鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜のヤマザキナビスコカップ、神戸戦。

決勝トーナメント進出に向けて勝つ必要のあった試合で、まさかの0-3負け。

しかし、今となっては「まさかの」ではなく「妥当な」0-3負けではあった。

負けている時期は、悪いところが目についてしまう。

良心的なサポーターならガマンした方がいいのかもしれないが、しかし、私は決して良心的ではないので負けた腹いせに文句の十個も言いたくなる。

あくまで腹いせなので、ご容赦いただきたい。

【決定力の限界】
試合内容自体は、開幕しばらくの勝っている時期と比べて、そうそう悪化したわけではない。

今季は最初から、強いチームらしい試合運びはできていなかった。

それでも勝てていたのは、まず、対戦相手のスカウティングが甘くて、ダヴィや土居、遠藤たちがプレイできるスペースを空けてくれていたのが一つ。

そして何より、選手たちに「低評価を覆してやろう!」「ポジションを掴んでやろう!」というテンションがあった。

セレーゾの奇策とも言える、大抜擢が非常に効いた。豊富な無駄走り、鋭い攻守の切り替えが実践できていた。

そのリズムの中で「少ないチャンスでシュートが決まり」「シュートを打たれてもスーパーセーブ」で勝ちきれた。

今は、そうはならない。

奇策は奇策であって、長続きするものではない。地力は試合重ねてこそ露呈する。

開幕時の「挑戦者」のテンションには戻れない。対戦相手に蓄積されたデータは消去できない。

ダヴィは一定以上のCBに消され、カイオらの繰り出す単独突破型の攻撃は枚数揃えて対処され、ボランチとセンターバックがポッカリ生み出すスペースを突かれ、失点する。

技術レベル通りの決定力に落ち着き、組織通りにカウンターを食らい、そうそうスーパーなセーブは発生しないという、ごくごく自然な結果になっている。

開幕当初は運が良かったと言える状態であったが、今は確率の振れ幅が通常通りに戻ってしまった。

ここでは「決めていれば勝てた」というタラレバは通用しない。練習からしてシュートの決まらない選手を起用しているのだから、妥当な決定力なのだ。

【キーパーのリズム】
曽ヶ端のスーパーセーブが減っている。スーパーどころか、反応が悪いことも出てきた。

スーパーセーブは水物であるから、これの減少を責めるのは無理があるけれども、調子というか、リズムが落ちてきている。

鹿島がポゼッションする試合が増えたものの、決して上手いポゼッションではなく、途中でボールを奪われて、パカッと空いた裏のスペースへ致命的なカウンターを食らう場面が増えている。

このパターン、キーパーはリズムが出にくい。

その点では、監督が庇っているところ悪いけれど、植田を無理して起用している影響は否めない。

植田は物凄いポテンシャルのある選手。たしかに不世出の逸材だ。

ただ、まだ周囲(特に昌子や曽ヶ端)を助けられる選手ではない。助けてもらう段階の選手に過ぎず、「高卒二年目にしてはよくやっている」にしても、一試合として青木や中田、山村より良かった試合がない。

昌子が一本立ちする時期に、植田までモノにしようというのは性急すぎるのではないかと、ここ二、三試合では思えてくる。

今のセンターバック陣は足は速くとも、簡単に裏を取られている。そして、キーパーのシュートコース限定もできないことが多い。昌子は凄い速さで戻ってきてカバーするが、植田にはほとんどそれがないし、求めるのも酷。

ポジション取りと、自分からのコーチングと、味方からの指示を受けての反応。そこからして危なっかしい。

【攻撃的ボランチの限界】
CBに未熟な選手を起用しているのに、なんで、こんなにボランチがバイタルエリアにいないのか。

サイドにいったり、前線に出て戻りが遅れたり、DFラインに吸収されていたり。

かと思えば、ビルドアップ時はCBの援護のため頻繁に下がってきて、前までの距離が遠くなる。

ボランチの仕事量が多すぎてこなしきれない、悪い意味での「ボランチサッカー」になっているわけだが、その小笠原や柴崎のコンディションは良くない。

せっかくルイス・アルベルトという好選手がいるのに、なぜ二人に固執するのか。

更に繰り返しになるが、ボランチの負担を軽くするなら、一番力の落ちるCBを「育成のため」に使っている場合でもない。

青木なら守備を助けられる、中田ならコーチングで助けてくれる、山村ならビルドアップを助けられる。

植田は、現時点では目立った武器を出せていない。単発のフィードとミドルシュートはあるが、本当に単発だ。

別に植田が悪いわけではなく(目に見えて成長もしているし、きっと素晴らしいCBになる)、監督に文句を言いたくなる。

昨日の試合は予選突破がかかっており、重要な試合だったはずだ。

セレーゾには金古にこだわった前科もある。

【人材不足と、攻撃パターン不足】
攻撃ではパスで崩すより、個で勝負するような選手を揃え過ぎている。

カイオ、ダヴィ、遠藤と、「球離れ?何ソレ?」の選手たち。連係して崩す気がないような配置だ。

彼らは連係もできることはできる選手であるも、味方の分かりやすいフリーランニングがなければ、簡単に単独突貫を選ぶ特性を持つ。

このチーム、フリーランニングの回数が少ない。

土居のスーパー個人技炸裂を待ち望み、赤崎よりダヴィを選ぶ監督には、連係した崩しパターンを作る手立てはない(もしくは個の突破力優先で、連係は後)だろう。

彼ら自身のパフォーマンスもどうかと思うところはあるが、攻撃的MFについては、外国人獲得に失敗した編成の問題でもある。控え見渡しても、野沢、中村ともにインパクトが薄い。

人材だけでなく、セレーゾも、特にフリーランニングの仕組みを作り上げる様子がなく、ただ、前に人が張っているという、人は多くても動きの少ない攻撃。

これだと、ビスマルク級の選手がいないと点の取れるポゼッションにならない。

動きらしい動きは、伊東のオーバーラップ、山本の攻め上がっての仕掛け、たまーに柴崎が前線に駆け上がっていくくらいで、しかし、ほとんど前線の選手は足を止めて待っている。

この懐かしき地蔵サッカーは、セレーゾ前政権時末期を思わせる。

セレーゾはいい親父さんで、熱意ほとばしり、若手を抜擢する決断力も素晴らしいが、それ以上のものというのは、過去に見たことがない。

練習メニューと戦術の引き出しで選手を感服させるタイプではない。

ここから新たな可能性を見せてくれるだろうか?

【希望を探して】
昨日の試合では鹿島のサッカーに希望はなかった。

強いてポジティブな点を挙げれば、選手たちが健康にサッカーをしているということ。

やっぱり、健康が第一。彼らにも家族があり、家族は故郷から応援している。

我々にとっても、愛着ある選手たちが元気なのは嬉しい。

また、基本的なこととして、空気中に酸素があって思う存分呼吸ができるのは有難い。空気様様だ。

水道の蛇口から水の出る生活も便利なものである。

ここは一つ、セレーゾサッカーのことは忘れて、太陽の光が降り注ぎ、ポカポカ夏の訪れる日常に感謝したい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。