鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿島は新潟に1-2負け。

川又に先制ゴールを許し、

一度は土居のゴールで追いつくも、

最後はオウンゴールで敗戦。

勝ち点や順位の面では、まだ一喜一憂する時期ではないけれども、

それより、「ダヴィ抜き」で勝つことによる自信を得られなかったのが惜しまれる。

試合内容も、いかにも「ダヴィ抜き」らしいもの。

赤崎や土居といったコレクティブプレイヤーを前線に揃えた鹿島は、パスを回すことはできる。

要所要所でレオ・シルバに攻撃を遮断されたものの、それでも、勝ち得る試合だったと思う。

ダヴィ出場時には、なかなか見られないような綺麗に裏を取るシーンもあった。

ただ、その先。

ダヴィがいない分、シュートに持ち込む力がなかった。

【完結力】
鹿島攻撃陣には「シュート打て!」と言いたくなるようなチャンスがいくつもあった。

しかし、打ちきれない。

このシュートというもの。

我々が外から見るより、プロレベルでシュートまで持ち込むこと自体、難しいとされる。

プロのゴールキーパーとディフェンダーが何人も守るゴールは、とんでもなく狭い。入るコース、入るタイミングは極めて限られている。

わずかな接触で身体がよろめいたり、一瞬の迷いで決断が遅れれば、あっという間にシュートコースがなくなる。

その点、ダヴィは特殊。

よろめかず、迷わず、ぶつかっても何でもシュートで終わる。練習より本番の方が決まる。

一方、例えば高校を出たばかりのカイオ。

昨日だけでなく毎試合シュートチャンスを逃しているが、それも仕方のないところがある。ペナ内の厳しさが高校とJ1とは全く違う。

赤崎にしても、新潟GK守田の飛び出しが一瞬でも遅れれば決めていたはず。

曽ヶ端や守田が当たり前にこなしている鋭い飛び出し。それによって、シュートの前にキャッチされるか、間一髪シュートを打てた場合でもコースがなくなっている。

本当にプロのゴールキーパーは凄い。

それを上回るストライカーは希少種で、だからこそ、世界中、どのクラブもここにお金をかける。

【いいところ】
負け試合で悪い点を逐一挙げていくのは簡単なのだが、私はそれは好きじゃない。

いいところをいくつか。

まず、左サイドバック山本の突破から土居のゴールにつながっている。

守備の人かと思われつつあった彼の、力強いドリブル。

もともとは攻撃の選手であるし、それに、サイドバックは攻守兼備に越したことはない。山本が攻撃能力を発揮しつつあるのは明るい材料だ。

それは土居にも言えることで、昨シーズンはほとんど守備の人だった彼も、しっかり点をとっている。公式戦で表現できるプレイが増えている。

それから、赤崎の動き出しは、やはり面白い。ストライカーとしてのオフザボールの動きで楽しませてくれるのは、柳沢敦以来か。

タラレバになるけれど、大迫勇也との2トップを見たかったくらいで、今後、土居や柴崎、本山、野沢らと変幻自在の攻めを見られたら嬉しい。

昨日も初スタメンにしては合っていた。連係が熟成すればするほど、本領を発揮するだろう。

できれば新潟相手にゴールを決めてもらって、試合に勝って、それで本人自信をつけて、我々ファンも「ダヴィ欠場でも赤崎がいる」と安心できれば完璧だったけれど、

いきなり完璧である必要もない。

次の機会に期待。

負けた翌日だというのに、水曜ヤマザキナビスコカップが待ち遠しい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。