鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【鹿島】トニーニョ監督「差別判定」に怒り!審判に「偏見やめてほしい」』(スポーツ報知)

セレーゾ監督が判定への疑念を深めている。

神戸戦後の会見において『差別、偏見があるのではないか。ダヴィが『こんにちは』と言っただけで警告、それくらいの勢い。判定から、起用するなと言われているようだ』と発言したとのこと。

私個人的には、今シーズンのダヴィはファウル相当のプレイがだいぶ減ったと感じている。精神的に余裕を持ってサッカーに取り組んでくれている。

そうであるのに、ダヴィが敵選手とガツーンと接触すると、レフェリーには正当なフットボールコンタクトと認められず、不当な体当たりであるからとファウルにされてしまうシーンが見受けられる。

さすがに『「こんにちは」と言っただけで警告』は言い過ぎにせよ、ダヴィの場合、ピッチ内で大好きな味噌ラーメン食べていただけで警告されるのではないかとは私も危惧している。

もう、こうなったら、カシマスタジアムでは「ダヴィ専用カメラ」でも用意して、オフザボール時まで映像に撮って検証したいくらい。

スタジアム指定管理者にして自前で中継制作もしているくらいの鹿島なのだから、余裕で可能だ。

正当なコンタクトがいちいちファウルにされているのなら、たっぷり文句と嫌味を添えて映像提出すれば良いし、

しかし、よくよく見たところ、鹿島目線による勘違いであるならばシレッと黙っていれば良い…

じゃなかった、文句言ってスミマセンでしたと謝罪すれば良い。

セレーゾ監督のおっしゃる通り、選手のクオリティを上げていくにはレフェリーの正しいジャッジが不可欠。

例えば、鹿島時代から手を使うプレイの多かった興梠慎三などは、かなり見逃されており、それがデフォルトになってしまった。

CBに転向した青木も、ファウルにならないものだから、手を使い過ぎる対人守備になってしまっていた。

レフェリーがファウル取らないのなら、選手はその基準に合わせていく。選手たちは勝つために、ポジションを守るために、ルールのギリギリ範囲内を探って必死なのだ。

とはいえ、レフェリーにも円滑に試合を流す必要があって、きっちりファウル取り過ぎても「試合の流れを壊す」ことになってしまう。流れをブツブツ切ってしまうと、試合の質が落ちる。

よって、レフェリーのサジ加減とは困難なもの。

多くの人間が納得する鍵は「複数の角度での映像」と「多角的な検証」および、それらの適切な公開になると思っている。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。