鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤマザキナビスコカップのアウェイ仙台戦は2-1勝利!

鹿島先制ゴールは野沢の直接フリーキック。

仙台・武藤の切れ味鋭いドリブルシュートで同点に追いつかれるも、

植田ロングボールから赤崎得意の裏抜け。冷静に運んでからニアへのシュートで決勝点。

試合そのものは、決して圧倒したとか、そういうものではなかった。

鹿島、仙台ともに試合勘の薄い選手を複数出しており、リーグ戦より流れが滞るのは避けられない。

鹿島の得点に絡んだ野沢と植田も、ストロングポイントこそ見せたものの、総合的なパフォーマンスが高かったとは言えない。

ただ、鹿島の方が軸となる選手を固めていたこと、一人一人が強力な武器を持っていること、チームとして助け合いができたこと。

集中力は仙台も同じくらいあったと思うのだが、地力で鹿島が上回り、勝ちきった。

【まずはキーパーから】
やっぱり、ゴールキーパーは大事。

仙台のゴールキーパーは桜井。下の名前を繁くんという。

リーグ戦で出ているキーパーではない。

どこのクラブも控えゴールキーパーの実力は落ちてしまうもので、繁くんも失点時のポジショニングに無駄があった。

鹿島とて他人事ではなく、ヤマザキナビスコカップ初戦では佐藤を起用し、彼のミスから負けている。

同じ轍は踏まずと、セレーゾ監督は正GK曽ヶ端を動かさず。

たしかに、現状、曽ヶ端は代えが利かない。ゴールキーピングと統率の両面で日本人トップレベル。

控えGKの佐藤と川俣も、努力家で体格にも才能にも恵まれるが、そうであっても曽ヶ端と比べてしまうと平均レベルに見えてしまう。

外見でも曽ヶ端の威嚇するような人相と坊主頭に対し、若いGK陣は善人顔だ。そもそも、アゴからして負けている。

ということで、なかなかセカンドゴールキーパーをカップ戦で試すことが難しくなっている。

【連戦下でも軸は変えず】
曽ヶ端だけでなく、代表合宿からの連戦が続くため欠場が予想された柴崎まで先発起用。

控え選手になるべく出場チャンスを与えると同時に、勝つために不可欠な選手は変えない監督決断となっている。

すなわち、現在のチームでは曽ヶ端、山本、昌子、柴崎、土居は連戦でも外せない軸ということ。

そして、彼らは監督の期待にしっかり応えたと思う。

柴崎は疲れからか、いつにないようなミスも見られたが、キャプテンマークを付けてチームを引っ張る存在感を示した。

彼はかつて「何でもできる選手」が目標だと言っていたことがあるけれど、もはやJリーグレベルにおいて、そのレベルに到達しつつある。

ちなみに、昌子も代表合宿からの連戦なのに、ゴツい見た目からして大丈夫だろうと誰にも心配されず。

その心配されなさに応えて(味方にもサポーターにも心配されないのは、CBとして非常に大事なことだ)、植田を助け、DFリーダーの役割を果たした。

【スタジアムで見るべき選手、赤崎】
大きな収穫は赤崎のゴール。

誰が決めてもゴールはゴールにせよ、昨日に限っては赤崎が決めてくれるのが一番良かった。

かなりの回数、オフサイドに引っ掛かるも、

そのうち一発が決勝ゴールにつながっている。

オフザボール時、執拗にDFの死角を取る動きを繰り返しており、

これはDFはイヤなはずだ。

オフサイドに掛かっても、いずれは決めるのだと先発2試合目で証明したのだから、一気にストライカーとしての信頼性が高まる。

これまではベンチにも入らないことが多かったが、今後は、ほぼ確実にベンチに入ってくることになる。

猛牛のような強フィジカルのダヴィと、

背後背後を突き、押し引き加減しながら幅広くプレイできる赤崎。

タイプの違うFWを得られたことで、一層、鹿島のサッカーが面白くなってくる。

慣れれば慣れるほど赤崎のプレイは良くなる。パスの出し手も赤崎の動き出しを見逃さなくなる。

赤崎のようなボールを受ける前に勝負をつけられる選手がいると、柴崎や遠藤のスルーパス能力も鍛えられる。柳沢の抜け出しに、本山や野沢のスルーパスが磨かれたように。

三連覇期以来のサポーターの方であれば、彼タイプの鹿島FWは初めて見るはず。

ぜひぜひ、スタジアムで赤崎選手の動き出しを堪能していただければと思います。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。