鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本代表×ギリシャ代表は0-0のスコアレスドロー。

序盤は大迫が比較的自由にプレイして、シュートも繰り出した日本代表であったが、

前半にギリシャに退場者が出てから、守りを固めることでハッキリ意志統一されてしまった。

10人になった相手に試合が難しくなるのは、サッカーではしばしばあること。

それがワールドカップに出てくるチームが相手となると簡単でない。

更にザック監督も二つ、結果的に失策と言える選択をしてしまう。

一つは「大迫を下げてサイドに香川を入れたこと」。

大迫はまずまず良かったし、まだ体力もあったので、交代は早いように感じた。そうでなくとも香川のサイドはデメリットが多い。

これでチームとしての空中戦力が低下、トップへのボールの収まりも悪くなってしまった。

また、大迫には「超個人技からのミドル」があったりするので、これが無くなったのも勿体ない。香川も得点力のある選手だが、彼はペナルティアーク付近でプレイしていないと、なかなか得点しない。

加えて、終盤に繰り出した「CB吉田へのパワープレイ指示」も悪手に。

このレベルの大会で、特に得点力のあるわけでないCBをパワープレイで前に出しても期待感が薄い。かつての闘莉王、李正秀、岩政クラスであれば、賭けに出る価値はあるんだろうけれども。

退場以外にギリシャには守備のミスが少なかったので、采配どうあれ勝つのは簡単でなかった。

それはそれとしても、ザック采配に打開力がなかった。

いい監督だとは思うのだが、ザックはザックということか。せめて、グッフとか、ゲルグッグとかだったら勝負強さが期待できたのだが。

【ワールドトップクラス】
そんな試合であっても、内田篤人選手のパフォーマンスは良かった。前の試合に続いて日本代表の中で一番良かった。

後半の後半、連続して決定機を作り出したのは彼。サイド攻撃の形作りを主導。

手薄な右サイドにボールを引き出し、高いクロスを囮に使って、ここぞのところでニアへの低いクロスで勝負を決めにかかる。

ランニングの質を見れば、一本調子にライン際を縦に直進するだけのオーバーラップでない。出ていくタイミングをわざと遅らせたり、ランニングコースを曲線にしたりして、これは伊東と西にも習得をお願いしたいくらい。

ハイクロスの精度はそこまでピンポイントではなかったけれど、二本ほどの低いクロスは味方が感じられれればゴールにつながるクオリティがあった。

あとは90分通して攻守に落ち着いているし、ボールを持てる。勝負所ではギアチェンジして違いを出し、味方をプレイで引っ張れるレベルになっている。

彼はいよいよ凄い選手になった。

長谷部の後の代表キャプテンは、内田がいいんじゃないかとさえ思えてきた。

将来的に小笠原が引退する頃にでも、鹿島でキャプテンするために戻ってきてくれればいいなあ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。