鹿島アントラーズを応援するサッカーコラムです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の鹿島アントラーズは非公開練習。

今週末18日に行われる柏レイソル戦への準備を進めている。

【非公開は必要な措置】
前戦からの試合間隔は鹿島は中12日。ナビスコ杯のあった柏は中5日となる。

柏の中5日は、プロの試合間隔としては理想的。試合勘もあるし、フィジカル回復する時間もある。

対する鹿島の中12日は、休養のメリットよりも試合勘を失うデメリットの方が大きくなる。今季これまで二度の中断明けは勝っていない。

日程面での不利はあると思う。

もちろん、この日程差は自らナビスコ杯に敗退したためなので、文句はない。

ただ、これを覆すための集中した準備は必要だろう。

その一つが本日の非公開練習実施であり、その選択を歓迎したい。

【代表病はいかに】
日本代表からチームに帰ってきて、コンディションがガタッと落ちていることを「代表病」と呼ぶ。

試合に出ていた柴崎は消耗があるはずだが、上を目指す彼にはタフなところを見せてもらえれば。

海外志望も高まったと思われるし、そうなると、鹿島でリーグタイトルを獲るチャンスを逃して欲しくない。

彼はこれまでいくつかのカップ戦タイトル獲得に貢献してくれたけれども、リーグ戦はまだ。

まずは今週末の勝ち点3獲得をお願いしたい。

【右サイドバックは誰だ?】
そして、柴崎より難しいのは代表に選ばれながらも試合に出られなかった西大伍だ。

一生懸命に試合に出る準備をして、アピールをして、それで出番がなかったとなれば、コンディション作りが狂ってしまうのが、むしろ普通。

そのように素直に代表病になるタイプというと、過去の鹿島でも興梠や伊野波が有名だったが、さて、西は大丈夫だろうか?

今まで西がタフな選手に見えたことがないので、このタイミングで印象を変えてくれれば。さすがは日本代表のハイパフォーマンスを発揮してもらいたい。

仮に代表病になってしまえば、西の場合、一気に伊東幸敏にポジションを奪われてしまうことになる。

西と伊東のところは、どちらが出るかまで含めて注目している。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。