鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、明日はマリノス戦。

青木剛のスタメン復帰が予想される。

退場による出場停止明けの初戦となるが、頑張って欲しいなと思う。

ここ最近、鹿島のバックライン(山村、あるいは西)が敵アタッカーを調子込ませすぎている。

ファーストプレイから、あるいは前半の早い段階にやりたいプレイをさせてしまって、そのまま彼らに精神的主導権を取られている。

大宮の泉澤、FC東京の武藤のキレ味は、たしかに素晴らしかったのだが、

それは最初の段階でリズムに乗せてしまったから、余計にキレキレにさせてしまった面がある。

試合を左右するのは個人だけではないが、しかし、個人対決で負けないことは大前提だ。

DFは、まず、ガッツリ一発目を抑え込まなくては。

不幸中の幸い、青木は足裏タックルで退場した経験を得た。

これで殻を破って、強くいける選手へチェンジしたはず。

ファウルトラブルはいけないが、しかし、戦えない選手の方がマズい。

着実に静かに任務をこなす勤勉労働者タイプの青木は愛らしい。

ただ、CBは黙々勤勉労働者だけでは物足りない。

幸い、明日の相手マリノスは、齊藤学、中村俊輔など、日本を代表する攻撃陣が揃っている。

青木の力を示すには絶好の相手。

永遠の若手と称される青木が、何度壁に当たっても成長する姿を見せてくれると期待している。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。