鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿島伊東、次節柏戦でスタメン奪い返す』(日刊スポーツ)

29日の清水戦でスタメンから外れた若き右サイドバック伊東幸敏。

最近の数試合、代えられるんじゃないかと危機感を持ちながらプレーしていた。昨日、初めて試合に出られなくて多少ショックだったし、もし2試合連続で外れたら落ち込むと思う。ストロングポイントを発揮してアピールしていきたい

スタメン争いの渦中にある伊東と西大伍にとっては簡単なことでないはずだが、

サポーターとしては、レベルの高い切磋琢磨が行われていることは喜ばしい。

プレイスタイル的に「鹿島のサイドバック像」に近いのは伊東だ。フリーランニングを繰り返す走力と、寄せの速さ、マンマークのしつこさがある。

主な課題としては、攻撃から守備に切り替わる時のポジショニング、ビルドアップが挙げられる。

技術力に勝るのは西。敵に距離を詰められても苦もなくパス交換ができ、サイドから角度をつけた勝負パスを入れることもできる。伊東よりも背後を取られない守り方ができる。

プレイスタイル的に、スペースより足下でボールを受けたがるタイプであるため、サイド攻撃のスピードを上げにくいデメリットが挙げられる。アタッキングサードからフリーでクロスを送り込むシーンは、伊東と比較して数が少なくなる。

両者優秀なれど甲乙つけがたく、監督によって、見る人によって、評価が大きく分かれてくる。

セレーゾ監督は、一つは「忠実に走れる」ことを重視しており、その点では伊東なのだろうが、

ただ、最近、彼にやや疲れが見えていたところであり、また、そろそろ西に出番が欲しいところだった。清水戦でのスタメン変更は、伊東に休養を与える意味でも、西にチャンスを与える意味でも、絶妙のタイミングだったと思う。

激烈なポジション争いの中で、二人が突き抜けて成長してくるのを楽しみにしている。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。