鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿島アントラーズは名古屋グランパスに1-2負け。

鹿島の得点はPKによるもの。

梅鉢をボランチの先発、柴崎をボランチでなくトップ下、カイオを左サイドハーフではなく右サイドハーフ、ジャイールをスタメン起用と、セレーゾ監督ならではの抜擢スタメン。

これが残念ながら全くの機能不全。

監督の果断な決断は、今シーズンは吉と出ることが多かったのだが、今日は完全に裏目に出た。

この布陣は、まるで相互補完の効果が出ず、個々の長所が試合から消えてしまった。

もちろん、酔狂でスタメン変更したわけではなく、「連戦に耐えきれない戦力」と見込んでの、苦渋の変更策なのだろう。

前節柏レイソル戦を見れば、そのままで連戦を勝ち抜けるチームでないことは容易に想像できた。

ただ、さすがに今日ばかりはポジションを動かし過ぎたか。

人の特徴には裏表あるもので、

セレーゾが「抜擢する」監督だからこそ、現在、若い選手が頭角を現している。

今回、かなりインパクトのある「動かし過ぎ→機能不全」だったために残念感は強いけれど、

この失敗経験を監督も生かしてくれるものと思い、慰めとしたい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。