鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッパリ凡戦に終わった日本代表戦にあって、内田篤人選手だけは世間的にもまずまず高評価だった模様。

突破もあったし、ミスらしいミスもなかったし、かつて課題とされた空中戦や対人も強靭だった。

もちろん、今の彼の実力ならば、それくらいやって普通ではある。ブンデスリーガの名門シャルケでレギュラーを張り続け、チャンピオンズリーグの常連でもあるのだから。

それに、コートジボアール代表が日本代表の守備上の弱点、香川のいる左サイドを集中砲火してきていたので、逆サイドの内田としては相対的に守備に追われずに済んだこともある。

それでも、怪我明けで問題なくプレイしてくれたのが何より良かった。彼のワールドカップデビューは上々。

私個人的に、唯一惜しむらくは序盤のシュートが入らなかった点。

あのシュートが決まっていれば、その後の安定したパフォーマンスもあったし、かなりインパクトがあったと思う。アーセナルとかインテルより、もっと上のクラブが欲しがっておかしくない。

ギリシャ戦以降も、彼のパフォーマンスがとても楽しみ。

内田選手が無事に復帰してくれたおかげで、大会前よりも日本代表戦が楽しめるようになっている。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。