鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天皇杯2回戦に登場した鹿島アントラーズ。

対戦相手は実業団チームのソニー仙台。

プロの鹿島はホームで2-2PK負け。

赤崎も終盤に怪我をしてしまい、ピッチ内でいいことが見当たらない。

スタジアムは楽しかったのだけれども、サッカーについては腹が立ってる。

申し訳ないが、ここで文句垂れたい。

【仕上げのミス】
鹿島の仕上げが遅いのはいつものこと。

試合開始から「いつもの中断明け鹿島×優良アマチュアチーム」の展開。

フィジカル重たく、連係噛み合わずグダっているけれど、とはいえ、個人能力差から鹿島に負ける気配がない。そんな立ち上がり。

リズムが変わったのは守りの急所を突かれたあたり。

CB植田のところから、チーム初のピンチが生まれる。

バイタルでボールを取りに出て、あっさり抜かれ、残るは曽ヶ端のみ。致命的ピンチを迎える。

ここは曽ヶ端防ぐも、ソニー仙台側に「やれるぞ」という気持ちを与える、鹿島としてはリズムが悪くなるシーン。

厳しいようだが、CBは軽いミスを見せてはいけないポジション。

植田の場合はミス…というよりかは、経験則からの限界。とにかく、彼の脇と前、背後は、どんな敵チームにとっても狙いやすいポイントとなる。

納得しにくいのは、最近では明らかに中田・山村のパフォーマンスが上ということ。

植田の身のこなしは素晴らしいものの、センターバックとしての力は別問題。他に人材がいないのであればガマンしてでも使いたい逸材だが、本当にいい選手がいるのに何故?と思ってしまう。

それでも、ポテンシャルや若さを取って植田を起用し続けるセレーゾ。

植田自身は頑張っていた。

正面からのハイボールは、ほぼ全勝。攻撃でも何本もロングシュートを放つ(※それが結局、相手ゴールキックになるだけで攻撃チャンスがフイになる。トライする気持ちは買いたいけれども)。

しかし、肝心の勝負所の守備。ショートカウンター対応、サイド攻撃対応に、ところどころ脆さが出る。

2失点のうち、1つはそれ。クロスが上がってくるところでポジション修正できず。今の植田が速い状況下でフリーズしてしまうのは、これは致し方ない。起用に問題がある。

若手にチャンスを与えるのはもちろん歓迎だが、正当な競争でなければ意味がない。土居も昌子もちゃんといいプレイをしているからファンもチームメイトも納得する。

そうではない、その段階にない選手をいつまでも使い続けて、ミスして負ける。

ここで、キチッとフェアに中田か山村に変更していれば、普通に最初の2失点のうち1つはなかったように見える。

また、カテゴリー下相手に有効な縦クサビが供給されない問題も改善されたはず。

青木と植田だと、サイドバックにつけるか、ハイサイドにロングフィードを送るか、下がってきたボランチに預けるかの、リスクのない3つの選択肢がほぼ全て。

安全なのはいいんだけど、もう少しセンターバックが剥がしてやれよ…と言いたくなる。

これはセレーゾの起用に端を発する。セレーゾは、最後まで未完の大器のままだった金古聖司に固執した時と全く同じことをしている。

今のところ二年連続国内無冠に向けてまっしぐらだ。

【シュート決まらず】
鹿島は小笠原を筆頭に好選手が揃っている。シュート数32対7で圧勝。

チャンスの数はあり、シュートが決まっていれば勝てた。

とはいえ、守備に分かりやすい弱点を抱えている鹿島なのだから、ソニー仙台側もCB植田の裏に入って曽ヶ端との一対一シュートが複数。鹿島は高いボール保持率にしては、いくつもの大きなピンチがあった。

曽ヶ端のセービング力と、ソニー仙台のシュートミスに助けられた。

決まりそうな決定機の数はどっちもどっち。PK決着は内容に対して正当なものだ。

ちなみに、鹿島のシュートは練習から決まらない。フリーでも枠内率が低い。

決まらなくて当然の雰囲気で練習が進んでいる。

柴崎を始めとする何人かの選手は、一本一本のキックに意図を込め、自己分析をしつつ練習を進めている。その姿を見て取ることができる。

ただ、それは、すぐに実になるわけではない。

監督からはしばしば激はあるも、先週今週と、普通に「打っては外れる」ありきたりのシュート練習。

今後もシュート精度は上がらない。そう簡単に上がるものでないことは承知しているが、上がらない。

これで敗戦のたびに「シュートが決まっていれば勝てた」とか言われても、納得しにくいものがある。

【ヤル気】
ソニー仙台に比べて鹿島の選手のヤル気は見えにくかった。

どうしても二回戦はそういう構図になりがちで、他のJクラブも負けている。

こうして負けてみると、

「ソニー仙台戦ではなく、その先の試合を見据えた調整」「4-1-4-1トライ」「勝つ起用でなく、育成要素多め」と、監督の揃えた盛り上がらない要素が選手に影響したと考えてしまう。

いや、選手たちには監督関係なく強い意識でやってくれればと無責任に言うこともできるが、

しかし、私個人的に「二回戦敗退は監督の失策」と試合直後はイライラした。おかげでこうして文句垂れている。

ご清聴、ありがとうございました。

ふて腐れたので明日はブログ休みます。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。