鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドカップの日本代表でただ一人、好パフォーマンスを発揮した内田篤人選手。

彼が「代表引退も考えている」と発言したことで、なかなかの騒ぎになっている。

ワールドカップでの彼のパフォーマンス。

テレビで見ても一目瞭然で分かるくらい、地に足をつけた準備をして大会に入ってくれた。試合では、ずっといいプレイをしてくれた。

それだけ一生懸命やったのだから、まずは代表は休んでもらえればなと思う。

私は、内田選手の「所属クラブを大事にする」ところ、とても素敵だと常々思っている。

今でも鹿島を大切にしてくれているし、現所属クラブのシャルケも大切にする様子が言葉の端々から感じられる。

今後、大きなクラブへ移籍するとしても、その先のクラブで同じように在り続けることだろう。

そう、顔はイケメンでも、心は関羽。義に厚い青年なのだ。

最近は怪我が増えてきており、プロ入り後からずっと続けてきた代表とクラブチームとの往復。難しくなってきているのかなと。本人的に見直しを考えて不思議でない。

日本サッカー史上でも、彼くらいのキャリアの選手がほとんどいないので前例がない。

「ドイツのトップクラブのレギュラー」と「日本代表のレギュラー」で遠距離移動が入ると、これは簡単でないはず。レベル的にワールドカップ以上の大会である欧州CLもあるのだから、その難易度は体験した者でしか分かるまい。かつ、「ウッシー役の声優」という世界的に重要な役回りまで引き受けている。

彼のプレイを代表戦で見るのは楽しみなので、できることなら、気持ちとフィジカルが回復したら、どちらもバリバリ頑張って欲しいのが本音ではある。

内田選手が出ていなかったら、私は日本代表の試合は結果しか見なかった可能性が高い。

別に代表が嫌いとかではなくて、どうも今回の日本代表は、原さん趣味、本田圭佑趣味といったスタイルで、鹿島に馴染んだ私としては「勝ち」を追求する点で物足りなかった。

その中にあって、内田選手の攻防一体ぶり。勝つためのクレバーさ。彼のプレイは掛け値なしに見応えがあったと思っている。

今回は100パーセントでなかったのだから、また今度、代表でなくとも大きな舞台で。

100パーセントのプレイを楽しみにしている。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。