鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカーファンの趣味としての選手評。その上で、個人的なポイントいくつかまとめ。

【好き嫌いを作らない】
基本的には、選手の好き嫌いを作らない方が良い。

所属選手全員への愛情を秘めつつ、なるべく公平に見ることが理想。私個人的には、その方が気楽に楽しめると思う。

ただ、人間なので、特別に贔屓したい選手が出てくることはあるだろうし、好きな選手からポジションを奪う選手が出てくれば憎たらしくなることもあるだろう。

その場合でも、「好きな選手のミスに甘く」「嫌いな選手のミスには厳しい」とならないよう、最大限に気を付ける。

また、指摘するのは、あくまでミス(行為)に対してであって、選手(人格)に対してではないという心掛けも大事だと考えている。

【淡々と】
インターネット上でヒートアップした議論するのが趣味の人ならまだしも、

私はそうではないので、通常は、淡々と、いいプレイを褒め、悪いものは悪いと指摘するにとどめている。

また、一見するとミスに見える場合でも、サッカーの場合、相手が正しいプレイをしてミスを誘った場合が多い。日本でプロになるレベルの選手は、相手がいなければそうそうミスなどしない。

選手の悪いところしか見つけられない場合、それは選手が悪いというよりかは、

自分自身の観察眼が足りないだけと考えるようにしている。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。