鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜のアウェイ名古屋戦は3-2勝利!

両チーム、守備にミスの多い試合。

攻撃も長いボールが多く、やや大味で単発な内容になったが、そういった試合もモノにできたことは大きい。

成長しつつ勝ち点を積み上げられるのは、ありがたいことだ。

【2失点は妥当なもの】
名古屋の前線にはリーグ屈指のタレントが揃っている。

ケネディ、レアンドロ・ドミンゲス、永井。

彼らの高さ、巧さ、スピードの前に、植田、昌子、小笠原らは守りの面で劣勢を強いられた。

名古屋のボール回しは単純なもので、最終的にはシンプルに個に頼ってくる。鹿島守備陣は一度抜かれても食いつき、場合によってはファウルギリギリ(手でもかなり掴んでいた)で、なんとか守る。

よって、1失点目(CBの真ん中に永井のスピードで突っ込まれる)も2失点目(小笠原がレアンドロへのペナ内ファウルで止める)も、いつかは起こり得たこと。

この暑さの中ではチーム全体で守りをハメ続けることは難しいし、今の力の範囲内では十分によく守ってくれたと思う。

【個々の武器】
鹿島1点目は中村のパス→土居クロス→山本ヘディングシュートで決まった。

まず、山本のシュートが入ったことが素晴らしい。彼には青木くらいに得点力がないイメージが早くも生まれかけていたところであった。

サイドバックはDFながらも、アタッキングゾーンに侵入する回数の多いポジション。山本は運動量豊富で攻守に絡めるので、得点力があるに越したことはない。守備は想像以上にできる選手だったが、今後はフィニッシュの部分にも期待していきたい。

その二手前、中村から土居へのパスも素晴らしかった。ボールを受けて、マークを引きつけてからのアウトサイドパス。本山にしかできなかったようなプレイをサラッとやってのける。ようやく、その技術を公式戦で出す回数が増えている。

そして、土居。ペナ内サイドのゴールライン際から、キーパーを越えてファーに折り返すクロス。これは、かつて野沢も得意としたパターンであるが、土居もパターン化できている。高いレベルの試合でも使える武器だ。

土居はボールを奪われないのも好感。仕掛けの威力がつけば10番を背負えるようになる。

その他の選手も個性を出し、ダヴィのDFからボールを奪ってのシュート(2点目)、西のスルーパス、遠藤の「右45度」からのシュート(3点目)といった、それぞれの必殺技も出た。柴崎の攻守両面での効き、曽ヶ端のビッグセーブも健在だ。

【選手層が厚くなる徴候】
リーグ前半戦は戦力になっていなかった中村と西が効いてきたのはプラス。また、これまで最終ラインで大きなミスが目立ってきた植田にも耐える力がつきつつある。よく足が出るようになった。

シュートが全く決まらないスランプに陥っていた遠藤も、やっとゴールを決めた。彼はポジションこそ二列目だが、属性的にはストライカーに近い選手。得点力がなければ、ピッチ上での威力も半減してしまう。このゴールから復活してもらえれば。

ここに来て選手層が厚くなる徴候が出てきている。

現在のアントラーズの試合内容を見れば、決して盤石の強さがあるわけではないのだけれども、

しかし、今季のJリーグ、上位もそう強いサッカーをしておらず、安定感もない。サッカーのクオリティは各クラブ団子状態。

鹿島にも目が出てきたと思う。

油断せずに一つ一つ勝っていきたい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。