鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今夜、19時45分から日本代表×ブラジル代表の親善試合。テレビ観戦予定。

親善試合とはいえ中立地シンガポールでの開催。ブラジル代表は名誉挽回に躍起になっている時期であり、監督はジーコ並に勝利に執着するドゥンガ。

日本戦でも本気が予想される。

【守備、大丈夫?】
鹿島アントラーズからは柴崎岳と西大伍がメンバーに入っている。

力関係から日本代表の守る時間が長くなるだろうから、まずは柴崎や西が守備の堅さを出せるか。

先のJリーグ・ガンバ戦では宇佐美やリンスを抑えきれず失点を防げなかった二人。ブラジル代表となれば宇佐美やリンス以上のタレントが揃う。

柴崎にせよ西にせよ、キャリア最高レベルに頑張らないとやられてしまうことになる。

試合に出たらキャリア最高レベルに頑張って、経験と自信をアントラーズに持ち帰ってきてくれれば。

【攻撃はキラリで】
柴崎と西が得意とする攻撃については、ブラジル代表をリスペクトしすぎることなく、勇気あるプレイ選択をしてきてくれればなと楽しみにしている。

もちろん、普通に予想すれば、ブラジルは個々の守備力が高く、チームとしても格上になるため、日本側は前向きフリーの形でボールを持てることが少ない。柴崎も西も攻撃力を出すチャンスをほとんど得られない。

その状況内で、まずは落ち着いてミス少なくプレイして、隙あらば前後半それぞれ2回か3回ずつチャンスメイクに絡めれば上出来といったところだろう。

今回はキラリと光ってくれれば十分。それくらいなら海外クラブスカウトが殺到することもないはず。

それ以上の活躍、例えばゴールなりアシストなりの大活躍があれば、それはもう海外に行っても仕方のないタイミングになったのだと諦めることにしたい。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。