鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日4/12は15時からのホーム新潟戦。

大きな見どころとして、ダヴィの欠場と、代わりにFWに入る選手。

それから、代表候補帰りの柴崎と昌子のパフォーマンスを挙げておきたい。

【ダヴィ欠場】
ダヴィ累積警告4枚による出場停止。

彼に出されたイエローカード4枚中2枚は判定に不服申し立てたいものであったが、残り2枚については極めて妥当。

6試合で2枚警告を受けるペースであれば、今後も定期的に出場停止が巡ってくる。

とはいえ、この点でダヴィを強く責める気にはなれない。

昨年よりだいぶ落ち着いているし、それに、あんまりお行儀よくなると、ダヴィ自身の良さである野性味がなくなってしまうおそれもある。

ある程度のイエロー収集はダヴィの個性として受け入れ、彼不在時の戦い方を確立しておければ。

【完結力】
とにかく、シュートに持ち込む意欲と能力に突出したダヴィ。

キック精度自体は決して高くないものの、並の選手であれば躊躇したり、打ちきれずにバックパスに逃げてしまう状況で、何としてでもシュート完結させてしまう。

ダヴィを欠くということは、その強烈なフィニッシャーを失うことを意味する。

また、フィニッシュ以外にも、その屈強な体格を生かしたゴリ押し突破があり、サイドから度々チャンスメイク。

守備において走り回る選手でないけれど、時折繰り出される猛牛のような寄せ。

ボール奪取に成功することもあり、そうならなくとも敵DFやGKのクリアを慌てさせる。前節ガンバ戦1点目は、まさにそこから。

攻守両面で脅威となるFWなのだ。

【新たなるFW起用】
強烈タレントたるダヴィとはいえ、鹿島の中で最もボール扱いが不得手な選手。

パスワークで崩す意識も技術も高くない。

ダヴィ不在で失うものがある一方、別のストロングポイントを出すチャンスにもなる。

最前線中央に入るのはカイオなのか、赤崎なのか、あるいは他の選手なのか。

本日非公開練習であるため、全く不明であるが、

代わりに入る選手の活躍を願いたい。

カイオであれ、赤崎であれ、ここで爪跡を残してくれるようであれば、

FWの選手層の薄さが一気に解消に向かい、今季後半に向けても明るい。

【真の代表の器であることを】
日本代表合宿から帰ってきたばかりの柴崎と昌子の具合にも注目している。

長いクラブサポーターになればなるほど「代表選出直後」より「代表から帰ってきた後」に注目するもの。

なぜなら、このタイミングでコンディションを崩したり、プレイスタイルが乱れるような選手が少なくない…どころか、非常に多いからだ。

柴崎と昌子なら大丈夫!

と思いたいのは山々なのだが、本当に、代表とクラブの往復を乗り越えられたのは、過去のアントラーズ名選手でもW杯レギュラークラスの選手くらい。

そこは試合で見ないと分からないとしか言いようがない。

三日間の密度の濃い代表候補合宿から戻ってきて、すぐに鹿島を勝たせる影響力を発揮できるか。

こうなると、ポテンシャル云々もそうだが、あらゆる意味でのタフさの勝負となってくる。

二人のタフさが真の代表級であって欲しい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。