのだから、中澤のミスとは言いきれない。

昔、柳沢敦がオールスターで決めて絶賛されたのを思い出した。

野沢はボールセンスの天才であり、敵最終ラインの一瞬の隙を突く天才でもある。

本人にしてみれば『フリーだったので、決めるだけの普通のシュート』(J's GOAL)

いやいや、あれが普通のプレイの範疇とは。まったく、野沢は普通の選手じゃない。

【柴崎のダメ押し】
カイオがいつもの強引なドリブルでバイタル密集に突入。

マリノスDF陣が「若いな!」とばかりに囲い込んだところで、それを嘲笑うかのように顔の向きとは逆のパス。

ゆったりフリーでドリブルしていたならまだしも、高速ドリブル中、柴崎のクロスするフリーランを見逃さず正確なパスを送ったカイオは、やはりスケールが大きい選手なのかもしれない。

柴崎のスケールについては、すでに皆が知るところであるが、また改めて証明してくれたのではないか。

ルイス・アルベルト投入で二列目に上がっていた柴崎。高い位置では10番的なプレイを問題なくこなすことを見せてくれた。

斜めに裏を取る走りから、GKとの駆け引きにも勝つファーへのグラウンダーシュート。簡単ではない角度だったのだが、彼も天才の一人。普通に蹴り込んだ。

このゴールで試合が決まった。

【見るべし】
どのゴールも素晴らしかった。

まだ見ていない人には一刻も早く見ていただきたい。言葉で説明できるものじゃないし、されるものじゃない。

YouTubeでも何でもいいので、とにかく映像を見ていただければ。

これだけマーベラスなゴールが、3つも揃った試合。

できるだけ早く、アントラーズ公式サイトでゴールシーンを見られるようになれば。

スカパー等々との契約問題や、アップする業務作業もあるかと思うが、

こういったところは、頑張りどころになる。

欲を言えば当日中でもいいくらい。将来的にはお願いしたい。

やれれば、公式サイトの魅力が引き上がります。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。