鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、アントラーズの試合がないので、私が気になっている何名かのレフェリーの名前を挙げておきたい。

【メタボン】
かつての仇敵だった扇谷主審は、良いレフェリーになったなあと感じる試合が増えた。

基準は納得いくようになったし、それに、見た目は相変わらずデブなんだけれども、それにしては動けている。

おそらく筋肉質であって、その上に脂肪が覆っているだけなのだとポジティブに捉えてあげたい。

扇谷主審同様、かつては鹿島戦で印象が良くなかった東城主審や高山主審、村上主審あたりも、最近はそう悪くない。

井上、山本、岡部といった若いのが吹く機会が増えたとがあって、ベテランレフェリー陣が良く見える効果を生み出している。

【トップレベル】
西村主審、家本主審あたりはJの中で実力派。試合前のアップもキビキビしている。

サポーターがブーイングを送ったシーンであっても、録画を見直すと彼らの判定で正しかったということが、ままある。

ただ、鹿島戦については、今年よりも昨年~一昨年の方がパフォーマンスが良かった。今季中にもう一度割り当てがあれば、日本人第一人者の実力に注目してみたい。

【大ベテラン】
それから、大ベテランの吉田主審。彼は力が落ちてきているのかなあと少し心配している。

運動量がなくなってきたような…。

元学校の先生で、笛の色にこだわる彼のことを、私は親しみを持って見ている。

鹿島戦の割り当てがあれば、まだまだ健在というジャッジを見せてもらえればなと願っている。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。