鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本代表戦をテレビ観戦してみて、柴崎岳と共に代表初ゴールを決めた武藤嘉紀(FC東京)には感心させられた。

彼のゴールは素晴らしかった。

中盤で走り込んでボールを拾い、勢いそのままグインッと縦にドリブル開始。追いすがる敵を振り切り、切り込んでいく。バイタルに入るや左足を鋭く一閃。目の覚めるようなスピードボールがゴール右に叩き込まれた。個人能力で決めたスーパードリブルシュート。

出始めのアタッカーには、キレキレで誰にも止められない時期がある。

原口元気にも小野裕二にも、そんな時期があった。

ちょうど、武藤も今がそうなんだろうなと思う。

メディアが彼のことを「イケメン」と持ち上げるのは、「ええっ?イケメン?」と疑いを禁じ得ないのだが、武藤の力は惜しみなく賞賛したい。

つい先日、鹿島×FC東京の試合でCB山村和也が完完完敗したのも仕方なかったかなと少し考え直した。

そして、その試合、武藤を冷静に抑え込んだCB昌子源は凄いのではないか。

もう、昌子の対応は完璧だった。

例えるなら、武藤はカリン塔に登った孫悟空。

昌子はミスター・ポポ。

空のように静かに構え、雷よりも素早く動き、武藤のドリブル発動をストップしてのけたのだ。

イケメン度では昌子は武藤に負けるものの(武藤はフツメン、昌子はゴツメン)、サッカーでは負けないのだ。

ちょうど、日本代表はCBの人選に悩んでいるようであるし、次回こそは昌子を選出し、起用することをお薦めしておきたい。

昌子は昌子で、鹿島で力を証明し続け、堂々と代表に入っていって欲しい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。