鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
万博でのガンバ大阪戦は2-0で鹿島アントラーズの勝利!

この試合は完勝、スコア以上の完勝。

新しい鹿島アントラーズの進化を実感すると共に、かつての好敵手ガンバ大阪の弱体化に少々ビックリした。

【これぞ鹿島の全員守備】
守備については、鹿島らしい全員守備の強さが発揮された。

土居を筆頭に前からフィルターをかけ、ガンバの代表ボランチ遠藤保仁からの配球を阻害。

前線から順々に連動し、いざゴール前にボールが入っても守備陣が次々カバーし合い、身体を張ってブロック。

熟成の深いチームではないものの、その分、若くスピードがあり、成長力がある。

多少の遅れも、猛然と追いかけカバー。

序盤の対応の浅さも、後半になると修正されてくる。

完璧を望めばキリはないにせよ、若いチームとして素晴らしい守りだったと思う。

年齢層の高いチームよりミスが多い分、敵の想定以上の速さとスタミナを出せることがある。

そして、昨日のガンバには鹿島の若さを突く力がなかった。

往年には超攻撃的チームとして魅了されることもあったガンバなのだが、今のところ見る影もない。

こんなにヒヤリともしない試合は、今シーズン初めて。

それだけ鹿島が盤石だった、全ポジションで優位に立つ試合だった。

【代表候補と休み明け組】
日本代表候補に選ばれた柴崎と昌子。

その肩書に相応しいだけのパフォーマンス。

柴崎は、この日については遠藤保仁より影響力が上だった。

体調も良く、ますますクオリティが上がっている。代表に入って化学反応的にポテンシャルが引き出されれば、一気のレギュラー確保もあり得るのではないか。

昌子はジュニアユース時代に所属したガンバを完封。彼は彼の道を歩んで、ガンバを超えたということ。早くも次回対戦、宇佐美貴史をストップしてくれるのが楽しみ。

二人ともクラブで好プレイをしてから代表に行ってくれるのだから、これは何も文句はない。代表選手としての彼らも応援したい。

それから、休み明け組。

青木、伊東、小笠原のプレイも良かった。

休んだ分でコンディションは整っていたし、それに、すごく集中力があったと思う。

ヤマザキナビスコ杯で先発した山村、西、ルイスも実力者にして、また、独自の個性を持っている。

休んでいたレギュラー選手とて、うかうかできない。実際にうかうかしていないことをプレイで証明。

セレーゾ監督のローテーションが適切な競争意欲作りにプラス作用している。

選手交代にしても、効いていなかったカイオを残して、最後、その彼がゴールを決める大当たり采配。

最近のセレーゾ采配は神懸かり的に当たりすぎる。

もしや、これが実力だったのか?

【夢に出た】
私事だが、今朝方、夢を見た。

なんと、ダヴィが移籍する夢だ。

「うわー、せっかく鹿島勝ってるのに大変だー…」

と嘆いたところで目が覚めた。

そうだ、ダヴィは移籍じゃなくて次節出場停止だった。

そのせいで、こんな夢を見たのだろうか。

私だけでなく誰が見ても、今の鹿島。

ダヴィへの得点依存度が相当に高い。

完全に鹿島ペースの試合だったガンバ戦においても、先制ゴールはバイタル密集内でのダヴィの個。一発ズドンのシュート。

先制以降はガンバの出てくるペースを柴崎を中心に逆利用して、上手く戦えたが、

こと、肝心な先制ゴールであるとか膠着打破においては、ダヴィの個人能力に頼る部分が大きい。

敵の目線引き寄せてのサイドチェンジ→サイドバックのオーバーラップからのえぐり→クロスであるとか、二列目からのスルーパス、バイタルでのワンツー、ハイプレスハイカンターなど駆使して自由自在に攻め立てる攻撃は、現状、見られる段階にない。

ただ、ダヴィは諸刃の剣的な選手であって、彼が真ん中にいると、そういった自在性が成り立ちにくくなるものもある。

そのあたり、完勝のガンバ戦であっても、攻めの幅と深さ、得点パターンに物足りなさがあり、そこが強いていえば不足点であるが、

ただ、早くもダヴィ出場停止の試験が訪れる。

ガンバ戦を見た限りでは、ダヴィ以外にも、ほとんどの選手が充実し、底上げできているし、監督も冴えている。

ダヴィ欠場でも、そうそうチーム力がダウンすることはないと楽観している。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。