鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜のアウェイ浦和レッズ戦は1-1で引き分け。

首位の浦和相手に、守備に比重を置き集中力のあるゲームを展開した鹿島。

やはりセレーゾ監督は、岡田武史監督などもそうだけれども、あからさまに手堅い試合をさせた方が力を発揮してくれる。

浦和は首位チームだけはある。監督のやりたいサッカーにかなった人材を揃えている。ゴールキーパー西川から開始するビルドアップには唸らされた。前線からの追い回しを無効化され、逆に攻撃の糸口にされてしまう。

この相手にアウェイ戦をするなら、鹿島が守備的にいったのは正解。

その守備タスク、小笠原が後陣に構えて守備の司令塔となり、かなり上手くハマった。柴崎の試合後コメント通り、鹿島が勝てる要素はあちこちにあった。

もちろん負ける要素もあり、鹿島の若いCB、昌子と植田は興梠慎三のオフザボールの動きを捉まえきれず、何度か崩された。ただ、最後の最後には身体を投げ出し足を出して失点を防ぐ。

この「対応力が浅い分を、速さと意欲でカバーして守る」プレイは若者たちの特権。二人を始めとする守備は、なんとかセットプレイによる1失点で持ちこたえ、よく耐えた。

そして、ここ2試合、調子を上げてきた柴崎は獅子奮迅。

連続無失点試合中の浦和相手に、高速突進からニアハイへのファインシュート。ランニングからシュートで完結する技術とスピード、目線でのフェイク含めて素晴らしいゴールで、彼の才能を浦和の大観衆にも見せつけてくれた。

その柴崎を前に押し上げる小笠原。彼の戦いぶりは驚嘆もので、暑さの中、凄まじい運動量を発揮。「夏に弱い」と揶揄されたのは、いつの話か。ここ数試合、途中交代で下がることが続いていたが、自らのプレイで「フル出場できる。フル出場したい」ことを強烈に証明。

セレーゾの起用も決して悪くなかった。

大舞台での杉本太郎デビューには驚かされたが、杉本は練習からいい姿勢がある。更に、パフォーマンスの上がってこない遠藤や野沢が外れ、交代カードとして結果を出してきた豊川が先発だったのはフェアな選定だ。前半からポジショニングのズレを監督に指示されていた植田も後半23分で下がり、ここは山村。

杉本、山村は、二人ともヒートアップしていたこの試合に入りきるのに苦労し、ミスもあった。この特殊なカードでは浦和の選手も鹿島の選手もアドレナリン全開で、いわば「超ハイ」の状態になっている。反応速度、一歩の踏み出しが違ってくる。そこに途中から入っていくのは、外から見るより大変だろう。

だからこそ、試合に入る準備であるとか、コツを掴むことが重要で、その意味では、もう一人交代で入った本山はさすがに落ち着いていたし、交代直後に凡ミスをする山村を見たら、現役晩年にはCBの交代で入ることが多かった大岩(現コーチ)は凄かったんだなと思う。

それでも三枚の交代策が終わってからは、鹿島は負ける可能性より勝つ可能性が高い流れに持ち込んだ。ボール保持力が上がり、空中戦のクリアの質は植田より山村に一日の長があった。

あとはダヴィ、カイオ、土居、本山あたりの個人技が炸裂すれば…といったところだったのだが、キーパー西川の壁が大きく立ちはだかる。彼が研ぎ澄まされた状態に入ってしまうと、破るのは非常に難しい。

首位相手に、勝つ可能性のあった引き分けで及第点…と並のチームなら大満足も、鹿島は鹿島。

試合後には選手たちの悔しさが見て取れた。これほど集中した試合をしてくれたのだから、選手たちにはご褒美じゃないけど勝たせてあげたかった。

次を見据えれば「全力での引き分け」で大満足してしまった後は、大抵、ボロッと悪くなる。

選手たちの頑張りを認めると同時に、ここは敢えて気を引き締めていきたい。

選手もサポーターもできるだけ多く勝って、たくさん喜べることが一番。

どんな相手だとしても引き分けでいい鹿島ではないのは、これまでも、これからも、ずっと変わらない。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。