鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のガンバ戦は2-3。アディショナルタイムに決勝点を決められ、逆転負け。

鹿島1点目、遠藤の斜めのパスに、赤崎の斜めの抜け出し。そして、ファーを突く斜め角度のシュート。

2点目は、柴崎の高技術スルーパスを、イメージシンクロした土居の倒れ込みながらのワンタッチシュート。

2つのゴールは崩しのお手本のようなゴール。

ゴールシーンだけでなく、鹿島には攻撃の厚みがあり、選手の集中力も高かった。

山本もオウンゴールこそあったものの、サイドバックとして流れの中ではいい働き。

それだけに、逆転負けには底力の不足を痛感させられる。

ここにきて、最終守備ユニットのCB昌子とGK曽ヶ端が好調期から外れてしまったところに、ガンバの外国人選手とGK東口が好調期だったという巡り合わせがあり、

更に吉田主審の衰え顕著で、ファウルが見えていない影響もあった。

紙一重の勝負であったので、最終ユニットの調子とジャッジの揺らぎで、勝ちにこぎつけられなかったところはあると思っている。

それでも、個人的に、ガンバに対しては、ここ一番で完勝してきた相性の良さがあると考えていた。多少の怪我人、多少のジャッジを乗り越えて完勝してきた過去がある。

チームとしてのパフォーマンスが悪くなかっただけに、鹿島らしい勝負強さがなかったことが悔やまれる。

優勝するなら勝つべき試合。それは鹿島側の多くの人が分かっていた試合だった。

【昌子強行出場】
怪我をおして出場した昌子は状況なりに頑張った。

それでも、好調パトリックの初速についていけず。いつもの昌子の初速がなかったのは事実としてあった。

スピードが出ないとなると、昌子は必ずしも経験豊富というわけではない。中田や岩政のように、予測予測で周りを動かしながら守るスキルは求めにくい。

今回、強行出場で怪我が悪化、代表も辞退ということで、

クラブを優先にする昌子の姿勢は嬉しいものの、私も残念な気持ちでいる。

本人の落胆は大きなものだろう。

それでも、また代表に選ばれる器であるのは間違いない。クラブと代表の両立は今後の昌子にとっては当たり前のことになってくる。

まずは怪我をしっかり治して戻ってもらえればと願っている。

【他に良かったところ】
・カシマスタジアムの芝、水はけが素晴らしい。雨でも水たまりできず、サッカーのクオリティを落とさない。今シーズンはベストピッチ賞を是非とも取りたい。

・柴崎のパフォーマンスが代表レベルで一定している。

・雨でも来てくれたサポーターが約一万八千人。優勝争いもあり、選手が魅力的になってきてることもあり、観客動員が伸びている。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。