鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、ひさびさの練習試合。

対戦相手は東京国際大学。

ここの監督は元日本代表選手でもあった前田秀樹さん。

かつては同じ茨城の水戸ホーリーホックで監督を務め、また、スカパー解説者時代には鹿島に親しみを持って解説をしてくださった。

その前田監督率いるこの大学は、しばしば練習試合の相手になってくれる。

若くてフェア、運動量があり、組織的にやってくる。

彼らとの練習試合は鹿島にとってありがたい。

ただ、連日の二部練習をこなす鹿島。

皆、身体が重く、またリハビリ中の伊東はもちろんとして、他のレギュラー選手複数もコンディションの問題から練習試合回避。

そんなのお構いなしで、セレーゾはピッピッピッ笛で止めて大学生にセットプレイを与えていく。

その形からPKとFKでの2ゴールがあった東京国際大が4-3で勝利。

「大学生に負けた」と言うようなものではないが、一人一人身体がキレていないことがあって、特筆するような好材料もなく。内田篤人選手がクラブハウスに現れたくらいか。

次の試合は7月12日の天皇杯二回戦。

それに合わせて、上がっていけば良い。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。