鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドカップ開幕戦、ブラジル代表×クロアチア代表を担当した西村主審。

この試合、私は後半の後半しか見ていないのだが、テレビをつけてすぐに感心した。

ブラジルのサポーターが西村主審を敵視していないのが分かったからだ。

「おっ、西村さん、上手くやってるんだな」と思った。

鹿島サポーターの私は結局のところブラジル代表が好き。ブラジルに有利な笛を吹いてくれる分には一向にかまわない。

別に西村さんにはホーム有利の思惑があったわけでなかろうし、これは超ホームの雰囲気を作り出したブラジルサポーターの勝利でもある。

次に、西村主審の運動量。最後の時間帯でも十分にあって、シーンとの角度のつけ方は、さすがに正しい。

選手とのコミュニケーションも、私が見ていた短い時間では取ることができていた。アディショナルタイムにブラジル人選手が倒れていた場面での促し方も良かった。

PKは議論の的になって然るべきものだが、この点では、私の中で「ミスタージャスティス」がレフェリーを判断する基準になっている。

ミスタージャスティスとは、目が悪く、運動量がなく、しかし、信念と風格は揺るぎないという、Jリーグにおける伝説的主審。

そのジャスティスに慣れきった私や古参鹿島サポーターからすれば、「触れていた程度でPKなんてヒドイ!」「これじゃディフェンスなんかできなくなる!」という意見は甘い話に聞こえてくる。ジャスティス級になると「触っていなくてもPK」「何もしていなくてもPK」やってくるのだ!

しかも、ワールドカップという各クラブ寄せ集めのお祭り大会ならまだしも、Jリーグの、鹿島アントラーズ戦という、とてつもなく重要かつシリアスな一戦でやってくるのだから腹が立つ。やらかされた日には悔しくてガリガリ歯ぎしりしながら寝ることになる。

現在ではジャスティスは引退され、Jリーグは平和になっている。

向上心の強い方々は「日本の審判はダメだ!」と言い続けておられるが、私に向上心はないので「ジャスティス去りしJリーグは平和で快適」と毎日喜んでいる。

ワールドカップばかり宣伝される現状、Jリーグの良さをどんどん知らせていきたいところだ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。