鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セレーゾ監督の一時帰国について』(鹿島公式サイト)

昨日のリリースになるが、セレーゾ監督が関係者の訃報によりブラジルに帰国している。

オフ明け月曜日の練習に監督の姿が見えないとの第一報を聞いた時には、「辞任」の二文字が頭によぎったけれど、

帰国理由が訃報ということで、それ以上の推測は止めておきたい。

今週の練習は監督不在となるが、それならそれで選手の奮起が楽しみ。

今は監督ばかりが五月蠅い練習場だが、昔は選手同士で強烈に意見交換(ほぼ喧嘩)してサッカースタイルを作っていた鹿島。

人当たりの良い現代っ子の選手たちのことを私は大好き。とはいえ、もっと声が出ていい選手が何人もいる。この点で小笠原や曽ヶ端、中田を超えるくらい目立つといい。

また、残った日本人コーチの指導力にも期待がかかる。

石井コーチや大岩コーチも、いずれはJ1の監督を目指していく存在。

前の鹿島ヘッドコーチだった奥野さん(現解説者。鹿島ヘッドコーチ→山形監督)は監督代行時、とにかく勝負弱くて、監督になったらそこは心配だなぁと思っていたら、今のところ、その通りになっている。

セレーゾ不在で、二人と古川GKコーチの働きがより重要になる。

指導者にも注目だ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。