鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の清水戦。

試合始まる前は、連戦で鹿島のパフォーマンスが落ちることを心配していた。

対戦相手の清水より、リカバリー時間が5時間短い鹿島。中二日では5時間でも大きな差となるはず。

ところが、試合始まってすぐ、その予想違いに気付いた。

昨日は家族連れだったため、万が一の雨に備えて二階席(屋根がある)から見ていたのだが、

そうすると、下で見るよりも、テレビで見るよりも、更に引いた感じで見ることになる。

臨場感がなくなってハラハラドキドキしなくなる一方、判定などに対してもやたら冷静に見られるようになる。

鹿島の調子は、案外、通常に近いように見えた。

メチャ速いというほどではないが、寄せはしっかりしており、中二日とは思えないほど守備の規律に緩みが少ない。

懸念事項の一つであった植田も、マーク対象に身体をつけすぎて反転を許したミスと、ビルドアップにほぼ関与しないデメリットこそあったものの、勢いを出すだけの高さとシュート力を示し、十分にやってくれた。

チーム全体として遅攻時の攻撃が今ひとつなのは今に始まったことでないし、

連戦下でこれだけの体をなして戦えるのなら、チームとしても選手個々人としても、地力がついていると見て自然だろう。

一方、清水のプレッシャーが遅かった。しばしば遅れ気味にきてラフなチャージになってしまう。

お疲れなのか、実力なのか、両方なのか。

結局、鹿島がセットプレイからの二発で勝利するも、妥当な結果だったと思う。

植田(ゴール前への飛び込みが影響しての清水オウンゴール)とルイス(昌子の冷静なパスを受けての決勝ゴール)が決め手になったわけだが、世紀末コンビの攻撃力を証明。守備のポジションの選手のくせに、攻撃が大好きな人種なのだ。

かなり意外だったのは、エスパルス選手の試合後コメント。

平岡康裕選手(清水)『自分たちが追加点を取れるチャンスがあったし、そこで取り切れなかったというのが今日の結果になったと思う

ノヴァコヴィッチ選手(清水)『少し残念なところがあったが、この10試合の中では非常に良い戦いが出来ていたと思う。我々のやりたいようにできていた』(J's GOAL)

上から見るのと、ピッチ内での感覚は、だいぶ違うのは分かっているが、それにしても清水が良かったとは感じなかった。コメントを読んでから、過去10試合どんだけ悪かったのか心配になって順位表を確認したところ、まだ8位。

考えられるのは「鹿島の強さが認められてきている」ということだろうか。

「強い鹿島」相手にセットプレイからの1点差負けなら「内容は良かった」という感覚になるのも分からないではない。

実際のところ、鹿島は、まだ強さMAXには全く達していない。もっともっとできそうな選手が何人もいる。

例えば、ユースの頃は「野沢二世」と評された土居は、野沢とは全く違った進化の道を歩んでいる。フリーキックは断然野沢にせよ、土居の速度、ドリブルは、チームの武器になっている。

カイオもまた、スピードとシュート力に優れ、いずれはジュニーニョやマルキーニョスを超えるクラスのアタッカーになる可能性を見せている。

遠慮がちなプレイ選択になったり、逆に自己中なプレイ選択になったりするのは若さならでは。

彼らが試合経験を重ねて、プレイ選択が整理されてくれば、もっと面白くなる。

オリヴェイラ監督時代の、熟成メンバーでの手堅い試合も頼もしかったが、

セレーゾ第二期の、ポテンシャル豊かなメンバーでの劇的な試合も、また愉快なものだ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。