鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の鹿島アントラーズは神戸相手に2-3敗戦。

青木剛のバレーボールハンドによるPK退場が直接敗因となった。

センターバックとゴールキーパーのミスは失点に直結する。

これまでの青木の貢献度は高く、尊敬に値する選手であることに変わりはない。

ただ、前節と今節のミスは、マズい。

失点につながらなかった守備機会でも不用意に手を使う回数が増えており、一抹の不安があった。

競り負け、読み負けしたところで、それをリカバリーしようと手を使ってしまう。

一重にセンターバックとしての経験と強度、コンディションの不足から来ているのではないかと思う。

ただ、ダニーさんならば、負けたことを誰か選手一人のせいにすることはしないだろうし、

そのダニーさんに「勝利の原動力!今日も頼むぜ!ナンバー12アントラーズサポーター!」

と頼まれているからには、青木のミスを必要以上に責めることは避けたい。

もはや隠しようのないミスであったので、

青木には次回こそ今まで以上に強度あるプレイを、

そして、山村と植田には青木を追い越していくだけのプレイをお願いしたい。

昌子には、先輩の大ミスにも動じず、そこから無失点に持ち込んでしまうだけのスーパーなセンターバックへ上り詰めて欲しい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。