鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、ひさびさに「サッカーブログの書き方」シリーズ。

今回は弊ブログでは設置していない「ブログのコメント欄」について。

コメント欄を設置するメリットとデメリットを述べておきたい。

【メリット】
まず、メリットから。

・賛同のコメントによって、書き手のヤル気が出ることがある。

・意見交換によって、新たな気づきを得ることができる。

・情報間違い、誤字脱字を指摘してもらえるので、より正しい文章に素早く修正できる。

・SEO(グーグルやヤフー検索での上位表示)の上で、たくさんコメントが付くと有利とされていた時代がある。

【デメリット】
次にデメリット。

・書き手によっては否定的なコメントを受けてヤル気がなくなったり、カッとなってしまう可能性がある。

・意見交換が悪い方向に転じて非難合戦になることがあり、多くの人にとって不快→見る価値のないコメント欄(例としてヤフーのニュースコメント欄)に成り下がる場合がある。

・スパム(主に他サイトへの誘導)コメントが付き、誘導された人が被害を受けることがある。

【管理者としての経験】
管理者のバランス感覚と、かける時間によって、デメリットを最小化し、メリットを最大化することはできる。

私も自分の専門分野のサイトではコメント欄を設置していたことがあったのだけれども、コメント対応に時間をかけていたので、まず荒れることがなかった。

たまには食ってかかってきた方もいたが、コメントのやり取りの末に納得していただけた。

ただ、現在では意見交換ツールとしてツイッターなど、より便利なものがある。

よって、ブログコメント欄の設置意義が薄くなっている。

【鹿島は人気】
このブログは開設当初からコメント欄を置いていないが、

そもそも、私のアントラーズに対する興味は尽きることがないので、自分のヤル気は人のコメントに左右されない。

また、アントラーズには絶大な人気があるため、アクセス数が多くなることが想定された。

実際にその通りになり、現在では試合のない日でも3000人近く、試合翌日には4000人前後の訪問者に来ていただいている。

アントラーズには観客動員数以上の需要がある。

通常のサイトであればコメントする人は多くないので、丁寧にコメント対応できる。

返信もできるし、返信しないまでも人を傷つけるようなコメントやスパムコメントを非表示にする作業ができる。

それができないのなら、設置しない方がいいという考え方でいる。

これからサイト運営を始める方であれば、

コメント対応するだけの時間とヤル気があればコメント欄を設置して良いし、

そういったものがないのであれば、特に設置する必要性は見当たらない。

最初は設置しておいて、コメント数が増えてきたら欄を閉じるでも良いかと思う。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。