鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今日から鹿島アントラーズの練習が再開。

やっと、アントラーズが戻ってきてくれた。私の中ではワールドカップ以上にテンションが上がっている。

再開して数日は体力測定が中心であり、実際のところ見学してもグラウンドに選手が出てこないことも多いんだけれども、それでも、アントラーズが活動しているというだけで喜ばしい。

中断期間中は伊東の怪我こそ残念であったが、しかし、それまでは植田と豊川と共にU-21代表&U-22選抜チームで忙しく練習と試合をこなしていた。彼ら三人、経験をプラスしたプレイを見せてくれるはず。

他に知名度のある選手たちは「東北人魂の会」「ワールドカップパブリックビューイング」「サッカースクール」「嫁入り舟」などそれぞれ社会貢献性のあるイベントに参加。これらはプロサッカー選手の役割として期待されるもの。

近年の小笠原のパフォーマンスの良さを見るにつけ、こういったことを自発的に一生懸命やることが、現役選手としてもプラスに働くんだなと勉強させられる。

後半戦、リフレッシュして出てくるアントラーズ選手たちの活躍が楽しみで仕方がない。

あとはワールドカップのブラジル代表に頑張ってもらって、セレーゾ監督と蘭童通訳がご機嫌になれば完璧だ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。