鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は訂正記事であります。

6月9日に『5つの条件を満たす方へスマホのススメ』というブログ記事を書いた。

この記事は「スマホはインターネットにスパスパつながるから、すでにガラケーでパケット定額に入っている人はスマホに変えた方がいいですよ」という内容だったのだが、

この「スパスパつながる」の部分は、必ずしもそうでないことをど忘れしていた。うっかり誇大広告してしまった。

実は昨日、茨城県の県庁所在地某所に行ったところ、私のスマホでのインターネットが非常につながりにくかった。ページ遷移に30秒くらいかかってしまう状況にイライライライラ。

そういえば、いつも接続しやすいところでしか使ってこなかったことを思い出した。

電波状況が悪いと、スマホであっても高速インターネットはできないのだ。

もちろん、スマホ自体は高速インターネット可能な機器であり、例えるなら「速いパスをスパッと止めて半端ない速さでシュートを打てる大迫」に相当する。

ガラケーは、仮にカルロンとでもしておこう。能力的限界で速いパスは処理できないため、通信状況が良かろうが悪かろうが常に遅い。

とはいえ、スマホがいくら性能が良くともだ。昨日の大迫のように、必要なパスが出てこなくてはフィニッシュまでいけない。スマホだって良好な通信状態がなければ高速表示は不可能だ。

スマホ利用者が多い地点では、余計に通信状況が悪化する。

日本代表みたいに、本田圭佑さん、香川さん、岡崎さん、みんなパスを欲しがっていて、肝心の大迫さんにパスが来ない。せっかくの高性能が宝の持ち腐れという状況がスマホでも起こっているわけなのです。

そこで、「ああ、ここに本山さんがいれば、小笠原さんがいれば。大迫さんにラストパスを出してくれるのに…。」と。

はい、ここで本山さん小笠原さんにあたるものが「Wi-Fiルーター」ってやつです。

自分(あるいは自宅)専用の無線通信接続機器であり、これがあると、ようやく自分のスマホのポテンシャルがフルに発揮される。パソコン並の速度になる。

「スマホに変えたのに遅いぞ!」という方、Wi-Fiでの接続をオススメします。お知らせが後になって申し訳ないウホウホ。

↓こういうやつ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。