鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜の徳島ヴォルティス戦、鹿島アントラーズは1-0、無失点勝利!

連敗を3で止めただけでなく、これにて勝ってリーグ戦の中断に入れる。

非常に救いとなる一勝を得ることができた。

【技量圧倒】
J1で最も戦力の落ちる徳島が相手。

前半から鹿島は巧さを存分に発揮する。

ダヴィ→赤崎に変更したことにより、前線のパスワークが引き上がった鹿島。

赤崎は味方がプレイできるスペースを作り、味方が出せるパスコースに動いて、連係した崩しを実行。

同じくコレクティブなプレイヤーである土居との相性が良く、彼からのクロスを真ん中で合わせ、先制ゴール。

敵味方の距離感を掴んで動けるFWが最前線にいると、それだけで崩しの面白味が増す。

もちろん、ダヴィのゴリ押しの爆発力も捨てがたいのだけれど、J1で安定的に勝っていける強いチームを作るのであれば、将来的なファーストチョイスは赤崎になっていくだろう。

その意味で、赤崎をスタメン起用して、彼がゴールを決めて、それで勝ったことは今後に向けてもプラス。

赤崎以外を見渡しても、鹿島の選手は徳島より技量優秀。

アタッキングサードのチャレンジングなプレイ以外では、ボールを失うことがほとんどなかった。

それには徳島のプレスがユルかったことはあったのだが、鹿島の技術が正確で「受けて出す」テンポが速いために、寄せるタイミングが掴めなかったとも言える。人数をかけて二列のラインを作って守っていても、寄せられないのなら守備力にならない。

それと、徳島の選手たちが必要以上に鹿島にビビっていた、リスペクトしすぎていたことがある。失点シーンについても、主審が試合を止めていないのに、徳島の選手だけが足を止めてしまったことから始まっている。

試合に勝つための試合運び、駆け引きの部分でも、彼らに拙さが出てしまった。

そこが明らかに出ていたので、鹿島としては3-0くらいで終わらないと、サポーターだけでなく選手(特に攻撃陣)にとっても物足りない。

ハーフタイムの時点では、そう思わされた。

【勝てば良い】
ハーフタイムに修正の入った徳島は、前半より持ち直す。戦術的な指示のみならず、メンタル面でも、小林監督からは相当に激しい喝が入ったのではないか。

ただ、個々の力差は明白。

鹿島は引き続き、多くのチャンスを作る。

久しぶりの出場となった前野貴徳も超決定機を演出。サイドからのラストパスは絶妙で、まさに決めるだけという状況で遠藤が走り込んだのだが、決めきれなかった。

徳島GK長谷川も良かった。

鋭い飛び出しからビッグセーブを連発。昨日の彼は距離の詰めが素晴らしかった。シュートコースを消し、シュートミスを誘った。

そうこうしているうちに鹿島も形を作られ、失点危機を迎える。

小島のシュートはキーパーの視界を遮るシチュエーションから放たれた好シュート。これを曽ヶ端、反応し弾き出す。曽ヶ端クラスのトップ級GKでなければセービングは難しかった。

途中から、引き分けもあるような試合展開になってしまう。

徳島の攻撃の糸口はFW高崎。ここで高崎がCB植田に勝ち続ける。

ガマンにガマンを重ねるセレーゾも、さすがに植田を引っ込める。CBに中田を投入。

中田はいきなり警告をもらったあたり、身体のキレの部分では試合勘のなさは感じられたが、

しかし、その巧さで高崎の威力を削いでいく。あんまり動かなくとも、先にポジションに移動して、先に身体を当てて、自由を制限していく。

83分には徳島10人に。3人の交代枠を使いきっていたところで、橋内が負傷退場したためだ。

手遅れになる前に植田を引っ込めたことと、徳島が10人になったことは、ドロー決着を防ぐ分かれ目に。

結果、勝ち点3は妥当なものだったが、「ナイスゲーム!」と声をかけたくなるようなゲームにはならなかった。

そして、三連敗中に徳島に当たったのは、正直なところ助かった。

川崎のような能動的に崩してくる相手に若手がボコボコにされてしまうと、成長より自信喪失が先に進んでしまう。

成長のためには勝利が必要。

中断までのナビスコ杯にもしっかり勝って、もう一つ、いいチームになっていければなと思う。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。