鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさびさに岩政選手のプレイを見たくなったので、YouTubeで視聴した。

直近のカップ戦Bangkok Glass FC× BEC-Teroのハイライト動画。

タイの女性レポーターに癒された…が、それ以上に癒されたのは岩政選手の姿。

ボールのないところでの細かいステップが懐かしい!

この試合はスコアレスドロー、岩政ゴールもなかったため、あまり彼の姿は映っていない。

なので、他の動画も含めてチラ見して回ったのだが、単身タイで挑戦する岩政選手は若々しく見えて嬉しかった。

ただ、ハイライトだけ見て言うのもなんなのだけれども、タイのサッカー。Jリーグと比較して、不注意からチャンスとピンチが出来ている様子がうかがえる。

例えば、コーナーキック守備。

自分の頭をボールが越えたら、もう役割終了とばかりにボールウォッチャーになって見送り立ち止まるタイの選手。当然のように失点するわけだが、そんな味方に地面を叩いて「ウゴー!」と怒る岩政選手。

あと気になったのはキーパー練習。

ユルいボールをキーパーに蹴っているので練習効果が薄そう。鹿島では、ウォームアップであれレク的なものであれ、結構、容赦なく強烈なボールが蹴られている。練習からこれでは、キーパーのレベル差はかなりありそうだ。

けれど、サッカーは一概に「レベル」だけでくくれるものではなく、私が日本代表やバルサやバイエルンより鹿島アントラーズがずっと好きであるように、

タイのサポーターの方々の応援の熱。これは映像からも感じられた。岩政ゴールの際には大いに盛り上がるんだろうなと思う。

なにせ彼のヘッドは全世界&全動物共通で胸を打つ迫力がある。

是非是非、たくさん披露してきてもらえればと楽しみにしている。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。