鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の川崎戦は1-4大敗。

ショッキングな4失点だが、日程的に川崎の方が不利(鹿島は中三日、川崎は中二日)だったことを考えると、むしろ「4失点で済んだ」と言った方が妥当。

FWダヴィは不器用さばかりが目立ってしまい、ボール収まらず、得点力なく。

チーム全体としてはコンパクト性を保てず、守備が効かず。

攻撃連動が足りないのは、元々。

地味に失点減少に貢献していた左SB山本を負傷で途中交代。

そして、CB植田は大久保や中村にとってチョロい相手でしかなかった。

数試合前までは若きチームの快進撃の夢を見させてもらい、スカッと楽しかった。

それはそれとして、ここからは、なかなかそうはいかなそう。

鹿島の応援が楽しいのは変わらないが、より覚悟が要ることになる。

最近の対戦相手は、鹿島のことをよくスカウティングしている。

個としてはダヴィや植田あたりの弱い部分をよく突いてくる。

代表クラスの選手にとっては、ダヴィを抑えること、植田の裏を取ることは難しくない。

戦力的限界があるのは承知しているが、

それにしても、効果を出せない選手を、その爆発力や成長力に期待して使い続けるのか。

あるいは変更を加えるのか。

現場の責任を背負うセレーゾ監督の決断に注目したい。

私個人的には、まだガマンできるけれども、

しかし、今後も今日くらいの内容・結果が続き、それでも現状維持するのであれば、プロとしてフェアな競争でなくなってくる。

ガマンするにせよ、変化を加えるにせよ、

モヤモヤ払拭すべく、次は勝ちましょう。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。